スポーツ

2021年6月19日 (土)

あまりにも悲しい無知な連中ばかり

9_20210619084601
東京都は、新型コロナウイルスについて昨日新たに453人の感染を発表した。先週の435人から18人増え、3日連続で前の週の同じ曜日を上回った。直近7日間平均でみた新規感染者数は389人で先週との比較では100.7パーセントと減少幅がなくなった。20代から40代が全体の7割以上を占めている。インド型変異ウイルスについては19人の感染が発表され、この中には10代の感染者が含まれる。ただ、この感染者数は2週間前の状況のものだ。これで底を打ったのだから感染者数は、今後は徐々に増えていくだろう。この状況下で、緊急事態宣言が解除で良いのだろうか。悪徳政治家連中は、国民の命などなんとも思っていないようだ。菅や小池、尾身もすべて信用のならない連中だ。この惨禍で、東京五輪組織委員会の橋本聖子は、大会の観客数上限について「定員の50%、最大1万人」との政府方針に準じるという。スケート選手でいればよい人で終わったものを、専門家からの批判の中何を根拠に決めているのだろうか。同日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身から「無観客が望ましい」などの提言を受け取ったが、無観客の部分は「スルー」したようだ。いずれにしても、尾身は自らをプロフェッショナルというが、彼は医師ではあるが感染症の専門家ではない。今回の感染症対策の失敗は、対策を尾身のような厚労省の素人医官に委ねたことだ。最近の小池百合子は、オリンピックの開催について何も発言しない。これでは、次の都議選で東京都民ファーストなど生き残るとは思えない。東京都民を犠牲にオリンピックを開催して、小池は何か得るものがあるのだろうか。なし崩し的に、エビデンスもなく非科学的に決定していく様からは、菅や安倍という浅ましい人間の本性が見える。愚生と同じ年代の尾身も同様だ。自治医大入試では、人生を地方医療に捧げると志願しておきながら、厚労省の医官になって宦官の世界に入った。そして、政治家の提灯持ちをしたが、素人が感染症対策の旗振りをしたため失敗し、多くの感染症の専門家からは厳しいバッシングを受けている。今回は己の責任回避のために、無観客を提言しているだけだろう。そして、感染症の専門家でもないのに、「五輪会場内の感染リスクは抑えられる」と発言している。愚生が思うに、菅は衆議院の解散後の己の政治生命しか頭にない。小池は、都議選後の自身の権力への野望だけだろう。あまりにも、悲しい無知な連中だ。自分の親しい人たちが、新型コロナで命を落とせば、多少なりとも惨禍を直視できるのだろうが。いずれにしても、オリンピックの開催の可否が検討もされていない。感染が広がって、多くの国民が命を落とした後では取り返しはつかない。

 

| | コメント (0)

2021年5月24日 (月)

誰が何の権利で五輪開催を強行?

