« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

当面、J-REITくらいしか投資先はない

B99f5acda3d5e44f1a1e9e305293b532b18 今朝のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に続伸し、前日比1円75銭円高ドル安の1ドル=106円30~40銭で、この日の高値圏で終えた。一時は106円28銭まで上昇し、2014年10月21日以来、約1年半ぶりの高値を付けた。日銀が28日の金融政策決定会合で政策の現状維持を決めたことを手掛かりにした円買い・ドル売りだ。日本が連休中ということもあって、外資系が投機的に円買いをしかけたのだろうか?久しぶりの円高に戻ってしまった。黒田第二バズルカ前の状態だ。CMEは、1万5880円というから、休み明けは、日経平均は▼1000円安くらいだろうか?このままであれば、週明けは日経平均は1万6千円割れが確実だろう。日本の景気回復も絵に描いた餅になった。安倍ノミックスは失敗だったようだ。愚生も最近の流れから、いずれ円高で相場が崩れると思っていたので、長期保有が前提のJ-REITや小野薬株を主に持っている程度だった。日経平均は、為替差益に支えられていたものだから、円高になれば輸出関連企業の損益は悪くなる。自動車株などの輸出関連、休み明けには軒並み売られるだろう。ここ数年続いた日本株バブルも終焉しそうだ。しかし、昨今の金利ではまともな投資先はない。海外へ投資といっても、この先、円高がどこまでいくか見当がつかないようでは、軽々に投資などできない。当面、J-REITくらいしか投資先はない。金融緩和の効果がないなら、マイナス金利の拡大くらいしか手はなさそうだ。それなら、思い切って住宅ローンを借りるとお金が貰えるようにすればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

無頼漢を知事にした自公は責任をとれ

I320 東京都の舛添要一知事の公私混同や都税の散財のニュースが絶えない。今回は、公用車を使い、ほぼ毎週末に神奈川県湯河原町にある別荘に通っていたことが明らかになった。これまでも、海外への高額出張や韓国人学校の増設に向けた都有地貸与など、都民の利益と相反することを勝手に執行した。湯河原に行く理由は、湯河原の別荘にある風呂は広くて足を伸ばせるからだという。都によると、舛添知事が公用車で湯河原町を訪れたのは、この一年で、計48回だというから、各週に別荘に通っている。毎週金曜日の午後2、3時に都庁を出発というから、勤務時間中に別荘に行っている。そして、週明けに公用車が湯河原町まで迎えに行くというから呆れてしまう。車は持っているだろうから、自分の車で別荘に行けば誰も文句は言わない。都民の税金を使って別荘に行くから、愚生などに言わせれば、公金横領と同じだ。卑しい生まれなのか知らないが、ずいぶん下衆の極みのような人格だ。舛添知事は都庁や公務関係先からの帰宅時のほか、別荘から都庁などへの出勤時に使用しており問題ないという。それに、昨年のロンドン・パリを訪れた出張費用が計約5千万円、これも社会常識からみて妥当性があるとは思えない。トップなら当然だと舛添は吠えるが、天皇陛下なら愚生は納得する。しかし、この舛添と言う男、人格が貧しい上に、金品にも汚いようだ。道徳の前に、人としての美学や恥を知らない哀れな人材だ。子供の養育費も払わないで裁判沙汰を起こしているゴロツキに、そんな価値があるとは思えない。このような無頼漢を知事にした自民党、公明党には責任をとれと言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

日活ロマンポルノの女優さん

150804030 愚生は、勤め人時代に日本の時代物ドラマはほとんど見なかった。時間に余裕がなかったせいもあって、同じ時間を使うなら評価が高く、金のかかったハリウッド作品ばかりを見た。一通り見てきたせいで、テレビで放映される古い映画は、過去に何度も見た作品が多い。フォレスト・ガンプのように、秀作は何度見ても見飽きないといっても、数に限りがある。ハイヌーン、怒りの葡萄、ドクトルジバゴ、道、十戒、ウォーク・ザ・ラインなども何度も見た。場面が絵になっている映画は、音楽と同じように飽きないが、ストーリが主な映画やスリラー物は、結果が判ってしまっていると面白さは半減する。そこで、最近は鑑賞作品の領域を邦画や時代劇までに広げた。ただし、近年の邦画は見る気はしないので、著名な黒沢・小津・小林正樹・溝口健二・山中貞雄などの監督作品に絞って見ていた。しかし、それも限られるため邦画ドラマ、必殺仕置き人・江戸を斬る・鬼平犯科帳などの勧善懲悪作品まで見るようになった。作品の良し悪しはともかく、見終わった後に溜飲が下がり爽快感がある。昨日見た鬼平犯科帳では、乳首を露わにして艶っぽい演技をする良い女優がいた。ネット検索すると「志麻いづみ」という日活ロマンポルノの女優だった。日活ロマンポルノ後期の女優さんだったせいで、愚生の記憶にはなかった。愚生の学生時代や社会人になったころは、「大映」破産後で邦画の暗黒時代だった。過去に清純派女優吉永小百合を輩出した老舗の日活でも、会社を生き残らせ社員を食わせるために、ポルノ主体の路線へと舵を切った。その様な厳しい状況下で、日活に籍を置いていたキャリアの浅い若手女優は他に行き場もなく、ロマンポルノを選択するしかなかった。そういうわけで、当時の日活ロマンポルノの女優は、美人で演技力のある人が多かった。愚生が若い頃には、白川和子、宮下順子、田中真理、片桐夕子、山科ゆりなど映画をよく見た記憶がある。特に、好きな女優は山科ゆりだった。こんな映画に、なぜ清純そうな山科ゆりが出演するのだろうと不思議に思いながら、何度も自由が丘の映画館に足を運んだ。当時の女優は、前張りというガムテープをあそこの部分に張って映画に出演したので、撮影後に剥がすのが痛いのが悩みだと聞いたことがある。今のAVビデオより、当時の映画は露出度が少なかったが、遥かに色っぽく興奮した記憶が甦る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

国民皆保険について真剣に考える時期だ

Pd1thumbnail2 今朝の産経新聞に「1剤が国を滅ぼす」という衝撃の記事があった。財政のあり方を検討する審議会で取り上げられたのは、がん治療のコストだ。小野薬品工業が開発したオプジーボは、平成26年に悪性黒色腫の治療薬として製造販売の承認を取り、昨年12月に切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの治療にも追加承認された。従来の抗がん剤はがん細胞の増殖を抑えて死滅させるが、オプジーボは患者自身の免疫に働きかけてがんを抑え、効果持続期間が長い。日本発の画期的な免疫療法薬として他のがんへの適応拡大も期待されている。問題は価格で、オプジーボを使うと、年3500万円かかる。患者の平均的な負担は、「高額療養費制度」があるため、月8万円程度で済む。ただ、オプジーボが適用される非小細胞肺がん患者は年10万人強というから、仮に5万人がオプジーボを1年使うとすると、薬代だけで年1兆7500億円もかかり、国の予算に占める社会保障費への影響は数千億円規模になるこという。これを避けるためには、高額療養費制度を見直し、国民皆保険のない米国のように患者に自己負担を強いて、金がなければ高い薬を使えないようにするという案もある。ただ、これでは何のための国民皆保険か判らない。貧乏人は死ねと言うことになる。はたまた、例えば75歳以上はオプジーボを使えないように年齢制限すれば、年寄りは早く死ねと言うことになる。実際に、オプジーボを使いたいという肺がんの患者は多い。オプジーボが画期的なのは、患者の免疫機能に働きかけるメカニズムだ。正常な免疫は、がん細胞を異物と認識してそこだけを攻撃する。がん細胞は免疫に攻撃されるのを防ごうと、免疫にブレーキをかけて攻撃を受けないように防ぐ。オプジーボは、がん細胞が免疫の攻撃にブレーキをかけるのを阻止して、がん細胞への攻撃に再びアクセルを踏むことだ。ところが、問題は自分自身の免疫力を利用するため、体力が落ちている患者には使えないという。癌患者の最大の関心は、この薬が自分に効くかどうだ。オプジーボは高額だと言っても、生きるか死ぬか命をかけて戦っている患者に、価格の話など通用はしない。実際、死ねばお金など、向こう側に持っていくことはできない。死に瀕している患者は、藁おも掴む思いでオプジーボに望みを託す。しかし、その薬価は、患者すべての期待に応えるにはあまりに高額だという内容だ。米国では、爆発的にオプジーボが伸びている。米国は、自由診療が基本だし、それに耐えうる資産家も多いのだろう。オプジーボの適用範囲は、血液の癌を含め多くの癌に効果があるという。仮の話しだが、癌が治れば日本人の寿命は延びるが国家財政は破綻する。実際に、愚生が癌に遭遇すれば、オプジーボを使いたい。国家財政の破綻など、愚生が死んでしまえば心配などする必要もない。失礼な話かもしれないが、ほとんどの人は愚生と同じ考えだろう。その折り合いを付けるには、薬価基準を下げるしかない。そして、不要不急の医療を慎み、効果の少ない似非治療薬は、保険の対象から外すように見直すしかない。それでも足らなければ、年齢制限と対象外になった高齢者は5割負担程度の自由診療にして頂くしかない。愚生もオプジーボの将来性を期待して、分割前に小野薬品工業の株を持った。当初、株は投資目的だった。しかし、いろいろなオプジーボの情報を知るにしたがって、日本の国民皆保険の制度について真剣に考える時期だと、痛感させられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

