ニュース

2018年10月13日 (土)

休眠預金は国が事実上「没収」

B13 国が新法を施行し、10年以上放置された預金を社会事業に活用するという。要するに、国が私有財産を「没収」するという法律だ。正確に言えば、休眠預金は国が「没収」する訳ではない。憲法の財産権を守る必要があるからだ。持ち主が請求すれば、払い戻しは可能だ。その潜在的な預金は約6000億円で、対象も6000万口座を上回る。本人が気付かなければ、預金が知らぬ間に国に取り上げられる。10年以上放置された預金は休眠預金と呼ばれる。ただし、金融機関に対し「入出金」があれば休眠預金に該当しない。各金融機関は、検証のために、登録住所に郵送などで通知し持ち主が受け取ったことが確認できれば休眠預金ではない。しかし、それには「本人が申し出る必要があること」が必要だ。一般的に引っ越し後、登録住所を変更していない場合に届かない。さらに、本人がどの銀行に預金していたかを忘れてしまったり、認知症で思い出せなかったりする場合も難しい。その結果、本人が休眠預金を忘れれば、事実上金融口座にあるお金は国に「没収」される。そう考えると、ヘソクリ用の口座など作るより、現金や金地金にして金庫にしまっておく方が安全だ。所管する金融庁によると、休眠預金は年に700億円規模も放置される。国は新たな財源を獲得したのに等しい。この法律で気になるのは、「通帳の記入・発行」「残高照会」「情報変更」などの手続きだけの行為では、休眠預金とみなす。これは明らかにおかしいと思う。愚生の場合も、ATMで引き落としできない千円以下の預金などは、解約手続きなど取っていない。何故なら、電車賃と時間を考えれば、デメリットの方が多いからだ。日本は法人と個人を合わせた銀行口座数が3.2億。普通預金と定期預貯金を合わせると1人あたり10口も持つと言う。そう考えれば、塵も積もれば山となるから、700億円という金額が、ありうるのだろう。ところで、「新債券王」といわれるカリスマ投資家のガンドラック氏が、テレビ出演で「これだけ膨れ上がった米国債先物売りだが、連戦連勝の勢いで、いまだ手じまい巻き戻される気配が全く感じられない。(現在3.3%台の)米30年債利回りが4%になっても驚かない」と語った。その放映から、ほぼ1時間後の日本時間午前3時台に、下げ止まっていたダウ工業30種平均が一気に前日比600ドルを超える急落を演じた。彼の発言がきっかけかどうかは分からない。しかし、株式市場に参加する人の心理がそうさせたのは事実だ。その結果、安値だった金価格まで急騰した。ただし、米国経済はファンダメンタルズが堅調だ。歴史的低水準の失業率、歴史的高水準の景況感指数も好調だ。今回のNY株が大幅調整されたキッカケとして、パウエル議長の「中立金利までにはいまだ道遠し」との発言が引き合いに出される。金利引き上げは不可避との意味にもとれる。それに噛みついたトランプ米大統領のFRBへの口撃は「アウト・オブ・コントロール=制御不能」だと非難する。杓子定規に金利を上げるより、実体経済に配慮して欲しいものだ。昨日のS&P500種株価指数は引けにかけて荒い値動きとなったが、4月以来の大幅高。コンピューター取引が主導する売りが一巡した後、上げ足がまた速まった。S&P500種株価指数は前日比1.4%上昇。ダウ工業株30種平均は287.16ドル(1.2%)高の25339.99ドル、ナスダック総合指数は2.3%高。金先物は4日ぶりに反落し、週間ベースでの上昇幅が縮小した。来週以降の株式市場はどうなるのだろうか。先々は神のみぞ知る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

