« 日馬富士一人の引退で終わらせてはいけない | トップページ | 危機管理委員会の調査は茶番 »

2017年12月 1日 (金)

すべての問題は、白鵬によって作られた。

Download 暴行問題を起こした大相撲の横綱日馬富士が引退をした。ではだれが、この問題の原因をつくったのだろうか。すべての問題は、白鵬によって作られた。誰が悪いのかと言えば、日本相撲協会の八角理事長だろう。そもそも、問題が発覚した九州場所中に貴乃花親方は、八角理事長や日本相撲協会執行部から事情聴取を受けた。そのなかで、自ら被害届を提出した同親方に、それを取り下げて示談にしなければ日馬富士の進退が窮まることを告げられた。ここが、まずおかしい。八角理事長は、暴力撲滅より日馬富士の進退を案じている。加害者を救うために、被害者に泣き寝入りをしろという。北勝海の程度の悪さには呆れかえる。貴乃花親方が相撲協会を信用しないのは、こんな馬鹿なことを理事長が言うからだ。昨日の危機管理委員会の報告書でも、白鵬が貴ノ岩に説教をしたのが事の起こりだという。白鵬のような傍若無人な横綱に説教の資格があるだろうか。行事を小学生並と揶揄したり、負けた後の待った、さらに権限もないのに優勝インタビューで不用意な発言、おまけに増長して貴乃花親方の冬巡業に異議を唱える。日本相撲協会のガバナンス能力のなさが、今日の混乱を招いている。八角理事長に当事者能力がない事は明々白々だ。愚生が、親方だとしても信用がおける警察に調査を依頼する。貴乃花親方の行動は、当然のことだろう。ガキ大将の白鵬と、管理能力のない八角理事長では、どちらも信用が置けない。元々、白鵬は貴乃花親方に仕返しをするために、貴ノ岩をいたぶったのだろう。白鵬のような不良に、人に意見するなどは、天に唾することだ。そして、礼儀・礼節を教えると日馬富士は貴ノ岩を凶器で殴打した。一般社会を知らない彼らを、一方的に責めることは酷だ。それなら誰が一番悪いかと言えば、温床を作った宮城野親方だ。その次は伊勢ケ浜親方だろう。日馬富士の会見は、貴ノ岩への謝罪になっていない。そもそも、暴力を振るったことは横綱でなくても日本では犯罪だ。彼の会見からは、反省が一欠片も見えなかった。それを見た三流紙のマスコミ記者が、紙面を埋めるため大衆扇動をする記事を書く。貴乃花親方に対して「野望を抱くのはかまわない。だが、覚えておいたほうがいい。智に働けば角が立つ」などと偉そうに三流紙記者・奥村展也は書く。彼の経歴を見れば、 大卒の1993年入社という。人生を、つまらない三面記事を書くために紙面を埋めてきた輩だ。こんなチョロ鼠に貴乃花親方の批判記事など増長も甚だしい。そして、そのまんま東のようなお笑いタレントまでが、偉そうに講釈する。世も末だという気がする。日馬富士の傷害事件は、モンゴル三横綱による貴ノ岩への私刑だった。相撲協会は、早期に残りのモンゴル横綱、白鵬・鶴竜も廃業させるべきだ。

|

« 日馬富士一人の引退で終わらせてはいけない | トップページ | 危機管理委員会の調査は茶番 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

After my recent project
http://arab.egypt.adultnet.in/?post-joselyn
theologians ann hradsextube jones take

投稿: angelitapy60 | 2017年12月 2日 (土) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2042190/72346503

この記事へのトラックバック一覧です: すべての問題は、白鵬によって作られた。:

« 日馬富士一人の引退で終わらせてはいけない | トップページ | 危機管理委員会の調査は茶番 »