« 朝鮮半島にある国家とは、三猿で向かい合う | トップページ | 大量データから生み出すビジネスモデル »

2018年11月 4日 (日)

勝った時だけのにわかホークスファンだが

Img_0 昨晩、日本シリーズ第6戦(広島0-2ソフトバンク)ソフトバンク4勝1敗1分で勝って、日本シリーズを制した。ホークスファンの愚生の目には、ソフトバンクの強さばかりが強調されるシリーズだった。特に、セ・パ両リーグのレベルの違いを痛感させられた。パでダントツに強かった西武、3位の日本ハムが出場しても広島に勝ったような気がする。それに比べてセ・リーグは2位のヤクルトこそ終盤に貯金をつくったが、3位の巨人は負け越している借金チームだ。広島はそんな弱い相手としか戦ってこなかったから、その差が大きかったのだろう。「井の中の蛙、大海を知らず」とはよく言ったものだ。広島の敗戦というが、セ・リーグ5球団にも責任はある。交流戦でもそうだが、どうしてセ・パにこれほど実力差がついたのだろうか。はやり、DH制度が大きいような気がする。それと、パ・リーグは不人気球団が多かったため、今は大企業だが、当時は伸び盛りだった新興企業の買収が多かった。古いところでは、ロッテ、日ハムだ。そしてオリックス、ソフトバンク、楽天。道楽で野球をしていた西武鉄道以外は、すべて商業ベースで宣伝効果を期待して買収している。古い南海ファンだった愚生も、こうして胸を張って恩恵を受けるのはありがたい。ホークスは、日本シリーズ制覇は 9回ある。振りかえれば、南海時代の杉浦投手(最多の38勝)がいた1959年、スタンカ投手(2試合完封)で勝った1964年だ。南海は、その後貧困に喘いで、福岡に移動する前年の1988年まで日本一はない。リーグ優勝も1973年が最後だ。その後、ダイエーになって王監督で、1999年、2003年。ソフトバンクになって、2011年、2014年 - 2015年、2017年 - 2018年と5回日本一になった。工藤監督は、4年指揮をとって3回優勝監督だから、たいしたものだ。残りの1回も2位だ。金満チームとはいうが、ドラフト制度があるから金だけでは勝てない。その証拠に、貧乏球団の広島がセ・リーグ3連覇を果たしている。愚生は、今日も日本シリーズを見る予定だったが、広島が弱すぎて当てが外れた。今シリーズの第2、3戦目で、工藤監督の投手交代が遅いと、酒を飲んでさんざん悪口を言ったことを申し訳なく思う。いずれにしても、ホークスファンとしては、優勝はうれしい。愚生場合は、勝った時だけのにわかホークスファンだが・・・。話は変わるが、サッカーの川崎フロンターレもJ1を連覇しそうだ。ソープランドで有名な川崎市をフランチャイズにするプロスポーツチームは少ない。ただ、フロンターレだけは富士通の本社(登記上)が川崎市中原区の南武線・武蔵中原駅前にあるせいで、去ることはないだろう。

|

« 朝鮮半島にある国家とは、三猿で向かい合う | トップページ | 大量データから生み出すビジネスモデル »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝った時だけのにわかホークスファンだが:

« 朝鮮半島にある国家とは、三猿で向かい合う | トップページ | 大量データから生み出すビジネスモデル »