« 空き部室ばかりの家は老夫婦と老猫一匹 | トップページ | 帝国主義を切り抜けてきた国は日本だけだ »

2019年8月 6日 (火)

両班と犬扱いされた奴隷がいた古代国家

Pol1908050003p1 立民の枝野幸男代表は、慰安婦少女像などの展示中止に「表現内容の評価はいろいろあるにしても、やめさせるということはあってはならない」と批判した。しかし、事実でもないことで日本を貶める事を、表現の自由と言って許してよいのだろうか。立民といえば、政権政党だった時の尖閣諸島の事件を忘れてはいないだろう。自分のことを棚に上げて言う奴が多すぎる。今回の少女像が、国内の美術館やイベントで、撤去や公開中止となったのには理由がある。そもそも、多くの反対があったにも関わらず、大村秀章愛知県知事が展示を強行したことが発端だ。これまで、日本は韓国の一方的な主張を大人の態度で容認してきた。それに突け上がる形で、韓国は海産物の輸入規制、さらには元徴用工への賠償問題など次々と問題を起こしてきた。日本政府が「ホワイト国」から韓国を除外する前から、すでに韓国経済の先行き見通しは悪化していた。それに輸出手続き見直しが加わると、韓国の景気先行き懸念は更に高まる。少なくとも、リスク管理の観点から韓国以外からの二国購買になるだろう。当然、それに伴い韓国の半導体の独占は崩れる。台湾や支那は満を持して待っているだろう。いずれは、韓国世論も文大統領の政策の限界を再認識するだろう。すでに韓国の経済界には文政権の対日政策を懸念する者は多い。韓国では、日本製品の不買運動や渡航キャンセルが相次いでいる。政府が音頭をとってやっているのだろうか。一方、日本では、外務省は韓国への渡航・滞在予定者に対し、反日デモへの注意を呼びかける「スポット情報」を出した。日本の統治からの解放を祝う光復節も迫り、日本人観光客のトラブルを避けるためだ。日本人は、表だって言わなくとも韓国製品は買わない。その証拠にサムソンのスマホ、現代の自動車、LGのテレビなどまったく日本では売れない。日韓お互いに仲が悪いのだから、隣国だからと付き合わないことが最善だ。そもそも朝鮮・韓国において、古に国民などとい階層が存在したのだろうか。国として独立というか支那から切り取られたのは、日清戦争によってだ。それまで、高麗や李氏朝鮮は、支那の冊封体制の中の一地方でしかなかった。それは、支配階級の両班と犬扱いされた奴隷がいる古代国家だ。15世紀に李氏朝鮮の世宗が「訓民正音」の名で公布したとされる、チベット文字から作ったハングルなど普及していなかった。奴隷に文字など無用だったからだ。日本併合によって、奴隷が解放された。その結果生まれ国民の識字率を挙げるために、発音記号のハングル文字を普及させた。歴史を正しく学ばない半島人とは、金輪際付き合いたくないものだ。いずれにしても、こんな危ない時期は韓国旅行を避けて、親日の台湾への旅行がいい。それでも韓国に行きたいという理由が在るとすれば、それは特別な過去を持つ日本人なのだろう。

|

« 空き部室ばかりの家は老夫婦と老猫一匹 | トップページ | 帝国主義を切り抜けてきた国は日本だけだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

支那・朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空き部室ばかりの家は老夫婦と老猫一匹 | トップページ | 帝国主義を切り抜けてきた国は日本だけだ »