« 富士フイルム経営陣の刷新が求められる | トップページ | 来季プレーするなら自由契約を望むのが道理 »

2018年5月 4日 (金)

イチローにとっては事実上の引退勧告

David_ortiz_march_2014 今朝のテレビで、シアトル・マリナーズはイチロー(44)を、球団チェアマンの特別補佐へ異動させるという報道が流れた。要するに、イチローはベンチ入りの25人枠とメジャー契約の40人枠のロースターから外れ今季は試合に出場できない。だが、引き続きチームに帯同して継続的に練習する。そして、経験をもとにチームを補佐する。愚生が聞いても、非常に解りにくい立場だ。マリナーズのGMは、引退ではないが、今期は試合に出ずにアドバイザー的な役割を期待する。だだし、来年以降は契約が変わる可能性もあり、現役復帰に含みを残したという。いろいろと回りくどいが、イチローを選手からフロント職へ異動し、他の選手をマイナーから昇格させた。これで、6日(日本時間7日)に可能性のあったエンゼルスの大谷翔平との対決はなくなった。日本人には残念だが、優勝を目指すマリナーズには、イチローに出場機会を与える余裕などないという事だろう。愚生は、老齢のイチローにとっては事実上の引退勧告としか思えない。イチローの代理人は、引退はしていないという。しかしそれは、マリナーズが来シーズンの開幕戦を東京ドームでアスレチックスと開催する。その時の人寄せパンダとして、そのゲーム限定での現役復帰の可能性があるということだ。そして、その試合がイチローの引退試合となる。マリナーズに6年ぶりに復帰したイチローは、ここまで15試合に出場した。成績は、44打数9安打、打率.205と低迷。即戦力を求められる退役前の選手は、この成績では戦力外になる。今季最後のプレーとなった2日のアスレチックス戦は「9番・左翼」で先発出場し、3打数無安打、1四球1得点で終えた。試合後、弓子夫人が歩み寄って抱擁したという。ショービジネスに長けたMLBは、どうしても来季の開幕戦には、イチローのユニホーム姿が必要だった。日本の報道は、イチローの処遇を玉虫色で飾る。しかし、事実はイチローへの戦力外通告を、営業的にダメージを受けない形で行ったと見るべきだ。イチローの過去の足跡がいかに素晴らしくとも、マリナーズには選手として必要がない。残酷のようだが、老兵は消えゆくのみだ。晩節を美学で飾る選手は多い。レッドソックスのデビッド・オルティーズのような選手もいる。オルティーズは、前年2015年に2016年シーズンをもって現役を引退することを発表した。引退した2016年の成績は、打率.315、38本塁打、127打点、出塁率.401、長打率.620・OPS1.021という好成績だった。引退するシーズンに、自身3度目となる打点王のタイトルを奪取。自身2度目となるハンク・アーロン賞を受賞。そのレッドソックス時代の背番号34は、2017年よりレッドソックスの永久欠番となった。イチローは最後の6年間を、ヤンキーズとマーリンズでプレーした。マリナーズ時代は、700打席以上の出場機会があった。しかし、他チームへ移籍後は半分から三分の一にまで減った。マリナーズ最後の2011年は、200安打を下回ったが184安打を打った。しかし、それ以降の6年間で652安打。今季まで入れても661安打。7年間の平均で、95本/年だ。もし、イチローがマリナーズを出なければ900安打以上、通算3400本以上打てただろう。3465本のジーター(ヤンキース)の記録にも届いた可能性がある。イチローは、マリナーズのような田舎球団だったため記録作りには良かった。一方、松井秀喜は中堅として大都会のヤンキーズで活躍した。その後、強豪チームを出たことで田舎球団では大砲と期待されたため活躍ができなかった。愚生のような輩が寸評することは不敬になることは重々承知している。しかし、日本で大きく報道されるイチローの活躍も、シアトル以外の米国ではマイナーだったと聞く。それに引き換え、大谷翔平君の活躍は全米津々浦々だという。愚生は、個人的にはイチローは好きではない。何故ならコンプレックスの塊のような性格で、他人との協調性がない。同僚からは好かれないタイプの人物だ。愚生も同様だが。それに引き換え、ダルビシュや田中将大、松井秀喜、大谷翔平は人物としても好感が持てる。Pig松坂大輔もそうだ。今日も、多くの日本人が大谷君の活躍に期待している。彼の持っている美徳なのだろうか。

|

« 富士フイルム経営陣の刷新が求められる | トップページ | 来季プレーするなら自由契約を望むのが道理 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチローにとっては事実上の引退勧告:

« 富士フイルム経営陣の刷新が求められる | トップページ | 来季プレーするなら自由契約を望むのが道理 »