« 今頃、パソコン携帯のリストラなど遅い | トップページ | 夢は魂から送られるメッセージ »

2015年10月31日 (土)

地域密着型のチームなど少ない。

Img_8416 愚生にとって、プロ野球の日本シリーズが終わると、Jリーグのサッカーくらいしか興味が無くなる。地元のJ3チームは、上位で争っているため、来季J2に昇格する可能性がある。J3からJ2上がるには、1位通過か、J2のブービーチームとの入れ替え戦だ。残り4試合しかないため、何とか頑張って1位通過が無理でも入れ替え戦に進んで欲しいものだ。一方、J2の降格候補は、最下位の栃木とその上にいる大分、讃岐、京都、水戸あたりだろう。大分、京都と言えば、J1にも在籍したことのあるチームだ。金の切れ目は、縁の切れ目というが、サッカーも同様で、弱いチームは運営に窮している。愚生の住む東京には、J1のFC東京、J2の東京ヴェルディ、J3の町田ゼルビアがある。東京ヴェルディといえば、旧ヴェルディ川崎で読売新聞の息が罹かったチームで、日本サッカー協会との揉め事が絶えなかった。川崎市に100億円も使って、等々力競技場(現在は、川崎フロンターレのホーム)を改修させておきながら、東京の調布(味の素スタジアム)に移った経緯がある。その後、東京ヴェルディは読売新聞や日テレからも支援が受けられなくなり運営に窮している。一方、FC東京は本社が江東区猿江2-15-10というだけあって江東区のチーム(東京瓦斯)である。近くに競技場がないため調布(味スタ)の競技場を使用している。東京を名乗っているが、調布とは疎遠で本来ならFC江東とすべきところだ。こう考えると、日本サッカー協会が煩く言っている地域密着型のチームなど少ない。東京都下では、町田ゼルビアだけが、地域に密着したチームだ。ただし、川崎市と違い財政基盤のぜい弱な町田市は、J2昇格条件の競技場にするため、町田市立陸上競技場に50億円もの市民税を投入して改修した。愚生はいくらも払っていないが、町田市民の税金が無駄にならないように、町田ゼルビアには昇格してもらいたい。

|

« 今頃、パソコン携帯のリストラなど遅い | トップページ | 夢は魂から送られるメッセージ »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/62294427

この記事へのトラックバック一覧です: 地域密着型のチームなど少ない。:

« 今頃、パソコン携帯のリストラなど遅い | トップページ | 夢は魂から送られるメッセージ »