« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

信じるものは救われるのだろうか?

St_barnabas_ap_m 昨日は薄商いの中、日経平均が1万7千円を越えてきた。ポートフォリオを考えた長期投資というか、資産保全に切り替えたため株の売買を停止した。そうした途端に、株価の変動がそれほど気にならなくなった。多少の含み益があることも一因かもしれない。気持ちが揺れなければ、長期保持では利益が入ると確信している。大きく狙わず、ほどほどに儲かればいいと思う。残りが数えられるようになった年月を大切にしようと思う。朱熹の有名な詩に「少年老い易く学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず。いまだ覚めず池塘春草の夢。階前の梧葉すでに秋風」というのがある。小さい頃から諳んじていたが、有言不実行で、時間は無限にあるものと思い軽んじてきた。晩年になるまで、生きることしか考えなかったということだろう。言い換えれば、死ぬ準備ができていない。愚生の母も、自分は人生を悟ったと諭していたが、肺炎を患った時に大暴れして病院を煩わした。歳をいくら重ねても、いざ死に直面すると素直に受け入れることはできないようだ。友人の母も、自分はいつ死んでもいいと思うが、今は少し早いと言う。たぶん、死ぬまで同じ言葉を繰り返すだろうという。そう考えると、還暦過ぎたとはいえ愚生など、まだまだ若輩者だ。そして、死の直前まで生きることしか考えていない気もする。一つ誇れるとすれば、似非クリスチャンだが、保険として洗礼を受けていることだ。ヨハネの福音書3章に、「それは彼を信じるものが、すべて永遠の命を得るためである。神はそのひとり子をお与えになるほどにこの世を愛してくださった。それは御子を信じるものが、一人として滅びることなく、永遠の命を持つためである。神が御子を世に使わされたのは、世を裁くためではなく、御子によってこの世が救われるためである。彼を信じるものは裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神のひとり子の名を信じることをしないからである。」という箇所がある。信じるものは救われるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

小さいころからの怨念のようなもの

M_1bcba4a1f92532962d90738384d38973 ホ-クスが2位のロッテを圧倒して今季最大の6ゲーム差に広げた。これで、7連勝。明日からは、セ・パ交流戦だ。交流戦前の過去最多となる貯金18というから、3年連続日本一に王手をかけたようなものだ。愚生は、ソフトバンクのファンというより、古くからの南海ホークスファンだ。南海がなくなった後、好きな球団もないのでホークスを応援している。東京に住んでいるから巨人やヤクルトでもと言われても、アンチ巨人、アンチセ・リーグの愚生には無理な相談だ。日陰なパ・リーグ、南海を小さい時から応援したため、巨人の横暴には辟易している。巨人・大鵬・卵焼きといわれる下衆の野球ファンではない。関東に住むせいで、友人にも巨人ファンは多い。彼らの倫理性を疑いたくもなる。ところで、関西の野球ファンはほとんどが阪神ファンだ。大阪近辺の南海、近鉄、阪急と売却したことで消滅した球団は多い。不人気なオリックスを除けば、関西には阪神しかプロ野球球団はない。F社勤務のころ、かみさんから明石原人といわれるくらい明石工場によく出張した。工場横の飯屋天龍の店主は、サンテレビで一心不乱に阪神を応援しながら料理を作っていた。当時の阪神は、親会社の阪神電鉄が金欠だったため、選手の年棒が高くなると看板選手を他球団に売っていた。そのため、人気はあったが弱いチームだった。田淵→西武、江夏→南海がいい例だ。交流戦になれば、愚生は、無条件でパ・リーグの球団を応援する。小さいころからの怨念のようなものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

衆参同日選挙があるということを示唆

Img_poster_02 安倍晋三首相は、2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて、2019年10月まで2年半先送りする意向を政府・与党幹部に伝えた。愚生は、当然のことだと思う。デフレ脱却を模索する中で、消費税の値上げなどとんでもない話だ。そもそも、軽減税率もまとまっていない中での見切り発車などありえない。ただ、先送りをするなら2014年の増税延期の時のように衆院を解散する必要がある。なぜなら、2年半延期すれば次の増税時期は、安倍首相の自民党総裁任期を超えてしまう。首相が2年半延期といったのは、衆参同日選挙があるということを示唆したのだろう。ところで、首相の経済政策「アベノミクス」は、今年初めから円高・株安基調に転じ、巷では失敗だという人も多い。為替の円安差益が、企業の営業利益を押し上げていただけだった。愚生は、国の財政規律を守るというなら、消費税値上げよりマイナス金利の拡大のほうが有効だと思う。発行している国債金利がマイナスなら、国は債権の利払いをしなくてもよい。実際には、国民の金融益を国に移転することになる。貧乏人は、金融資産を持たないから影響をうけない。金持ちだけが、国に利益を吸い上げられることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

原爆投下は人種差別以外のなにものでもない

B0981fb99edf1cd8770af7be18f69b9b9e 昨日、伊勢志摩サミットのため新幹線や駅構内のゴミ箱がすべて使用できなかった。伊勢志摩で開催されているにもかかわらず、東京・長野、たぶん全国すべてだったのだろう。愚生は、大きなゴミ袋を提げての移動となった。納得できなかったので、多少不愉快な気分だった。ところで、原爆を投下した米国の現職大統領オバマ氏が広島を訪問したことは、評価できる。しかし、広島・長崎への原爆投下は非戦闘員を大量殺傷した残酷な無差別攻撃だ。戦争終結を早め、日本本土上陸作戦による犠牲を防いだとの詭弁は、決して許されるものではない。ニューヨークやロサンゼルスに核爆弾を投下されたことを思い浮かべれば簡単にわかるだろう。米国人のご都合主義と程度の悪さには辟易する。愚生に言わせれば、軍事目的でもない非戦闘員を攻撃することは、戦争ではなく、ただの人殺しだ。ヒットラーと同様にトルーマンの悪名は、永久に歴史教科書に残るだろう。日本を除けば、有色人の国々は、欧米諸国に植民地支配された。大東亜戦争は、植民地解放戦争であり、有色人の独立戦争だった。この戦争によって、アジアの多くの国が白人コンプレックスを払拭し独立するきっかけを作った。オバマ大統領は、公民権運動で法的には平等を勝ち取った黒人の苦渋を、過去のどの大統領より理解しているだろう。原爆投下は、人種差別以外のなにものでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