東京五輪のエンブレムがやっと決まった

20160425oyt1i50020l 2020年東京五輪大会のエンブレムが、やっと決まった。市松模様をモチーフにした案「組市松紋」が選出された。国立競技場もそうだったが、今回の東京オリンピックは、白紙撤回になって再選されることが多い。原因はお役所仕事の公務員だった連中が多く入り込んだことだろう。彼らは、自分たちの仕事を作り出し、すべてを随意に管理しようとする。はっきり言って旧エンブレムの選考など、特定のデザイナーに初めから決めておいて、やらせ作業に近い方法だった。前回、この作者の盗作問題が浮上して、調べていく過程で、エンブレンムの選定が恣意的に行われたことが判明した。愚生のような素人にも、前回のエンブレンムより、今回の作品が遥かに良いと思う。日本の伝統色の藍色を使い、形の異なる3種類の四角形を組み合わせたエンブレムだ。この寂のある作品は、日本以外では生まれない。日本国の伝統や文化がよく練り込まれた作品だ。委員21人が非公開で投票し、最初の投票で過半数の13票を獲得したことは納得できる。ところで、新国立競技場の選考の場合は、森元首相が強く推薦したことが災いとなってその案が選ばれず、気の毒だった。しかし、選ばれなかった作者が、選定された新国立競技場案を酷評したのには興ざめした。傍から見ていただけの愚生も、彼の度量のなさには失望した。また、白紙撤回にされた案を提案したザハ・ハディッド氏は、その問題で訴訟を起こと息巻いていたが、2016年3月31日満65歳という若さで亡くなった。カール・G・ユングは、「個人の意識は、多年生の地下茎から成長し、季節にあった花と果実をつける枝にすぎない。もし人が地下茎の存在を考慮に入れるなら、これは心理とよりよく合うだろう。というのは、もつれ合った根は万物の母だからである。」と説いた。要するに、すべての物の根幹は繋がっている。他人のことなど、どうでもいいとの振る舞いは、共通の根幹からの生命維持の源泉が絶たれてしまう。愚生は、母がよく言う因縁というものは信じたくないが、全く無縁ともいえない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

日銀のマイナス金利政策の影響?

N_seido 今朝のニュースで、日銀のマイナス金利政策の影響が、年金の負担増を通じ企業収益を圧迫し始めたと報じられた。マイナス金利の悪影響は、銀行だけの問題だと思っていたが、愚生のような企業年金受給者にも影響があるらしい。具体的には、長期金利の利回りの低下で、企業が将来の年金の支払いに備えて用意する積立金額が増えるためだ。国の代行の厚生年金は、ほとんどの企業は国に返上している。今回の指摘は、企業が独自に積み上げていた企業年金部分についてのことだろう。年金積立は将来のことで、帳簿上の処理のため企業から現金が流出するわけではない。しかし、予め将来の給付額を決める確定給付型の年金の場合は、企業は将来の年金支払いに備えて、退職給付債務を積み立てる必要だある。ただ、最近は確定給付から確定拠出に年金体系は変わってきたため、企業自身にそれほど影響があるとは思っていなかった。日清食品の場合で数十億円規模、住友不動産では数億円、三井金属で数十億円も費用が生じるという。これらの企業の年金は、確定給付年金ではないのだろうか?そうであれば、企業の従業員には手厚い福利厚生だが、身から出た錆だ。企業の退職給付債務は、「割引率」と呼ばれる利率を使って将来の債務額を計算する。適用する割引率は長期国債の利回りなどを基に決めるため、市場金利が下がると割引率も低下する。そのため、割引率を下げると退職給付債務が増えるためだ。不足分を積み立てた金額を決算に反映すれば、その期の利益から積み立てるため損金となり経常利益が減益となる。ただし、将来金利が上昇すれば、割引率が上がるため逆に増益要因となる。愚生が思うに、短期的な金利の上げ下げであれば、中長期的には影響はない。ただし、損益すれすれの企業にとって、赤字になるか黒字になるかでは、大きな問題だ。そう考えれば、朝のニュースで取り上げて、大騒ぎする話ではない。銀行や金融機系の証券会社は、自己収益が苦しくなるためマイナス金利の悪影響を誇大化しているようにも見える。愚生に言わせれば、余剰な銀行預金を日銀に預けさえすれば、0.1%の金利を受け取っていることの方が問題だろう。今まで、銀行はなんの努力もしないで、預貯金の利ザヤで儲けていた方がおかしいのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

サッカー場の改修費用を自治体に出せとは

5c0038a08cb643f8ac3b65830d004f14 愚生は、熱心にプロチュームを応援することはない。なぜなら、応援して勝ったところで、胸はすくかもしれないが愚生に恩恵などないからだ。そういう愚生だが、大学生までは熱心な「南海ホークス(大阪)」(現在の福岡ソフトバンク)ファンだった。南海ホークスの四番バッターは、キャッチャー野村克也だった。愚痴っぽい今の野村と違い、選手時代は美男子ではなかったが、可愛いい顔をしていた。同じ大阪が本拠地の下衆の極みのような阪急や近鉄ファンは、バックネット裏で「頭の悪い野村・リードの悪い野村」と大合唱した。捕手野村を怒らして、少しでも自軍を有利にしようと必死で応援をしていた。北陸育ちの愚生は、大阪とは日本人以外も多い地域だから、特殊な場所かと思った。その熱く思い入れていた難波にあった南海も、野村克也がチームから追い出されてロッテに移籍した頃には全く興味が無くなった。今から思い出しても、野村克也という男は、その言動から長嶋や王に対して、劣等感の塊のようで子供っぽいとしか思えなかった。選手野村は好きだったが、その人間性には正直幻滅を感じた。それ以来、巨人が負けることを願って応援することを除いて、特定の球団を熱心に応援することはなかった。スポーツに熱い思い入れは消えたが、F社の管理職だった関係で、フロンターレのファンクラブに付き合いで加入した。そんなわけで、入場券を持っていた関係もあって、子供連れでJリーグの試合は何度か観戦した。大企業がスポンサーのフロンターレは、J1でも常に上位にいて、今年も暫定1位だ。一方、愚生が住んでいる東京郊外のM市にあるJ3から昇格したばかりの貧困チームも、J2で暫定1位だ。降格だけは避けてもらいたいと思っていたが、暫定と言え1位には驚いた。暇なせいか、久しぶりに応援しようという気になる。ただ、J1への昇格には、日本サッカー協会の経済観念欠如のボンクラ委員は競技場の改修が条件だと言う。少子高齢化の日本社会において、使用頻度も低いサッカー競技場の改修費用を、地方自治体に負担しろとは、バカも休み休みいえと言いたい。それより、馬鹿な日本サッカー協会の組織委員を首にする方が、最も費用対効果が上がることは明々白々だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

米国一般大衆は、原爆投下を洗脳された

2015080416055776es 今朝の新聞に、オバマ米大統領は5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)直後に被爆地、広島を訪れる方針だという。核兵器なき世界でノーベル平和賞を受賞したオバマ氏は、米国にある原爆投下正当化論など訪問慎重論を退け、自らの原点である核廃絶に活路を求めたようだ。勝てば官軍、負ければ賊軍とは、よく言ったものだ。米国による非戦闘員の無差別殺戮は、原爆投下のみならず東京大空襲も含め、明らかな戦争犯罪だ。東京裁判などの茶番劇を見ても、歴史は勝者の論理だ。インドのラダ・ビノード・パール判事は、東京裁判で、「戦争に勝ち負けは腕力の強弱であり、正義とは関係ない。」と言った。米国は、罪悪感から日本の各都市を無差別爆撃することで、多くのアメリカ人の命が救われたという。こんな論理が通るなら、敵国側非戦闘員の女性や子供の命を奪って、戦争に勝ったことになる。米国政府の70年に亘る世論操作の影響で、無教養な米国一般大衆は、あの虐殺は必要だったと洗脳されてしまった。日本の一般市民に対する空爆と原爆投下は、パール・ハーバーと違って攻撃対象は「軍」ではない。ナチスに匹敵するような戦争犯罪を米国は非戦闘員にもたらした。遠い将来の歴史教科書には、トルーマンはヒットラーと並び称される極悪非道な戦争犯罪人として記されるかもしれない。ただし、今の21世紀の倫理観から遡及して批判することは多少問題があるだろう。とはいえ、原爆の投下の虐殺は、米国が犯した事実だ。おまけに、プルトニュウム型とウラン型という2種類の原爆で人体実験をした。人類史の汚点と言える恥ずべき行為だ。いずれにせよ、地球がある限り、米国元大統領トルーマンの戦争犯罪は語り継がれる。一方、オバマ大統領は、米国史上初の現職大統領として謝罪を含めて広島を訪れる。トリニティ実験が行われた後、開発者のオッペンハイマーは「我は死神なり。世界の破壊者なり。」との言葉は、真実を正確に言い当てている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

