« 節分天井、彼岸底 | トップページ | 悲惨な試合結果になる前にコールドゲーム »

2017年3月20日 (月)

つくづく、晩節には美学が必要

Img   今日は、お彼岸だ。日本では宗教的行事として、年に2度春分の日と秋分の日を中心に彼岸会を行う場合が多い。ただし、旧暦を用いたる地域などもあり場所により異なる。 お彼岸といえば悟りの世界だ。戦前教育を受けた年配者は、年々、彼岸(極楽浄土)に行って少なくなってしまった。まして、愚生のようにキリスト教に改宗した者にとっては、春分の日という祝日以外に意味はない。母が地元を離れ、介護施設に入ったこともあって、父の墓参りに行く機会もすっかり減った。さらに、愚兄が実家を更地にしたことで、田舎に帰っても行く場所もない。本籍まで東京に移した愚生にとって、生まれ育った土地へ思いは歳を重ねるごとに減っていく。ところで、この時期になると、いつも大学時代の卒業式や入学、F社への入社のことを思い出す。当時を思い出せば、頭の中は将来への不安でいっぱいだった。それまでを振り返れば、自分の能力に確固たる自信を持てなかった。そう思いつつ、今更後には引けないことも承知していた。ひかれた線路に沿って前に進むしかなかった。一部の特別な人を除けば、人生の中で成功や失敗、そして幸運や不遇に出くわす。中には、山高ければ谷深という人もあるだろう。そして、全員行きつくところは彼岸だ。持ち物が多い人に限って、此岸(しがん)にしがみつくかもしれない。晩節に大言壮語の仮面が暴かれ、小心者の本性を曝した石原慎太郎のような恥知らずな輩もいる。つくづく、晩節には美学が必要だと思う。愚生が勤め人を早期退職したのも、後味の悪い人生という思いを残したくなかったからだ。

|

« 節分天井、彼岸底 | トップページ | 悲惨な試合結果になる前にコールドゲーム »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/69984536

この記事へのトラックバック一覧です: つくづく、晩節には美学が必要:

« 節分天井、彼岸底 | トップページ | 悲惨な試合結果になる前にコールドゲーム »