「ふるさと」

Tateyama08 病人を抱えると、健康のありがたさが身に染みる。いくらお金があっても、健康を買うことはできない。勿論、お金がなくて病気の場合は、さらに悲惨だ。そう思うと、日々の飯を食える程度の貯えがあれば、それ以上のお金は不要な気がしてきた。多少のお金を上乗せするために、老後の限られた時間を費やすことは命の無駄だと気付いた。いくら増やしたところで、残ったお金を向こう側の世界に持って行くことはできない。それより、こちら側で残された時間を有意義に過ごすことのほうが重要だ。今日は、長野の介護施設に居る89歳のお袋に会いに行く。最近、めっきり老け込んできたため、あと何回会えることだろう。そう思うと、18歳まで田舎でお袋と過ごした日々を思い出す。小さい頃、お袋といっしょにハモニカで「ふるさと」を吹いた。愚生の田舎雪深い北陸には、歌の中に出てくる野ウサギがいた。ペットで買われているウサギと違い、もうスピードで田畑を駆け抜けた。音信不通の友がきは、どうしているだろうか?ところで、「ふるさと」と言えば、五木ひろしの歌もある。大学時代によく歌った記憶がある。田舎から出てきて、地縁血縁のない土地で寂しかったからかもしれない。昔の記憶を辿っていくうちに、愚生も老人になったとつくづく感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

自民党も舛添と同罪だ。

Images 舛添知事の辞職を求める声が高まる中、都議会の与党にいっこうに動きがない。その理由は、舛添都知事を辞職に追い込んだとしても、次の選挙で勝てる候補が見当たらないからだという。自民公明の与党は、東京都民をそっちのけで、党利党略で現都知事を支持する。舛添知事というセコ過ぎる男も問題だが、それを支持する自公も同じ穴の狢だ。そんな連中に、国民の負託を任せて良い政治ができるとは思えない。安倍首相は、このような自民党で、参議院選挙で大勝できると思っているのだろうか。愚生は、都民を無視した自民党の党利党略がこのまま続くなら、次期国政選挙ではおおさか維新系の候補に一票を投じたい。ところで、安倍政権には政治家の資質を見抜く力はない。小淵優子や桝添要一のような不適応な人材は、日本広しといえども、そうそうはいない。よりによって、何故このような人材を、主要閣僚や都知事に推薦したのだろう。自民党は、選挙に勝つか負けるかだけが重要で、本人の資質や都民の暮らしなどどうでもよい様だ。この自民党の驕りは、必ずしっぺ返しとして次の選挙に現れるだろう。愚生のように、政治にあまり興味がない者でも舛添都知事の悪行には、目を覆いたくなる。それをチェックすべき政権政党が、この舛添事件を放置するなら、自民党も舛添と同様に同罪だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

若い世代に負担をかけることは避けたい

0011 老後は、悠々自適にと思っていたが、そうは問屋が卸してくれない。勤め人だった頃の縛られ方とは違うが、介護や見舞いなどが定期的に入って自分の時間を自由に使えない。勿論、割り切って義理を欠けば可能なのだろうが、世話になった母や妻となると、そういうわけにもいかない。上から目線でしか言わなかった母も、最近はその鋭さが欠けてきた。歳を重ねると、生気が無くなるせいだろう。気に入らないと、愚生のことなど罵詈雑言に罵った。最近、お前は親孝行だと褒められると、近所に住む愚兄夫婦と折り合いが悪いのかと詮索してしまう。ご都合主義だった母を見て、反面教師にしてきたが、母親の愛情だけは十分に感じていたため、今でも感謝の気持ちでいっぱいだ。年老いた母を見ると、寂しい気持ちになる。一方、入院中の妻の衰弱を見ると、何もしてやれない愚生は悲しい気分だ。ただ、自宅介護となれば、愚生のみならず子供たちへの負担も大きくなる。老い行く親のことで、これからの若い世代に負担をかけることは避けたい。そう思うと、申しわけない気持ちだが、妻には納得してもらうしかない。将来の来たる日が、今日来ているのだと受け入れるしかない。学生時代の同僚にも、ずいぶん早く昇天したひとはいる。そう思うと、今日まで生きてこられたことに感謝しなければならない。人生を振り返れば、楽しいことや辛いことが多々あった。その中で、一番の思い出と言えばやはり大学生時代だろう。僅か四年間だったが、愚生の人生には大きな時間を占める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

もう一度恥をかき晩節を汚す

20160519oyt1i50008n 飲酒運転をした責任を取って1月に長野県池田町長を辞職した勝山隆之前町長が、4月に退職金を受ける申請をしていた。退職金の支給事務を行う「県市町村総合事務組合」は、首長や職員の退職事務を担っている組織だ。その組合の基準に基づくと、勝山前町長が受け取る退職金額は約1256万円になる見込みだという。同組合の条例では、退職者が懲戒免職処分や禁錮以上の刑を受けるなどした場合、退職金のすべてや一部が支給されない制限規定も設けられている。だが、勝山前町長が受けたのが罰金刑だったことから、同組合は支給制限に該当しないため支払う予定だ。愚生の勤務したF社でも飲酒運転で捕まれば、懲戒解雇になる。つまり、退職金は支払われない。罰金刑の略式命令を受けたというから、罰金でも前科が付く。勝山元町長は、69歳というから老後の足しにと退職金は貰いたいのだろう。愚生でも同じ立場だったら欲しいとは思うが、申請はしないだろう。飲酒運転で逮捕され前科が付いたことたことは、終わったことだからしょうがない。愚生なら、ここで女々しく1256万円のために、もう一度恥をかき晩節を汚す気にはなれない。首長と言う立場でお金をもらうことは、住民の血税から支払われる。舛添都知事もそうだが、首長と言う立場になっても、なんの美学も持たずただ歳を重ねてきたのかと呆れてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

