ニュース

2017年5月28日 (日)

前川、恥を知れと言いたい

2p1  文科省の前川喜平前事務次官は、加計学園獣医学部新設をめぐり、「総理の意向」が含まれる文書が存在していたと政府批判を展開した。また、捜査当局が歌舞伎町での管理売春を内偵していたところ、前川氏が出入りしていることが発覚した件については、貧困女性の実態調査のためだったと説明した。愚生は問題文書が存在したかもしれないが、文書の内容が真実かどうかは怪しいと見る。そもそも、どうして朝日新聞に、文科省の機密文書が渡ったのだろか。文書が本物ならば国家公務員法の守秘義務違反だ。文科省天下り問題でクビになった前川氏は、退職したからと言って内部情報をマスコミに公表してよいのだろうか。前川氏の素性を質せば、森友学園の籠池氏と同じ穴の貉のようにも思える。ただし、籠池理事長は女を買ったりはしていないから、同じ穴と言ったら失礼かもしれない。女性の貧困についての実地調査は、自ら出会い系バーに頻繁に出入りしなくとも可能だろう。こんな説明では、女子供は騙せても、同類の愚生にはそのような詭弁は通じない。前川、恥を知れと言いたい。世間一般から見て、自分がどのくらい恥ずかしいことをしているか客観的に量れないようだ。「生きざまに美学を持て」と言ってみても豚に真珠だ。こんな低劣な高級官僚がいるかと思うと、民間出身の愚生は溜飲が下がる。いずれにしても、文科省の事務方トップが違法な売春行為に加担したとは、高給官僚と呼ぶのが相応しい連中も地に落ちたものだ。クビにされた恨みを晴らすためにやったのだろうが、官邸の反撃を喰らって自身の生きざまを台無しにした。権力を笠にした役人が、権力に歯向かえば返り血を浴びる。今回、文科省の天下り問題に加え、出会い系バーへの出入りも国民の前に晒されたのなら、懲戒免職相当の官僚に退職金を支払うことは問題だ。政府は、早期に前川氏から国民の税金から支出された退職金約8000万円の返還を求め、刑事告発すべきだ。ところで、愚生が不思議なのは何故獣医が増えると困るのだろうか。食えない獣医とは、本人の技量不足からだろう。民間出身の愚生には、適者生存が通じない世界に違和感を覚える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

都民ファーストの会と自民党の比較は小池知事vs【石原、猪瀬、舛添という過去の都知事】

Img_1 東京都議会議員選挙(改選127)の公示日は、6月23日だ。投票日は7月2日だから約1月と迫った。愚生のM市も定員増になり、改選数は4名というから、誰か立候補するのだろう。マスメディア情報では、小池知事の人気にも多少陰りが見えて、都民ファーストの会の支持率は自民党と拮抗している。ただ、小池知事を支持するかという設問には、70%近くの人が支持を表明。選挙は外見的な人気投票だから、衆愚政治に陥りやすい。石原慎太郎のように、週一回しか登庁せず、週に執務は3時間もしなかったという。そして、芸術振興といって、食い扶持がない芸術家気取りの馬鹿息子に、随意で補助金事業を任せていた。東京都民は、こんな体たらく人材を都知事として四期も選んだ。次の猪瀬元知事は、寄付金の五千万円を自分の懐にいれたのが見つかって辞任。舛添前知事は、石原慎太郎より真面目に毎日登庁した。しかし、選挙公約だった多摩の振興も、当選後は一度も多摩地域に行かず、内外の美術館通いをした。そのあげく、都民の税金で家族旅行や別荘での飲食、野球観戦、自家用車購入など、すべて公費で賄った。東京都知事とは、働かないで都税を虫食む輩かと言いたい。東京都自民党議員団も同じ穴の貉だった。過去の都知事と一蓮托生で、持ちつ持たれつの関係だ。こう考えれば、都民ファーストの会と自民党との比較は、【小池知事】vs【石原、猪瀬、舛添という過去の都知事】でなければならない。個別に見れば、都議に相応しくない候補者も多い。しかし、それを言い出せば石原慎太郎の馬鹿息子ノビテルが会長を務めた自民党など論外だ。幸運にも愚生は選挙権がある東京都民だ。都民ファーストの会の都議選圧勝が、自民党の増長を防ぎ緊張感のある国政に寄与する。そう思う都民は多いだろう。衆愚政治を一掃するには、一度完膚なきまで自民党を叩かなければ、自民党の再生はままならない。つまり、都民ファーストの会が圧勝するかどうかにかかっている。今度の都議会選挙は、都民の質というか民度を量る良い尺度となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