3_20210524093001
昨日、ソフトバンクの孫正義CEOは、東京オリンピック開催についてツイッターに投稿した。ワクチンの普及が遅れている日本では、オリンピック開催で「変異株が蔓延し、失われる命や、GDPの下落、国民の我慢を考えるともっと大きな物を失うと思う」と懸念を示した。愚生も全く同感だ。頭のおかしい菅首相は、一体何を考えているのだろか。自分の政権延命のためなら、国民の命や国益などなんとも思っていない輩だ。死んだ魚のような眼をして、安全・安心と口先だけでお題目を唱える。このような無能な首相に日本の未来は託せない。自民党は、もう少し真面な政党かと思っていたが失望させられた。立民と同様に自浄能力もない不要な政党だ。孫氏は、国民の大多数が開催延期か中止を希望している中で、「誰が何の権利で開催を強行するのだろうか」と疑問を投げかける。誰(菅)が何の権利(自分政権延命という私欲)で開催を強行するのだろう。楽天の三木谷浩史CEOも、米CNNテレビのインタビューで、東京五輪開催は「自殺行為だ」と菅首相を批判している。息子の贈収賄疑惑も含めて、安倍元首相と同様に叩けば埃だらけの人物だ。秋田に帰って百姓でもしていろと言いたくなる。ワクチン接種にあたっても、自衛隊の動員や唐突な7月末までの接種完了など、事前の準備もなしで口にする。自分の願望をいくら言ったところで、物理的に無理だろう。その証拠に、ワクチンの高齢者接種をめぐり、都市部を中心に予約が停滞している。7月の完了に向けて接種計画を前倒しと叫んでみても、受付や日程調整に対応できない市町村が目立つ。例えば、東京都練馬区などは、未だに接種券も届いていない。接種券がなければ、大手町での大規模集団ワクチン接種も受けることができない。そもそも、練馬区は予約殺到などの混乱を避けるため接種券の送付を75歳以上から開始した。そのため、65~74歳は5月25日に発送するという。それでは、今週の東京の予約枠にも間に合わない。そして、荒川区も同様だそうだ。いずれにしても、ファイザー製ワクチンでは1回目の接種から20日間空けて2回目を打つ。とすれば、7月末までに終えるには1回目を7月上旬に接種しなければならない。横浜市でも、間に合わないため高齢者の集団接種について7月12~25日に1回目を接種する予約枠4万6千枠分を取りやめた。その代わり、5月31日~6月27日分の追加枠として2万人接種を設けた。総務、厚生労働両省は、高齢者のワクチン接種終了の時期を「7月末まで」「8月中」「9月以降」いずれかで尋ねた。調査では、全国1741市区町村の92.8%が「7月末まで」と答えた。しかし、これは医療従事者の確保などを前提とした計画も含まれる。総務省の担当者も努力目標であって確実に遂行できるというものではない。要するに、絵に描いた餅の願望であって実効性は伴わない大本営発表だ。ワクチン接種や新型コロナの感染防止について、政府はこれまでも失政を隠すために嘘を重ねてきた。無能でも務まる政治家は、少しはビジネスの世界で成功した識者の意見を聞くべきではないだろうか。

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

菅首相は、日本の曹国(チョ・グク)か?

Ettopgtuyaejqw2
韓国電子版新聞で、文在寅大統領に新型コロナワクチンを打った看護師の身元が特定され、圧力や脅迫を受けているという記事があった。いったい、何故、注射を打った看護師が、非難されるのだろうか。文在寅はソウル市内の保健所で、アストラゼネカ社製の新型コロナワクチンを接種した。その様子を撮影した映像がテレビで公開された。ところが、看護師が注射器でワクチンを吸い上げた後、一度パーテーションの裏に入った。そして、再び現れた時には、手にしていた注射器のキャップが閉められていたからだ。このことから、看護師は別の注射器とすり替えて接種した疑惑が浮上した。菅首相も接種したアストラゼネカ製のワクチンは、接種後に血栓ができるなどの副作用のため欧州では一時中止している。そういう理由から、注射を担当した看護師へ疑念が生じて身元をネットユーザーらによって調べられた。特定された看護師へ「本当のことを言わないと許さない」などとの脅迫がなされた。文在寅がどんなワクチン接種をしたかなど、部外者は知る由もないだろう。日本では、このような馬鹿な詮索をする輩はいないから笑ってしまう。ところで、日本では福島県からオリンピック聖火リレーが開始された。米国内で東京五輪の放送権を持つNBCは「リレーの聖火を消すべきだ」と題する記事を掲載した。新型コロナウイルスの世界的大流行のさなか、聖火リレーを行うことはオリンピックの虚飾のために、公衆衛生を犠牲にするという内容だ。愚生も全く同感だ。日本では武漢ウイルス感染拡大の第4波が始まりだした。感染患者が増え始めた今、オリンピックの開催可否はともかく、聖火リレーなどする必要があるのだろうか。NBCの記事では、聖火リレーの出発地に福島を選んだことは「復興五輪」を謳うためだ。しかし、被災地の人は復興の遅れの理由はオリンピック開催だと非難している。東日本大震災の復興の財源は、オリンピック準備のため東京に振り向けられたからだという。そして、いまオリンピックを開催すれば、パンデミックが拡大する可能性もある。実際にオリンピック開幕時期までに、日本の多くの高齢者は新型ワクチンの接種を終えていない。そして、海外から来る何万人もの選手やコーチ記者らは誰もワクチン接種が義務付けられていない。更に、日本人の80%もの国民が中止か再延期を支持している。愚生が不思議なのは、菅首相が国民の生命より自分の権力欲を優先していることだ。自分の息子を接待要員として、許認可が絡む東北新社に縁故入社させるなど言語道断だ。これ一つとっても、自分の利益のためなら国民の命など軽いと見ていることが明らかだ。菅首相の不支持率が多いことは、国民は冷めた目で見ているからだ。菅首相が日本の曹国(チョ・グク)と言われても何ら不思議はない。