首相には人材の資質を見抜く目が足りない

813186de 米国を訪れた際にかかった舛添要一知事のホテル代は1泊約15万円。そして、往復にはファーストクラスを利用し、運賃は約225万円だったという。いったい何の目的で、都知事が海外旅行をするのか理由は知らない。愚生を含むほとんどの都民は、そう思っている。そもそも、養育費も払わないため裁判沙汰になった節約志向の人材が、都民の金なら散財する不思議。愚生は、自民党支持者だが、舛添要一には投票していない。彼の悪相を見れば、とても自治体の組長など務まる資質があるとは思えなかった。片山さつき参議員は、酷い男だったというから事実なのだろう。あの悪相男を推薦した安倍首相に一番責任がある。選挙が最優先で、相応しくない人材でも自民党推薦とするなど、都民を侮辱している。TTP後任大臣の石原伸晃や元経産大臣の小渕優子、ついでに鳩山脱税兄弟も皆そうだ。親の七光りで、世間の厳しさなどわかっていない。生まれてきて、口をパクパクさせてきただけの人生だ。安倍政権は支持するが、安倍首相には人材の資質を見抜く目が足りないような気がする。そうでなければ、国民は安倍首相以上に、世間の厳しさを知っているからかもしれない。東京都は、経費の妥当性をチェックする検討会を21日に設置するというが、都知事自身が自分の浪費を削減できないようでは困る。東京都第18区で、未だに菅直人に投票する都民もいるくらいだから、一概に批判はできない。こんな人材を東京都知事に選んでしまった都民や自民党都連、公明党には大きな責任がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

日本生まれの新しい抗がん剤

Nivolumab 勤め人を辞めたことで、仕事で親交のあった人との音信もほとんど途絶えた。つくづく、利害関係のみの関係だったことを思い知らされる。人生を振り返ってみると、人は気にかけている物事に注目することが多い。愚生の場合は、最初に住んだ川崎市宮前区の丘陵に建てられた団地、田園都市線沿線の青葉区マンション、そして終の棲家となるだろう今の自宅など。田舎者の愚生にとって、裸一貫で都会に働きに出て、住家を持つことは大変だった。住宅を売買するたびに、借金の額が大きくなった。愚生の時代は、年ごとに昇給はあった。それでも、住宅ローンを返済するために働いているかと思うことまであった。そのせいか、住宅ローンの残債があった頃は、周りの地価や住宅価格がやたらと気になった。昨今、REITや株式投資などすると、どうしても投資先の企業や物件が気になる。さすがに、愚生が勤務したF社の株は、社内事情を知り過ぎていることもあって、長く保持したことはない。F社の欠点が見えすぎて、怖くてしょうがないからだ。ただ、企業年金をF社から頂いている関係上、企業業績は常に気になるし、頑張って頂きたい。電機業界は、直接・間接的に内容をよく知っているせいもあって長期投資したことがない。近々では先月、専門外のバイオ株を持ったことで、愚生がこれまで全く縁のなかった業界を知ることになった。為替や外部環境の影響が少ないと思い、財務諸表とアナリストの評価基準を参考にして投資した。株を取得後、その企業が得意とする癌治療薬と最近の医療実態についてについて知ることになった。本来なら投資する前に知っているべきなのだろうが、自分のお金を投入すると、俄然真剣味が沸くようだ。投資した企業は「がん免疫療法」という日本生まれの新しい抗がん剤を開発した。この免疫チェックポイント阻害薬は、免疫細胞が癌細胞を攻撃する力を助ける。癌細胞を自分の免疫で抑え込むため、人体に副作用が少ないという。従来の抗癌薬は、癌細胞に毒を盛るような方法のため、正常な細胞も大きく損傷する。米国での治験では、非小細胞肺がん、前立腺がん、大腸がん、腎細胞がんなどの固形がん、および悪性黒色腫を対象に投与する試験が実施され、いずれも有効例が認められたという。もちろん、素人の付け焼刃な知識でしかないが、新しいことを知ると世の中が広くなった気がして爽快だ。参考:文藝春秋5月号から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

補身湯を韓国の食文化として

I320 韓国では、日本酒などの試飲イベントは盛況を博し、日本製ビールの輸入は急増している。日本酒は「サケ」と呼ばれ、2014年の日本酒の輸入量は3322トンで、2005年と比べ、6倍増にもなっている。日本産のビールも好調で、昨年、韓国が輸入したビールのうち、アサヒやサッポロ、キリンなど日本産が全体の27%を占めた。ドイツやオランダ、ベルギーからのビール輸入量を凌ぎ、前年比約45%増の4万6244トンで、約10年間に30倍増。日本酒以上に韓国社会に浸透している。日本酒や日本産ビールの人気を後押ししているのが、空前の「イジャカヤ」と呼ばれる日本様式の店舗が人気だという。愚生が韓国に行った時代とかなり変わってきたようだ。一方、日本産の酒人気の傍ら、韓国産の焼酎やマッコリの日本への輸出は激減だ。マッコリなど2014年の日本への輸出額は、2011年の5分の1以下にになった。はっきり言って、愚生が韓国に行った時に呑んだマッコリは、酸味が強く不味いと思った。韓国では、水割りで酒を飲まないため、焼酎の眞露かスコッチくらいしか飲む気になれなかった。(友人の朴さんの話しでは、朴正煕時代に戒厳令が引かれていたため、帰宅時間が早かったためストレートでしか飲まないと言う。)なぜ、日本酒が韓国で受け入れられるかと言えば、韓国の酒が不味いことと、日本酒が美味いことだ。(その美味い日本酒の中でも、口の肥えた愚生如きは、加賀鳶しか飲まない。)いくら韓国政府が、韓国の食文化を世界に広げようにも、不味い料理や酒では無理だ。その証拠に、中華料理は世界中どこでも食べられる。韓国料理で頭に浮かぶものは、キムチやカルビークッパ、焼き肉、ビビンバ、参鶏湯、補身湯などだ。この中で、一番伝統的で韓国らしい食べ物は、やはり補身湯だろう。韓国をよく理解してもらうには、補身湯を世界中に普及させ、韓国の食文化を外国人に伝えることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

どうしても“日本離れ”できない韓国

51i8l9wal_sx310_bo1204203200_ M市立図書館に新刊『韓国はどこへ?その「国のかたち」の変質と行方 (海竜社)黒田勝弘(著)』を予約したが、ずいぶん待たされそうなので、黒田勝弘氏の既刊『どうしても“日本離れ”できない韓国 (文春新書)黒田勝弘(著)』を借りた。愚生は、嫌韓本は一通り読んだが、韓国びいきだろう産経新聞記者の黒田氏の著書は目を通す気はしなかった。初めて韓国に行ったのは、ソウルオリンピックの前だったから、30年くらい以前のことだ。これまで、商用で韓国にはなんども行った。必用に迫られ、朝鮮語ハングルを覚えるため、NHKのラジオ講座も聞いた。あの頃は、ほんとうに韓国が好きだった。日本で飲みに行く時も、朝鮮系が経営している店が多かった。また、サンノゼでも、肌の色が同じで劣等感がない韓国人経営の店に行くことが多かった。昨今のような反韓感情など微塵もなかった。韓国を深く知らなかったことが原因だったようだ。今の日本社会は、韓流ブームも終焉し、堪忍袋の緒が切れたように韓国バッシングになった。そして、嫌韓本が書籍のベストセラーとなり、「反嫌韓書籍コーナー」まで開設した店もある。李明博や朴槿恵大統領が、火を付けたことだから、身から出た錆だともいえる。黒田氏は、共同通信入社後に韓国へ留学をし、共同通信や産経新聞ソウル支局長を歴任した経歴を持つ。愚生の知っている内容は多かったが、満州国という中で、金日成と朴正煕を対比して見た部分は新鮮な感じがした。今の韓国は、経済的に成長した国になり、併合世代も替わった。しかし、日本と韓国を対比し、日本のことがやたら気になる国だ。しかも、実際に日本統治時代を知っている人たちは他界したため、教育によって植え付けられてきた反日世代が中心となっている。そのせいか、最近では旭日旗へのバッシングやナチス・ドイツとの比較など過激なレイシストになり、愛国無罪という無法国家となった。著書の中で面白かったのは、韓国の「道徳的優位性」という対日外交カードだ。規則や約束は他人が守る者という朝鮮人の道徳性とは、いったい何なのだろう。棚から牡丹餅できた国とは、こうゆう物かと呆れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

