« 人びと西に走らば我は東 | トップページ | パウエルFRB議長の2期目続投 »

2021年8月22日 (日)

目標株価に更に15%程度上値余地

Office36502
クラウド・インフラストラクチャ・サービスの世界最大のプロバイダーアマゾン・ドット・コムのAWS(Amazon Web Services)だ。調査会社Canalysによると、第2四半期のAWSの市場シェアは31%だった。そして、マイクロソフトは22%の市場シェアで2位だった。その他の主要なクラウドプレーヤーには、Alphabet(GOOGL)ユニットのGoogle Cloud Platform、中国のAlibaba(BABA)およびTencent(TCEHY)がいる。クラウドインフラストラクチャサービスへの企業全体の支出は、第2四半期に470億ドルに達し、前年比で36%増加している。こう考えると、金額的には毎年36%程度の成長が見込まれる可能性がある。即ち、システム構築において独自に企業が抱えるザーバーの置き替えもあるだろうが、サーバー管理体制の費用を軽減する意味もある。しかし、新規システムでもない限り、全てをクラウドサービスに置き替えることには無理があるだろう。クラウドプレーヤーの中で、アリババやテンセントが含まれているが、いずれはセキュリティが怪しい中国企業は排除されるだろう。そう考えれば、上位3社で60%以上寡占が更に進むような気がする。クラウドサービスの効率化という観点から見れば、市場シェアが大きいことが一番大きくコストに反映されるからだ。ところで、Microsoft365およびOffice365スイートのサブスクリプション価格を引き上げると発表した。ただし、Microsoft 365 Business Premiumの価格が20ドルから22ドルに上昇し、Office 365 E5のプレミアム階層が35ドルから38ドルに上昇しているため、消費者はそれほど困惑していないという。一方、投資家はOffice365が寡占的状態のソフトウェアのため、損益に跳ね返るため歓声を上げたという。この動きにより、みずほ証券、UBS、ウェドブッシュは、マイクロソフトの価格目標を350ドルに引き上げた。株価も発表後2日間で、約4%程度上昇し304.34ドルと上場来の高値になった。目標株価に更に15%程度上値余地があるため、年末までには350ドルを達成するかもしれない。取らぬ狸の皮算用のポジショントークかもしれないが・・・。

|

« 人びと西に走らば我は東 | トップページ | パウエルFRB議長の2期目続投 »

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人びと西に走らば我は東 | トップページ | パウエルFRB議長の2期目続投 »