« 法治国家を終わらせた安倍長期政権 | トップページ | 無責任政治家ばかりでは困る。 »

2020年5月14日 (木)

愚生も低金利は大歓迎だ。

Souden
13日の米株式相場は、FRBのパウエル議長が武漢ウイルス対応による米経済への長期的な打撃を警告したため、売り材料となり続落した。米政府の統計で原油在庫の減少が示されたものの、市場では需要と景気の回復見通し悪化がより材料視され、ニューヨーク原油は反落した。そのせいもあって、S&P500種株価指数は3週間ぶり安値をつけた。航空需要は少なくとも、2025年までパンデミック前の予想を下回るとの予測で航空株は大幅安となった。S&P500種は前日比1.8%安の2820.00。ダウ工業株30種平均は516.81ドル(2.2%)安の23247.97ドル。ナスダック総合指数も1.6%低下した。トランプ米大統領は13日、パウエルFRB議長について、良い仕事をしているが、マイナス金利については意見が合わないと語った。どうもパウエル議長は、マイナス金利には反対のようだ。トランプ大統領といえば、不動産屋だから金利は低ければ低いほど良いと思っているのだろう。その点、愚生も株式にお金を入れている手前、低金利は大歓迎だ。ただし、ドル円があまり円高にならない程度でお願いしたい。どうも、愚生のように世界の景気動向より、自分の懐加減で物を言う輩が多い。ポジショントークとよく言うが、株式評論家やファンドマネージャーなどは、特にその類が多い。そういうわけで、愚生は株屋連中のいう事は信用しないことにしている。ところで、愚生宅近くの売地がいっこうに売れない。他人ごとだと思っていたが、少し気になったので調べてみた。どうも高圧線下で地役権が設定されている。高圧線下は土地評価でも減価が行われる。高圧線下の「家屋の構造用途等に制限を受ける場合」は30%とあるから、買方は3割引きを主張する。土地バブルの時なら気にせずに買う人もいるだろうが、不動産業者なら買わないだろう。賃貸アパート建設なら未だしも、建売リ住宅では買い手がつくか疑わしい。愚生が履修した高電圧工学では、電磁誘導を常時感じると生殖器に異変が起きて子供が生まれにくいと言っていた。その証拠に、電力会社勤務の人は子供がいない夫婦が多いらしい。ただし、愚生が検証したわけではない。そして、その教授の授業はいい加減な内容だったので、あまり信ぴょう性はない。大学の先生などは、親方日の丸でいい加減な連中が多い常々思っている。

|

« 法治国家を終わらせた安倍長期政権 | トップページ | 無責任政治家ばかりでは困る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法治国家を終わらせた安倍長期政権 | トップページ | 無責任政治家ばかりでは困る。 »