お袋がいたことが故郷への思い

Tateyama13 JR西日本によると、昨年3月に開業した北陸新幹線の2016年3月期の乗客数が、2015年3月期の在来線利用と比べおよそ2.7倍になったと発表した。首都圏から金沢や富山などへ向かう人が多く、利用者が1000万人を超えるなど好調を維持している。運輸取扱収入も前期比7.8%増だった。一方、JR東日本も、北陸新幹線の収益が上乗せされ、2016年3月期の連結営業利益は23期ぶりに過去最高を更新した。JR東日本の好決算は、新幹線事業の売上高営業利益率は約40%にもなり極めて利益率が大きい。単純計算では北陸新幹線の2016年3月期の営業利益は約180億円だが、これは連結営業利益の増加分の半分をたたき出した。今期は3月に開業した北海道新幹線の貢献も加わり、前期に続いて最高益更新が視野に入ってきた。東西JRの乗客数の伸びや決算を見ると、北陸新幹線の経済効果が非常に大きかったようだ。開業後の反動減が心配された2年目も順調に推移している。ところで、北陸三県というと富山石川・福井を指す。北陸新幹線は、未だ金沢までの開業だが、飛行機便のない福井県も十分東京に近くなった。愚生が小さい頃は、北陸は中部地方の経済圏と結びついていた。その証拠に、北陸地方の高等裁判所は名古屋にある。そして、愚生の時代、中卒の就職先といえば最も近い名古屋が多かった。その後、湖西線が開通しサンダーバード(特急雷鳥)が走るようになって、京都・大阪が身近になった。東京から富山まで2時間で行けるようになって、立山・黒部アルペンルートや合掌造りで有名な五箇山、白川郷なども首都圏に近くなった。北アルプスの山々は、富士山や浅間山と違いヨーロッパスイスの景観に近いものだ。愚生が小さい頃の思い出に、冬の晴れ間に立山連峰(雄山・剣岳・薬師の峰)が朝日に照らし出され、その美しさに見とれたこと思い出す。そういう望郷の思いはあるが、お袋が長野県佐久平駅に近い介護施設に移ったことで本籍を東京に移す決心をした。やはり、お袋がいたことが故郷への思いだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

適当に投票してはならない

Slide_486246_6682888_compressed 一昨日から熊本地震のニュースが報道されている。今回の地震は、広域に断続的に続いているようで、いつ終わるか見当もつかない。震災が大分にまで及んでいるので、熊本地震という命名は、拙速だったかもしれない。ただ、加藤清正が400年以上前に築城した熊本城の石垣までが崩れたというから、有史以来かはともかく大震災だ。愚生ごときも、他人の不幸を茶の間のテレビで見ていることが申し訳ない。平成になってから、阪神淡路大震災、東日本大震災と惨禍に見舞われた。火災や津波の被害がなかったせいで、熊本地震は亡くなった人は少ない。しかし、建物の崩落などは、先の大地震と変わらない規模のようだ。いずれにせよ、遮断された交通網が完全に復旧するには、1年位はかかるだろう。せめてもの救いは、悪菅直人や猪八戒の枝野などが、政権に居座っていなかったことだ。こう考えると、政治家など誰がやっていても同じだと、適当に投票してはならないことを痛感する。菅直人が大はしゃぎして、必用もないのに首都圏の電車を全て止めたため、東京近郊は大混乱を起こした。その混乱にびっくりして、慌てて解除したが、体調が悪くなった人もいて死人まで出した。そして、原子力発電所の専門家と称して、わかりもしないのに口出し、現場を訪問をしたため混乱に拍車をかけた。こういう人材でも、地縁なのか武蔵野・小金井・府中の選挙民が投票するせいで、未だに国会議員となっている。舛添や菅直人など、あんな悪相な人物に投票する人の気が知れない。そういう愚生が投票した、田母神氏は逮捕され猪瀬氏は辞任した。愚生の目も同様に節穴のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

日本を混乱に陥れた伴食宰相

Exd1402181051001p2 社民党の福島瑞穂前党首は熊本地震発生の2時間後に、自身のツイッターで「ハッピー!ハッピー!」とつぶやいた。この福島さんという人は、人権弁護士と言う触れ込みだが、熊本県の被災者のことはどうでもいいようだ。彼女は、熊本地震が起こって幸せなのは、夏の参院選で社民党に有利に働くと思ったからからだ。どうも、彼女の狭量な考え方には、同じ日本人とは思えない。半島に住む住民と近いのではと、穿った見方をしてしまう。東日本大震災時の自民党は、与野党休戦をして、当時の民主党政権に協力した。その時、民主党政権の菅直人や枝野はいったい何をしたか今でもしっかりと覚えている。被災者のことなどそっちのけで場当たり的な対応をし、日本を混乱に陥れ、伴食宰相をさらけ出した。今回、民進党は公式ツイッターに、東日本大震災時の自民党のような対応を望みますとの投稿に対し、「それじゃあダメでしょうね」と自民党批判を展開した。要するに、熊本地震の機会をとらえて、政権政党批判を繰り返し、被災者のことは全く考えていない。東日本大震災時と違い民進党が政権与党でなかったことは、唯一の救いだ。ドラゴン龍とかといった頭のおかしい民主党の復興大臣もいたことを思い出す。民進党・共産党・社民党という政党は、いったいどこの国の政党なのかと言いたい。鳩山由紀夫や村山富市の功績は、彼らの愚行が、反面教師として当時の民主党政権を思い出すことだ。ところで、現行憲法下で平和を唱えさえしていれば、わが国に災いはないと考えるなら、インドネシアを他山の石とすべきだ。インドネシアは、南沙諸島の領有権問題など関係ないと「中立」の立場をとってきた。ところが、インドネシア領ナトゥナ諸島沖は、南シナ海のほぼ全域の管轄権を主張する支那の「九段線」と重複する。違法操業の支那漁船をインドネシアが曳航中に、支那の公船が体当たりして漁船を奪取した。支那に媚びた朴槿恵を、無頼漢の習近平はどう扱ったか見ればかりそうなものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

東芝・富士通・VAIO、パソコン統合白紙

Nb50g500 今朝、「東芝・富士通・VAIO、パソコン統合交渉白紙に」というニュースが報じられた。愚生に言わせば、富士通も東芝も未だにパソコンなどやっていたのかと言いたい。VAIOは、ソニーが見切って売却した会社だから利益さえ出れば解散すればいい。東芝と富士通は、経営者が愚者だったため、他社に遅れて今頃リストラという話だ。統合後の成長戦略や拠点の統廃合などについて折り合いがつかなかったという。お互い自分の連結決算から外して、身軽になりたいが、従業員のリストラや減損処理で自社に大きな減益要因は作りたくない。富士通とVAIOは協議の中で、現状で3社の統合による大きなメリットが見込みにくいため、交渉を打ち切ったのだろう。特に、東芝のパソコンは、海外で中国や台湾と競合する販売だ。統合や売却できなければ解散するしかない。しかし、減損処理をする体力は、東芝にないのが実情だ。一方、富士通は、企業向けに特化した製品や端末機としての国内販売が中心だ。国内販売が中心のVAIOと富士通の統合は、一般消費者向け製品に限れば検討に値する。ただ、今さら、パソコンのリストラを議論すること自体、経営者がいかに無能だったかという証だ。富士通など基幹系のプリンティングシステムを13年前に富士ゼロックスへ売却時に、パソコン部門のプリンタ部隊を社内に温存したことから、馬鹿につける薬はないと言うくらい愚かだ。現富士通の会長など、携帯やパソコンのリストラを放置してきた張本人のため、頭の中に何が詰まっているのか想像すらできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

イトーヨーカ堂も同じ運命を辿る

_957 イオンとローソンが16年2月期の決算を発表した。イオンの営業利益は前の期比25%増の1769億円、ローソンは3%増の725億円だった。イオンの利益は、ドラッグストアや不動産開発事業などが主で、本業の総合スーパーは2割の減益だった。一方、ローソンは主力のコンビニエンスストアで健康志向の飲料の売れ行きがよく、営業利益が過去最高を記録した。セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂も上場来初の営業赤字になったことから、総合スーパーの不振が目立つ。昭和50年代、愚生が若かった頃は、スーツは百貨店で購入した。一着で、初任給の半分が消える価格だった。二十数年年後に、部長職になって、嬉しくて青山(呉服店)でスーツ買った時は、二着で入社時の一着分の値段だった。最近は、家電製品はネット通販やヨドバシで買うが、世帯を持った頃は長崎屋や西友、ダイエーで買った。傾向として総合スーパーより、価格が安くて品ぞろえもあるユニクロ、ヨドバシ、マツモトキヨシ、コンビニ、ニトリ、100円ショップ、食品の激安店などの専門店で購入することが多い。そして、近くにあるイトーヨーカ堂やイオンに行くことは、ほとんどなくなった。ダイエー、ソゴウ、西友と名前が消えて行ったことを考えれば、イオン、アピタ、イトーヨーカ堂も、時間の問題で同じ運命を辿るだろう。節約志向が強まるなかで、値ごろ感を売りにした専門店が業績を伸ばしていることが、総合スーパー不要論になるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

