« あっさりとした喜多方ラーメンが好きだ。 | トップページ | 民主党のおバカ連中は、いい加減にしろ »

2016年1月25日 (月)

カーティス・フェイスの著書を読んで

Turtle_zukan01 昨日は、日本中が寒波に見まわれ、沖縄にまで雪が降った。愚生の田舎も、積雪75センチというから久しぶりの大雪だ。東京郊外も雪は降らなかったが、-6度とめったにない寒さを記録した。今冬は、温暖化気象のせいか、暖冬で過ごせるかと思っていたが、甘かったようだ。ところで、今年に入ってからの東京株式市場は、負け続けで12月1日のピークから日経平均は4,000円下がり、20%の暴落を記録した。金曜日に、約1,000円反発したと言っても、3000円の借りがある。金曜日のCME終値の値は、17,230円というから、今日も株価の上昇を期待したい。土日に、暇に任せて図書館から借りてきた「伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術」カーティス・フェイスの著書を読んだ。愚生にとっては、多少難しい内容だった。ただ、何も考えない勘や思い付きで投資する愚生と違い、しっかりとしたポリシーや規則と理論・検証によって売買されていることが判った。未来は予測するものではなく、確率の観点から捉えるべき。勝ちトレードよりも負けトレードの方が多くても、「ストップ・ロス」を確実に行えば利益を出せる。要するに、負けが多くても失う金額を最小にすれば、大勝ちした時の貯金で、ト-タルで勝てるという。優れたトレーダーになりたければ、自我を乗り越え、謙虚さを身に付けなければならない。あまり儲けに執着しないほうがたくさん稼げるという。そして、ものごとが悪い方向に進んでも、確たる自信をもってその規則を守るべきというポリシーが重要だと説く。どれも愚生には、詳細まで理解できなかったが、手始めに持ち株に1/2Nの「ストップ・ロス」を付けてみた。

|

« あっさりとした喜多方ラーメンが好きだ。 | トップページ | 民主党のおバカ連中は、いい加減にしろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/63629636

この記事へのトラックバック一覧です: カーティス・フェイスの著書を読んで:

« あっさりとした喜多方ラーメンが好きだ。 | トップページ | 民主党のおバカ連中は、いい加減にしろ »