« 支那や朝鮮では規則とは他人が守ること | トップページ | 見切り千両、損切り万両 »

2015年12月11日 (金)

損切できる性格は、株の売買にあっている?

20110530223246 株式相場に「買いの迷いは見送り、売りの迷いは即刻売り」という格言がある。気が早い愚生は、売りに関しては損切や即刻売りを何度も繰り返したため迷わずできる。しかし、一旦売却した後に頭を冷やして、指し値で再び買い直すということが難しい。買いの迷いは、買わなければ、見送っても金銭的な実害はない。実害はないから買わなければいいものを、取らぬ狸の皮算用で欲の皮が張っているので、買い向かって失敗する。結局、メジャーSQ日に原油を全て投げてトヨタを買い直した。「風が吹けば桶屋が儲かる」という単純な発想で売買をするから、結果は損切となってしまった。「損して休むは上の上」という格言もあるから、愚生の惜しみなく損切できる性格は、株の売買にあっているようだ。だが、いつも損切りしていると元金が無くなってしまう。つまらぬ駄文を書いていると、場が開いている。損切りした原油は、寄付きが比較的に高値だったようで、気が早いことは正解だった。トヨタは、SQの寄り付きが最安値のようで、これも正解だった。めずらしいこともある。トータルの上げ下げで、昨日と総額がイーブンであれば良しとしよう。こういう自分に甘い性格だから、儲からないのだろうか?

|

« 支那や朝鮮では規則とは他人が守ること | トップページ | 見切り千両、損切り万両 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/62911741

この記事へのトラックバック一覧です: 損切できる性格は、株の売買にあっている?:

« 支那や朝鮮では規則とは他人が守ること | トップページ | 見切り千両、損切り万両 »