LRTは老人でも外出可能なように車社会からの脱皮

日経新聞は、天災への備えが一段と求められるなか、まちの集約計画を掲げる主要な自治体の約9割で、浸水リスクの高い地区にも居住を誘導していると報じた。そして、集約計画を再点検する必要があると警鐘を鳴らす。しかし、愚生はコンパクトシティと浸水リスクは別次元の話だと理解する。そう思いながら、この記事を読んだ。愚生の生まれ育った田舎は、LTRによるコンパクトシティの実現では、全国に先駆けて実現している。それに習って、全国でコンパクトシティ形成をめざす「立地適正化計画」の策定が進んでいる。実際に、120以上の市町が居住を誘導する区域を設定している。都市密度を高めれば、1人あたりの行政費用を抑えることができるからだ。一方、各自治体は洪水時の浸水予測をハザードマップなどで公表している。愚生の住む東京郊外でも、都県境の境川が氾濫すれば2階まで浸水する恐れがあるとされる。東京都河川局には、幾度となく対策を講じるように頼んでいるが、一向に進んでいない。どうも、江東区や荒川区、江戸川区など、もっと深刻な地域が優先されているようだ。小池都知事の気紛れで、豊洲移転の遅延で溝に捨てられた金が惜しまれる。日経の調査では、全体の89%となる48市で1メートル以上の浸水想定区域の一部が居住誘導区域となっていたという。しかし、記者の批判は解るが、既に市街地が形成されていると場合はどうしようもない。集積地は、過去の歴史の経緯で出来上がっている。東京集中しすぎだと叫んでみたところで、地方に拡散することはない。そうでなければ、地価が安い鳥取・島根県の人口が更に減少する説明がつかない。東京M市のように、市役所が河川のそばだから、浸水想定区域をすべて避けるとまちづくりが成り立たない事情もある。淀川に面する大阪府枚方市も85%程度で浸水想定区域が、居住を誘導する区域に当たる。実際に、策定しようと思えば、浸水想定区域を除くのは極めて困難だ。日経記者の批判は最もだが、それには軽重を付けなければ議論はできない。そもそも、街並みは水が豊かな河川沿いに発達してきた。古代の四大文明もそうだ。何度となく洪水に遭遇しても、同じ場所に人々は住み着いた。コンパクトシティとは、老人が増えても不便にならないように人口を拡散させずに街作りをすることだ。宇都宮市で建設中のLRTなども、老人でも気軽に外出できるように、車社会からの脱皮を図るためだ。そう考えれば、私有地で私権が複雑な居住地区を変えるより、河川の改修の方が遥かに簡単にできる。記事を書くなら、もう少し経済効果を含めて、熟考してからにして頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

反社会的な悪徳企業玩具メーカー「バンダイ」

Photo 今朝のニュースで、無期雇用への転換直前に雇い止めしたのは不合理として、大手玩具メーカー「バンダイ」を東京地裁に訴えた裁判が報道された。バンダイの契約社員だった40代男性が、平成18年5月からバンダイで経費処理などの業務に従事していた。訴状によると、この男性が無期転換の希望をあらかじめ上司に伝えたところ、バンダイ側は男性の業務が減ったなどとして今年3月31日で契約を終了すると通告。バンダイ側は、短時間勤務とする提案などもあったが男性は応じず、契約が終了した。男性側は「無期契約への転換を防ぐための不合理な雇い止めだ」と主張してバンダイを訴えた。この訴訟は、バンダイに従業員の地位にあることの確認などを求めたものだ。非正規従業員との待遇格差を埋めるため、改正労働契約法が施行される。有期雇用の労働者が平成25年4月1日の施行日から5年を超えて同じ企業で働いた場合、無期契約への転換申込ができるようになった。この男性は、平成18年から勤務していたというから勤続12年にもなる。この間の昇給などはなかっただろうから、正規従業員との格差は大きい。こういう問題を解消するために、今回の改正労働法が施行される。このバンダイという反社会的な悪徳企業は、全く法案の主旨を理解していないようだ。子供の玩具を作っている割には、夢のない会社だ。コーポレート・メッセージは「夢・クリエイション」というから呆れてしまう。日本の真面な企業なら、日本の法律の主旨に従って権利を主張した社員にこんな馬鹿な仕うちはしないだろう。このような問題が起きるのは、罰則規定があいまいだからだ。法律違反の代表取締役社長を、禁固1年の実刑にするくらいの、思いきった罰則規定が必要ではないか。また、村木厚子氏の冤罪をでっち上げた検察特捜部は、こういう問題を詐欺罪くらいで取締る元気がなければ、施行した法律が守られない。いずれにしろ、厚労省と法務省の行政管理の失態が本事件を起こした。最近の文科省や財務省の問題を聞くにつけ、役人の怠慢な仕事ぶりがまた炙り出される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

