« 今日一日すっきりした気分で過ごせる。 | トップページ | もう少し共通規格にして頂きたい »

2018年8月 5日 (日)

大塚家具が倒産の危機

Arehavinga2  愚生の住む東京郊外の西に位置するM市でも、家具屋のニトリがある。直ぐ近くのニトリモールなども含めればかなりの出店だ。鳥取、島根、山形と旅行に行った先々に店舗展開している。さすがに、八重山諸島の石垣島には、夏川リミの「涙そうそう御殿」と呼ばれる蕎麦屋はあったが、ニトリはなかった気がする。一方、父娘けんかで、業績不振に陥った大塚家具が倒産の危機に瀕して身売り話なしが出ているようだ。顧客に社員が付き添い、高級家具を売るこれまでの商法からの転換が、直接の原因かどうかはわからない。しかし、売り上げ減で赤字続きの決算を見れば、今までの経営が失敗だったことは明らかだ。2015年12月期に580億円あった売上高は、2017年12月期には410億円まで減少した。どんな流通業だろうが、売り上げが落ちて儲かる経営などめったにはない。大塚家具は、保有していた投資有価証券や不動産を売却して運営費を捻出していたが、2015年12月期には109億円あった現預金は、2018年3月時点で10億円まで激減。傍から見ていても資金がショートしているのが明らかだ。お金がなければ、構造改革という名のリストラも出来ない。再建の前に倒産がという二文字がちらつく。大塚家具は資本増強や業務提携をして、どこかの資本傘下に入って再建するしかない。コジマ電気が同業のビックカメラに身売りしたように。大塚家具は、これまでスポンサー候補の投資ファンドや複数の企業と交渉しているという。ただ、交渉次第では経営権の譲渡を迫られる可能性もある。それでは、いったい何のために父親と経営権を争ったのか。骨肉の争いというが、血が濃ければ仲が良いというものではない。愚生も兄弟などいない方が良いと思ったことは、何度もあるからだ。

|

« 今日一日すっきりした気分で過ごせる。 | トップページ | もう少し共通規格にして頂きたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大塚家具が倒産の危機:

« 今日一日すっきりした気分で過ごせる。 | トップページ | もう少し共通規格にして頂きたい »