色好まざらん男は、いとさうざうしく

Jhnanai 東京都小金井市でタレントで大学生のMTさん(20)が刃物で刺されて重体となった。事件は、傷害容疑で現行犯逮捕された容疑者(27)は「MTさんがプレゼントを送り返してきたので問いただしたら、曖昧な態度を取られ、腹が立って刺した」と供述している。一方的に恋愛感情を募らせた容疑者が、MTさんを恨んで襲ったようだ。凶器は刃渡り約8センチの折りたたみ式ナイフで、MTさんの体には20か所以上の傷があった。事前にナイフを用意していることから、計画的な殺人未遂(重体)だ。可愛さ余って憎さ百倍という諺があるが、刺された方は迷惑千万な話だ。今回は幼児性を伴なった事件だが、多少研鑽を積んだ年齢でもよくある。北関東にあるM町の中学校でも、同様な事件を聞いたことがある。中学校の美人教師(26)が言い寄ってきた職員(35)に、付き合っている彼氏がいて同棲中だからと断ったところ、腹立ちまぎれに町中に言いふらし、校長にも告げ口したという。本当に愛しているなら、その人に配慮して行動してもよさそうなものだ。いったい何を考えているのかと、首を傾げたくなる。こういう行動を起こす男性は、過去に女性経験が少ないのだろう。多少経験があれば、いい女には振られ、思いもよらない女から言い寄られて困惑する。徒然草にも、「よろづにいみじくとも、色好まざらん男は、いとさうざうしく、玉の巵(さかづき)の当(そこ)なき心地ぞすべき。」とあるから、若い頃から愚生のように多少の心得があったほうが良い様だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

草花自身も、環境に適応しうと必死

C00644 今朝の産経新聞に、舛添知事のこれまでの日程が載っていた。舛添は勤務中に公用車を使い、絵画展の視察と称して、多く展覧会を見に行っていた。いったいこの男は、何を考えて政治家になったのだろうか。これまでの彼の言動も含め、過去にこれほど酷く醜い下衆の政治家は思い出せない。そして、このような人材を知事に推薦した自民党・公明党に責任はないのかと憤る。少なくとも、舛添は過去に自民党に籍を置いた人物だ。舛添は、自尊心や人間としての美学を持ち合わせていない。だからこのような、恥ずかしい言動ができるのだろう。嘘偽りの人生の中で、吸血鬼が生き血を吸う様に、舛添は税金を懐に入れていた。呆れると言うか、浅ましいというか、話題にするのもあほらしくなる。ところで、暦をみればもう5月22日だ。南側の庭では薔薇まで咲き終えた。裏庭も地植えのアツモリソウ(敦盛草)が咲ている。アツモリソウは、日本では「特定国内希少野生動植物種」に指定されているため、採集等は原則禁止である。違反した場合、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処せられる。愚生の庭のアツモリソウは、中国産のためこの対象ではない。アツモリソウは、寒冷地の植物であるため、暖地での栽培は20℃程度以上に気温が上昇しないよう維持する必要がある。温暖な東京で、地植えで育てるなど不可能かと思っていたが、ここ5~6年くらい毎年花が咲く。草花自身も、環境に適応しうと必死なのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

回想を巡らすことしかできない

101 若い頃には、生きることしか考えなかった。大学時代は、将来の不安から憂鬱な日々もあったが、若い息吹が湧き出していた。そして、酒を飲みながら、青臭い考えを熱く語ったりもした。もうあの日々には、回想を巡らすことしかできない。歳を重ねることは、できないことを納得して、捨て去ることだ。例えば、愚生の小さい頃のあだ名は、チーターだった。しかし、心臓に持病を持つ愚生には、走ることは出来ない。そして、気後れして若い女性が集まるような場所にも興味はない。当時、愚生が通ったキャバレーやクラブの艶っぽい女性たちも、今はお婆さんになっている。その年老いた顔を見たいとは思わないが、今頃どうしているのかと懐かしくも感じる。恥ずかしい記憶ばかりだったかもしれないが、人生の一部だ。最近、頻繁に行く場所と言えば、病院ばかりだ。そして、入院や検査、介護などの暗い話が多い。愚生のスケジュールも、連休明けから日曜日を除けば、自分の通院や付き添いの病院通いだ。今日は、午前も午後も入院がらみで病院に用がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

いつまで都知事を続けられるのだろうか?

E0206242_9473540 今朝の産経新聞に、またまた舛添要一のネコババ疑惑が報じられていた。政治資金で「エスティマ」を2台購入し、1台は湘南ナンバーで登録し別荘のある湯河原で使っていたという。これまでも、韓国人学校への旧都立高校貸し出し・豪華海外出張パリロンドンで5000万円以上・公用車での別荘通い・家族旅行を「会議費」で支払約37万円・自宅近くの飲食店で飲み食い・日光のホテル宿泊費(家族旅行)・ヤフオクで絵画購入と政治資金を目的外で散財している。この舛添という人は、税金であてがわれた政治資金を、ここまで公私混同してしまう感覚がわからない。半島出身者という噂は、本当なのかと改めて思う。全く、呆れたとしか言いようがない。そういえば、小渕優子もオムツ代や姉のブティックからの購入代金まで、政治資金で支払っていた。政治家という連中の金銭感覚は、このようなものなのだろうか?もし、愚生も彼らと同じ立場なら、自分の飲み代くらいは政治資金で支払うかもしれない。なぜなら、勤め人時代には、会社の接待費で自己接待をよくした覚えがあるからだ。人間とは弱いもので、悪事を重ねるうちに、感覚がマヒしてしまう。盗人・痴漢・売春・薬物依存など、一度はまったら、中々抜け出せないようだ。愚生は、勤め人を辞めた後、爪に火を灯すような金銭感覚で生活していた。そして、つい最近マルちゃんの1個200円もするカップ正麺を食べ裕福になったと感じた。心の持ちようだけで、いくらでも幸せを感じることができる。悪銭身に付かず。舛添要一も、いつまで都知事を続けられるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

