« ニコンがリストラで1千人規模の削減 | トップページ | 親韓派のマイク・ホンダ下院議員の落選 »

2016年11月10日 (木)

米国が日本を守るなどという妄想

Lgi01a201406180600 英国はEUから離脱し、米国ではトランプ氏が勝利した。巷の予想がいかにいい加減なものかを痛感させられた。結果は、民意だ。英国にしろ、米国にしても、選択は民主主義的に正当に行われた。米国人の真意を表した結果だろう。トランプは、米国至上主義を掲げたが、口に出して言うか、言わないかの違いだ。どこの指導者も国民も同じ気持ちだ。米国の傘など、平和ボケした日本人の幻想だ。利害関係がない限り、米国が日本を守ってくれるなどという妄想は捨てるべきだ。トランプは、在日米軍の駐留経費を全部日本が出せと本音を言っている。米軍が撤退すれば、日本は自衛隊を大増に増強しなければならない。トランプは、米国の核の傘は閉じて、日本の核兵器保持を容認すると言う。そうなれば、日本は自分で核の傘を差さなければならない。その際は、自前の空母保有も選択肢となり、沖縄の基地問題も解決する。自分の国は自分で守るという、有史以来の当たり前のことが今日求められている。米国が言い出したTPPも、指導者が変わった途端に止めるというから、ずいぶん身勝手な国だ。思い出せば、第二次世界大戦の日米戦争の勃発は、支那の権益を日本から取り上げるための戦争だった。当時のルーズベルトという人種差別主義者が日本に仕掛けた戦争だ。今日の米国選挙結果も、白人至上主義が裏側に薄っすらと見えるような気がする。少なくとも、トランプになれば朝鮮半島からの在韓米軍の引き上げは行われるだろう。安保法制がどうの、憲法9条がどうだとかといった呑気なことは言っていられない。ところで、慰安婦問題で日本非難決議を主導したマイク・ホンダは米下院選で落選した。真実など、どうでもよく、自分が当選するために韓国の片棒を担いだ議員の運命はこうだ。

|

« ニコンがリストラで1千人規模の削減 | トップページ | 親韓派のマイク・ホンダ下院議員の落選 »

支那・朝鮮」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/68365116

この記事へのトラックバック一覧です: 米国が日本を守るなどという妄想:

« ニコンがリストラで1千人規模の削減 | トップページ | 親韓派のマイク・ホンダ下院議員の落選 »