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

山下泰裕会長は全ての役職を辞任すべき

2021021600000009nkgendai0003view
今朝の産経新聞で、山下泰裕会長による事件の隠蔽が報じられた。愛知県連の河原月夫会長が親族の子供が負けた結果を不服とし審判に暴言を繰り返し、全柔連から懲戒処分を受けた。しかし、河原氏はその後も県連会長職にとどまり、県連理事会に出席するなどし。コンプライアンス委員会の調査では、河原氏が平成28年に県連会長に就任して以降、不明朗な支出が大幅に増えた。その中には、県連が積み立てていた5千万円以上の定期預金が取り崩されていた。このため、同委員会は「河原会長の辞職と執行部の刷新」を求めた勧告書案を作成し、昨年11月26日の常務理事会で山下会長に対応を一任した。ところが、愛知県連盟の執行部刷新を求めた勧告書案を作成したにもかかわらず、山下泰裕会長が口頭での「注意喚起」のみにとどめ、勧告案を事実上放置していた。今年1月に自己都合を理由に退職した前事務局長のパワーハラスメント疑惑と同様、全柔連の理事会にも経緯を報告しておらず、再び隠蔽をした。産経新聞の報道が事実なら、こういう人物を全柔連会長やIOCの理事にすること自体間違っている。山下会長は柔道の指導者としては最強なのだろうが、頭の中でコンプライアンスとはどういうものか全く理解していないようだ。この山下氏と似たのがオリンピック組織委員長だった森元首相だろう。いずれにしても、コンプライアンス委員会がまとめた勧告書案の大半が放置された事実は重い。その後の全柔連理事会では、勧告書案が作成されたことも説明していないという。愚生が思うに、国民栄誉賞まで頂いた山下氏は柔道家としては立派な人なのだろう。しかし、貴乃花と同様に実技が上手いからと言って組織運営に長けているとは到底思えない。パワハラを内部告発できる環境を実現するには、告発者を守る必要がある。今回の事件だけでなく、オリンピック組織委員会でも同様な不始末をおかしている。餅は餅屋に任せて、柔道の指導をやるべきだ。放置しておけば、いずれは国民栄誉賞の返上にまで繋がってしまう。

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

政府の無策の中、新型コロナの感染拡大が更に進む

0113gorink2_20210321094801
1都3県の緊急事態宣言は、今日をもって解除される。政府は、無症状者のモニタリング検査を都市部で大規模に行うなどして、感染の再拡大防止に全力を挙げるというが、他に対策はないのだろうか。およそ2か月半にわたった宣言は、いったいどんな効果があったのだろうか。こうした中、東京都では、20日まで5日間続けて感染の確認が300人以上となった。政府は、1都3県では新規の感染者数が横ばいから微増の傾向にあると言いながら、緊急事態宣言を解除してよいのだろうか。また、夏の東京五輪で課す観客数の上限について、各会場の収容定員の50%を原則とし、大きな施設では最大2万人の上限を設ける案が浮上している。ただし、現在のコロナ禍の状況では海外から日本への自由な入国を保証することは困難だとして、海外からの観客の受け入れを断念した。すでに海外で販売されたチケットの枚数は、オリンピックがおよそ60万枚に上るという。これらのチケットは今後、払い戻しされる。愚生が思うに、安倍元首相が自分の任期を考えて、根拠なく1年先伸ばしたことが混乱の原因だろう。新型コロナの感染拡大やワクチン接種を考えれば、中止か二年先延ばしが順当だったと思う。変異ウイルスでの感染拡大を考えれば、世界中から選手やスタッフを日本に入国させるなど、とんでもないこといだ。この先、変異株の状況がどうなるか分からない。少なくとも7月までに新型コロナが収まることはない。そもそも、高齢者のワクチン接種が終わるまでは、外国人選手やスタッフの入国は禁止だろう。そう考えると、オリンピック開催は無理なことが容易に分かる。今回緊急事態宣言を開場したことで、感染拡大が続くだろう。国民の安全・安心を考えれば、東京オリンピックは早期に中止にすべきだ。選手やスタッフを入国から出国まで徹底した管理のもとで外部との接触を避け、複数回のPCR検査を行うことが可能なのだろうか。一般の観光客に対策を徹底させることは難しいというなら、外国人選手にも守らすことは容易でない。そもそも、ワクチン接種を大会参加の条件としないなか、選手やスタッフが感染した場合に医療体制が持たない。何故なら、今現在も東京都では、一般人は感染しても入院ができない状態だ。オリンピックをきっかけにウイルスの感染が再拡大することは目に見えている。また、IOC側は日本を含め世界的な企業が名を連ねるスポンサーの関係者などについては例外として考えるよう求めているが、いい加減にしろと言いたい。オリンピック大会の開幕までに、日本国民が接種を完全に終えることはできない。国民の80%近くが大会の再延期または中止を求めているという調査結果を政府やIOCは真剣に耳を傾けるべきだ。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中で、世界中からアスリートが集まって開催するオリンピックの意義があるのだろうか。改めて問われる。国内のスポーツイベントでは、プロスポーツを中心に春の選抜高校野球大会まで開催している。政府の無策の中、今後は新型コロナの感染拡大が更に進むことだけは間違いないだろう。

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

Jリーグは口先だけの理念

D43312366701540 昨日の米国株はハイテク中心に続落した。特に、ナスダックの下げが目立った。一方、米国債は下落し、10年債利回り1.48%と米国債利回りが上昇した。そこ結果、米ドル上昇し、対円では107円付近にまで上がった。米国ナスダック市場は、アップルやアマゾン・ドット・コムといった大手テクノロジー株が大きく下落した。ハイテク株中心のナスダック100指数は2.9%下げて、2カ月ぶり安値となった。米国債相場は下落した原因は、英国債が大きく売られたことや社債の新規発行を多く控えているぁらだという。株と同様に、後付け講釈が多く実際のところはわからない。ただ、パウエルFRB議長の講演を4日に控え、10年債利回りは1.48%に上昇し、インフレ期待は2008年以来の高水準となっている。米国債利回りの上昇が背景に、外国為替市場ではドルが主要10通貨の大半に対して上昇した。ドルは対円で0.3%高の1ドル=10701銭と昨年7月以来の高値を付けた。景気回復が意識される中、金の投資妙味が低下し1オンス=1713.74ドルに下落した。愚生のような暇な輩は、日々株価や金相場を眺めるくらいしか仕事がない。武漢ウイルスの感染拡大禍で、巣籠状態が続くとパソコンに向う時間が自然と多くなる。金融相場などは「風が吹けば桶屋が儲かる」と風評を囃したてるファンド勢が上げ下げを主導する。その結果、時流の成長株などは揉み合いながら時間をかけて上昇する。どうも、ファンド勢は短期の利益を求めるため、相場が変動しないと儲からない。成長株に限らず、金や石油であっても安い時に買って長期保有すれば必ずもうかっていたはずだ。問題は初心貫徹ができずに、途中で損切りや薄利で売ってしまったことだ。そう考えれば、投資で儲けるには銘柄よりも自己管理の方の比重が増す。ところで、町田ゼルビアのホームスタジアム「町田市立陸上競技場」の改修で、収容人員がJ1基準である15,000人を満たした。Jリーグでは、箱モノがないとリーグに加入できない仕組みだ。J1に加入するには、「15,000席の観客席の競技場が必要」という基準だ。せいぜい観客が5,000人も入れば活況なチームに、過大な要求をチームに突き付けてJ1参入を阻んできた。これまでも町田ゼルビアは川渕氏から嫌われたようで、Jリーグ参入前から何回もクレームがついた。町田市民のチームだから金はあるはずはなく、窮乏の中で戦い続けてきた。 を言って金は出さない。その結果、J1のチームは全て大企業がスポンサーについている。町田ゼルビアも、金が続かずにサイバーエージェントに売却してしまった。いずれは、町田という名まえもチーム名から外れるのかもしれない。そのJリーグの川渕氏も森元首相との密会で、村社会の顔を現した。こんないい加減な理念なら、初めから企業名を冠したチームを許可すべきだった。

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

「思春期を南海と共に」

Gia20021205030001l1
「おかえり!ノムさん 大阪球場(なんばパークス)に」プロジェクトは、故野村克也氏一周忌の3日後に、ニューアルセレモニーを開催した。愚生は、夜になってアップされたユーチューブで式典や「なんばパークス記念館」を動画で見学した。野村克也の遺品は、キャッチャーミット、ユニフォーム、ノック用バット、4017塁打(当時の日本新)&44号本塁打(当時のパリーグ新記録)などが展示されていた。今後、支援者には返礼品を送るというから楽しみにしたい。愚生が南海ホークス記念館を見たのは初めてだった。しかし、今回のリニューアル以前の展示は、ずいぶん地味な記念館だったようだ。パネル展示や古くなった優勝ペナント、メッキが剥げた真っ黒いトロフィーなどしかなかったのではないだろうか。福岡ソフトバンクドームにある「王貞治ベースボールミュージアム」と比べずいぶんと貧弱な記念館だったのだろう。今回、プラズマディスプレイで何本かの過去の南海ホークスや大阪球場を紹介する動画が加わった。しかし、世界を相手の「ソフトバンク」と大阪~和歌山を走るローカル電車を運営する「南海電鉄」の資金力の差は、あまりにも大きく感じる。愚生の眼には、熱烈に応援していた金欠「南海ホークス」に相応しい。愚生の眼には、金欠「南海ホークス」に相応しいと思えた。野村克也の名言「王や長嶋はヒマワリ。私は日本海の海辺に咲く月見草だ」という言葉が実感できる。国民栄誉賞の王貞治にくらべれば、野村克也は月見草という例えに納得できる。愚生も何が縁か、「南海ホークス」などを応援したために、皆の話題から外れて辛い思いをしたことは多かった。大阪に縁も所縁もない北陸で、南海ホークスを応援するなど、自分自身に呆れていた。同じ大阪なら、せめて阪神タイガースを応援すべきだった。何度も選択の過ちを悔んだが、最初に惚れた女から逃れられないのと同じだ。思春期は「南海ホークス命」という感じの熱烈なファンだった。雪深い北陸で南海ホークスの帽子をかぶり、南海ホークスのヘルメットまでLRTの中で着用していたのは愚生だけではないだろうか。今なら恥ずかしくて出来ない。せいぜい、夏に南海ホークスのビジターユニフォームを上着代わりに着て、場末のスーパーマーケットで買い物をするくらいだ。東京では、南海ホークスのビジターユニフォームなど知る人はいない。ところで、南海記念館の中にある鶴岡・杉浦・穴吹・門田・広瀬・大沢(親分)・柏原・香川・ブレイザー・江本・江夏・山内・佐藤道夫と懐かしい名前がパネル展示で続く。また、リニューアル記念には、56名の支援者名も小さなプレートに飾られているはずだ。愚生の名前には「思春期を南海と共に」と添えた文字が刻んであるはずだ。何時か機会があれば、死ぬまでに一度は南海記念館に行ってみようと思う。

