« 米株式市場上場を制限する法案 | トップページ | 恐ろしいことは意見をする人がいなくなる »

2020年5月28日 (木)

ツイッターでは「#安倍辞めろ」が1位

2019041100121838roupeiro00015view
最近、安倍晋三首相の言葉聞くと、嘘や大風呂敷が交じっていることに腹が立つ。黒川氏の賭け麻雀問題でも、森法相や検事総長の発言から官邸主導の大甘処分だったことは明らかだ。それを、ぬけぬけと息を吐くように嘘をつく。成蹊大学を裏口卒業した安倍首相は、国民は馬鹿だと思っているのだろうか。世の中を甘く見過ぎている。こうした傾向は振り返れば、今に始まったことではない。この7年間、首相とその周辺は、嘘に嘘の上塗りを重ねてきたのではないか。しかし、そろそろ塗り固められたはずの嘘がはげ落ちてきた。桜を見る会問題で、安倍首相は「私は招待者の取りまとめには関与していない」といっていた。その後、安倍事務所が後援会関係者に参加を呼びかけていた文書が発覚して関与を認めた。この時、野党議員が招待者名簿の提出を要求したその日に、内閣府は名簿の原本をシュレッダーにかけ、電子データも後に消去したと説明した。安倍首相自身の政治資金問題では、桜を見る会の前夜、安倍後援会主催で開かれた恒例の「前夜祭パーティ」の収支が政治資金収支報告書に一切記載されていない。野党からパーティの明細の提出を求められると、「明細書の発行は受けていない」と拒否した。ところが、会場のANAホテル側は、野党議員やメディアの取材に、「主催者に対して明細書を提示しないケースはない」と回答した。なぜ半島人のように嘘をすらすらとつくのだろうか。思い出せば、北朝鮮の拉致被害者問題でも「必ず拉致問題を安倍内閣で解決する」と言ったが、未だに実現していない。プーチン露大統領との二島返還交渉も、足元を見られてゼロ島になった。これまで安倍首相が掲げた標語で実現したものは、あるのだろうか。「デフレ脱却/三本の矢/女性活躍/地方創生/一億総活躍/働き方改革/」どれも耳ざわりは良いが、定年延長で年金の普及を遅らせる狙いが透けて見える。もっとひどい話は、籠池夫妻は安倍昭恵夫人と出会わなかったら逮捕されなかった。ほかにも財務省近畿財務局の赤木俊夫氏も文書改ざん音大で自殺した。改ざん前の文書には昭恵夫人の名前が繰り返し出ていた。そして、自殺した赤木さんの上司の佐川局長は出世している。また、安倍内閣ではお友達議員が次々に大臣になって出世した。ツイッターでは、『#安倍辞めろ』がトレンド1位になったというが、愚生も納得がいく。長期政権だった小泉純一郎は、5年半の任期中に「郵政改革」。中曽根康弘は5年で「国鉄民営化」。佐藤栄作は7年半で「沖縄返還」を実現した。歴代最長政権の安倍晋三は何をしたのかと問われれば、嘘ばかりついて成果は全くない。

|

« 米株式市場上場を制限する法案 | トップページ | 恐ろしいことは意見をする人がいなくなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米株式市場上場を制限する法案 | トップページ | 恐ろしいことは意見をする人がいなくなる »