トマ・ピケティ「 21世紀の資本論」の表紙 r>g

07876_big トマ・ピケティ「 21世紀の資本論」は読んで損はないけど、理解するのが大変とあった。愚生も盲蛇に怖じずで、1年前にM市立図書館に予約してあった。やっと順番が巡ってきたので借りてきたが、少しめくってみて読むのが大変なことに気付いた。経済学の初心者の人にもわかりやすく書かれているとはいえ、愚生にそれほど興味がないことが、延々と書かれている。内容は、ピケティ本の表紙に書かれている、r>gと言うことがカギだという。r(資本収益率)が、g(経済成長率)を上回ると貧富の差は広がるという意味の式だ。資本収益率とは、不動産投資、株式投資や債権投資での儲けの伸び率は、経済成長率、即ち額に汗して労働で稼ぐより大きい。一生懸命働いたとしても、お金持ちの資産との格差はどんどん広がるという。詳細に、難しいことまではよくわからない。しかし、言われて見れば、近所の土地成金はマンション経営や住宅展示場へ土地を貸し出して、のうのうと暮らしている。利口そうにも見えない人材だが、都会に土地を持ちさえすれば、大した才能はなくても資産が膨らむ。ただ、棚ぼたの儲けでは、資産を失う心配ばかりするあまりに張り合いがないだろうから、愚生はそれほど羨ましいとは思わない。通帳にゼロが1つか2つ余計に印刷されているだけで、土地の番人をしているようにしか見えない。愚生ならすべて売り払って、ネット銀行にでも預けて美味いものを食いながら、豪華客船で世界一周でもする。人は、そう長く生きてはいけない。金満資産家は、不動産投資、株式投資や債権投資で、無理をしないで儲けることは容易だ。しかし、愚生のように資産のないものは、「r」と言ってもPC画面に張り付いて株価を見ていて目が痛くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

トルーマンは、良識のない人種差別者

Genbaku G7外相会合出席のため広島市を訪問していた米国のケリー国務長官は11日、現職の米閣僚として初めて平和記念公園を訪問した。広島平和記念資料館の展示を見学し「みんな広島に行くべきだと思うし、米国の大統領もその一人になってほしい」と述べた。愚生も、ずいぶん前になるが、広島出張のおりに平和記念公園行き記帳した。印象としては、ずいぶん抑えた展示の仕方だと思った。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。「トルーマン元大統領には選択肢がなかった」「米国人が死ぬか日本人が死ぬかのどちらかということだったんだ。選択は簡単だ」 もちろん、「日本への原爆投下は全く必要なかった。戦争は終わりに近づいていたのに、私たちは罪のない市民の命を奪ってしまった」 と史実を正確に知って良識のあるコメントもある。大東亜戦争は、1941年(昭和16年)12月8日に、日本とイギリス、アメリカとの間に始まった戦争だ。当時の米国内は、日本人を含む有色人に対する差別は激しかった。米国でのマイノリティや有色人、特に黒人が憲法で認められた権利を訴える公民権運動は、1950年代、1960年代になってからだ。1954年のブラウン判決によって白人と黒人の教育機会の平等が認められて以来、1955年 M.L.キング牧師によるバス・ボイコット運動を経て、1964年7月ジョンソン政権下で人種差別撤廃をうたった公民権法が成立した。1964年と言えば、東京オリンピックが開催された年だ。日米開戦より、約四半世紀後にもなる。愚生から見れば、ルーズベルトやトルーマンの言質から、激しい人種差別者だったと思う。ただ、それは当時の米国白人社会としては、一般的な人種感だったのだろう。そして、有色人を殺戮すること自体、聖書がお墨付きを与えたユダヤ人殺戮と同様に、米国白人連中には罪悪感はなかったようだ。ウランとプルトニュウムという二種類の原爆を広島と長崎に落としたことが、人体実験だったことを象徴している。非戦闘員の無差別殺戮などは、ドイツのヒットラーより悪質だ。支那や朝鮮に比べ、民主主義の発達した米国市民は、もう少し民度が高く良識があるかと思ったが、がっかりさせられた。大統領予備選で、トランプ候補が票を集めることを納得させられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

第1期電王戦二番勝負第1局PONANZA勝利

T02200248_0423047613615774093 山崎八段とコンピュータソフトPONANZAの第1期電王戦二番勝負第1局が、一昨日から岩手県関山中尊寺で行われていた。
先手:PONANZA
後手:山崎隆之叡王
▲2六歩 △3二金 ▲7六歩 △8四歩 ▲2五歩 △3四歩▲7八金 △8五歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩▲同 歩 △同 飛 ▲5八玉 △8四飛 ▲2二角成 △同 銀▲6六角 △8二飛 ▲8三歩 △5二飛 ▲7七桂 △5四歩▲3四飛 △4一玉 ▲6八銀 △3三銀 ▲3五飛 △5五歩▲同 飛 △同 飛 ▲同 角 △2五飛 ▲3三角成 △同 金▲8二歩成 △同 銀 ▲6五桂 △3一角 ▲5四銀 △2九飛成▲5三桂不成△同 角 ▲同銀成 △3二金 ▲1八角 △4六桂▲同 歩 △1四角 ▲2五歩 △同 龍 ▲6三角成 △5二歩▲3八銀 △2六歩 ▲5四飛 △3四龍 ▲2五歩 △5四龍▲同成銀 △2七歩成 ▲同 銀 △2九飛 ▲3八銀 △2五角▲3六歩 △1九飛成 ▲5三桂 △3一玉 ▲4一飛 △2二玉▲2三歩 △3三玉 ▲2一飛成 △3六角 ▲4七桂 △3七歩▲2二歩成 △同 金 ▲3四歩 △2三玉 ▲2二龍 △同 玉▲4三成銀
まで85手で先手PONANZAの勝ち
囲碁もチェスも、そして将棋もコンピューターソフトが、人間のプロ棋士の実力を越えた。電脳戦は、叡王戦の優勝者とコンピューターソフトが二番勝負で戦う。トップ棋士の羽生名人、渡辺竜王は、参加せずに回避したため、プロ棋士全員が参加した棋戦ではない。しかし、多数参加したプロ棋士の優勝者(叡王)との戦いのため、事実上プロ棋士トップとコンピューターソフトとの決勝戦だ。愚生の棋力で、棋譜に軽々に物を言うのは失礼だが、コンピューターソフトが危なげなく圧勝した感じだ。第2局は5月21・22日に延暦寺で行われる。第一局の横歩取りという戦法は、今回の棋譜のように大駒を交換するような激しい急戦となる可能性が高い。一手の過ちがすぐ敗北へ繋がる怖れがあるため、非常に深い研究がされている。公式戦でも600局以上で指され、初手から詰みまで研究が進んでいる形もあるという。棋譜の▲3三角成は、人間のプロ棋士には指せない角切りだという。その指し手に気付かないわけはないが、そのあとの読みが難しすぎて、読み切れないために選択しない。それに、▲3六歩も含めてだが、自玉への角筋をふさがないまま敵を攻略してしまうところが、コンピューターソフトのすごいところだ。やはり、人間とは違う。今回の対戦で新しい定石が一つ増えたようだ。悪手を指さないコンピューターソフトとの戦いでは、ひとたびリードされれば逆転がほぼないような雰囲気だ。最近のプロ棋士は、自分の家のPCにコンピューターソフトとか入れて研究してるの人もいる。ともかく、山崎八段には、第2局は気持ちを切り替えて頑張って頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