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

選抜大会は無観客で開催すべきだ

819
武漢ウイルスの感染拡大の中、日本高野連は、今春の選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園球場)を有観客で開催すると発表した。プロ野球でもない高校野球を感染拡大地域に含まれる甲子園球場でやる必要があるのだろうか。そもそも3月までに武漢ウイルスの感染拡大が収まる見通しはなく、高校生や大会関係者がワクチン注射をする余裕もない。関西3府県に人の移動を抑える緊急事態宣言が発令中に大会開催など呆れてしまう。高校球児のためだというなら、無観客で開催するべきだろう。武漢ウイルスの感染拡大の収束が見通せない状況で、組み合わせ抽選会はリモートか代理で行うという。いずれにしても、感染対策というなら無観客で開催すべきだ。ただでさえ、高校の休校で時業日数が不足しているのに、一・二年生には補修授業を行う必要はないのだろうか。本末転倒の高野連の商業主義には呆れてしまう。平生、政府に批判的な毎日や朝日新聞が主催者というから、ご都合主義もいい加減にしろと言いたい。支那・朝鮮の提灯持ちのマスメディアは、日本を武漢ウイルスで埋め尽くしたいのかと言いたくなる。ところで、昨日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅に4日続伸し、前日比292円25銭(1・04%)高の2万8456円59銭で終えた。上げ幅は一時340円に迫った。株価の上昇理由は、色々挙げられてはいるが、不景気の株高だろう。なかでも、高速通信規格「5G」をはじめとする市場拡大で需給逼迫が見込まれるなか、半導体関連株は上昇が目立った。愚生は日本株への投資は、一部を除いてオリエンタルランド以外にはしていない。その中で、ずいぶん前に買った(6501)日立や(8411)みずほには、未だに含み損がある。どうでもよいと放置しているが、原子力事業でのリストラが足を引っ張るのだろうか「日立」の低迷には失望する。これなら(6702)の富士通でも買っておけばよかったと後悔する。愚生が日立株やみずほ株を買った頃は、売買株単位がバラバラだった時期だ。その後、誤発注対策で売買単位を、100株に統一した。日立は5株を1株、みずほは10株を1株に纏めた。日立製作所やみずほ銀行には、倒産はないと信じて買ったのだから、各社の経営者には頑張ってもらいたいものだ。株価は上昇するが、自分の持株だけは上がらないということは、よくある話だ。愚生の場合は、当にそれだ。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

野村克也のクラウドファンディング4,000万円達成

San1364320201020170953463
野村克也さん(享年84)の南海ホークスメモリアルギャラリー(大阪球場跡地「なんばパークス9階」)のクラウドファンディングがあと一日と迫った。野村克也の一周忌に合わせ、彼が選手として輝いたなんばの地にノムさんの名前を刻む資金だ。発起人は、昭和四十八年にパ・リーグ優勝した時のエース江本孟紀だ。当初は、2000万円を目標にスタートした。しかし、早々にクリアしたため3000万円にして、ギャラリーの外装をリニューアルを目標とした。
【当初2000万円では】
①パネルを一新し野村克也氏の名前を残す
②ガラスケースを追加し南海時代の野村氏を偲ぶ展示物を飾る
③館内で放映するVTRも新たに制作します
【ネクストゴール3000万円では】
①ギャラリーの外装をリニューアル!
 野村克也氏はもちろん、南海ホークス、大阪球場を偲ぶことができるように一新。
②館内放映用VTRの追加制作&映像スイッチング機器の導入
 当初予定の1作品だけでなく、
 1.「野村克也ヒストリー」
 2.「栄光の南海ホークス」
 3.「さようなら大阪球場」
 4.「南海ホークスの歌特別版 アニメバージョン」
の計4作品を制作するという。
さすがに、「皆様本当にありがとうございます。次はネクストゴール を目指します!ネクストゴールを達成いたしましたら、思い出に残る『記念品を支援者全員にプレゼント』いたします!!ぜひ最後まで応援お願いいたします!!」というアナウンスがあった時は、とても日数的に4000万円までは無理だと思った。しかし、一日を残して、
現在の支援総額
40,048,000円
200%
支援者数
2014人
とあるから楽々達成した。愚生が思ったより、数多くの人々から寄付金がされたようだ。野村村克也のクラウドファンディングで、彼だけでなく大阪球場を偲ぶ南海ホークス全体のリニューアルが実現できそうだ。過去の因縁から、野村克也の原点ともいえる南海ホークスを振り返る展示施設「南海ホークスメモリアルギャラリー」(大阪球場跡地・なんばパークス9階)に彼の功績は残されていないことが不自然だった。愚生もミスター南海の野村克也の名がない南海ホークスなどありえないと苦々しく思っていた。愚生が思うに、歴代の首相が何故か野村克也に「国民栄誉賞」を贈らなかったのが解せない。過去にヤクルトや阪神、楽天の監督の時代もあった選手・野村は、王、長嶋と並び、日本球界を代表する大打者の一人だ。そしてプレーヤーとして彼が実績を残したのは南海ホークスだった。愚生は、野村に贈らずに長嶋や松井へ国民栄誉賞を贈った安倍晋三元首相には未だに納得がいかない。野村の生い立ちは、遠藤実さんほど深刻ではないが、大変だったようだ。京都府網野町(京丹後市)に生まれ、病弱の母と兄との暮らしは苦しく、早朝の新聞配達や子守り、アイスキャンディー売りなどで家計を支えたという。そして、中学卒業後は働いてほしいと願う母を、兄が説得し、峰山高に進学した。そして、1954年、テスト生として南海ホークス(現ソフトバンクホークス)に入団したことが始まりだ。1965年には戦後初の三冠王に輝いている
★選手成績
通算3017試合、打率.277、2901安打、657本塁打、1988打点、三冠王:1度、MVP:5度、本塁打王:9度、打点王:7度、首位打者:1度、ベストナイン:19度
★監督成績
通算3204試合、1565勝1563敗76分け、勝率.5003、リーグ優勝:5度(南海1、ヤクルト4)、日本一:3度(ヤクルト3)

