« 美学を持ち合わせていない連中には辟易 | トップページ | 命長ければ、恥多し »

2016年5月14日 (土)

マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油

513umnnogul 愚生が行きつけの激安店では、「マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油」が売り切れのことが多い。ラ王や正麺でもこの商品以外は棚に並んでいる。どうも売れすぎて、商品の納入が追い付かないようだ。価格は、200円と多少割高だが、美味いと思って食べるせいで気にならない。似て非なるようなカップ麺の市場競争は激しい。この商品のキャッチフレーズは「即席麺で済まそう」ではなく「即席麺を楽しもう」とある。確かに、不味い支那そば店より、「マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油」のほうが遥かに美味しい。愚生は、あっさりとしたラーメンが好きなため、味噌ラーメンや脂っこいとんこつ系は食べない。また、朝鮮料理かと思うくらい辛い担々麺も好きではない。辛い物ばかり食べると、半島に住む人たちのように激高しやすくなる気がする。ところで、愚生は退職後もお金は上手く回っていたが、将来長生きした時に備え、生活は爪に火を灯すようだった。しかし、お金を残しても向こう側の世界には持っていけない。そう考えると、美味いものを食たり、必要なことにお金使うことの方が重要だ。歳を重ねすぎたから、そう感じるのかもしれない。そして、大学時代のサークルのOB会ホームページを見るにつけ、昔の友人たちのことを思い出す。過去を振り返れば、辛いことや嫌なことはたくさんあった。ただ、大学時代の青臭い自分を思い出すにつけ、自然と活力というか生気が蘇る。こう考えると、思い出とは大切なものだとつくづく思う。そういえば、今年の新宿で開催するOB会もあとひと月を切った。お婆さんたちも、今頃は減量や顔のしわ伸ばしなどをしているのだろうか?不思議なことに、女性はOB会に出席するごとに痩身になっていく。

|

« 美学を持ち合わせていない連中には辟易 | トップページ | 命長ければ、恥多し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/65476730

この記事へのトラックバック一覧です: マルちゃん正麺カップ芳醇こく醤油:

« 美学を持ち合わせていない連中には辟易 | トップページ | 命長ければ、恥多し »