« 事業買収は結構面倒なことが多い | トップページ | マンガ専攻教授に、ちばてつやが就任 »

2016年3月10日 (木)

日本プロ野球の暗黒史を作った巨人

Giants_logo 今回、巨人球団高木京介投手の野球賭博への関与が明らかになった。一連の野球賭博問題で選手が記者会見するのは初めてだ。口裏合わした嘘では、逃げ切れないと思ったのだろう。巨人球団は、戦後間もない昔から悪の限りを尽くして選手をかき集めてきた。そんな薄汚れた巨人球団自身に自浄能力などあるはずはない。江川の空白の一日、桑田早大偽装事件、高橋由伸の親族の借金肩代わり、一場への総額約200万円支給事件、原辰徳の1億円事件、清原の覚せい剤と思いつくだけでもきりがない。おまけに、ウェーバー式ドラフト制度(米国メジャーリーグ)の改悪と日本プロ野球の暗黒の歴史を作ってきた球団だ。今回の野球賭博事件に関連した選手は、早期に永久追放にすべきだ。大相撲やメジャーリーグでも同様の処置がとられている。ところで、巨人は昨年、笠原など3選手の処罰で野球賭博の膿は出尽くしたといって昨秋のドラフト会議に参加した。これまでの巨人の自主的な調査とは一体何だったんだろう。賭博に関与した4選手は、氷山の一角でしかない。早期に、巨人と利害関係のない組織で徹底的に調査すべきだ。調査完了まで、野球賭博の温床となった巨人との試合はすべて禁止だ。更に、踏み込んで言えば、巨人球団そのものも解体して、悪を根絶すべきではないか。

|

« 事業買収は結構面倒なことが多い | トップページ | マンガ専攻教授に、ちばてつやが就任 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/64371853

この記事へのトラックバック一覧です: 日本プロ野球の暗黒史を作った巨人:

« 事業買収は結構面倒なことが多い | トップページ | マンガ専攻教授に、ちばてつやが就任 »