今年のサラリーマン川柳

2017052201002015 今年のサラリーマン川柳の一位は、「ゆとりでしょ?そう言うあなたは バブルでしょ?」だった。愚生の生まれた昭和二十年代は、団塊の世代という呼び方くらいしかなかった。そのせいか、この川柳を見てすぐにイメージがわかなかった。ここで指すバブル世代とは、おおむねバブル景気の時期に就職した世代(1986-1991)だろう。企業から引く手あまたで、就職に苦労しなかった世代だ。また、ゆとり世代とは、ゆとり教育で授業を受けた世代だろうから、年齢は今年で25歳以下の新入社員に近い人達だ。親子間くらいの年齢差があるから、世代格差による価値観は大きく違う。上手く川柳を詠むと感心させられる。愚生が早期退職した頃は、「先を読め!言った先輩リストラに」とか「久しぶりハローワークで同窓会」「社の幹部裏を返せば社の患部」などという暗い世相の川柳が選出されていた。当時は、不景気の真っただ中だったことが伺い知れる。愚生も立場上、人生の最後は美学だと思って早期退職した。しかし、退職時には年金を受給するまでの生活プランはなかった。甚だ心もとなく不安感でいっぱいだった。その後、質素倹約を基礎として、闇雲にお金儲けになることを嗅ぎまわってなんとか凌いだ。そのせいか、勤め人を辞めても何とか生きて行ける自身がついた。「鉄は早いうちに打て」とは、よく言ったものだ。愚生の周りには、今も守衛や肉体労働者として働いている知人がいる。彼らは、いったい何時になったら不安を解消して、雇い主から解放されるのだろうか。ところで、世代間ギャップを詠んだ川柳も良いが、愚生は「ありのまま スッピンみせたら 君の名は」という句の方が面白い。大学時代の写真に写っている女性の顔が、今はどうなっているかと思うと、つい口元が緩んでしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