Jライセンスから座席項目は除くべきだ

Photo 愚生の住んでいる地域に町田ゼルビアというサッカーチームがある。今年、J2に昇格した。熱烈なサッカーファンでもない愚生にとっては、どうでもいいことだが、せっかく昇格したのだから、今期は降格しなければ良いと思っていた。ところが、ここ数試合連戦連勝と好調なため、J1昇格の可能性ま出できた。東京都といえば、日本の首都なので競技場などいくらでもあると思ってしまうが、Jリーグ基準を満たすものは少ない。まず、建て替え中の国立競技場は、東京都の施設ではない。J1基準を満たす調布にある味スタ(都立の陸上競技場)とJ2基準の町田にある(町田市立陸上競技場)だけだ。町田が、J1に昇格するには調布に移るか、町田陸上競技場をJ1基準にするしかない。J2に属するチームの平均入場者数は、以下の通りだ。
2016 明治安田生命J2平均入場者ランキング第7節
01:清水―  14,060人△
02:松本―  13,052人▼
03:札幌―  12,940人▼
04:C大阪  11,899人
05:千葉―  *9,280人▼
06:山形―  *8,361人▼
07:岡山―  *8,155人
08:熊本―  *7,653人▼
09:山口―  *7,048人
------平均:7,025人△------
10:町田―  *6,269人
11:水戸―  *6,085人▼
12:東京V  *6,084人
13:京都―  *5,439人
14:長崎―  *5,129人
15:横浜FC  *5,061人
16:群馬―  *4,752人▼
17:岐阜―  *4,199人
18:徳島―  *4,093人
19:北九州  *3,995人▼
20:金沢―  *3,989人
21:愛媛―  *3,716人
22:讃岐―  *3,152人▼
入場者数が、平均で1万人超えているチームなど僅か4チームだけだ。昔、人気のあった東京ベルディ(旧川崎ベルディ)などは、平均で6,085人だ。収容人数49,970人のホームスタジアムの味スタでやれば、ほとんどが空席だ。同じ味スタがホームのJ1のFC東京でも、開幕戦を除けば土曜日開催で2万人程度だ。金曜開催の試合など、入場者数は1万人そこそこだ。日本サッカー協会が、J参入ライセンスに競技場の収容人数を義務つけているが、実態とは大きくかい離している。そもそも、入場者数が増えれば自然と競技場は拡張されるだろう。競技場を自前のチームが持っている磐田(ヤマハ)や柏(日立)などは問題はないが、ほとんどのチームは地域自治体の施設を借り受けて開催する。町田市が町田ゼルビアJ2参入に際して、J2ライセンスを満たす競技場改修のためトータルで70億円も使った。これは、すべて町田市民の税金や各方面からの補助金だ。Jライセンスを決めた、日本サッカー協会からは、なんら助成金はなかった。日本サッカー協会は、収益金だけを吸い上げて、自分たちの好き勝手に使用している。少子高齢化の財政逼迫の中、非効率な施設の拡充など、尋章摘句としか言いようがない。Jリーグの改革は、組織運営の人材見直しが、最も求められる。少なくとも、Jライセンス規定から、施設の座席項目は除くべきだ。公益財団法人日本野球連盟が、施設のことなど云々言わなくとも、日本中に立派な野球場施設が出来ている。なぜだと言えば、自由主義経済下に合致しているからだ。一方、サッカーが専用競技場ではなく、陸上競技場で開催されるのは、それほど競技場の需要がないからだ。理念と他人のふんどしの矛盾を理解しない日本サッカー協会の理事連中には、辟易させられる。地方自治体の負担に配慮することが嫌なら、公益財団法人日本サッカー協会から、公益財団法人の冠を外すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

独り身の綺麗なホステスなら別の判決?

17945 愚生とは、全く縁がないが新聞に面白い記事があった。東京都内のホストクラブに在籍した男性が最低賃金以下で働かされたと訴えた裁判だ。訴えによると、男性は2004~14年に、新宿・歌舞伎町のホストクラブで勤務した。ホストの基本給は1日3千円だったが、客の指名がないと罰金と称して給与を減らされ、月に28日出勤でも月給が9900円の時もあったという。このホストの言い分は、東京都の最低賃金額は時給900円程度だから、拘束時間×900円×28日=受け取る最低賃金だという主張だ。要するに、ホストは店に雇われた「労働者」なのか、「自営業者」なのかという問題だ。「自営業者」だったのなら、愚生(自由業)同様、必死に働いてもマイナス賃金しか得られないこともある。東京地裁の下した判決は、このホストに冷たかった。ホストは独立して自分の才覚で接客し収入を上げており、店を利用した自営業者だとして、店との労働者としての雇用契約を認めず、賃金支払いを求めた男性の請求を退けた。愚生も裁判官の判決に賛同したい。そもそも、28日出勤し、1週間の所定労働時間が30時間以上なのだから、通常の労働者ならホストクラブは、毎月の給料から厚生年金や失業保険、健康保険料、所得税、住民税等を処理しなければならない。この店は、ホストの収入と勤務時間の長さに関連は少なく、衣装も自腹で準備する。本来なら、受け取った金額から必要経費を差し引いて、自営業者のように自身で確定申告する必要がある。たぶん、訴えたホストは税金など未納で、国民健康保険も無収入と言うことで、ほとんど納めていないだろう。自分に都合の悪い時だけ、労働者といって被害者面をする男に、裁判官は冷たかったようだ。子持ちの独り身の綺麗なホステスなら、別の判決が出ていたかもしれない。ところで、学生時代に愚生が属していたクラブに、同じ専攻学科の一年下の後輩がいた。彼の消息を聞くと、大学に8年いた後、さる業界に入ったという話だった。40年前は、通りに売春婦のおばさん(当時の愚生から見て)は、たくさん立っていたが、そんなハイカラな店などあったとは思えないが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

資本家でもない鈴木会長には許されない

Photo 昨日、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者(83)は、記者会見し、引退を決意したと話した。ここまで業績を伸ばしてきた鈴木氏も、晩節を台無しにした最期だった。引退の引き金は、取締役会でセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)を交代させ、古屋一樹副社長(66)を社長に昇格させる人事案を否決されたからだ。いままで鈴木氏の顔色一つで、決まっていたものが否定された。次は、自分で引退を言わなくても、高齢を理由に解任される。ファナックの稲葉元会長と同様だ。そもそも、株主がセブンイレブンを好業績に導いている井阪氏を排除して、井阪氏より8歳年上の古屋氏では若返りに逆行する。セブン&アイの大株主の米投資ファンド、サード・ポイントが批判していただけでない。イトーヨーカドーの創業者は、伊藤雅俊氏だ。伊藤家の資産管理会社、伊藤興業はセブン&アイHDの発行済み株式の7.77%を保有する筆頭株主であり、雅俊氏個人も1.90%を保有する第5位の大株主だ。さすがの鈴木敏文氏も、もとはと言えばサラリーマン社長であり、資本家ではない。要するに、経営者であっても勤め人であり使用人という身分だ。伊藤家という主筋に、物が言える筋合いではない。伊藤家の支持や大株主の意向に反すれば、株主総会は通らない。問題は、鈴木敏文会長が創業者でもないのに、会社を私物化したからだ。オーナーでもないのに、次男に世襲を行おうとした。鈴木敏文会長の次男・康弘氏は、1987年、武蔵工業大学電気工学科を卒業後、富士通にシステムエンジニアとして入社した。F社は、野村総研と組んでバックグラウンド側(工場側)のシステムを構築していた。愚生もシステム商談で、セブンイレブンの発注側担当者との大会議に参加した。窓口は野村総研のシステムエンジニアだが、F社にとっても大きなシステムの一つだったため、多くの事業部の参加で大会議となった。ところで、この次男は1996年、ソフトバンクに転職し、1999年8月には書籍のインターネット通販会社イー・ショッピング・ブックスを設立して社長に就任したという。富士通には、わずか9年しか勤務していない。昇格や昇給に不満だったのか、泣く子も黙る富士通の仕事環境が辛かったのだろうか、ソフトバンクに転職した。黎明期だったソフトバンクは、富士通以上に厳しい会社だ。勤務していた愚生の友人は、孫社長は若いが迫力がすごいと言っていた。次男は、3年でソフトバンクを退社している。設立した会社は、2009年にセブン&アイHD傘下に入り、セブンネットショッピングに社名変更した。しかし、セブンネットの業績は超低空飛行を続けていた。そこで、鈴木敏文会長は、2014年にセブン&アイHDの中間持ち株会社セブン&アイ・ネットメディアがセブンネットを吸収合併した。ところが、吸収された側の次男の康弘氏が、吸収したセブン&アイ・ネットメディアの社長に就任し、セブン&アイHDの執行役員に昇格した。まさに、情実人事で全く実績もない自分の息子を執行役員にしてしまった。さらに、わずか1年余で異例の出世を遂げ取締役に昇格させた。株も持たない鈴木敏文会長が画策したことは、有能な社長を排除して、無能な自身の息子に世襲させようとしたからだ。中内氏や伊藤家なら許されても、使用人だった資本家でもない鈴木会長には、絶対に許されないことだ。会社に多大な貢献をしても、所詮は使用人だと言うことを忘れていたようだ。株主がこぞって反対すれば通らない。鈴木会長の引退に伴って、次男・康弘氏も辞任するだろう。なぜなら、居すわれば針の筵に座っているようなものだ。富士通でも、ソフトバンクでも、使い者にならなかった人材に、株主が会社を託すはずはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

