« ユーロからギリシャの離脱を心配している間に | トップページ | ギリシャは頭を冷やして冷静に »

2015年7月11日 (土)

韓国のねつ造世界史の片棒を担ぐ

2015050208274972e 今朝の産経新聞に、安倍首相は、大局的な政治判断で外務省がまとめてきた(foeced to work)案を了承したとあった。国民が待ち望む世界文化遺産への登録というが、いったい国民の何パーセントが待ち望んだことだろうか?軍艦島を世界遺産に登録することに反対はしない。しかし、それによって潤うのは、観光資源として利用する一部の国民のみだ。多くの日本国民は「日本が強制労役の事実を国際社会で初めて認定した」と報じた内容を未来永劫背負っていかなければならない。記事からは、「明治日本の産業革命遺産」登録審査をめぐり、韓国側が外相会談での合意を無視し、審査で強制労働を盛り込もうとした。それを、日本が合意破棄を迫って韓国発言を合意通りに修正させたとある。しかし、そもそも合意内容が間違ってはいないのか?多少英語が解る人なら、(foeced to work)の訳は「強制労働」の意味を含む。首相相周辺は、「最後の一線は守った」といい、「もし日韓交渉が合意に至らず、投票になっていたら負けていただろう。ああいう国際会議ではけんか両成敗とされる」と今回の成果を強調する。愚生には首相周辺の人材は、少し頭がおかしい取り巻きとしか思えない。軍艦島が、世界遺産に登録されずとも、ほとんどの日本国民には、全く不利益はない。一方、今回の(foeced to work)を認めたことは、韓国のねつ造世界史の片棒を担ぐことになった。拙速な判断は、将来に禍根を残した。「戦後の日韓基本条約」も守ろうとしない韓国との交渉は、危機意識のない外務省公務員では不可能だ。民間人の権謀術数に長けた人材に交渉を任すべきだ。

|

« ユーロからギリシャの離脱を心配している間に | トップページ | ギリシャは頭を冷やして冷静に »

支那・朝鮮」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/60698174

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国のねつ造世界史の片棒を担ぐ:

« ユーロからギリシャの離脱を心配している間に | トップページ | ギリシャは頭を冷やして冷静に »