« キャシュフローに窮して営業は続けた | トップページ | 法治国家を終わらせた安倍長期政権 »

2020年5月12日 (火)

少年老い易く、学成り難し

Rittermind_z0572_4
ここのところ、インターネットへのアクセスが非常に遅くなった。アクセス速度を計測してみると90Mbps位だから、以前と転送速度は変わらない。どうも、アクセスするサーバーの負荷が重くなって、遅くなったようだ。テレワークで家にいる時間が長くなった。その結果、多くの人が興味のあるサーバーに長時間アクセスするからだろう。社内からのアクセスであれば、トレースが取られている。しかし、自宅の端末からならアクセス制限がないため、無制限に見放題だ。そのせいもあるのだろう。ネット証券に口座を開く人が急増しているという。愚生が口座を開いたのは、15年以上も前だ。当時、今のSBI証券は、Eトレードという名称だった気がする。野村証券から口座を変えて、手数料が大幅に安くなって感激したことを覚えている。その後、長い間株式投資をしているが、成果は上がらないで時が過ぎていく。つくづく世の中は甘くいないと、再認識させられる。神様でない限り、一勝一敗が常だろう。あとは、損切と利確の繰り返しで、少しずつ稼ぐしかない。愚生は基本的に、自分の専門分野だった米国インターネット関連企業にしか投資しない。特に勤務していたF社の株などは絶対に買わない。しかしながら、株が上がるのは可笑しいと思い、F社株を空売りした時は、踏みあげられて大損した。世の中、事情をよく知っていてもこのようなものだから、株式投資で儲ける事は容易でない。今回、先物原油の投資信託でも、Contango(コンタンゴ)「期先の限月の価格が高く、期中、期近と受渡し期日までに残された期間が短くなるほど価格が安い状態」について、改めてその重要性を再認識させられた。老いても学ぶことは多い。そう思うと、中学時代に諳んじた漢詩が頭に浮かぶ。
少年老い易く 学成り難し
一寸の光陰 軽んず可からず
未だ覚めず池塘 春草の夢
階前の梧葉 已に秋声
愚生の人生も、当にこの漢詩の通りだ。秋風が吹いて、人生は終わりに近づこうとしている。

|

« キャシュフローに窮して営業は続けた | トップページ | 法治国家を終わらせた安倍長期政権 »

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャシュフローに窮して営業は続けた | トップページ | 法治国家を終わらせた安倍長期政権 »