« 対応の遅さは東日本大震災の無策 | トップページ | 21世紀の近代国家と呼ぶには相応しくない »

2021年1月 7日 (木)

野村克也クラウドファンディング達成

6e478663c68a6f5f8926603f7bc8c50d
「おかえり!ノムさん大阪球場(なんばパークス)に。」のクラウドファンディングも残り4日となった。令和2年2月11日に急逝した野村克也さん(享年84)を、南海ホークスメモリアルギャラリー(大阪球場跡地「なんばパークス9階」)に名前を刻むプロジェクトだ。ミスター南海ホークスの野村克也の名前がないのは不思議だが、愚生は本人の不徳の致すところだと思う。愛人(当時)の佐知代夫人のことで、南海から解任されたことで、確執があったからだ。しかし、江本孟紀が発起人となって、死後一周忌に合わせ立ち上げた。当初は、2,000万円が目標だったが早々と達成した。そこで、ネクストゴール3000万円を目標にした。その3000万円も数日を残して達成してしまった。現在は、30,408,872円、達成率152%、支援者数、1823人にもなっている。月見草だと悪びれていた本人も、意外と人気があったことに草葉の陰から驚いているだろう。
【当初2000万円では】
①パネルを一新し野村克也氏の名前を残す
②ガラスケースを追加し南海時代の野村氏を偲ぶ展示物を飾る
③館内で放映するVTRも新たに制作します
【ネクストゴール3000万円では】
①ギャラリーの外装をリニューアル!
 野村克也氏はもちろん、南海ホークス、大阪球場を偲ぶことができるように一新
②館内放映用VTRの追加制作&映像スイッチング機器の導入
 当初予定の1作品だけでなく、
 1.「野村克也ヒストリー」
 2.「栄光の南海ホークス」
 3.「さようなら大阪球場」
 4.「南海ホークスの歌特別版 アニメバージョン」
の計4作品を制作するという。
南海ファンは貧民層だと思っていたが、予想に反して多額の寄付金が集まった。愚生は南海ファンのみならず、ホークスファン(ソフトバンク)からも支援があったのだろうと思う。南海と違いソフトバンクは金満チームのためファン層も厚いだろう。これだったら、愚生が目一杯、クラウドファンディングの初日に寄付することはなかった。大した金額ではないが、南海ホークスメモリアルギャラリーに「支援者プレートの記名権」と「野村克也の名言の入ったバット」を選んで寄付した。どちらもOUT OF STOCKというから人気があった返礼品のようだ。ただ、メモリアルギャラリーのプレートは、売買できないから本当の意味での寄付だろう。しかし、バットの方は愚生の死後に、貰った人がヤフオクで売ってしまうような気がする。記念バット(48本)は本数限定品だから、どのくらい価値があるかはわからない。たま、愚生が思うに、安かった記念ボール(約700個)などは、かなりの数が古物商の寄付ではないだろうか。いずれにしても、2021年2月14日(日)に南海ホークスメモリアルギャラリー改装・記念式典が実施されるというから、大阪に行く機会があったら覗いて来ようと思う。愚生は未だにホークスファンではあるが、今の強いソフトバンク・ホークスには、当時の熱い思いはない。

|

« 対応の遅さは東日本大震災の無策 | トップページ | 21世紀の近代国家と呼ぶには相応しくない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対応の遅さは東日本大震災の無策 | トップページ | 21世紀の近代国家と呼ぶには相応しくない »