« 心動けば相場に曲がる | トップページ | 自らを知らざれば、株式投資は高くつく »

2016年1月 3日 (日)

利害関係がない時空で過ごした友

Ess461 昨日、学生時代の学友から、突然携帯に電話が入った。正月早々、訃報でなければと思った。電話口の喋りから、酔っているようなので安心した。関東地方のT市に集まり、新年会だとの話だった。音信がない友人もいたので、安心させられた。還暦を迎えると、いくら会社にしがみつこうとも、社会の常として強制的に退去や遠ざけられる。そして、会社付き合いが、極々一部を除けば、利害関係で成り立っていることに気付く。愚生も義理を通して昇進させた元部下から、年賀状が途絶えたときに、そのことを知らされた。そういう愚生も、勤め人時代に退職後の挨拶を兼ねた年賀状に、返答したことはない。なぜなら、これ以上付き合いは無用だと思ったからだ。やはり、持つべきものは友だと言っても、還暦を過ぎて楽しく付き合うとなれば、利害関係がない時空で過ごした友だろう。退職後にOB会が活況となることは納得できる。OB会事務局をやっていて、諸事情で出席できないとの知らせを受け取ると、なにか深い悩みでもあるのかと穿って見たくなる。OB会の招集状に、いつも親鸞の「明日有りと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかわ」という詩を添えるが、今が忙しい人に通じないようだ。死ぬ準備もせずに、いつまでも生きることしか考えていないようだ。死ぬ間際に気付いても、その時には時間も気力もないのに・・・。ところで、出没するゾンビ政治家をみると、老害という害を知らないのかと呆れる。

|

« 心動けば相場に曲がる | トップページ | 自らを知らざれば、株式投資は高くつく »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/63283151

この記事へのトラックバック一覧です: 利害関係がない時空で過ごした友:

« 心動けば相場に曲がる | トップページ | 自らを知らざれば、株式投資は高くつく »