« 後期高齢者の負担割合を、早期に20% | トップページ | 高校球児のはつらつとしたプレーには感動する »

2016年7月16日 (土)

自民都議連のドン内田のいじめで都議自殺

Inosenaoki1 猪瀬直樹元東京都知事がインターネット上のインタビューで、「都議会のドン」に関する衝撃的な発言をした。2011年に自殺した自民党樺山卓司都議は、自民都連のドンと言われる内田茂のいじめが原因だという内容だ。猪瀬氏は、遺書ととれる殴り書きの公開にまで踏み切った。樺山氏が自宅で自殺した原因は、都議会議員の集まりの中で、嫌がらせの的に罵倒されたり、議長させてもらえなかったりと、いじめ抜かれたことだ。自民党都議連は、声を上げると粛清されてしまう世界だという。遺書には「これは全マスコミに発表して下さい。内田茂を許さない。人間性のひとかけらもない内田茂。来世では必ず報復します!御覚悟!自民党の皆さん。旧い自民党を破壊して下さい」という壮絶な殴り書きがある。猪瀬氏はインタビューの中で、この都議連を改革するために、小池百合子氏に期待したいと語っている。猪瀬氏が指摘する「東京のガン」という内田茂の経歴は、
昭和14年3月15日千代田区神田生まれ
昭和28年 区立一橋中学校卒業
昭和31年  都立九段高校中退
と言うから、学歴は中卒だ。学歴がないからと言って、政治家にとって問題はないが、コンプレックスの裏返しとして権力闘争に走りたがる。今回の都知事選で、自民都連がイエスマンの元建設官僚の増田氏を支持したことは容易に理解できる。自民都連も腐っているが、それを追認している石原ノビテルや平沢勝栄、萩生田光一なども同類だろう。自分の当選のためなら、都民に暮らしなど二の次に考える悪徳政治家連中だ。腹が立ったので、期日前投票に行ってきた。もちろん、愚生も妻も小池百合子と書いた。M市役所では、期日前投票に列をなしていたため、今回の都知事選は盛り上がっているようだ。

|

« 後期高齢者の負担割合を、早期に20% | トップページ | 高校球児のはつらつとしたプレーには感動する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/66531854

この記事へのトラックバック一覧です: 自民都議連のドン内田のいじめで都議自殺:

« 後期高齢者の負担割合を、早期に20% | トップページ | 高校球児のはつらつとしたプレーには感動する »