韓国の「ケンチャナヨ」精神とは

14573577231495627413 朝鮮語のフレーズ韓国の「ケンチャナヨ」は、「大丈夫」という意味だ。心配する相手に対して「心配しなくても大丈夫ですよ」と伝える際に使われる。状況により、謝罪する相手に「気にしないでください」と伝えるときや、提案に対して「関心がないので結構です」と応じるときにも用いられる。このフレーズは、便利なため韓国人が最もよく使う表現の一つだ。 しかし、困ったことに、自分自身が損害を受けた場合だけでなく、相手が損害を受けた場合にも多く使用される。そのため、最近では「ケンチャナヨ」を「直ちに問題は無い」という場合にも使う。このことから、拡大解釈したスラングとして「建設や工業製品における手抜き・適当」の意味合いでも用いられる。この韓国人の国民性ともいえる「ケンチャナヨ」精神を知っているから、愚生は彼らとの契約や約束を決して信用しないし、韓国製品は絶対に買わない。自動車などで「ケンチャナヨ」精神が発揮されたら、生命までが脅かされる。売春婦を従軍慰安婦と言い変える。金を貰ってしまえば約束事を平気で反故にする。嘘で固めた言いがかりを、外遊先で叫びまくる収監中の元女性大統領もいた。ところで、韓国企業が「ケンチャナヨ精神」で行う土木工事が招いた人災は枚挙にいとまがない。1994年、ソウルの漢江(ハンガン)にかかる「聖水大橋」が完成から15年後に崩落し、32人が死亡した。翌1995年には、営業中の「三豊百貨店」が崩壊し、500人以上が死亡。1996年には、パラオに作ったKBブリッジが崩落し、6人が死傷した。つい先日、ラオス南部アタプー県で、建設中の水力発電用ダムが決壊して、30人以上が死亡、100人以上が行方不明になり、数千人が家を失った。この被害は隣国カンボジアにも及んでいる。このタイ政府系発電会社と、ラオス国営企業との合弁会社は、韓国資本が51%も入る。国際入札では、韓国SK建設が日本より格段に安くする。そして、日本より短期で完成させることを約束して受注した。その結果、予定より4カ月も早く工事を終わらせ、早期完成ボーナス約22億円を受け取った。しかし、この報道の後、ダムが崩壊して惨事となった。ネット上に拡散した現場写真からは、ダムが完全崩壊したことは誰でも分かる。ラオス政府はダム崩壊の責任を韓国側に追及する構えだ。困ったことには、韓国側はダムが崩壊しても「ケンチャナヨ精神」で、たいしたことはないと開き直り責任を認めない。隣国日本は、これまで何度も煮え湯を飲まされて、耐えがたきを耐え、忍び難たきを偲んできた。気の毒なラオス政府は、韓国がこんないい加減な国だということを、知らなかったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