効果はないと諦めてはいるが・・・。

Photo M市税務署に、3月4日に還付請求を出した。例年、3月末くらいに還付金が振り込まれるが、4月第2週になっても戻らない。M市税務署に電話をかけて聞くと、どこかの部署で止まっているという。例年、国税局のウェブページで計算して、自宅のプリンタで印刷して提出している。M市税務署に問い合わせると、ひと月以上も放置してある理由は、愚生の記入が一部間違っているからだという。もしそうなら、税務署が電話で一声かけてくれればすぐに修正した。還暦を過ぎ、僅かな年金で扶養家族を養っている身だ。本人を含め扶養家族は、長期治療で定期的に通院している。M市税務署は、多大な時間をかけて、愚生のような者からでも、少しでも税金を絞り取ろうとする。そして、少しでも間違いがあると申告書を放置して、還付金を返さないようにしているようだ。公務員たる税務署は、脱税一族の鳩山ファミリーを親父が大蔵省の役人だったからと放置してきた。鳩山兄弟は、遡れば時効前の何百億円もの贈与税を支払う義務がある。安倍政権は、国家財政が破綻しそうだと、消費税導入を急ぎ、税務署員に徴税の激を飛ばすことは理解する。しかし、愚生のような者から時間をかけて数万円よけいに徴収するより、税務署の経費の方が多い。費用対効果でいえば、非常に非効率な職員の仕事内容だ。いずれにせよ、自分でパソコンの使い方を覚え、国税局になんども電話をかけて作成し、原本や領収書を全て洗いざらい提出した。御かげで、調査がし易かったせいか、数万円還付金を減らされた。税務署員は、ストレス解消で調査しているのかと言いたい。交通違反切符と同様で、取りやすい所からむしり取っても、税収など知れている。いずれにせよ、税務署は納税者側に配慮して迅速に対応して頂きたいものだ。来年からは、電子申請だけにして、書類提出することを控えようと思う。あまり頭にきたので、官邸と財務省にM市税務署の非効率さと無責任さ、老人いじめの苦情を書面にして送った。どうせ、効果はないと諦めてはいるが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

日本人は堪忍袋の緒は切れている。

145978720346_20160405 ハンギョレ新聞社は、日本が2016年外交青書で「韓国は戦略的利益を共有した最も重要な隣国」と表記したことを伝えた。2014年まであった「基本的な価値を共有する隣国」という表現は、昨年に続き今年も入らなかった。日本政府のこのような姿勢は、韓国を価値共有の「友人」というより、中国や北朝鮮核問題などに対して、安保懸案での「ビジネスパートナー」と見ている。これは両国が基本的価値を共有するという認識の下に発表された金大中大統領と小渕恵三首相の1998年10月の「韓日パートナーシップ宣言」以前に戻った。新聞の論調は、日本に批判的だが、誰が見ても日本と韓国は「基本的な価値を共有」しないことは、明々白々ではないか。まず、韓国という国は、近代的な法治国家ではない。産経新聞加藤元ソウル支局長が、朴槿恵大統領の艶聞を書いたと言って、長期に出国禁止となった。日韓基本条約の関係諸協定、日韓請求権並びに経済協力協定(財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定)が蒸し返される。朴槿恵や李明博を見ていると、とても日本の友好国とは思えない。朴槿恵の告げ口外交など、日本に対する宣戦布告に近い。恩を仇で返すという諺があるが、朝鮮人とはそういう類なのだろう。いずれにせよ、規則や条約は相手だけが守るべきものだと考える国とは付き合いきれない。朝鮮人や支那人の民度というか、歴史的に醸成された文化なのかもしれないが、近代法治国家とは相いれない。朴槿恵についていえば、あれだけ媚びを売った習近平にどういう扱いをされたか、よく考えてみるべきだ。北朝鮮のミサイル発射問題で、電話をかけても不通だった。習近平に、女郎屋の女将程度と思われていたことを思い知って、怒り心頭で腹わたが煮えくりかえっただろう。笑える話だ。支那にとって朝鮮とは、属国以外の何物でもないということを知って、初めて自分の愚かさを知ったようだ。御かげで、最近は日本に対する批判がトーンダウンしたが、覆水盆に返らずだ。日本人は、口に出して朴槿恵を非難はしないが、既に堪忍袋の緒は切れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

美味しい場所は当時の上司が吸い尽くした

Fna5s 料理レシピサイト運営のクックパッドの3月24日の株主総会後で、穐田社長が退任させられた。半年以上も経営方針を巡り、創業者の佐野陽光氏と対立していた。翌日のクックパッド株は一時、17%安の1770円まで急落した。そして、昨日は1,550円で引けた。一時、愚生も株を保有していたが、ごたごたが多く、将来性を見切って売却していた。その後も、従前と変わらずに争いが続いていたようだ。佐野氏が44%近くの議決権を保有する筆頭株主であるため、佐野氏の意向で議案が可決する。株を持たない役員連中は、株主総会直前の3月22日に、佐野氏を執行役から解任したが、再び執行役に就いた。そして、穐田社長体制側だった業務を担ってきたメンバーが、全て解任された。新任の社外取締役も佐野氏の意向を受けた人物となった。佐野氏の息のかかった取締役のみが委員を務める体制だ。新社長に就任した岩田氏はマッキンゼー出身で、今年2月にクックパッドに入社した。総会後、クックパッド社内では佐野氏の新体制に不安を訴える署名活動や労働組合の立ち上げが有志社員によって行われているという。マスメディアは、概して佐野氏に批判的な論調だ。しかし、愚生に言わせれば、数パーセントならわかるが、全株式の44%近く持っていることから、事実上佐野氏の会社だ。残りの株主は、佐野氏への賛同が嫌なら市場で株を売却すればいい。起業時は、役員だった人達が一丸となって頑張ってきたのだろう。しかし、成果が出て会社が大きくなると権力争いになってしまったようだ。愚生は、勤め人時代、人に好かれない性格だったため、課長職になって与えられた業務は、将来性のない領域だった。具体的に言えば、IBMのSNAネットワークのF社版だ。ネットワークがオープン化されLANが普及すれば、埋没してしまうレガシー分野だ。このシステムのメインテナンスでは、部下や妻子を養っていけないと思い、NetwareからTcp/ipへの流れの時期に、レガシーのcoax-FNAをTcp/ipに取り込んで、ビジネスを拡大させた。その見返りもあって、事業本部からは多少の処遇を受けたが、美味しい場所は当時の上司が吸い尽くした。しかし、愚生の部下だった人達も、愚生に対して同様の思いかもしれない。今回のクックパッドの騒動も、内情は同様だろう。資本主義社会に生きる以上、資本家は常に労働者より労働分配率が大きく得をする。そういえば、1年以上前にM市立図書館に予約していた「21世紀の資本」トマ・ピケティ/〔著〕の順番がやっと回って来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

