« 検察は早く舛添を起訴しろ | トップページ | マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油 »

2016年5月13日 (金)

美学を持ち合わせていない連中には辟易

C03fd54ab89f16aa834304700x522 韓国のネット新聞に、「韓国人原爆被害者がオバマ米大統領の日程に合わせて広島を訪問し、日本・米国政府に謝罪と補償を要求」とあった。どうも朝鮮半島に住む人達は、半島の「ゆすり・たかり」文化が、恥ずかしい行為だと思っていないようだ。韓国には、「泣く子は餅を一つ余計もらえる」「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける」という諺がある。恥も外聞もなく、場違いの要求やゆすり・たかりを繰り返すお国柄をよく表す。韓国原爆被害者協会は、広島にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑にオバマ大統領が献花することを要求し、必ず謝罪と補償を勝ち取ると息巻いている。彼らは、日本人被爆者と同様に韓国人被爆者も、日本政府から被爆者手帳を交付され、見舞金を継続的に貰っていることを忘れているのだろうか?もし、支給されていないなら、被爆者であると認定できなかった人達だ。要するに、似非朝鮮人被爆者だ。彼らは、自分の利益になるなら平気で嘘をつく。朴槿恵大統領を見ればよくわかる。売春宿で有給や親の借金のかたに働いていた朝鮮人女性たちは、従軍慰安婦と称してお金を要求する。それを支える団体は、自分の飯の種にと売春婦だったお婆さんを利用する。日本人売春婦で、そのような人がいるだろうか?ただ、勤め人をしていた時代に、いざ自分の不利益になると思うと、職責がありながらも部下のことなど一切面倒を見ない幹部社員は多かった。平生、偉そうなことを言っていても、美学も持ち合わせていない連中には辟易した。部下を退職させるのには血眼になるくせに、役員からの退職勧告に従わず、会社に牡蠣の貝殻のようにしがみ付くさまは哀れだった。愚生は、晩節を汚すくらいならと、会社に協力して早期退職した。退職後、自由業で生計を立てたことは、人生にとってつくづく正しい決断の一つだったと思う。

|

« 検察は早く舛添を起訴しろ | トップページ | マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油 »

支那・朝鮮」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/65459408

この記事へのトラックバック一覧です: 美学を持ち合わせていない連中には辟易:

« 検察は早く舛添を起訴しろ | トップページ | マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油 »