私立大学なのだからさじ加減があって当然

Img_64313564891041f884027c3d9e160ad 文部科学省の前科学技術・学術政策局長の佐野太氏の息子が不正合格したと騒がれている。また、東京医科大学が、過去に不正合格させた受験生らの「裏口入学リスト」を作成していたという。しかし、東京医科大の裏口入学と言うが、学力試験で加点したことがそれほどの不正なのだろうか。愚生には、私立大学なのだから、さじ加減があって当然だと思う。それに医学部に入ったところで、医師の国家試験はパスしなければ医者にはなれない。教員でも同じだ。推薦で私立大学の教員免許を取ったところで、地方公務員の教員採用試験に受からなければ、正規の職員にはなれない。私立文科系大学に、理数科目を免除した試験や推薦で入学したとしても、企業の採用試験では一般常識の中で理数問題は出題されるだろう。また、仮にそれもコネで入社したとしても、同期入社や後輩に後れを取れば居づらく、いずれは退社の憂き目を見る。そう考えれば、大学入試でこれほど大騒ぎする問題ではない。私立医科大の多額な入学寄付金やスポーツ推薦、付属校からの持ち上がりと、問題にしたらきりがない。東京医科大学は、全てが税金で賄われていない私立大学だ。そう目くじらをたてることはないと思う。それをいうなら、小泉進次郎がコロンビア大学院卒、小池百合子都知事のカイロ大首席卒業やコネ入学疑惑など、政治家がらみではきりがない。進次郎の英語能力や百合子のアラビア語能力はいかほどのものだろうか。医師の国家試験や地方教員採用試験の不正は絶対に許されないと思うが、大学入試などどうでもよいではないか。その証拠に、進学率六割を超える現在、だれも学位など評価はしない。なんのとりえもない人物が最後に誇る砦だろう。愚生も若い頃に、元住吉で酒を飲んでいた。すると自身が慶応大学出身で、バークレーに留学したという人が横に座った。さらに、叔父は心臓外科の日本の権威だと誇っていた。どうも学歴や家系を誇っているようだった。酒に任せて、現在の不満を吐いているのだろうと思った。話を聞くと、彼の仕事は小僧寿しの店員とのことだった。自分の不幸を嘆いているのだろうが、責任の一端は自分自身にあるはずだ。愚生も若気の至りで、F社のような会社では、社内の管理職試験や地位(年収)がその人の評価になる。大学を語る人は少ないと言ったところ、黙りこくってしまった。これでは、小僧寿しも長くは務まらないだろうから「プー太郎」だと思った。そういえば、船田元や畑恵の失楽園夫婦も、作新学院の理事長や副理事長をしている。あれだけ世間を騒がせた江川卓や桑田真澄も偉そうな口を利く。喉元過ぎれば熱さを忘れるというが、愚生は彼らが悪漢だという事実を忘れてはいない。それに比べればことさら、東京医科大学の入試を非難することは間違っているのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

アマゾンがヘルスケア分野に参入

Ffaav821img514x60014933106939rg5hq1 今朝のニュースで、米アマゾン・ドット・コムがオンライン薬局を運営するピルパックを買収すると報道された。アマゾンはこの買収を通じてヘルスケア分野に参入する。そして、全国的な医薬品ネットワークも同時に手に入れる。買収条件は、アマゾンは約1100億円をピルパックに支払う。ピルパックは、処方せん薬を服用しやすいようにまとめ、宅配するサービスを提供している。複数の慢性的な症状を抱える患者などを顧客とし、米50州で事業ライセンスを取得している。アマゾンの発表を受け、ドラッグストアチェーンや医薬品卸売銘柄が軒並み下落した。アマゾンイフェクトなのだろうか。ドラッグストアチェーンのウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは約10%株価が下落。CVSヘルスは約6.1%安だった。この動きと関連があるのだろか、アマゾンは今年1月に、JPモルガン・チェース、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイと共に、3社の米従業員の医療費を削減するための会社を設立すると発表した。そして、この会社のCEOに外科医で作家のアトゥール・ガワンデ氏を起用する。今回のアマゾンによるピルパック買収は、医薬品販売業界でまさにこれから起ころうとしている大きなうねりなのだろうか。いずれにせよ、アマゾンを見ていると子供の頃に見ていた「三大怪獣 地球最大の決戦」に出てくるキングギドラという怪獣を思い出す。キングギドラは、竜を思わせる3つの頭部と、それを支える長くしなやかな3本の首がある。2本の長い尾があって、全身は黄金色の鱗で覆われている。そして、腕の代わりには、巨大な1対の翼を持つ。口からは稲妻のような形状の光線を吐く。おおよそのスペックは以下の通りだ。
身長:100メートル 翼長:150メートル 体重:3万トン
飛行速度:マッハ3(大気圏内)、マッハ400(宇宙空間)
アマゾンは、このキングギドラと同様に、同時に多方面での戦いを、圧倒的な物量と資金で仕掛けるからだ。そう思うのは、ポジショントークの愚生だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

