« 逮捕劇は朴槿恵の自業自得 | トップページ | 島根県は見どころが多い地域だと改めて認識 »

2017年4月 2日 (日)

人工知能が進んだ世の中を垣間見た

9  将棋棋士とコンピューターが戦う電王戦二番勝負の第1局は、将棋ソフトが佐藤天彦名人に快勝した。佐藤名人は電王戦への出場者を決めるトーナメントで、三冠の羽生善治王座らを下して電王に臨んだ。将棋ソフトは、現役の最高位である名人に勝ったのだ。将棋ソフトの実力は、名実ともに棋界最高峰の名人位を上回ったことになる。ただ、先手番のポナンザが初手▲3八金という奇抜な手を指した。いわゆる、定跡から離れた力戦型の勝負になった。その後、ポナンザは巧みな指し回しで相手の攻めをいなして優勢を築くと、危なげなく押し切って完勝した。佐藤名人は事前に、将棋ソフト「ポナンザ」をパソコンに導入して、研究してから対戦に臨んだが及ばなかった。佐藤名人は 「結果を出せなくて残念だ。ポナンザは読みの精度が高く、完敗だった。」という。電王戦は、主催者の都合でこれが最後になるという。もう将棋ソフトは、プロ棋士の力の及ばない領域に達したようだ。三浦九段の冤罪も、プロ棋士が将棋ソフトより弱いから起きた事件だ。愚生はあの事件以来、すっかり将棋に対して興味なくなり、NHKのトーナメント戦を見なくなった。今回のように、過去の定石にとらわれない力戦型なら、プロ棋士は将棋ソフトに歯が立たない。つまり、過去の経験が利用できない形であれば、実力が上回る将棋ソフトの圧勝となる。将棋棋士は、スターウォーズに出てくるジェダイになったのかと思ってしまう。人工知能が進んだ世の中を垣間見た。ところで、今日から山陰・山陽旅行に出ますので、数日間ブログは休みます。

|

« 逮捕劇は朴槿恵の自業自得 | トップページ | 島根県は見どころが多い地域だと改めて認識 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/70126484

この記事へのトラックバック一覧です: 人工知能が進んだ世の中を垣間見た:

« 逮捕劇は朴槿恵の自業自得 | トップページ | 島根県は見どころが多い地域だと改めて認識 »