自治体に負担をかけてスタジアムを拡張

C_gions02 Jリーグのライセンス制度に競技場の項目がある。J1は1万5000人以上、J2は1万人以上のキャパシティがないと、試合を開催できない。今回、相模原は昇格ライセンスなしのジレンマ抱えながら戦っている。現状で今季J3で優勝したとしても、来季昇格は不可能だ。昇格できない理由はJ2クラブライセンスをJリーグから交付されていないからだ。唯一の問題は、本拠地としている相模原ギオンスタジアムはJ2の施設基準を満たしていない。具体的には、座席のあるメーンスタンドとバックスタンドを合わせ6000席で、J2基準の1万を満たしていない。さらに、照明や、トイレの数、また報道用の部屋も確保されていない。スタジアムは相模原市の持ち物で、2007年に建設された。スタジアムの計画段階で、Jリーグ基準は考慮されていなかったため、J基準の1500ルクスに及ばない。すべての基準を満たすための改修には少なくとも50億円以上はかかるという。この問題は、町田ゼルビアがJ2昇格時にも問題になった。町田陸上競技場は、町田市の持ち物だったため一次45億円、二次25億円をかけて改修してJ2基準をクリアした。相模原市(人口72万人 面積: 328.8 km2)は、政令指定都市といっても、市の予算は年間2,500億円程度で、町田市(人口42万人 面積71.80km2)とほぼ変わらない。一方、政令指定都市のため道路整備や管理などの県行政が市役所に移管されている。相模原市は、町田市より面積で4倍半、人口も約2倍だ。当然、同程度の市の予算ならば、東京都町田市より圧倒的に財政がひっ迫している。SC相模原の望月代表は個人的な意見としながら「地方によって抱える問題も違うし事情も異なる。このクラブライセンス制度というのは、本当に必要なのかと思ってしまう」とこぼす。2012年度よりJ2に参入した町田ゼルビアがホーム町田市立陸上競技場改修工事の遅れによりホームスタジアムで開幕を迎えられなかった。直接的な原因はメディアセンター機能の置かれる仮設棟建設の遅れだが、元を辿ればJ2の1万人基準を1200席ほど満たせなかったことだ。サッカーダイジェスト「セルジオ越後の天国と地獄」では、そのことに触れJ2の試合を見に来るサポーターが1万人以上いるなら、もちろんスタジアムを拡張したほうがいい。でも、1万人以上の観客を集めるクラブはわずかだ。つまり、わざわざ空席を作るために、自治体に負担をかけてスタジアムを拡張している。身の丈にあったスタジアムでやればいいと批判する。愚生も全く同意見だ。一方、町田市立陸上競技場の改修でも、J1参入の際に必要とされる1万5000席には4976席足りず、さらなる改修が必要だ。海外の事例では、イングランド・プレミアリーグ2010-11シーズン、ブラックプールのホームスタジアムの当時のキャパは9650人、オランダ・エールディビジの2011-12シーズンはヘラクレス(8500人)、VVV(8000人)、RKC(7508人)、エクセルシオール(3531人)とキャパ1万人以下のクラブが18チーム中4チームを占める。イングランドやオランダでも小クラブに対して負担をかけないような対応である。まだまだサッカーが文化として根付いているとは言いがたい日本で、Jリーグの対応は理想の押し付けがましい。各チームにJ1ライセンスを求めるなら、Jリーグのチームは、すべて大都市や都府県立の競技場がある地域に移動するしかない。Jリーグのいう地域密着型とは、真逆なライセンス制度だ。そもそも、Jリーグの理事という連中は、川渕村社会の縁故組織だ。日本サッカー協会は八百長に関わっていたかもしれないアギーレ監督の解任問題においても、任命責任を誰がとったのだろう。これについては、責任者の大仁会長や原専務理事らを処分しない。大仁会長は給料の50パーセント、原専務理事と霜田技術委員長は30パーセントを自主的に4カ月間返上するだけだ。責任も負わずに理事会を私物化している。Jリーグライセンス問題を解決するには、日本サッカー協会組織の透明化を行い、少子高齢化や日本経済が判る有能な人材を、組織運営に当たらすべきだ。無能で愚直な理事の更迭が真っ先に求められる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

その地域の民度が知れるようだ

Pb110 最近、関東地方の田舎道を走る機会があった。田園風景の中に、畑の中に太陽光パネルがぎっしりと設置されている。同様に、各家々にも太陽光パネルがある。滑稽なのは、南側だけではなく東西の屋根にも太陽光パネルがある。学校で数学や理科を習わなかったのかと首を傾げたくなる。酷いのになると、崩れ落ちそうな家の屋根にまで、補強工事のつもりか太陽光パネルが設置されている。他人事だが、太陽光パネルの耐用年数より、屋根が持つか心配になる。そして、北側に山を抱えるような地形の家で、南側の一番日当たりの良い庭にもパネルを設置している。南側の明るい庭を得るために、家を北側に寄せて作ったのではないのか。二階の窓が開け放たれているところを見ると、山に隣接するため家が湿気るのだろう。いずれにせよ、補助金があるからと、こうまでして太陽光パネルを設置する人たちには呆れる。案の定、再生太陽光エネルギーが増えるほど、一般家庭などへのしわよせが増えた。そのせいで、余分な上乗せする金額は1カ月当たり675円と大きく増えた。2016年度の標準家庭の負担は、制度が始まった2012年度の10倍にもなった。愚生も無秩序な設置のため、電力代金を上乗せされていると思うと腹立たしい。民進党の悪政のなごりだ。対策として、政府は購入価格を引き下げて、太陽光の安易な導入にブレーキをかけることにした。家庭向けの買い取り価格は、2017年度以降、毎年2~3円前後引き下げ、2019年度には標準家庭の電気料金を24円ほどにする。この金額は、電力会社から購入する電気料金と同額になる。要するに、買い取り価格を家庭の電気購入料金並みに下げることで過度な優遇をあらためた。当然だろう。全く関係のない愚生が、なぜ補助金欲しさに無秩序に太陽光パネルを設置した連中の尻拭いをしなければならないのが疑問視していた。ところで、ここからは愚生の電気料金に対する考え方だ。金額を安く抑えるには、エアコンなどを100V仕様から200V仕様の機器にした。多少の理科の知識があれば、判りそうなもの。また、電気冷蔵庫などでも熱効率に良い機器を購入し、家の電球はすべてLEDにした。都市ガスと併用だが、この対策で真冬の燃料費が半分近くの金額になった。電気を保存できない太陽光パネル発電は、発電しても捨てられる電気も多い。特に、原子力発電所が正常に稼働すれば、太陽光パネルの非効率な発電が目に付く。いずれにせよ、補助金欲しさに非効率に太陽光パネルを設置している家の風景を見れば、その地域の民度が知れるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

相手を配慮せずに行動すれば成り立たない

Photo 退職後に、同窓会やOB会の事務局をやることが多い。別段、愚生がしなければならないわけではない。ただ、会の招集や記念写真の閲覧などを、インターネット環境で進めれば、比較的負担は軽い。若者なら全員スマホだろうから、LINEのような既存環境で簡単に構築できる。逆に、使いこなせないような人は仲間外れだ。ところが、還暦越えの年代となると、LINEなど使いこなすこともできず、未だにガラケーという人も多い。そして、複雑なことは無理だから、間違わないような単純な画面でないと使いこなせない。そのため、掲示板や写真集など専用のホームページを開設する必要がある。愚生は、自分のレンタルサーバーや専用ドメインなど持っているため、他人に任すより自分でやることが多くなる。自分の作業量は計算できるのでストレスはないが、ハガキで招集を4月前に告知し、1月前にメールを送っても返事がない連中がいる。しょうがないので、そういう相手には電話をする羽目になる。返事ができない理由は、自治会関係の予定が判らないからだと言う。要するに、数か月前から告知していても、自分の日程をやりくりもしない自己中心的な考えだ。無計画な人間は、突然パチンコ玉のように行動する。ずいぶん昔だが、突然、愚生の家に遊びに来た。数年前は、急に東京に出たので飲もうと誘われた。個人的には、親しい間柄なので会うと非常に愉しい。学生時代の愚生は、当時、同じような行動パターだったのかもしれない。しかし、40年近く社会の荒波に揉まれたせいか、数か月前に通知すれば、あとは出席する気があるなら受け取り側が調整するものだという考えに染まる。会社の上司ならともかく、その都度返事をしない連中ばかりだと集会など成り立たない。同窓会の幹事など、業務でやっているわけではない。常識人なら、相手の負担に配慮して早々に返事を出すものだ。こう考えると、返事が遅い連中とは、相手の時間を知らずに侵していることに気付いていない。全員、相手のことを配慮せずに行動すれば、組織や集会など成り立つはずはない。周りが、常識人だという前提でのみ、彼らは存在して組織や集会に加わることが可能となる。彼らは職場で、本人が自覚しないまま辛い思いをしたのではないかと逆に心配になる。最近は、楽天やヤフーの広告メールではないから、返信は必ずするようにと一筆入れるようになった。しかし、効果はあまりないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

公務員の非常識

Logo 今朝のニュースに、親族が亡くなったなどとうそを言って、有給の忌引休暇や法事休暇の不正取得を繰り返した香川県丸亀市総務部主査の女性職員が停職6か月の懲戒処分となった。よくある話だと思う。今回の場合は、年次休暇の有給以外に忌引き休暇を申請したために懲戒処分となった。発覚は、昨年末の忌引申請が年5回目となり、金曜日に集中していることを不審に思った上司が死亡を証明の提出を求め不正が判った。昔と違い、それほど叔父や叔母がたくさんいない。程度をわきまえてやれば、お咎めはなかっただろう。要領が悪いとしか言いようがない。今回の場合とケースは違うが、毎年20日間支給される年次休暇の消化に冠婚葬祭が使用されることが多い。一般従業員は、労働者の権利だから、理由を問わずに休暇は与えられる。ただし、管理職の場合は休暇が取りにくいのか、部長や課長の所在をもとめると、法事だとか親戚のご不幸だとの答えが返って来ることが多い。次に、体調不全で病院に行ったとの理由も多い。東京都郊外のM市役所でも、連休の合間に仏事や法事があって休む管理職が多い。民間企業の役職なら、一般従業員を連続して休ませたいだろうから、管理職が率先して休みの合間を出勤するのが道理だ。M市役所の管理職に、その都度世の中の常識を言い聞かせても判ってくれない。倒産のない組織とは、職場に緊張感が足りず、どうしても非効率になる。一方、民間企業では、無能なトップのせいで、七転八倒しながら頑張っていても、早期退職を迫られるシャープ社員がいる。ところで、地方公務員の地域格差は甚だしい。東京都に属するM市役所は、まだ良い方だ。お隣の神奈川県のS政令指定都市の職員など、約束が守れなくなると嘘を平気でいって開き直る。無能を通り越した、愚劣な職員ばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »