« 誰が何の権利で五輪開催を強行? | トップページ | 医師の倫理観欠場は甚だしい。 »

2021年5月25日 (火)

馬鹿の一つ覚えに「安心・安全」を唱える

1233
ソフトバンクの孫正義CEOは、東京オリンピック開催で、「失われる国民の命や、GDPの下落、国民の我慢」などの意義について疑問を呈した。また、米国務省はワクチン接種が進まない日本への渡航中止を勧告した。ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は1億6700万人、死者数は346万人をそれぞれ上回った。菅首相やIOCのバッハ会長は、一体何を考えているのだろうか。オリンピック開催のためなら、日本で新型コロナが蔓延し、多数の国民が死んでいくことなど屁とも思っていないようだ。国民の命を最優先にしない菅首相に、今の職を全うする資格があるのだろうか。馬鹿の一つ覚えに「安心・安全」を唱える。しかし、これまでの失政を見てきた国民は彼を信用しない。その証拠に、支持率が31%まで下がった。菅が何を言おうと愚生は信用する気にはなれない。ワクチン接種のスケジュール調整にしても、嘘を重ねて詭弁を繰返してきた。何故、実態を正直に言わないのだろうか。自分の失政を認めるのが嫌なのだろうか。そして、今の状況下でオリンピック開催を叫ぶなど、馬鹿としか言いようがない。大会組織委員長の橋本聖子も同罪だ。彼女に良心があるなら、潔く組織委員を辞任するとか、大会中止を進言すべきだろう。新型コロナの蔓延で死亡した人たちの死因は、菅首相だとは言わない。しかし、今後感染が拡大するなら、全ての責任を取るべきだ。平井デジタル相は、誇らしげにパンデミックでもオリンピックが開催できると言う。このような馬鹿にデジタル相を任してよいのだろうか。人が死んでいく戦時下にオリンピック開催など、何を考えているのだろうか。政府の面々は、クズ人間ばかりしかいない。

|

« 誰が何の権利で五輪開催を強行? | トップページ | 医師の倫理観欠場は甚だしい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰が何の権利で五輪開催を強行? | トップページ | 医師の倫理観欠場は甚だしい。 »