« 少子高齢化では、職住接近 | トップページ | 他人の不幸は蜜の味 »

2016年3月18日 (金)

NPBは、公益を目的とする事業を行っている?

Img_12cap 今日は、人間ドックで多摩丘陵病院に行ってきた。一昨日とその前日は、M市民病院へ持病の定期健診で行った。生産性がない年寄りばかりが病院で金を使うと、愚生は若い頃から批判していた。当時は、理にかなった持論だと思っていた。しかし、気が付くと自分もその生産性のない一人になっている。長生しても世の中に役立たないが、こと自分のこととなると合理性が働かず、医療費の出費など全く気にならない。つくづく、愚生は、利己主義でご都合主義だと思った。こういう愚生でも、他人の世話など結構する方だから、世の中の平均値は、相当悪い連中ばかりだろう。昨今のプロ野球ニュースで、諸悪の根源は巨人だと思っていたら、ほとんどの球団でも、同様なことが行われていた。そう思うと、清原の覚せい剤事件も、プロ野球界の氷山の一角のような気もする。大相撲では、八百長や賭博で多くの力士が相撲界から追放された。プロ野球を管理・統括する日本野球機構(NPB)も、文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課所管の特例社団法人で、特例社団法人も大きな括りでは公益法人の一種だ。公益財団法人というが、NPBは、公益を目的とする事業を行っているかと言えば怪しい。

|

« 少子高齢化では、職住接近 | トップページ | 他人の不幸は蜜の味 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/64515299

この記事へのトラックバック一覧です: NPBは、公益を目的とする事業を行っている?:

« 少子高齢化では、職住接近 | トップページ | 他人の不幸は蜜の味 »