貸借対照表を見て会社を判断する。

F21aede6 愚生には、その日にどうしてもしなければならない事などない。しかし、昨日は身内の入院のため丸一日費やした。久しぶりにフルタイムで、働いた気がする。株価を見る暇などなかったため、マザーズ市場のバイオ株の暴落には驚いた。愚生の場合、勤め人時代の事業経営の癖から、貸借対照表を見て会社を判断する。期待値が大きいからと言っても、売り上げ・営業利益率の伸びが数値にある程度反映されるまで買う気になれない。業績が良い会社は、株価は変動しても時間が経てば、剰余金が積みあがってくる。そのため、大きな底割れ価格まで売られない。マザーズ市場のバイオ株などは、期待先行で買われ、空売りが踏み上げられて、一段高になった銘柄株も多い。今回の暴落は、やはりお化粧が剥げ落ちたことが原因だろう。売買の主役はほとんどが個人投資家だ。ヤフー掲示板の売り煽りや買い煽りには、暴落して悲壮な書き込みも多い。山高ければ、谷深し。実力価値以上に買われて上がった株価は落ちる。信用買いで積みあがった買残が、追証で投げ売りするまで減らないだろう。マザーズ市場の上場銘柄には、3日間で8000円暴落した株もある。博打的な株の売買は、儲かった資金をどこかで吐き出すこともある。予想の的中率など、当たるものは50%、外れるものも50%だ。あとは、当たった時の資金管理と外れたときの潔さだ。そういう愚生は、平均すれば決して成績が良いほうではない。ただ、傾向としては長期保持した時に、大きく利益が入ることが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

介護は重労働で忍耐強さがないと務まらない。

6be596645037dfe6a3e73a89519f5c12_w 妻が病気のため、息子と交代で介護している。数日介護しただけで、ぐったりと疲れてきた。息子は会社に行くと介護から解放されて、すっきりするといって出勤した。残された愚生は、家でひっきりなしに妻の下の世話を含めてしなければならない。息子と違って、妻とは血縁はない。見合い結婚だったせいで、特に好きだったと言うわけでもない。親父の知人から紹介された娘さんに、すでに男がいたとのことで、妻がピンチヒッターになったのだという。妻も、迷惑な話だと思いながら、好きでもないのに結婚に至ったという。そういう関係のため、生活共同体としてのパートナーではあるが、特別な感情はない。そうはいっても、転勤や単身赴任もなかったため、足掛け36年も一緒に暮らしている。血縁はないと言っても、身内の介護で疲れるのだから、舅の介護などとんでもない話なのだろう。介護士の給料が安くて、人は集まらないと聞くが、この仕事は重労働で忍耐強さがないと務まらない。給料が高くても、他人の介護などしたくないと思う人には、無理な仕事だ。医者という連中も、患者が治らなくても責任を問われない。そして、気に食わなければ、他の病院へ行けと言う態度には腹が立つ。こういう状況は、いずれ訪れることが早期になったと、自分を納得させるしかない。愚生の腰が痛い話など、誰も聞いてくれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

棺桶に足を片方突っ込んだ年齢の人ばかり

398x400x394659692a460258b45a99f1 歳を重ねると、自分ばかりではなく、これまで関係があった友人・知人・親族までも老人ばかりになってしまう。そして、30~40代の頃に通った若い女性がいる店など気後れして行けない。そういえば、愚生が若い頃に行ったフィリピン女性が働くような店にお年寄りが居ると、なにか寂しいものを感じた。たぶん、妻が無くなり、話し相手欲しさにそういう店に来るのだろう。歳をとってからの男やもめとは、寂しいものだと同情した。そういうお店でのきっかけだろうか、愚生の住む町内にも40歳くらい離れた後妻のフィリピン女性がいる。羨ましい気もするが、愚生には小さな子供を育てる責任感の方が遥かに辛く、とてもその気にはなれない。歳をとっていることは、世の中から期待されない分、責任感も少なく気楽だ。しかし、そう考えて自分自身を納得させのは、羨ましくて悔しいのかもしれない。愚生の友人・知人・親族と言えば、どれをとっても棺桶に足を片方突っ込んだ年齢の人ばかりだ。幸せなのかもしれないが、素直に喜べないのは、まだまだ修行が足りないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

命長ければ、恥多し

1555c3c46ae4dba76df55374dd6123ac 愚生が健康かといえば、心臓に不整脈を抱えているからそうとも言えない。しかし、周りにいる愚生の母や義母、妻に比べれば遥かに健康そうに見える。今朝、いつも通りに介護施設にいる愚生の母と話をした。その中で、母の実祖母は兼好法師の「命長ければ、恥多し」を引用して、母に長生きをして迷惑をかけると言っていたという。曽祖母は、明治時代を彷彿させる人物だった。柔和な顔の中にも、毅然として孫である母を守るといった態度だった。その曽祖母に守られてきたせいか、愚生の母はずいぶんと我儘に育った。日曜日の朝8時に電話をしろというので、母の携帯に数回かけたが通じない。しょうがないので、受付に頼んで母にひと声かけて欲しいと頼んだ。結局、10回くらいかけてようやく通じた。母がいうには、トイレに行っていたため、電話に出られなかった。母は窓口の人に迷惑だから、別の時間に電話をしろと言う。元々、9時にかけていた電話を、聴きたいラジオ番組があるという理由で、8時に移動したはずだ。母が言うには、介護施設の朝食は7時のため、8時あたりは催す時間なのだという。そこで、今度からは8時から8時半の間に、電話に出なければ何回もかけろと言う。身勝手な弁には、多少腹が立ったが、向こうは聞く耳を持たない。電話の冒頭に、「命長ければ、恥多し」といって、愚生に説いていたことは、もう忘れてしまったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油

