« 南海ホークスファンというと | トップページ | ナスダックの調整局面入り »

2022年1月19日 (水)

米国株の影響で日経平均は大幅安

A4902971c4d546b9aadf666524bc02b2
昨日の米株式相場はハイテク銘柄中心のナスダック100指数は2.6%値下がった。アップルやメタ・プラットフォームズといった大型株の下げがきつかった。また、ゲームソフト会社アクティビジョン・ブリザードを約690億ドルで買収すると発表したマイクロソフトも安い。ゴールドマン・サックス・グループの2021年10-12月決算が市場予想を下回ったことも、銀行株の重となった。一方、原油高に支えられ、エネルギー株は上昇した。S&P500種株価指数は前週末比1.8%安。ダウ工業株30種平均は543.34ドル(1.5%)安と、昨年11月以来の大幅安。各中央銀行がこれまでの想定よりも早期の利上げを迫られるとの観測が強まる中、売りが広がったようだ。そのせいなのだろうか、米国債利回りは急伸した。10年債利回り1.87%と上昇。愚生はマンション購入のため、持ち株の三分の一を売却していたので胸をなでおろした。株を売却した時には、安く売ったと臍を噛んだが今から思えばよい時期の利確だった。偶然だったが何が良いか分からないものだと思う。人生終活中の愚生としては、資産としてもっているので当面売買はするつもりはない。米国株の影響で、今日の日経平均も大幅安となっている。株の空売りしている投資家以外は、心安らかな投資家はいないだろう。ところで、ユーチューブを検索していると、お袋が喜びそうな軍歌メドレー曲集があった。愚生の母は歌が好きだったせいか、戦時中に覚えたのだろう軍歌をよく口ずさんでいた。そういう訳で、愚も古い軍歌をよく知っている。軍歌の良し悪しはともかく、最近の歌手と違い歌が上手なのに驚かされる。また、歌詞がはっきりしていて、聞いていてわかりやすい。こういう軍歌に鼓舞されて多くの若者が死んでいったと思うと複雑な気持ちになる。

|

« 南海ホークスファンというと | トップページ | ナスダックの調整局面入り »

株・為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南海ホークスファンというと | トップページ | ナスダックの調整局面入り »