« スピンオフ作品『ザ・グッド・ファイト』 | トップページ | キャッシュレス決済の業者が乱立 »

2019年7月13日 (土)

害獣撃退用の超音波発生器

Photo_20190713085001 7月7日に害獣撃退用の超音波発生器を購入という題でブログを書いた。アマゾンドットコムで購入した機器には「動物撃退器 猫よけ カラスよけ 害獣撃退 超音波 」という能書きがあった。そして、超音波で動物を撃退し、人に害はないとある。追い払った動物も傷つけたりしないとあった。どうも、赤外線センサーで知覚して動作する仕組みの撃退器のようだ。以前、駐車場に取り付けてあった常夜灯の赤外線センサーと同様な仕組みだろう。センサーでカラスを認識して、動作して追い払うようだ。そう思って、家の前のごみ置き場に設置したが、ごみ袋は数か所破られていて、中身が露出した。センサーの前にごみ袋を置いたので、カラスが近づいても感知せずに動作しなかった可能性もある。他には、動物撃退器は動作したが、カラスは怖気にごみを漁っていったのかもしれない。15件のカスタマーレビューには、効果があった事例が書き込まれていたので、一応カラスが近づいても反応しなかったと考えた。機械の取り付け位置が低かったのだろうか。そこで、センザーをごみ袋より上から反応させるようにした。これで効果がなければ、この機器の能書きは嘘なのだろうと諦めるしかない。都会のカラスは泣かないでごみ袋に近づいて来る。鳴き声で、自分の存在が知れる危険を防いでいるようだ。カラスは、本当に頭の良い鳥なのに、これほどまでに嫌われることが可哀そうだ。色が黒いと不吉で損なのだろうか。そういえば女性でも、色の白いは七難隠すという。これは、色白の女性は顔かたちに多少の欠点があっても、それを補って美しく見えるという諺だ。その上美人ならば更に得だ。多少お頭がゆっくりでも、誰も咎めることはない。彼女の美しさで補ってしまうからだ。性格の悪さも同様だろう。多少、腹が立っても、可愛い顔を見れば癒される。そして、玉の輿ともなれば一生楽をして暮らせる。悲しいかな、これは人間にも当てはまるから、整形美容や人種差別などの問題が起きる。頭でわかっていても、言動は制することが難しい。愚生の知り合いの女性でも、結婚前はおしろいを塗りたくり、眼鏡を外して、長い髪の毛を伸ばしていた。ところが、結婚したと途端に、眼鏡をかけ、ショートヘアのパーマで、薄化粧にしたために膚が色黒なことが分かった。これでは、詐欺ではないかと相手の男性に同情した。

|

« スピンオフ作品『ザ・グッド・ファイト』 | トップページ | キャッシュレス決済の業者が乱立 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スピンオフ作品『ザ・グッド・ファイト』 | トップページ | キャッシュレス決済の業者が乱立 »