513umnnogul 愚生が行きつけの激安店では、「マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油」が売り切れのことが多い。ラ王や正麺でもこの商品以外は棚に並んでいる。どうも売れすぎて、商品の納入が追い付かないようだ。価格は、200円と多少割高だが、美味いと思って食べるせいで気にならない。似て非なるようなカップ麺の市場競争は激しい。この商品のキャッチフレーズは「即席麺で済まそう」ではなく「即席麺を楽しもう」とある。確かに、不味い支那そば店より、「マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油」のほうが遥かに美味しい。愚生は、あっさりとしたラーメンが好きなため、味噌ラーメンや脂っこいとんこつ系は食べない。また、朝鮮料理かと思うくらい辛い担々麺も好きではない。辛い物ばかり食べると、半島に住む人たちのように激高しやすくなる気がする。ところで、愚生は退職後もお金は上手く回っていたが、将来長生きした時に備え、生活は爪に火を灯すようだった。しかし、お金を残しても向こう側の世界には持っていけない。そう考えると、美味いものを食たり、必要なことにお金使うことの方が重要だ。歳を重ねすぎたから、そう感じるのかもしれない。そして、大学時代のサークルのOB会ホームページを見るにつけ、昔の友人たちのことを思い出す。過去を振り返れば、辛いことや嫌なことはたくさんあった。ただ、大学時代の青臭い自分を思い出すにつけ、自然と活力というか生気が蘇る。こう考えると、思い出とは大切なものだとつくづく思う。そういえば、今年の新宿で開催するOB会もあとひと月を切った。お婆さんたちも、今頃は減量や顔のしわ伸ばしなどをしているのだろうか?不思議なことに、女性はOB会に出席するごとに痩身になっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

美学を持ち合わせていない連中には辟易

C03fd54ab89f16aa834304700x522 韓国のネット新聞に、「韓国人原爆被害者がオバマ米大統領の日程に合わせて広島を訪問し、日本・米国政府に謝罪と補償を要求」とあった。どうも朝鮮半島に住む人達は、半島の「ゆすり・たかり」文化が、恥ずかしい行為だと思っていないようだ。韓国には、「泣く子は餅を一つ余計もらえる」「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける」という諺がある。恥も外聞もなく、場違いの要求やゆすり・たかりを繰り返すお国柄をよく表す。韓国原爆被害者協会は、広島にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑にオバマ大統領が献花することを要求し、必ず謝罪と補償を勝ち取ると息巻いている。彼らは、日本人被爆者と同様に韓国人被爆者も、日本政府から被爆者手帳を交付され、見舞金を継続的に貰っていることを忘れているのだろうか?もし、支給されていないなら、被爆者であると認定できなかった人達だ。要するに、似非朝鮮人被爆者だ。彼らは、自分の利益になるなら平気で嘘をつく。朴槿恵大統領を見ればよくわかる。売春宿で有給や親の借金のかたに働いていた朝鮮人女性たちは、従軍慰安婦と称してお金を要求する。それを支える団体は、自分の飯の種にと売春婦だったお婆さんを利用する。日本人売春婦で、そのような人がいるだろうか?ただ、勤め人をしていた時代に、いざ自分の不利益になると思うと、職責がありながらも部下のことなど一切面倒を見ない幹部社員は多かった。平生、偉そうなことを言っていても、美学も持ち合わせていない連中には辟易した。部下を退職させるのには血眼になるくせに、役員からの退職勧告に従わず、会社に牡蠣の貝殻のようにしがみ付くさまは哀れだった。愚生は、晩節を汚すくらいならと、会社に協力して早期退職した。退職後、自由業で生計を立てたことは、人生にとってつくづく正しい決断の一つだったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

検察は早く舛添を起訴しろ

Ab6096d6 昨晩、テレビを見ていると、悪相の舛添要一都知事が映っている。また、出張旅費の散財や公用車の不正利用の話しかと思ってみていた。しかし今度は、千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」における「会議費用」371,100円の話しだった。正月の温泉リゾートでの会議費用が高いか安いかはともかく、その会議自体が行われていない。舛添は子供連れで家族旅行をしたという。そして、最もグレードの高い部屋に泊まった。要するに、私事の出費を公金で払ったことになる。文春では、収支報告書に会議費用と記しておきながら、内実が単なる家族旅行だとすれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性が極めて高いと指摘する。そういえば、猪瀬さんや田母神さんを含め、都知事や都知事候補が次々と起訴された。今回は、領収書や同ホテル関係者が証言しているから、言い逃れは出来ない。東京都民の愚生としては、舛添に辞任を求める。たいして納税をしていないから、愚生の都税とは言いにくい。それでも、舛添が自身の家族旅行の代金を血税で支払ったことは許せない。氷山の一角とは、よく言ったものだ。参議院議員時代から、舛添は公私混同していたのだろう。それを、都知事になってからも続けて発覚したのだろう。泣き議員の野々村君、似非難聴の佐村河内氏、巨乳の小保方氏とみんな職責を離れている。愚生は、何度でも都知事選には行くつもりだから、検察は早く舛添を起訴しろと言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