日本人の美徳の欠片も読み取れない

2017040700010000flash0001view  「獅子身中の虫」という諺がある。森友学園への国有地売却をめぐり、籠池泰典氏夫妻が安倍昭恵首相夫人について言及する。籠池氏は、近畿財務局に不満を訴える中で「首相夫人に話していてよかった」「小学校の棟上げ式に首相夫人が来られて餅をまくことになっている」と言い残している。愚生から見れば、安倍首相夫人の名前を語って、物事を自分が有利なペースで取り仕切ろうと思ったのだろう。首相夫人の職務権限の程はよくわからない。しかし、籠池氏は首相夫人に名誉校長になってもらったことで、土地賃借が迅速にできたと強調する。そして、財務局との面会から3カ月後の28年6月に、地下のごみ撤去費は8億2200万円と算定され、学園は国有地の鑑定価格9億5600万円から、これを差し引いた1億3400万円で土地を取得した。首相夫人がどうご尽力されたかは知らない。昭恵夫人の名前を語っただけかもしれないが、籠池氏は十二分にそれを活用して、土地を安く取得した。いったい籠池夫婦は昭恵夫人に何が不満なのだろうか。森友学園小学校が開校できなかった理由は、昭恵夫人や近畿財務局のせいではない。籠池氏自身の不手際が原因だ。いずれにしても、恩を仇で返す言動には、日本人の美徳の欠片も読み取れない。そう思って、ネット社会を覗けば、籠池泰典氏が韓国人であるというもっぱらの噂だ。かつて奈良県庁に勤めていた時、籠池泰典氏の本名はどういう名前だったのだろうか。娘婿になって日の国籍を得たのではないのか。娘婿になった今、事実は分からない。これまでの籠池氏の発言は、日本人離れしている。いったい、どこまでが嘘で、真実は何なのかを推測しようもない。事実としては、籠池の弁護士も逃げ出すほどだった。
・昭和天皇が森友学園に来園した
・安倍首相が森友学園に来園した
・財務局から10日間身を隠してくれと言われた→顧問弁護士は否定し辞任
・稲田大臣と感謝状贈呈式で会った
・麻生大臣と2回会った
・大阪府/国交省/関西エアポートに提出した契約書
・籠池は総務省に入省した
・籠池は関西大学法学部卒→商学部
・無断で安倍首相の名前を使って寄付を集める
・安倍晋三記念小学校という名称は安倍から許可された
・認可申請書では入学希望者は45人→実際は5人
・籠池泰典の名刺「日本会議大阪代表」→退会
すべて、嘘だというから呆れてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

逮捕劇は朴槿恵の自業自得

O0443033513253112979 韓国の朴槿恵前大統領が、とうとう収賄容疑などで検察当局に逮捕された。3月下旬の世論調査では、7割以上が朴槿恵の逮捕に賛成していた。民意を忖度し司法制度がなりたっていない国だから、逮捕は予想通りだ。過去にも、大統領経験者で全斗煥、盧泰愚が逮捕されている。朴槿恵逮捕容疑は、最大財閥サムスングループなどの企業が文化、スポーツの財団に行った資金供与への関与だ。事実、朴容疑者の友人、崔順実が財団を私物化し、利権を得ていた。国会で弾劾され、憲法裁判所でも罷免されていたのだから、いくら本人が容疑を全面否認したところで、黒のレッテルは決まっていた。当然、民衆に阿る検察は、証拠隠滅の恐れがあるとして逮捕状を請求し、裁判所が発付した。韓国の伝統ともいえる縁故主義、両班文化なのだろうか。権力者やその家族が、カネ絡みの醜聞にいつも巻き込まれる。日本に朝鮮が併合されるまで、李氏朝鮮には両班という貴族階級があった。彼らは、いたるところで、まるで支配者か暴君のごとく振る舞っていた。働きもせずに、金がなくなると、使者を使って商人や農民を捕えさせる。その者が手際よく金をだせば釈放されるが、出さない場合は、両班の家に連行されて投獄する。そして、食物もあたえられず、両班が要求する額を支払うまで鞭打たれる。両班たちは、搾取したものを返済することなどしない。農民から田畑や家を買う時にも、ほとんどの場合、支払無しで済ませてしまう。そして、首尾よくなんらかの官職に就くと、親戚縁者やもっと遠縁の者まで扶養する文化だ。朴槿恵が官職(大統領)を得て、周りにいた友人や縁者たちが私服を肥やした。これは文化であって、朴槿恵自身が自らのためにやったことではない。だから、本人は悪い事だと思っていないから身の潔白を主張する。しかし、大統領には人事や予算の強大な権力が集中する。それを利用して、私利を得ることは犯罪だ。間接的には、朴槿恵自身も、彼女の取り巻きが受益した金品を受け取っている。日本から独立後、朝鮮という古代文化に戻ったのだから、当然発生すべき政治風土だ。愚生は、今回の朴槿恵の逮捕に同情しない。なぜならば、彼女自身は、慰安婦問題を含め、あらん限りの日本批判を繰り返した。さらに、産経新聞の加藤達也・ソウル支局長に関しても、セウォル号沈没事故の当日に、元補佐官のチョン・ユンフェと密会した可能性があるという朝鮮日報の報道を流したことを理由に逮捕した。まるで、古の両班と同じだ。権力を持つと、司法など捻じ曲げてしまう。今回の逮捕劇は、朴槿恵の自業自得だ。同情の余地などない。なぜなら、これが本来の朝鮮文化だからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

