« アマゾンは消費者の生活を抱え込む | トップページ | 若狭、恥を知れと言いたい »

2017年10月23日 (月)

驕った希望の党には票が集まらない

84 衆議院選挙は終わった。いろいろ分析はあるだろうが、愚生は民進党が左派と右派に分かれて、立憲民主党と希望の党になっただけだと思う。その影響で、批判票の受け皿ができ、結果として公明・共産・維新の衰退につながった。橋下徹が抜けた維新は、看板が無くなりいずれ消滅する。組織がしっかりしている公明・共産も新たな入党者が増えていないようだから高齢化とともに漸減だろう。そして、驚いたことに若者の40%が自民党に投票したという。愚生の母のような昭和の化石は、自民党にしか投票しない。こう考えると、今後も自民党政権が長期に続く。愚生のように、自民党の批判票として希望の党に入れる輩は少ないようだ。ただし、希望の党以外で批判票を入れるにしても、支那・朝鮮の提灯持ちの立憲民主党にするくらいなら、自民党に投票する。希望の党の小池百合子代表は22日、憔悴しきった顔で「私自身におごりがあった。これまでは空中戦でやってきたが、小選挙区はそれだけではだめだった」と述べた。まさに、驕りが慢心となり今回の結果をもたらした。小池氏は「政党は政策が一致してこそ。根幹部分で一致することは必要だったと今も思っている」と負け惜しみを言う。しかし、選挙は人気投票だから嫌われたらお終まいだ。同じ右派的な自民党がある以上、驕り高ぶった希望の党には票が集まらない。愚生もあれだけ、マスメディアを上手く使いこなす小池さんが、「民進党全員を受け入れる気など、さらさらない」と言った時は、ずいぶん失礼な物の言い方だと呆れた。彼女の裏の顔が見えた気がした。小池さんという人は、公私とも修羅場を潜って生きてきたようだから、権謀術数に長けている。しかし、今回は驕りから本心を垣間見られて大敗を喫した。本音を見透かされた以上、彼女の政治生命はすでに終わったようだ。もう一度、風を起こそうにも周りは騙されない。愚生の住む選挙区は、長年落選して雌伏していた伊藤俊輔が希望の党から比例復活した。愚生の投票は無駄ではなかった。昨日は、午後8時から数分間だけ選挙速報を見てテレビを消した。いくらライブ放送と言っても、結果が見えているものを見るなど時間の無駄だからだ。自民党政権の圧勝で、今日も株は上がる気がする。実利的な愚生にとっては何ら不満はない。

|

« アマゾンは消費者の生活を抱え込む | トップページ | 若狭、恥を知れと言いたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/72035785

この記事へのトラックバック一覧です: 驕った希望の党には票が集まらない:

« アマゾンは消費者の生活を抱え込む | トップページ | 若狭、恥を知れと言いたい »