東電の勧誘は要注意

Tepco2_2 今年4月1日から、電力自由化が始まった。愚生の家にも、東京ガスや東京電力から案内が来た。東電は、危機感を抱いたのか新年早々から加入電話があった。1つは、愚生宅は使用量が多いためプレミアムプランにすれば安くなる。そして、Tポイントが1万ポイントくれるという条件だった。二年縛りだが、解約料はなく今より安くなるという。縛りがないならと思い、電話で契約すると回答した。勧誘員の女性は、Tポイントの番号も聞いて、すぐにでもくれるような雰囲気だった。契約したのは、1月15日だった。既に4ヶ月も前の話だ。待っても、Tポイントが付与されないので、コールセンターに電話をすると、お客様窓口担当課長という立場の人から、Tポイントは9月~10月にならないと付与されないと言う。それなら解約するというと、解約違約金5000円を請求するという。加入時には、違約金はないからと申し込んだのに、いつの間にか東電はTポイントは付与しないで、違約金5000円だけを請求する。愚生に言わせれば、加入時に申込んでから、半年後にTポイントが付与され、解約すれば違約金まで請求されるのなら、十分に他社比較してから申し込めばよかった。詐欺にあったようなものだと思ったが、一方で東電のようなお役所仕事の会社を信用した愚生の過失もある。担当課長には、このようなケースは御社にも過失があると思うから、上司や顧問弁護士と検討して頂きたいと言ったが、課長決済で違約金を請求すると言う。愚生も送配電分離の時代に、そのような高飛車な応酬話法では、口コミや風評でお客が減るといったが、回答は変わらないという。これでは、愚生の住むM市役所より対応が遥かに悪い。お客様窓口担当課長が、客を怒らせては全く用を足さない。顧客満足度は、実態より顧客に対する対応の良し悪しが大きい。パナソニック、シャープ、日立などと比べ、東電のお客様窓口はどの会社より悪い。福島の原発事故被害者も、怒り心頭に来ているのは、やはり東電の対応の悪さもあるのだろう。腹は立ったが、原発事故被害者に比べれば、たいしたことはないと自分の憤りを飲み込んだ。ただ、電気事業許可(電力会社)は、法令によって定められた許認可事業のため、監督官庁には実態を知ってもらわなければならない。一応、効果はないと思うが、官邸と担当お役所の経産省・消費庁にはメールを送った。愚生も長年、厳しい業界で勤め人をしてきたが、東電には開いた口が塞がらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

民度が低ければ民主主義で選ばれたとしても

Img_0 フィリピン大統領選は、強権的な政治手法や暴言で批判を浴びる南部ミンダナオ島ダバオの剛腕市長、ロドリゴ・ドゥテルテ氏が当選を確実にした。この大統領候補は、朴槿恵や米国トランプ氏と同様な手口で民衆を扇動する。貧しく無教養な民衆に怒りを覚えさせ、そして自分の主張を洗脳する。そして、法治国家ではありえない超法規的なことも平然で発言し民衆を煽る。ドイツでナチス党が民主的に政権を獲得し、ヒットラーが民族主義的な恐怖政治を行ったことを思い出す。ドゥテルテ氏も、フィリピンが中国と領有権を争う南シナ海問題を巡り、中国が造成した人工島に自ら上陸すると宣言する一方、中国との2国間対話を模索すると話すという。新聞や過去の経緯を多少でも知っていれば、言っていることが荒唐無稽な人物だとわかる。こう考えると、民衆の民度が低ければ、民主主義で選ばれたとしても、嘘を息を吐くようにつく無能な人材が選ばれる。朴槿恵大統領が、そのいい例だ。彼女が大見えを切った南北朝鮮統一は少しも進まない。北朝鮮との関係は最悪になった。そして、韓国は支那に接近して日米とは疎遠になった。しかし、支那の親愛なる習近平には、北朝鮮問題で電話をかけても属国扱かいで無視される。朝鮮民族の井戸端会議的な事大主義政治は、近代国家間で通用するはずはない。韓国は、民主主義の西側諸国の一員とはもはや見なされず、信用も失ってしまった。こういう事例を見るにつけ、フィリピンや米国の一般大衆も、民度がコリアン程度にまで下がってしまったのかと嘆かわしくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

義理を欠いたことに対する、しっぺいがえし

Images 日中外相会談で、日中関係の改善に向け、日本が①歴史を直視・反省し「一つの中国」政策を厳守する②「中国脅威論」や「中国経済衰退論」を広めない③互いの正当な利益を尊重し対抗意識を捨てる――ことなどを要求したという。王毅外相は、2004年9月から2007年9月21日まで駐日中国大使をしていたというから、日本のことはよく知っている。ただ、朴槿恵大統領と同様に、当時の日本と安倍政権下の今とでは、支那に対する認識が大きく変わったことを知らない。さんざん協力してやったのに、手のひらを返したような支那の対応に、義理と人情を重んじる日本人は憤っている。歴史を直視すれば、中国共産党など日本帝国軍と一戦も交えていない。日本と戦ったのは、蒋介石の中華民国軍だ。そして、日本が負けたのは、支那軍ではなく米国に負けたのだ。中国脅威論というか、法治国家でもない「ならず者国家」支那は、言動を見れば信用に値しない。海外投資と土地の切り売りで潤った支那は、海外からの投資が細ればいずれ衰退する。支那のために井戸を掘った日本国に、恩をあだで返せば井戸が細るのは当然だ。中国経済衰退論を広げるなと言われても、事実だからしょうがない。経済音痴の習近平や王毅が、最近の経済指標を見て慌てふためいても遅い。朴槿恵と同様に、覆水盆に返らずという対応だ。日本人は、支那人と違い大声で叫んだり、恫喝したりはしない。しかし、義理を欠いたことに対する、しっぺいがえしは当然覚悟すべきだ。それは、インドネシア・支那・南朝鮮も同様だ。民度の低い支那に、警戒はするが対抗などすることはない。所詮、親父が言っていたようにシナのチャンコロなど比較するに値しない連中だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

