« 愚生も自分の利益が絡むと売国奴? | トップページ | 借金をしてマイホームを買うべきではない »

2017年11月27日 (月)

白鵬は傷害事件の共同正犯で当事者

Spo1711260025p1 千秋楽を迎えた大相撲九州場所は、かつてない異例の光景だった。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)、横綱白鵬関が相次いでファンへ謝罪したまではよかった。しかし、暴行の現場に同席していた白鵬は優勝インタビューで、日馬富士と貴ノ岩両者の復帰を希望する発言する。そして、最後は「来年も大相撲をよろしくお願いします」と声を張り上げ、館内に万歳三唱を促した。相撲界を見ていて、取り巻くマスメディアや関係者が一般常識とあまりにもずれている。白鵬のことは、外国人だから後にしよう。まず、八角理事長は、貴乃花親方に対して、貴ノ岩が和解しなければ、日馬富士が引退になるともみ消しを依頼した。これでは、貴乃花親方が相撲協会を信用するはずはない。暴力追放をうたっている理事長が本質的な問題を理解していないからだ。今回の事件は、日本の刑法では、ただの暴行ではなく傷害事件だ。日馬富士が暴行を認め、貴ノ岩が10針も縫っているのだから、傷害罪で裁かれる。そして、罰金刑であったとしても前科一犯の有罪は確実だ。次に、危機管理委員会という相撲協会のメンバーは、医師の守秘義務に反した内容を貴ノ岩の了承もとらずに公表した。医師の診断書とは、相反する公表内容であった。それは、担当した医師が自ら書いた診断書は間違いだったと否定することになる。そして、傷害事件の傷は軽微だという。しかし、貴ノ岩が旭鷲山に話した通りなら、未だに耳が聞こえない状態だ。相撲協会の危機管理委員会のお粗末なことは、医師法に違反し、そして事実を本人に確認しない公表したことだ。危機管理委員会とは、親方衆と金で雇われた弁護士の集まりであって、相撲協会の危機対応が最優先だ。彼らの目的は、傷害事件のもみ消しを図ることだ。マスメディアにしても、平生から相撲協会から甘い汁を吸っている取り巻き記者が、暴力撲滅などの前に、自分の既得権を守ろうと協会に取り入った発言をする。そして、踊らされた一般大衆貴乃花親方は社会性がないと批判する。事実確認もせずに、当事者を社会性がないと非難する本人自分が社会性があると思っているようだ。これでは、長い物に巻かれないと社会性がないことになる。そして、真偽などどうでもよいことになる。最後に問題の白鵬だ。彼は、自分は事件に関係がないと思っている節がある。この傷害事件は、白鵬にも大きな責任がある。それは、白鵬がその場に居合わせたのだから制止すれば、日馬富士の暴行は起きなかった。愚生は、白鵬が日馬富士をけしかけて傷害事件を起こしたと見る。何故なら、日馬富士は鳥取城北高校とは無縁で、会合に出る必要はなかった。日馬富士と鶴竜は、城北高校とは関係ないにもかかわらず、入り込んで傷害事件を起こした。白鵬が呼んだというから、白鵬は傷害事件の共同正犯の当事者だ。どの面をして、万歳三唱などを公共の場で言ったのだろう。白鵬の社会性のなさと犯罪に対する無知責任感のなさには呆れる。自分が傷害罪処罰される可能性を認識していない。いずれにせよ、日馬富士の傷害罪は避けようはない。これを見過ごすなら、教師の体罰はずべて合法。暴力団の傷害事件も無罪放免。これでは、日本は法治国家でなくなってしまう。支那や朝鮮と同じだ。

|

« 愚生も自分の利益が絡むと売国奴? | トップページ | 借金をしてマイホームを買うべきではない »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/72315495

この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬は傷害事件の共同正犯で当事者:

« 愚生も自分の利益が絡むと売国奴? | トップページ | 借金をしてマイホームを買うべきではない »