« 巨人というより狂人と書いた方 | トップページ | 人生に美学を持つならそうすべきだ »

2019年12月 6日 (金)

AIの発達で安心して家の中にまで配達

N19 アマゾンジャパンは2020年に、希望者に対してネット通販の荷物を玄関前などに置く「置き配」を全国展開するという。愚生の地域では、既にアマゾンデリバーが実施している。どうも、再配達の負担は、宅配会社には大きいようだ。置き配はネット通販市場が日本の5倍の米国、14倍の中国では一般的だそうだ。アマゾンでは、商品の注文時に置き場所を選べる。しかし、置き配指定にすると荷物がいつ届けられるかわからない。そういうこともあって、愚生は必ず時間指定の宅配を選択する。ただ、独り身であれば、なかなか受け取るタイミングがないから置き配もしかたがないのだろう。雨に濡れた場合や盗まれた場合の補償はどうなるのだろうかと気になる。アマゾンでは、日本郵便が持つ国内24千局の郵便局のネットワークを活用して全国に広げるという。日本郵便は今年3月、宅配大手で初めて置き配サービスを導入した。しかし、荷物の盗難や破損があった場合の補償問題がネックになり、利用は広がっていない。愚生が危ぐする問題は、既に如実に表れているようだ。そのため、日本郵便が配達した後にアマゾンの荷物の盗難や破損があれば、アマゾンが消費者に商品の再送や返金などで対応するという。そうは言っても、宅配便にある配送伝票などの個人情報はどうするのだろうか。まだまだ課題が多く、置き配が普及するかどうかは先が見えない。ネット通販の利用が増えて4年連続で過去最高を更新している。それと同時に、再配達も増えるだろう。20194月のヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手3社の再配達率は16%と前年から1ポイント上昇した。特に、都市部は18%と高い。受け取る側からすれば、宅配のほうが便利なため、駅などに設置した宅配便ロッカーやコンビニ受け取りなどは使用しない。宅配荷物の6%しか利用されないというから、自宅への配達ニーズは強い。特に、重い物など運ぶのが大変だから、老人でなくとも宅配を使う人は多い。広島県廿日市市で取り組んだ置き配の実証実験では、20%超だった再配達率が10%に下がったという。田舎の方は、宅配業者に配慮して再配達が減ったのだろう。しかし、古いアパート暮らし若者は、そういう配慮はしない。不要不急のものなど、わざわざ置き配にするとは思えない。紛失や汚れの後処理の時間が、馬鹿にならないからだ。そう考えると、利用者は今まで通り、荷物を受け取る時間に自宅に待機したほうが楽な気もする。先行する米国では置き配が当たり前なので、宅配物の盗難被害は非常に多い。アマゾンは盗難された商品については、同一商品の再配達や返金をしているという。盗難を防げば、アマゾンにとってコストでもサービス改善でもよい影響があるだろう。生鮮食料品を注文するなら、家の前に放置ではなく冷蔵庫に入れてほしいだろう。いずれは日本でもスマートロックを活用し、家の中まで配送するサービスを提供されるかもしれない。AIの発達により防犯カメラを活用すれば、安心して家の中にまで配達を頼める。もう遠くない時期に、このような時代が来るような気がする。愚生もアマゾン依存になっているが、アマゾン株が上がることとは別の話だ。今日の大引けに、しびれを切らしてアマゾン株を一部損切りして、マイクロソフト株に切り替えた。アマゾン株には、将来に大きな期待をする。しかし、期待が大きいからだろうか。何時も割高な気もする。

|

« 巨人というより狂人と書いた方 | トップページ | 人生に美学を持つならそうすべきだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巨人というより狂人と書いた方 | トップページ | 人生に美学を持つならそうすべきだ »