« 巨人の過去の横暴には憤懣やるかたない | トップページ | 株価は上値を追い続ける気がする »

2017年10月 3日 (火)

ことの発端は、「盛り・かけ」の蕎麦屋事件

Dkopf7pvaaahc_k 暇に任せて、ワイドショーを見ている。そして、解ったことがある。毎日報道される政党のゴタゴタは、そもそも個人の私利私欲から始まっている。「盛り・かけ」の蕎麦屋事件と自分の政権延命のため安倍首相は衆院を解散した。次に、ドミノ倒しのように小池百合子氏が新党「希望の党」を作った。生き残れないと見た民進党が、「羊頭狗肉の政治理念」を180度曲げて、希望の党に潜ろうとした。しかし、小池氏の「排除」の論理ではじき出された左翼グループができた。日本維新は、東京・大阪で住分ける協定を希望の党と結ぶ。そして、民進左翼グループは、希望の党からもう一度、180度理念を曲げて共産・社民と同じ左翼思想の立憲民主党を作った。安倍首相の解散声明から一週間で、民進党の分裂まで引き起こし20年来の懸案事項が一気に片付いた。いったい、彼らは何を考えて政治家になっているのだろうか。国会議員の最も重要事項は、選挙に受かることのようだ。政治信条などは、二の次で後からついてくる。安倍さんは、自分の政権の延命が一番の重要事項。小池さんは、自分が首相になることが一番。他の人はどんどん夢は小さくなって、最低でも国会議員になることだ。維新と希望で地域を住み分けたため、数年間も立候補準備をしてきた雌伏候補の苦労が水の泡。排除の論理で、政治生命が絶たれる民進の左翼議員や新人候補。安倍首相の憲法違反ともいわれる天皇の国事行為解散で、大きく日本列島が揺れる。結果は判らないが、安倍首相は大誤算、小池さんも失速して大誤算、前原代表も民進消滅で大誤算とくる。いったい誰が、これを予想しただろうか。確実に判ったことが一つある。それは、国会議員は日本国民のために政治家になっているわけではないことだ。自分の権力欲と自己顕示欲のためだ。

|

« 巨人の過去の横暴には憤懣やるかたない | トップページ | 株価は上値を追い続ける気がする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/71872678

この記事へのトラックバック一覧です: ことの発端は、「盛り・かけ」の蕎麦屋事件:

« 巨人の過去の横暴には憤懣やるかたない | トップページ | 株価は上値を追い続ける気がする »