« 不動産屋は物件の取引が成立していない | トップページ | 石油減産合意、火の無い所に煙は立たぬ »

2020年4月 2日 (木)

実家を整理するので1円で売りたい

昨日、ユーチューブにある楽待サイトで、アパート購入で2000万円もの値引きに成功した事例があった。群馬県館林市にあるアパート物件を指値で値引きさせた事例だ。投資家は、愚生と同じ町に住んでいるという。ずいぶんと遠い物件だと感心してみていた。舘林といえば、愚生の友人が実家を整理するので、家のゴミ込みで1円で売りたいと言っていた。愚生は不動産という物自体に興味がないため、それほど羨ましいとは思わない。遠くの物件を所有すれば、将来の管理や売却が大変だ。日ごろから、カミさんに面倒なことは整理しておいてくれと頼まれている。いくら安いと言っても、触手を動かす気にはなれない。ところで、そろそろ武漢ウイルスも落ち着いて来たかと米国株を少し購入したが、いきななりダウ30種平均が1000ドル近くも下落した。どうもトランプ大統領が、武漢ウイルス感染による米国の死者数が拡大すると言ったことが原因だという。後付けらしい言い訳だが、実際はどうなのだろうか。結局、主要3指数が4%超下落して引けた。予想ではS&P500採用企業は、第1四半期に利益が4.3%減少し、第2四半期は10.9%の大幅減になるとう。そのせいで、この日は高配当で比較的安全とされるセクターの銘柄も売られた。高みの見物の愚生は、航空業やクルーズ運航業などは大変だと同情する。愚生ごときでも、今年の旅行はすべてキャンセルした。当分、パーフォーマンスが行き過ぎる都知事の言う通りに、外出をしないように努める。少子高齢化の日本で、年寄りには何が一番良い資産かと言われれば、現金や金地金ではないだろうか。日本円も心配なら、米ドルやキャシュフローが多い会社の米国株かもしれない。いずれにしても、武漢ウイルスは東京オリンピックまでには終焉するだろう。そう思えば、一年間黙って持ち続けることができる今安値の物がよい。いずれは花が開くだろう。他人事だが楽待に登場した投資家は、いずれ人が減った時に地方でのアパート経営をどうするつもりなのだろうか。安く買い叩いて表面利回り20%で、資金を5年くらいで回収する腹積もりなのだろうか。

|

« 不動産屋は物件の取引が成立していない | トップページ | 石油減産合意、火の無い所に煙は立たぬ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不動産屋は物件の取引が成立していない | トップページ | 石油減産合意、火の無い所に煙は立たぬ »