« サムスン製品など無償でも使用したくない | トップページ | 今日は、日経平均は2万円にタッチ »

2015年11月18日 (水)

愚生が株を売ると、株価が上がるジンクス

20151112 日経平均株価は、再び2万円に向かってきた。つい先日まで、悲観的だった株式評論家は、こぞって年末2万1000円などと言い始める。「店頭に客があふれたら相場の転機」という格言もあるから、春先に高値掴みをした株を泣く泣く切りした。パリでの同時多発テロは、東京市場には関係がないのか、昨日の日経平均は反発した。ただ、反発と言っても、売り方の買い戻しが中心で、取引終了にかけて上げ幅を縮めた。今日から、11月の日銀の金融政策決定会合だが、巷では追加緩和などないとの認識だ。企業業績の4~6月期が、24%の増益だったことを踏まえれば、期近の増益の勢いは低下している。それゆえ、日本株が積極的に買われる条件も整わない。しかし、愚生が株を売ると、株価が上がるジンクスは、いつも顕在化する。そう思うと、朝令暮改だが株を少し買い戻そうかと思う。ただ、商品相場も崩れて、原油価格の下落が常態化している。著名な為替ディラーは、12月15~16日の米連邦準備理事会(FRB)で、12月に米国の政策金利を引き上げる前に、株や為替を手じまいすべきだと助言する。アベノミックス下の円安局面でも、これ以上の大きな円安に振れないだろう。それより、円安による輸入物価の上昇で、愚生のような年金受給者は青息吐息だ。アベノミクスの円安は、家計から輸出企業への所得移転をもたらしただけだと酷評するエコノミストもいる。ところで、昨日損切した資金の半分程度を、懲りもせずに指値で買い注文をいれた。一目均衡表が三役好転していたと、自分に言い聞かせて納得するしかない。

|

« サムスン製品など無償でも使用したくない | トップページ | 今日は、日経平均は2万円にタッチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/62562752

この記事へのトラックバック一覧です: 愚生が株を売ると、株価が上がるジンクス:

« サムスン製品など無償でも使用したくない | トップページ | 今日は、日経平均は2万円にタッチ »