古い集合住宅はほっておくしかない。

Pb13 日経新聞の調査によると、老朽マンションが地価の押し下げ要因だという。集合住宅密集地の過去10年間の地価を調べたところ、平均築年数が40年以上の地域は約9%下落。かつて、都市人口の受け皿だった郊外物件が、老朽化して評価額が下落した。全体の集合住宅に占める築40年以上の物件は1割強もある。ほとんどが、1981年(昭和56年)以降の新耐震基準を満たさない不適格住宅だ。本来なら建て替えが必要だが、ほとんどが放置されたままだ。はっきり言って、自宅目的では売買の対象とはならない。投資物件として、短期に回収できる割安価格なら成立する。昨今のように、新規の賃貸アパート建設が進めば、老朽化物件は借り手がなくゴーストタウン化する。周辺物件が古くなるほど、その地域の地価も下がる傾向だ。その結果、老朽マンションの集積地は住民の高齢化も進み、人口が減りやすい。それは、商業施設や交通網にまで影響する。千葉県などの埋め立て地や、交通の便が良くない地域の団地群はその傾向が著しい。実例として載っていたのは、JR松戸駅から車で約20分の小金原7丁目。近くに日本住宅公団(現都市再生機構)が1969年(昭和44年)に賃貸を含め3千戸以上を建設した団地がある。ここ10年間の地価下落率は26%。築40年以上の地域で最大の下落だった。土地バブル期だった1990年頃からの下落率は、いったいどのくらいなのだろうか。確かに、周辺地域の65歳以上の高齢者比率は48%というから、購買力は著しく劣る。人口は10年前より2割減。当然、粗利益が高い高級食材は売れない。千葉県の我孫子市や船橋市、千葉市、そして埼玉県狭山市なども同様らしい。横浜市の港北ニュータウンや東京郊外の多摩ニュータウンも程度の差こそあれ、同様の傾向を示すだろう。区分所有の集合住宅の建て替えなど、事実上不可能だ。そんな労力を費やすなら、二束三文で売却して転居した方が良い。愚生も自治会長時に、古い分譲住宅の私道移管作業の窓口をしたことがある。痛感させられたのは、住民の所得や教育レベル、居住年月、そして個人の性格というか協調性などで、価値観が大きく違う。その経験から思ったことは、人は本音と建て前は大きく違う。最終的に、本人が損か得かでしか物事を判断しないということだ。日経新聞には提言もあったが、解決は容易ではない。愚生が思うに、古い集合住宅はほっておくしかない。越後湯沢のリゾートマンションと同様に、所有すれば管理費を払うという負債が付きまとう。その結果、マイナス資産だとの認識が共有化され、1円で売買されるようになる。そうなって初めて、更地にして大規模開発が可能となる。ただ、少子高齢化の昨今、それほどまでして住宅の建て替えが必要なのだろうか。そう考えれば、日本での不動産への投資は都心の一等地以外は不適だ。ハウスメーカーに騙されて、郊外に賃貸アパート建設をするなど、愚の骨頂だ。ケースは違うがカボチャの馬車の二の舞だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

