« アマゾン株、5000ドル程度にまで上昇? | トップページ | データーセンターが将来不足 »

2021年5月 1日 (土)

消えたワクチンは何処にあるのか

F4uuf9ai
日本政府は、国内ワクチン接種の遅れについて、供給上のボトルネックが理由の一つだと指摘してきた。しかし、EUは26日、ファイザーやモデルナの製品を含め、EU域内の施設で製造されたコロナワクチン約5230万回分の日本向け輸出が承認済みだと明らかにした。EUからワクチンが出荷された43カ国の中で最も多い量だとの発表だ。これでは、菅政権のこれまでの説明と大きく食い違う。日本向けワクチンが大量に存在するのに、ワクチン接種がされていないことになる。ワクチントラッカーによれば、接種を受けた日本国民はわずか1.3%とOECD加盟国37カ国で最も低い。(米国は37%、英国は約36%)一方、河野太郎行政改革担当相(ワクチン担当相)は、日本に届いているファイザー製ワクチンは約2800万回分だと説明した。しれが事実だとしても、愚生の住む東京都町田市では、未だに高齢者のワクチン接種はされていない。また、接種券も届いていない。いったい輸入したワクチンはどこへ消えたのだろうか。政府関係者や一部の選民された人が先行してワクチンは接種しているのだろうか。または、オリンピック・パラリンピック用にワクチンを備蓄しているのだろうか。ツイッター上では、アナリストや医師、野党政治家が「ワクチンはどこにあるのか?」と問題視している。本件に対して菅政権は真摯に答えるべきだ。また、石原伸晃のように、抜け駆けしている政治家がいるのではないだろうか。そして、ワクチン認可プロセスについても、未だにモデルナが承認されていないなど、数カ月前から判っていたことが対処できていない。菅内閣に緊急時の当時者能力がないことに飽きて果てる。消えたワクチンは何処にあるのか、腹立たしいというより呆れてものが言えない。どうも、日本のワクチン接種の遅れは、菅政権の担当能力の無さが原因だ。ところで、昨日の棋聖戦挑戦者決定戦は渡辺名人の逆転勝ちだった。やはり、永瀬王座より渡辺名人の方が一枚上手なのだろうか。前半、永瀬王座がリードしていたから残念な結果だ。三浦九段冤罪事件から、愚生は渡辺名人の人間性を含めて好きになれない。藤井棋聖には、棋聖戦で返り討ちにすることを期待したい。

|

« アマゾン株、5000ドル程度にまで上昇? | トップページ | データーセンターが将来不足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマゾン株、5000ドル程度にまで上昇? | トップページ | データーセンターが将来不足 »