« 夢は魂から送られるメッセージ | トップページ | 小保方晴子氏の博士号取り消しは遺憾 »

2015年11月 2日 (月)

写真の撮影技術より、レンズやカメラ

P000000228735_1 愚生は、高校時代に写真部に属していた。撮影技術は粗末な写真部員だったが、機材だけは親のすねかじりで一人前だった。親バカな父は、ボーナスを使って無理をして買ってくれた。その当時は、一眼レフの名機ニコンFの全盛時代だった。ニコンFは無理だったが、初心者用のニコマートと交換レンズを何本か持っていた。機材を持っている嬉しさからか、よく下手くそな写真を撮った。田舎の実家には、未だに当時の写真が飾ってある。社会人になってからも、子供の成長などを撮り続けたが、アナログからデジタル化で大きく環境は変わった。街に溢れていたD.P.E.【現像(development)・焼き付け(printing)・引き伸ばし(enlargement)】の看板も目にすることがなくなった。半導体の技術革新で、毎年、デジタルカメラの機能が向上する。今では、簡単な写真撮影は、スマホでこと足りるようになった。こういう時勢でも、こだわりを持った写真を撮ろうと思えば、高価な機材が必要だ。デジタル化が進んだ世界では、写真の撮影技術より、レンズやカメラで決まってしまう場合が多い。そう呟きながら、カメラレンズのカタログに目をやると、無性に欲しくなってしまう。僅かな貯だが、金銭的な問題はない。ただ、老婆がミニスカートを衝動的に買うような行為ではないか?本当に必要な物なのかと自問自答してしまう。

|

« 夢は魂から送られるメッセージ | トップページ | 小保方晴子氏の博士号取り消しは遺憾 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/62324489

この記事へのトラックバック一覧です: 写真の撮影技術より、レンズやカメラ:

« 夢は魂から送られるメッセージ | トップページ | 小保方晴子氏の博士号取り消しは遺憾 »