 

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

目標金額「20,000,000円」の93%が集まった。

9_20201218095201
令和2年2月11日に急逝した野村克也(享年84)の名は、南海ホークスメモリアルギャラリー(大阪球場跡地「なんばパークス9階」)にはない。野村克也の名前がない理由は、本人の不徳の致すところだからしょうがない。野村の死後、残された家族と南海ホークスのわだかまりが溶け、資金集めのクラウドファンディング行われている。一周忌に合わせて、野村克也が選手として輝いた難波の地に名前を刻みたいという。
「おかえり!ノムさん 大阪球場(なんばパークス)に。」と名売ったプロジェクトは、南海ホークスでバッテリーを組んだ、江本孟紀が発起人として立ち上げた。古い南海ファンだった愚生は、残存する南海ファンなどは、金のない年金生活者ばかりだろうと思って、立ち上げ当日にできるだけ寄付をした。11月11日に始まったクラウドファンディングも残すところ、24日になった。
現在の支援金総額
18,667,802円
目標金額「20,000,000円」の93%が集まった。残り24日で93%だから、楽々達成しそうな額になった。これほど集まるなら、愚生が無理をして寄付をすることはなかったと思う。愚生が応援した頃の南海ホークスは、野村がプレーイングマネジャーとして監督を務めていた。そして、そのころの球団は万年金欠病だった。南海電鉄は、正式には南海電気鉄道株式会社という会社で、大阪の難波と和歌山・関西国際空港・高野山などを結ぶ鉄道会社だ。公共企業だから、野球が赤字でも運賃値上げで補填することはできない。運賃を上げる前に、赤字球団を清算するのが筋だった。そういう理由もあって、西鉄、近鉄、阪急、南海と人気球団の阪神と西武以外は、すべて他企業に売却された。南海電鉄も球団経営を止めて、19億円でスーパーのダイエーに売却した。愚生も南海ファンなどにならなければと何度も悔んだ。同じ応援するなら、近くのセ・リーグ人気球団だった「阪神タイガース」の方が良かった。南海ホークスとは無縁の北陸地方だったため、野球帽を作るにも一苦労だ。南海の帽子など店頭では売ってもいないし、スポーツ店の店員もしらない。そのため帽章の形を説明して特注で作ってもらった。愚生の生れ故郷は、王貞治さんのお母さんの出身地で、読売新聞の正力松太郎の出身地でもあったから、ほとんどが巨人ファンだった。そういうわけで、南海ファンだというと変わり者か、天邪鬼な人間だと見られた。野村克也は月見草だと卑下したが、北陸では野村の名前を知っている人さえ少なかった。晩年、野球の解説者や監督で活躍したことで、今は多くの人が知っているだろう。しかし、南海ホークスの監督を解任されたころは、貧乏な弱小球団だった。他チームでお払い箱になった給料の安い選手を集めた球団では、初めから勝てる気はしなかった。その中で昭和48年に、パリーグ優勝をしたことは、フロックではあったが誇れることだ。それを最後に、球団として存続はしていたが優勝争いに加わることはなかった。ファンがいなければ、大阪球場は閑古鳥だ。静かでデート場所には、好都合だと言われていたようだ。しかし、その不人気球団の南海ホークスではあったが、野村克也はキャッチャー四番で活躍していた。当時のユニホーム姿の野村克也は頼もしかったが、背広を着てからの愚痴が多く女々しい性格にはとても好きにはなれなかった。そういう南海ホークス時代の野村克也さんだったが、クラウドファンディングに多くの寄付金が集まったのは意外だった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