実勢価格は公示地価とまったく違う

1ca9c629beb6983fec9d35558b51d5d1 今日の新聞に、土地公示価格か載っていた。土地取引で、公共企業が買い取り標準価格として使う。しかし、実際の不動産市場は流動的だ。需給のバランスや社会情勢、局所的な地域事情によっても価格は変動する。そのため、実勢価格は公示地価とまったく違うことが多い。つまり、公示地価と外れた価格であっても異常ではない。土地取引が成立した価格が、常に正常価格と呼ばれるからだ。したがって、公示地価と実勢価格の間には、高い安いはともかく乖離がある。土地価格は株と同じで、需給できまる。実勢価格は、買いたい人が多ければ価格は上がり、誰も欲しがらなければ価格は下がる。昨今のように、家計所得が低迷しているのに加え、かつてのように長く勤務すれば賃金が上がる状況でもない。そのため、土地価格の下落が前提なら住宅購入の必要性も怪しい。今後の地価に大きく影響しそうなのが、日本の人口動態だ。労働力人口は減少が続く。そして、単身者世帯の増加によって増えていた世帯数も減少に転じる。つまり、住宅需要は確実に減る。日本の空き家の数の増加を散見すれば明らかだ。一方、都心のマンション価格はかなり高騰していて、若い世代が購入するのは難しくなっている。都心へ通勤をするサラリーマンなら、駅から徒歩圏の物件でなければ需要は少ない。また、老人なら大病院の近辺を好むだろう。その結果、高齢者の都心回帰は今後も続く。駅や病院から近いなど利便性が高い物件でなければ、値下がりリスクは大きい。今は、異常な低金利と言っても、実質金利は低くない。超低金利な住宅ローンと言っても、元本の返済は必ずしなくてはならない。賃貸業向けのアパート融資など個人需要が伸びているが、不動産供給の大幅増がいつまでも続くはずない。こう考えると、バブル時代の1980年代後半を思い出す。当時、金の借り手がないため、銀行は個人向けアパート融資を強化した。さらに、リゾートマンションにまで融資した。その結果、個人をも巻き込む異常な融資拡大が不動産バブルを膨張させ、その後の長期の価格崩壊を招き土地神話が終った。越後湯沢にあるリゾートマンションには、数万円でも売れないで放置されている物件も多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

松井一郎より日本第一党の桜井誠の方がまし

Japanfirst   毎日、学校法人「森友学園」が開校を目指す、小学校の報道が絶えない。愚生は、森友学園や安倍首相夫妻とも全く関係はない。愚生が森友学園の肩を持つ筋合いはないが、なにか民進・共産やメディアの追及に違和感を覚える。森友学園は、鑑定評価額が9億5600万円だった国有地を、生活ごみや廃材の撤去費用8億円を差し引いた、1億3400万円で購入した。土地が高いのか安いのかはよくわからない。しかし、安く買ったからといって、税金の無駄使いだと買い手がバッシングされることでない。叱責されるのは安く売った側だ。買い手の森友学園は、商売上手と褒められるべきではないか。校内へのごみの埋め戻しに関しても、国側が学園に作業指導したという。これは、4月開校に間に合わせるための施策だった。開校が遅れれば、学園から損害賠償を請求される可能性があった事が理由だ。いずれにせよ、学園側も行政側も4月の開園を支援するために尽力した結果だった。この学園を運営する理事長には、いくばくかの言行に問題はある。しかし、認可側の大阪府松井一郎知事が、小学校開校に足を引っ張る発言を繰り返すのには呆れる。自己責任を放棄した政治家の浅ましさが表れている。小学校を造らない方が良いなら、初めから大阪府の認可基準を変えなければよかった。さらに、石井国土交通相は整備中の小学校が大阪府から認可されなかった場合、土地を買い戻す可能性があると追い打ちをかける。政治家が自分たちの政争のために、森友学園を潰そうというのか。いったい、この学園を潰してどんな得になるのだろう。メディアも政治家も、行き過ぎた報道や言動は慎むべきだ。橋下代表がやっていた頃には、日本維新の会も少しは期待が持てた。しかし、松井一郎などという代表になってからは、日本第一党の桜井誠の方がましに思える。大阪の地域政党など、のこのこと東京に出てくるなと言いたい。東京は都民ファーストの会を盛り上げ、国政参加に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

