« 「天皇陛下」を「日王」と侮蔑 | トップページ | 可能な限りクラウドに移行する傾向が続く »

2021年1月25日 (月)

武田信玄の旗印「風林火山」

Huurin_4c
今週から米株式市場では、アップルやマイクロソフト、フェイスブックなどのハイテク企業の決算が発表される。ここ数か月は銀行やエネルギー株が買われ、これまで市場をけん引してきたハイテク株やグロース株は閑散としていた。そういう訳で、愚生などは今回、ハイテク株やFANG株の決算に期待している。決算次第では、ハイテク株がもう一度市場の主導権を取り戻す可能性がある。昨年末は、武漢ウイルスのワクチンによる景気回復で、バリュー株や景気循環株が買われてきた。しかし、大手銀行が期待外れのさえない業績見通しを発表していることで失速気味だ。一方で、動画配信サービス大手ネットフリックスは、決算が好調で株価が17%も上昇した。そのため、グロース株からバリュー株への転換してきた動きが止まりつつある。今度はグロース株が復活し、バリュー株や景気循環株の上昇に終止符が打たれる可能性もある。いずれにしても、今週のハイテク株やFANG株の決算が気になる。米国のことは分からないが、日本市場は当分の間、クラウドサーバーなどの巣籠需要が大きいだろう。Amazon(AWS)やMicrosoft(Azure)などの業績に、ぶれはなく好決算を期待したい。愚生は、武田信玄の旗印「風林火山」という言葉が好きだ。これは、孫子の兵法(軍争篇)に書かれている言葉だ。「ソノ疾キコト風ノゴトク、ソノ徐カナルコト林ノゴトク、侵掠スルコト火ノゴトク、動カザルコト山ノゴトシ」という意味だ。武田信玄がこの4文字をとって「風林火山」を旗印としたのは有名だ。愚生は株式投資も「風林火山」と共通する部分があると思う。特に、信念を持って「動カザルコト山ノゴトシ」という、長期見通しで振れない姿勢で投資しなければ、大きな利益は入らないと思っている。インターネットの5Gへの突入と高速度での情報量の拡大は、いずれクラウドサーバーを牛耳っている企業に莫大な利益をもたらすと思うからだ。

|

« 「天皇陛下」を「日王」と侮蔑 | トップページ | 可能な限りクラウドに移行する傾向が続く »

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「天皇陛下」を「日王」と侮蔑 | トップページ | 可能な限りクラウドに移行する傾向が続く »