J-REIT市場への資金流入が続く

2001pb19_2 日経平均株価が昨年末比で1割強下げるなか、東証J-REIT指数は1割近いプラスを保っている。超低金利が続くなかで、J-REIT市場への資金流入が続いているからだろう。10年物国債利回りのマイナス圏が定着し、東証1部の予想配当利回りは2%強程度だ。株は期ごとの損益で大きく株価は変動するが、不動産収入は稼働率さえ安定なら収入は一定だ。定期金利が=0%に近いなか、3%の利回りは魅力的だ。やはり、J-REITを押し上げたきっかけは、1月末に公表したマイナス金利政策だ。REITの決算報告書を読むと、いかに低い金利で借り換えるかと言う戦略が報告されている。半分弱の資金を、借入金でレバレッジをかけて運用するREITは、金利が0.1%下がると分配金が2%増えるという。会計明けの4月からは、運用難の地方銀行なども投資し始めた。愚生も過去に海外のREITや株式に投資したが、為替リスクが常に付きまとった。その点、J-REITは為替リスクがないことが安心だ。ただし、愚生がREIT物件を選択する場合、そのファンドの保有物件に注目する。将来の値下がりリスクを避けるため、投資対象を東京都心3区の物件に限ったREIT投資法人しか購入していない。田舎出身の愚生には、不動産の流動リスクを痛感しているからだ。ところで、今朝介護施設に入居している母と話をしたが、三菱重工と関西電力の株はどうかと尋ねられた。介護人をする美人の女性から株の銘柄を尋ねられたという。愚生の母は、株式投資で損をした記憶がないと自慢する。母の投資時期は、日本の高度成長期だっただけに、株式投資が最も簡単な時代だ。いずれにせよ、母が他人に株式銘柄などを推奨して、相手に損でもさせたら大変だ。今回ばかりは、知識も調査もしないシャーマン(祈祷師)の銘柄選びと同じだと厳しく注意した。そして、日本の指数は今後2~3年間は下降トレンドのため、無責任に他人に株など勧めるなと言った。しかし、そういう愚生はというと、自己矛盾が激しく小野薬㈱で大きなポジションをとっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

本なら、楽天ブックスよりアマゾンに!

Url 数日前に、愚生の母から頼まれていた「北原白秋の詩集」を楽天ブックスに注文した。「在庫あり」とあったので、母の日の前には届くようにと、数日余裕を持って注文した。ところが、いつまでたっても注文した本が発送されず、倉庫から取り寄せ発送準備中としか表示されない。不安になったので、楽天ブックスに問い合わせると、受付日以降に発送するというばかりで、母の日までに着くかの回答はない。2度問い合わせても、同様の回答だったので、キャンセルしてアマゾンに発注したところ、すぐに母の日(8日)までに届くと回答があった。いったい、楽天ブックスとはどんな会社なのかと穿った見方をしてしまう。インターネットで受け付けをするだけで、楽天ブックスに加入した本屋に丸投げしているのだろうか。とても在庫を含めて、すべての書籍を管理しているようには思えない。連休中なら、受注しても加入店が休んでいるのなら、発送作業など行われない。実質、連休中は開店休業にしているならば、受注しても発送作業をせずに顧客を繋ぎとめるだけの詐欺行為に近い。ところで、母が詩集と言うから、よく聞かされた、母が諳んじていた島崎藤村かと思った。しかし、北原白秋だというとジャンルが広くて見当もつかない。母の希望は、文庫ではなく、1頁に大きな字で数行書いてある読みやすい詩集だという。そういう詩集は、童謡が載っている本が多い。小さな昔に歌った童謡が懐かしいのだろうか?母は非常に裕福な良家のひとり娘だった。両親が早死にしたので、祖父母から生まれてすぐに、全ての財産を生前贈与で受け継いだ。そして、寂しくないようにと遊び相手に、幼い女中を雇っていたと言う。今の介護施設で、孤独を感じる毎日が小さい頃を思い出させたのだろうか。プライドばかりが高く、上から目線の発言が多い母には閉口するが、一方で小さい頃の孤独感から肉親の情が厚かった。飽きっぽい性格だから、今月介護施設に会いに行く頃には、詩集のことなど忘れているような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

防衛を他国に委ねると言うことは

Korean100pekuwww1 トランプ氏が共和党の指名獲得を確実にした。世間では、暴言が多くアメリカのリーダーになる資格があるのかと言う声も聞く。しかし、トランプは貧しい白人層が支持基盤だから、イスラム教徒や有色人は嫌いだ。日本・韓国・中国やアジアの国々も彼の世界観では、どうでもいいのだろう。北朝鮮の脅威には、日本・韓国は自らを守らなければならないと言う。大東亜戦争後、日本に軍隊を持たせないようにして占領し、都合が悪くなると米軍の占領費用まで払えという。払わなければ、駐留米軍を撤収するという。その結果、太平洋地域で中国やロシアが勢力を持つ。要するに、米国の核の傘が日本を守るなどと言う話は、幻想だったと言うことだ。自分の国に被害が及ぶ前に、日本で食い止めようとしただけだ。米国は、ならず者国家の支那と何ら変わらない。歴史を振り返っても、欧米はアジア・アフリカを植民地として繁栄してきた。日本は、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦と連勝し、有色人ながら独立を守ってきた。その日本を潰すために、ABCDラインで経済封鎖に追い込み、大東亜戦争で叩いた。時の大統領のルーズベルトやトルーマンと言った連中は、人種差別主義者だったから躊躇なく日本に原爆を投下して無差別殺戮をした。こんな連中がいるのも米国という国だ。非武装中立など叫んできた平和ボケの民進党や社民党は、どうするつもりだ。安保反対・平和憲法も結構だ。しかし、米国が撤退した後、中国やロシアに対して抑止力がなくなれば、これまで占領してきた米国と同様に、無理難題を彼らから聞かねばならない。朝鮮征伐の豊臣秀吉に対抗して、朝鮮が明に援軍を頼んだ結果はどうだったか?明の朝鮮での食料調達で、大量の餓死者が発生した。そして、多くの女性が、朝鮮から戦利品として明に連れていかれた。防衛を他国に委ねると言うことは、こういうことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