慎太郎、盗人にも三分の理とは呆れる

Ph  豊洲市場への移転問題をめぐり、元東京都知事の石原慎太郎の記者会見があった。石原慎太郎は、「瑕疵責任の留保を認めたのかは、私は分かりません」「報告を受けていない」「それは分かりません。交渉の当事者に聞かない限りは」「とにかく、私は交渉の当事者じゃない。逃げるわけじゃないですけれど。任せていたわけですからね。私は売買の契約の現場に立ち会ったこと、一度もないわけです」「誰に聞いたら分かるんだ。」と続く。豊洲移転については、自分は部下に任せていたから知らないと弁明する。人に任せたからといって責任がないわけではない。元知事が1週間に半日しか登庁しなかったといって、罰則があるわけではない。しかし、登庁していないから知らなかったという理由にはならない。知ろうとしないのが悪いのであって、そんなことは言い訳にならない。石原慎太郎は作家から政治家になった。勤め人をやったことがない人物だ。それだから、頭を下げたことがない。そのせいもあってか、上から目線で人に物を言う。作家なのだから、漢字や語句はよく熟知しているはずだ。責任とは、任せて責めると書く。都民は、都知事という職責を石原慎太郎に任せた。だから、その職責を果たないなら、責任を取らなければならない。部下に任すかどうかは石原慎太郎の自己裁量だ。しかし、自分でやろうと部下に任せようと、結果責任はついてまわる。愚生なども、勤め人時代に小職を担ったことがある。部下への口癖は、自分が知らない間に首になるのは困る。だから、報告は必ずしてくれと言い続けた。また、自分の責任を取る事柄は、自分で決断すると言った。大きな仕事を組織で取り組む場合は、部門の総力であたる。そして、いくら稟議を回したところで、責任は必ず誰か一人について回る。ISO9001などを経験した人なら、結果責任の明確化は周知のことだ。民間企業にいたせいで、何時も官僚の答弁にはいらいらする。彼らは失態を演じたからといって、会社が潰れることはない。そして、失職もしない。そのせいもあってか、官僚は責任の所在をはっきりさせない。いじめで生徒が自殺した学校の校長が、泣きながら記者会見をしている。責任を取る立場の人物が、いつのまにか被害者面をしている。困ったものだ。今回の会見で、石原慎太郎は謝罪もせずに、人のせいにしているから悪質だ。そして、小池都知事の責任を云々いうなどに及んで、盗人にも三分の理とは呆れるしかない。石原慎太郎に600億円の弁済を求める住民請求を受理して、東京都は早期に民事訴訟を起こすべきだ。新銀行東京の損失まで入れれば、二千億円近い無駄遣いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

