« 地方の住宅地は、これからも下がり続ける | トップページ | 楽をして儲かる話などあるはずはない »

2019年9月21日 (土)

親の見栄のために苦しむ娘

Photo_20190921091201 韓国の世論調査機関「韓国ギャラップ」が20日に発表した調査結果によると、文在寅ムンジェイン大統領の支持率は40%。2017年5月の就任以来で最低だった。不支持率53%も、これまでで最高となった。散々日本への嫌がらせで点数を稼いできたが、とうとう種がつきて馬脚を現したようだ。娘の不正入学疑惑などのスキャンダルに見舞われた同じ穴の狢のチョ・グクを法相に任命したことが影響したようだ。ただ、愚生にはチョ・グクの娘が気の毒に思えてしょうがない。不正入学で合格したとしても大学生活は苦痛だろう。その証拠に、何度か落第していて、折角の青春を楽しむ余裕はないようだ。韓国の学歴社会の弊害は著しいのだろう。ずいぶん昔のことだが、大阪大学医学部に不正入学した娘が中で留年していたことあった。やはり学力を伴わないと、授業についていけないのだろう。推薦入学でも同様だ。親の見栄で推薦枠を利用して入学しても、実力が伴わないなら就職試験に受からない。結局、受けた教育が無駄になってしまう。愚生も進学校にいたせいで、モチベーションを失くした時期もあった。たた、その時の経験が生きて後々日々の研鑽に役立った。人は挫折から学ぶものが多い。人生をトータルで見れば、「最後に笑う者が一番よく笑う」とは、よく言ったものだ。愚生の人生を振り返ってみると、挫折や失敗の中から学ぶことが多かった。それにしても、親の見栄のために苦しむ娘は哀れだと同情する。愚生の周りにも、よく散見することが多い。

|

« 地方の住宅地は、これからも下がり続ける | トップページ | 楽をして儲かる話などあるはずはない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地方の住宅地は、これからも下がり続ける | トップページ | 楽をして儲かる話などあるはずはない »