« 一休を約1000億円で買収 | トップページ | 幼稚な国には、毅然とした態度で対処 »

2015年12月17日 (木)

結果が判った後の解説など価値はない

Animal_proverb57 FRBはFOMCで、今春から騒がれていたフェデラルファンド金利の誘導目標を0~0.25%から0.25~0.50%に引き上げた。これまで、評論家と称する人たちが為替や株価について百家争鳴だった。結果は、円安・株高となった。愚生のような者でも、暇に任せて朝の四時から、寝床の中で様子を伺っていた。今まで歯切れの悪かった評論家のコメントは、結果が出てから堰を切ったように自信満々の後付解説となる。ほとんどの投資家にとって、結果が判った後の解説など情報価値はない。事前に判ってこそ、儲けになる。ところで、今日の株式相場は大きく上昇するだろう。日経平均先物 CME(円建て)の値から、値上がりは容易に推測できる。損切続きだった愚生も、今日一日は気分良く過ごせそうだ。不思議なことに、株が上がりだすと、一転欲の皮が張って売り時を見失う(売り惜しみをする)。そうならないように、年末にかけて日経平均が2万円を越えてくるなら、一旦ポジションを整理して売り切ってしまおうか?取らぬ狸の皮算用にならなければいいが・・・

|

« 一休を約1000億円で買収 | トップページ | 幼稚な国には、毅然とした態度で対処 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/63005279

この記事へのトラックバック一覧です: 結果が判った後の解説など価値はない:

« 一休を約1000億円で買収 | トップページ | 幼稚な国には、毅然とした態度で対処 »