文科省の役人なら、日本語を正しく使え

H3 今日は、猫の日。222で「ニャン、ニャン、ニャン」だからだ。そう思い愚生宅の猫の顔を覗き込むと、いつもと変わらず不愛想に眠っている。語呂合わせで決めた日だから、猫にとって意味はない。暦の上では、今年は閏年でないため、猫の日の一週間後からは三月になる。庭の紅梅は早々と春を告げているが、草木もそろそろ根が動き出す。今年は松と皐月の鉢が替えでもしようかと思っていたが、面倒くさくて未だにしていない。松はほっておいても大丈夫そうだが、皐月は花付きが悪くなってきた。あと1週間程度で決断しなければならない。務め人をしていた頃は、忙しかったが鉢替えは愉しかった。ところが、暇になって時間を持て余す昨今は、それが仕事と感じられるのだろうか。人は働かないと、どんどん怠け者になるようだ。新聞を賑わす、文部科学省の組織ぐるみの再就職の斡旋も同様だ。年を経ているうちに、国家公務員のぬるま湯体質が染みつくようだ。民間企業なら、競争原理が働くから企業資金をどう使おうが問われない。しかし、公務員の場合は、能力以上の収入を得るために、税金をばら撒くから問題になる。官僚の再就職について、国家公務員法は省庁の斡旋や在職中の求職活動を禁じている。ところが、官庁でもある文科省は、そんな法律などお構いなしに、組織的に官僚の天下り先を用意していた。一般のサラリーマンのほとんどは定年後、雇用延長をしたところで、現役時代に比べて大幅に安い給料になる。ところが、私立の早稲田大学は、退職した高等教育局長を年収1400万円で教授として迎えた。もちろん、何らかの見返りを期待して雇ったはずだ。当たり前だが、許認可権限の影響力を受ける早稲田大学に、権限を行使する文科省側の元高官が就任すれば役に立つ。これは、金品の贈収賄に近い。今回、不正組織のトップだった前川喜平事務次官は、万死に当たると国会で答弁した。万死とは、何度死んでも償えない重い罪を指す。ところが、そう国会で答弁し引責辞任した彼は、退職金5610万円はしっかりと受け取るという。愚生であっても全額受け取るだろうが、万死にあたるなどと大言壮語はしない。文科省の役人なら、日本語を正しく使えと言いたい。愚生は、ずいぶん前から道徳教育について疑問を呈していた。なぜなら、道徳を教育するための、教師がいないと思うからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

バカな振る舞いではなく本当のバカ

Img_adae96bc0fea4096009f294f463bb6b 最近ニュースを見ると、次期米国大統領になるトランプが映っている。大統領に当選したら、もう少し真面なことを言うのかと思っていた。これまでの発言を見る限り、以前とあまり変わらない。正直言って、ドラエモンに出てくるガキ大将のジャンアン以下の人物ではないかと疑う。まず、批判されると、感情だけで論理性もなく、相手を口撃する。そして、彼の言葉の端々には、人種差別と唯我独尊の影が潜む。米国民は、本当にこんな人物に、大統領職を任せようと選んだのか。日本人も民主党に政権を任せて、国益を大きく損なった。鳩山由紀夫や菅直人は、首相になるまで、あれほど程度が悪い人物だとは知らなかった。トランプとCNNの記者のやり取りを見ていると、彼はただのバカとしか見えない。テレビのコメンテーターは、大統領になるまではバカなように振る舞って発言すると解説する。しかし、愚生の目には、あれはバカな振る舞いではなく、本当のバカとしか思えない。米国を見渡せば、多くの賢人がいるだろう。なにも、トランプに大統領を任せることはないだろう。トランプのルーツは、ドイツのラインラントで、母方はスコットランドというから、独・英の批判は少ないようだ。確かに、日本より貿易収支の黒字幅が多いドイツには名指しの批判はない。彼が名指しの批判をした国は、日本を含め全て有色人の国だった。オバマは自分が黒人だったせいで、そのコンプレックスからか組みやすしと見えて日本を疎んじていた。トランプの場合は、それほど複雑な背景はないから見透かしやすい。ただ、前任のオバマと違い頭が悪いのか、支那の脅しには屈しそうもないことだけは評価する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