経歴詐称と大騒ぎするような問題ではない

Hqdefault 最近のネットでは、小池百合子都知事の学歴詐称疑惑が話題となっている。小池氏は、自著などの経歴に「1972年、カイロ大学文学部に入学し、1976年、首席で卒業」などと記している。愚生と重なる年代の人物なので多少の興味が湧く。疑惑の始まりは、カイロ留学時代に同居していた女性が、「小池さんは実際にはカイロ大学を卒業していません。」と明かしたことからだ。それによれば、過去に小池氏に関する記事を寄稿してきた石井氏の元へ、当時の同居女性から手紙が届き、石井氏がエジプトで面会した。女性は、50年近く前の当時のことをメモした手帳や、日本に送った膨大な量の手紙を保存していた。現在70代後半というこの女性によれば、カイロ留学中に小池氏がアラビア語をほとんど話すことはなかった。小池氏の行ったアラビア語の語学学校も初歩レベルだった。それなのにカイロ大に入学できたのは、父親が当時のエジプト情報相と知り合いで「コネで入れてもらえる」と小池氏は話していたそうだ。また、カイロ大卒業の経歴については、サダト大統領夫人の来日時に小池は一時帰国した。そして、アテンド役を務めた際に、新聞記事にカイロ大卒と小池氏が書かれてしまった。そういう訳で、その後カイロ大卒で通したという。ただ、小池氏は都知事選の際に「卒業証書」と「卒業証明書」を公表している。また、カイロ大側も小池氏が卒業した記録があると複数のメディアに回答している。真偽は分からない。この告発女性も含めて誰かが嘘をついているようだ。いろいろな噂が飛び交ってはいるが、愚生はこれに関して、どうも首席卒業というのは、言い過ぎた感があると思う。そして、卒業に関しては、大学側が認めているのだから嘘ではなさそうだ。ただ、コネで入学して、コネで卒業した疑念はありそうだ。しかし、そういうことを問いただせば、野球選手や政治家、金持ちのドラ息子とコネ入学など掃いて捨てるほどいる。推薦枠がなかった昔の国立大以外は、コネ入学など珍しい話ではない。というか、私大のスポーツ推薦や単願の推薦入学など、今でも日常茶飯事だ。森元首相など、自分ではっきりと入試では名前しか書かなかったと言っている。江川卓など、親父が慶大に行かせるなどと、上から目線で発言して落ちた例はあるが・・。そういえば、桑田の早大偽装事件などもあった。ネットにあった話しだが、カイロ大も卒業証書を免罪符のように売っていた時代もあるというから、小池氏が在籍したことは間違いなさそうだ。愚生の個人的な感覚だが、小泉首相や安倍首相の英語力に比べれば、小池氏の英語力のほうが遥かに優る気がする。そして、小池氏がカイロ大卒だからと言って、選挙で当選したわけではない。愚生の住む地域の市議選でも、東大卒の肩書きでも落選。Fランク私大であっても当選する。この事実から、あまり選挙の当落と学歴は関係がなさそうだ。いずれにせよ、小池氏の経歴は嘘とは言えないが、誇張された部分があることは事実だ。ところで、愚生が学生時代に欧州一人旅をした時に、スペインで最近まで刑務所にいたという若者に出会った。お互い下手な英語だったため、意思の疎通は完全ではなかった。ただ、現地の不良に取り囲まれた際に、彼に助けてもらった。彼自身は、アラブ人だったが現地人と話していたので、スペイン語も話すことができたようだ。日本に居れば、外国語と言うと何か特別なように聞こえる。しかし、欧州に行けば何か国語も流暢に話す人は多い。移民が多いカリフォルニアなど、スペイン語が標準語のように使用されている。小池氏の首長としての行政能力には疑問を持つから、都知事の再選だけは止めて頂きたい。しかし、経歴詐称と大騒ぎするような問題ではない。昨今、大卒が6割を超える日本では、学位など何の役にも立たない。何ができるかという、本人自体の実力が求められる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

どうも生臭い話になってきた。

13  今朝のNHKニュースで、和歌山県の実業家・野崎幸助氏の急逝を取り上げていた。野崎氏は「紀州のドン・ファン美女4000人に30億円を貢いだ男」を出版したことで話題となった人物だ。金があるところに美女が集まるのは、古今東西どこでも同じだ。野崎氏は1941年生まれというから、愚生よりは年上だ、愚生など、まだまだ精進が足りないと痛感する。地元の中学校を卒業後、多くの商売を手がけ、資産は数十億円だそうだ。その野崎氏は、今年2月に21歳のファッションモデルと結婚した。近隣住民によると、「自宅で倒れて救急車で搬送され、そのまま亡くなった。しかし、つい先日までピンピンしていたから驚いた」という。そういうわけもあって、通夜が営まれることになった日は、全国紙やテレビ局の記者も現地に大挙したという。野崎氏の遺体を司法解剖したところ、致死量を超える覚醒剤成分が体内から見つかった。血中濃度を測ると通常1回で使う量よりはるかに多く、自分で使ったとは考えにくい。そのため、事件の可能性が浮上し警察が調査することとなったようだ。ただ、通夜に出席した親族は「55歳年下妻のSさんが通夜の最中なのにスマホとタブレットをずっといじっていて、喪主の席にほとんどいないし、誰にも挨拶しない。さらにスマホを見ながらヘラヘラ笑っていた。」という。こういう話を聞くと、愚生は腹立たしい気もする。しかし、お金目当ての結婚だったのだろうから当たり前なのかもしれない。つくづく、子猫や子犬も同じだが、若いって素晴らしいと思う。一方、孫くらいの歳の女性からすれば、野崎氏にはお金以外にとりえなどない。いくら若い21歳と言っても、旦那に何十年も生きられては自分の自由な人生がすり減ってしまう。早々に逝って欲しかったというのが本音だろう。致死量の覚せい剤が血中から出たという事で、どうも生臭い話になってきた。警察は、女性一人の犯行ではなく、取り巻きがいると疑っているようだ。なぜなら、致死量の覚せい剤の入手経路を洗っていけば、関わった黒幕を見つけられると踏んでいる。若妻は北海道出身で、21歳で美容師の専門学校生だった。そして、妻の親戚は彼女の結婚すら知らないという。怪しいかぎりだ。身の丈に合って、周りは皆な還暦過ぎという老いた環境にいる愚生には、縁のない話だ。ただ、腹上死というなら羨ましいと思うが、他殺ならば痛ましい。数年前の話しだが、田園調布の自宅で外科医師が40歳くらい年下の若妻を射殺した事件があった。今回もそうだが、不釣り合いなものは必ず破綻する。そう思うと、こういうニュースは愚生にとってはよい戒めとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