政治家が軽々に発言することは問題だ

Mi_s012_f002_m001_1_l 三菱自の燃費偽装問題は、常識では考えられない。これは、韓国現代自動車が公表値と大幅に異なる値で、米国で自動車販売した事件と同様だ。石井国土交通相は4月30日、車の量産・販売に必要な「型式指定」について、大幅に異なる場合には取り消しもあると発言した。販売中の自動車の型式取り消しなど行われたならば、三菱自動車は確実に倒産する。それでなくとも、三菱自動車の軽自動車販売は、前年同月から大幅に減少している。販売停止を受け、三菱自動車水島製作所は4月20日以降、生産ラインが停止し、同工場で働く従業員約4割が自宅待機をしている。岡山県内には、売上高の半分以上を三菱自に頼る下請け業者も多く、影響は深刻だ。勿論、三菱自動車の身から出た錆と言ってしまえば、それまでだ。三菱自動車の幹部社員が、責任を追及されるのは当然だ。しかし、工場や下請けの従業員に罪はない。この不景気の中、頑張って働いている従業員には気の毒だ。彼らの生活や地域経済の影響を考えれば、政治家はマスコミ相手に受け狙いで、軽々に発言することは問題だ。失職の恐れのある従業員のことを考えれば、発言はもっと慎重にするべきだ。愚生は、三菱自動車の株主でも関係者でもない。ただ、企業に勤務した経験から、自分と関係のないことで不利益を被ったこともある。往年の二代目パジェロ・ロングを乗っていた愚生には、とても他人事には思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

リップサービスでも暖かいものを感じる

24eyes2 いろいろあった私事で、ここ数日は慌ただしかった。今日から日常のペースに戻って、連休気分になった。歳を重ねと、いつまた会う機会があるか判らない。先日開催した研究室同窓会の写真を仲間のホームページにアップした。40年くらい前の、当時の写真と重ね合わせると、つくづく歳をとったと感じる。ただ、なぜか若い頃に時空を伴にした学友とは、すぐに当時の気分に戻れる。事後報告した通知メールに、お返しのお礼メールは嬉しい。勿論、リップサービスだろうが、なにか暖かいものを感じる。中には、事務局の負担など全く考えない人もいる。そういう人には、いったいどんな人生を送ってきたのかと、穿った見方をしてしまう。ところで、次回幹事役をすると言っていた友人から「飲んだ時の話は少し酩亭し覚えていません・・・」などと書いてくる。どうも幹事からの解放は、当分ならないようだ。以前、クラブの同窓会で人に迷惑はかけたが、人の世話などしたことがない御人が幹事をすると言いだした。周りは、大丈夫かと不安げだったが、案の定的中して1年半も開催されなかった。文章の真意はわからないが、正月まで何も開催計画がなければ、年賀状を今年のように開催通知に使おう。アルコールが入ると気が大きくなってしまう。言ってはみたものの、後になって面倒になるのだろう。そういう愚生は、F社の勤め人時代に、部下の面倒見が良いとの噂だった。思い出せば、部下の昇進昇給には、全力を挙げた。しかし、部下の退職稟議も多数決済した覚えがある為、噂の真偽はわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

脈絡のない内容になってしまった。

9ea40e707cb672c6b350a7a6ab1ac876 6年前から書き始めたブログのアクセスが30万近くになった。この数字が、大きいか小さいのかは、わからない。惰性で書いていただけだが、よく続いている。今でもつたない文章だが、書き始めた頃のブログに比べれば多少ましになった気がする。ずいぶん昔、予備校の宣伝に「継続は力なり」という文言があったのを思い出す。還暦を過ぎて、自分の人生を振り返れば、いろんなことがあった気もする。しかし、一方で「あっという間」だったような気もする。今まで生きていてよかったと思う。ただ、あの時「もし」ということを考えると、いろいろの可能性もあっただろうが、今の人生よりうまくいった保証はない。そう考えれば、今の人生をありがたく受け入れるしかない。自由業と称して、毎日時間に縛られない生活をしていると、時間のありがたさがわからない。額に汗して勤め人をしていたころは、休日のありがたさが身に染みた。今は、毎日贅沢をしなければ、それなりに暮らしていけることを感謝している。これから、この恵まれた人生を、あと何年過ごせるのかわからない。脈絡のない内容になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

ストレスがないと良い顔をしている。

36dd91ecs 今は、ゴールデンウイーク中だ。とはいっても、愚生のような自由業の者にとっては、普段と変わらない。29日には、長野の介護施設にお袋を慰問した。こちらは、向こうが寂しいかと思って会いに行ったのに、お袋は愚生が寂しくて会いに来たと思っている。昔から自己中心的な女性だと思っていたが、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものだ。どう思われようと、これから何度も会う機会はないだろうから、これまで通り毎月行くつもりだ。「孝行のしたい時分に親はなし」という諺もあるから、多少お袋の乱暴な言動には、我慢しなければと、腹をくくっている。一昨日は、学生時代の研究室の集まりだった。退職した後、何もしていない友人は顔色もよく元気そのものだった。自営業者の友人は、どう話を聞いても、会社は儲かっていないようだ。本人もヒモだといっていたから、12歳年下の嫁に食わしてもらっているようだ。料理も上手いといっていたから、専業主夫が本業かもしれない。勤め人をしている友人は、結構ストレスが強いのか疲れ気味な顔をしていた。私の仕事も聞かれたが、なんと説明したらよいかわからず、とりあえず「金融業でヤクザのような者だ」と謙遜して言った。すると、「高利貸しか」と突っ込まれたので、「金貸しは金融庁の許認可だからそうではない」と否定した。しょうがないので、「investmentだ」と英語で尤もらしく言い直した。マイナスも多いから、いい商売ではないと引きぎみに話すと、自営業者の友人は直ぐに納得してくれた。人は、ストレスがないと良い顔をしている。定年退職後に、再雇用で勤める友人の愚痴をよく聞くが、立ち位置が変わると大変なようだ。キャリアのあった過去と比べると、非常に辛いのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »