« バフェット氏がアップル株を買い増し | トップページ | 日本の社会インフラ富士通やNECは潰せない »

2017年5月10日 (水)

被差別地域出身大統領は北朝鮮に優遇政策

 20110502_1954673 韓国大統領選で最大野党の文在寅(ムン・ジェイン)が圧勝だった。彼は、朝鮮戦争で難民として北から渡ってきた。地域差別もあったから、韓国で暮らすのは容易でなかっただろう。親北朝鮮政策を主張するのも理解できる。朝鮮戦争で、北朝鮮地域住民を殺戮した朴槿恵の父、朴正煕への怨念はあるだろう。三権分立がなされていない韓国では、これからの朴槿恵の裁判にも大きく影響する。朴正煕に殺されかけた、太陽政策の金大中は光州出身だった。文在寅は、自殺した盧武鉉の秘書だ。金大中・盧武鉉は、差別され続けた全羅南道の出身だ。つまり、西暦478年の倭王武の上表文にみられる任那地方だ。新羅地方と日本府があった南部との地域反目は激しい。流刑地だった北朝鮮の咸鏡道などへの差別は、いっそう強かった。李承晩による済州島の虐殺も同様だ。そう考えると、被差別地域出身の大統領は、同様の地域である北朝鮮に対して優遇政策を取る傾向がある。文在寅は、北朝鮮に対する強い圧力と、中国との協調によって北朝鮮を核放棄に向けた交渉のテーブルにつかせるという。しかし、それが実現できるなら、とうの昔にこの問題は解決している。話せばわかるという認識は、鳩山由紀夫の甘い国際政治の認識と同じだ。蓮舫、福島瑞穂、辻元清美、小沢一郎と外国の血を祖先に持つと、どうしても生まれ故郷に郷愁の念があるのだろう。国籍が日本だと言っても、支那・朝鮮の提灯持ちのような態度をとる。血は争えない。蓮舫なども日本が嫌なら、中華民国に帰って余生を過ごすのもよいのではないかと穿ってしまう。

|

« バフェット氏がアップル株を買い増し | トップページ | 日本の社会インフラ富士通やNECは潰せない »

支那・朝鮮」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/70521670

この記事へのトラックバック一覧です: 被差別地域出身大統領は北朝鮮に優遇政策:

« バフェット氏がアップル株を買い増し | トップページ | 日本の社会インフラ富士通やNECは潰せない »