« 棺桶に足を片方突っ込んだ年齢の人ばかり | トップページ | 貸借対照表を見て会社を判断する。 »

2016年5月17日 (火)

介護は重労働で忍耐強さがないと務まらない。

6be596645037dfe6a3e73a89519f5c12_w 妻が病気のため、息子と交代で介護している。数日介護しただけで、ぐったりと疲れてきた。息子は会社に行くと介護から解放されて、すっきりするといって出勤した。残された愚生は、家でひっきりなしに妻の下の世話を含めてしなければならない。息子と違って、妻とは血縁はない。見合い結婚だったせいで、特に好きだったと言うわけでもない。親父の知人から紹介された娘さんに、すでに男がいたとのことで、妻がピンチヒッターになったのだという。妻も、迷惑な話だと思いながら、好きでもないのに結婚に至ったという。そういう関係のため、生活共同体としてのパートナーではあるが、特別な感情はない。そうはいっても、転勤や単身赴任もなかったため、足掛け36年も一緒に暮らしている。血縁はないと言っても、身内の介護で疲れるのだから、舅の介護などとんでもない話なのだろう。介護士の給料が安くて、人は集まらないと聞くが、この仕事は重労働で忍耐強さがないと務まらない。給料が高くても、他人の介護などしたくないと思う人には、無理な仕事だ。医者という連中も、患者が治らなくても責任を問われない。そして、気に食わなければ、他の病院へ行けと言う態度には腹が立つ。こういう状況は、いずれ訪れることが早期になったと、自分を納得させるしかない。愚生の腰が痛い話など、誰も聞いてくれない。

|

« 棺桶に足を片方突っ込んだ年齢の人ばかり | トップページ | 貸借対照表を見て会社を判断する。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/65529947

この記事へのトラックバック一覧です: 介護は重労働で忍耐強さがないと務まらない。:

« 棺桶に足を片方突っ込んだ年齢の人ばかり | トップページ | 貸借対照表を見て会社を判断する。 »