残されたオーナーはどのようにしていく?

Pb13 シェアハウス「かぼちゃの馬車」のスマートデイズは経営が立ち行かなくなって破綻した。普通のサラリーマンに、割高な1億円を超えるシェアハウスを何千棟も販売した。残されたオーナーは、今後どのようにしていくのだろうか。物件の価値は、実売価格よりも3割から5割以上も低いのが実情だ。可能なら、社員寮などとして一括賃貸が良いだろうが、借り手は容易に見つからない。また、返済先は今問題になっているスルガ銀行だ。借入金利は平均で3.5%と高い。スルガ銀行の不備もあるなら、金利をほぼゼロに近い数字まで下げてもらう交渉をすることも一考だ。しかし、借りた元金は返す必要がある。時間をかけて返済し、更地価格まで残債が減った時点で売却するしかない。または、シェアハウスを任意売却後、残金を分割で返済する方法が妥当だ。契約だから、購入した投資家にももちろん非はある。不動産投資をしっかりと学び、シミュレーション計算ができれば、このような物件には決して手を出さない。銀行が融資をするくらいだから、間違いのない物件だろうなどと、安易に考えたことが問題だ。スルガ銀行は、地方の不動産購入に対しても、金利4.5%程度で貸し出している。地方のRC構造のマンションなども、今回のかぼちゃの馬車の投資家と同じくらい危険がある。さらに、愚生が旅行して散見した二、三階建ての賃貸アパートも問題だ。島根県や鳥取、香川、徳島、淡路島にまでにも多数建設されていた。これに伴う、不動産のサブリース(転貸借)契約を巡るトラブルも増えている。アパート経営などで、リスクを伴う仕組みを十分に理解しないで締結する人が多い。日経新聞には、ローンで不安だという、東京都内の40歳代の男性の話しが載っていた。70歳代の父親がアパート3棟を建て替え、不動産業者とサブリース契約を結んだ。業者に一括して借り上げてもらい、入居者にまた貸しする内容だ。ところが建て替えから10年近くたち、入居者を確保していくため家賃の減額を求められる可能性が出てきたという。その男性は建て替え時の借入金の連帯保証人になっており、賃料収入の目減りは本人にとって死活問題だ。「長期間借り上げる」「安定した家賃収入を保証する」などを謳うハウスメーカーとタイアップして、建設資金を地銀が融資する。アパート経営は、経済状況などで入居率が悪くなったり家賃相場が下がったりする。老朽化した建物の修繕対応も欠かせない。借り手がいなければ、借り上げ業者から途中で家賃の減額や解約を迫られる。そして、建設した際の借入金の返済に行き詰まるというのがトラブルの例だ。業者と締結する契約は、アパートの借り上げ賃料が決められていても、同時にその期間中の賃料の減額請求ができるといった条項が入っている。業者がリスクを背負わないようにしているためだ。借地借家法は一般に貸主よりも立場が弱い土地や建物の借り手を守る法律だ。サブリースの関係図でみると、個人の所有者に対して借り手は業者だ。同法が定める賃料減額請求権を業者が行使できる。国土交通省の登録業者の管理するサブリース物件戸数は2017年末で290万を超えるという。これが金融破綻すれば、大変なことになる。愚生の知り合いも、年金生活者なのに多額の資金を借りて投資している。時は得難く失いやすしなどと急かされて安易に賃貸アパートを建てれば、「道理を破る法はあれども、法を破る道理なし」と自己破産の道に進むしかなくなってしまう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