ペット

2020年11月 4日 (水)

愛するものを見送った後に聞く歌

昨日、15年近く飼っていたロシアンブルーが逝った。少し前から苦しそうにしていたので、可愛そうなため早く向側に逝って欲しいと願っていた。しかし、実際に亡くなってしまうと虚脱感というか、悲しくてやりきれない。骨壺を前に、香を焚いて気分を静めるが気が滅入る。親父が死んだときは、それほど悲しいとは思わなかったのが不思議だ。当時は、子育てと会社人間だった。そのためか、身内の悲報に感じ入る余裕さえなかったのだろうか。今は子供たちが連れ合いを見つけて家を去った後は、老夫婦と老猫の三人暮らしだった。そのため存在感の大きい老猫がいなくなると、人口密度が大きく減った気がする。老猫は夕飯の一時間前からテーブルに陣取っていた。そしてカミさんが持ってくる自分用の魚身が遅いと怒っていた。子供たちが去った後は、自分が一番だと悟っている老猫が我儘に振舞っていても可愛かった。老猫が新たに社会生活をするわけでもないから唯々可愛いがっていた。老猫の遺品を見ると思いだすので、不要になったキャツタワーやトイレキットなどは捨てた。消耗品というか、猫砂やヒルズの餌なども捨てようかと思った。しかし、手付かずの品なのでペイペイフリマに送料程度の価格で出品した。これで、もう決して猫は飼わないという決意を揺るがせないためにもすべて無くしたかった。前に飼っていたラブラドルレトリバーが亡くなった時は、まだ50過ぎだったため流石にそういう気にはならなかった。しかし、今回は自分の身の末も怪しくなってきたので、寂し行けれど身軽にすべきだと思った。昨日から「別れの磯千鳥」という歌を何回も効いている。母が好きでよく口ずさんでいた。愚生は、いい名づけだった母の彼氏が戦死したからだろうかと勘繰っていた。戦死しなければ、愚生は存在しないのだから微妙な立場ではあるが。しかし、愛するものを見送った後に聞く歌としては最適だ。

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

会うは別れの始めとは

Img_04101
昨日、iPhone6sのバッテリー交換中に、バッテリーから発火した。バッテリーを少し曲げたのが原因のようで出火した。あっという間に、筐体の中のバッテリーが写真のように真っ黒になった。シャーシーも高温になったので、機器を完全に壊したと思った。まぁ2年くらい前に、型落ち品のiPhone6sを購入したため、簿価ゼロに等しいからと自分を慰めた。バッテリーは、何回も繰り返し使うことで劣化することは知っていた。しかし、劣化したバッテリーは内部ガスの逃げ場がなくなり、膨張現象が起こる。さらに、膨張したバッテリーにストレス(圧力)を加えると発火するとのことだ。今ままで、2回くらい自分でバッテリー交換をした時には問題はなかった。ネットで調べると、iPhoneのバッテリーは強い粘着剤で本体に貼り付けられている。そのため、バッテリーを無理やりはがそうとしたときに、バッテリーを傷つけて発火するというケースが多発しているという。当に愚生のケースだ。しょうがないので、発火した後のごみを取り除き、ダメ元でバッテリーを交換してみた。充電して使ってみると、問題なかったので儲けた気分になった。バッテリー交換時の火傷リスクが非常に高いのであれば、交換は自分でやらない方がよいと思う。今後はバッテリーのはがし方を理解している修理店に依頼しようと思った。自分のiPhoneはともかく、カミさんのものは修理店に依頼した。M市辺りの修理店では、2700円くらいだから自分で交換する費用と大差ない。ところで、15年近く連れ添った愚生宅のロシアンブルーが早朝に帰天した。部室飼いだったため、サラリーマンをしていた愚性より家にいる時間は長かった。本人は自分の住処に、愚生を置いているつもりだったようだ。死期が判るのか、何時もと違う場所に移動して死んだ。よほど痛かったようで、無口な猫だったが死に際は大声で泣いていた。カミさんがお腹をなぜてやると少しは楽なようで泣き止んだ。息子たちが家を去り、次に最後の息子だった猫にも旅立たれると寂しくなる。今日は友引だが、お寺では供養をしてくれるというので火葬を依頼した。この歳になると、後のことを考えれば、もうペットは飼えないと思う。「会うは別れの始めとは」という歌もあるが、別れる辛さを考えれば、もう一度生き物を飼う元気は起こらない。

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

苦しそうな姿を見るのは辛い

Dsc09633
愚生宅には、やんごとなき血統を持つロシアンブルーがいる。暇な主人と共棲するロシアンブルーで、愚生や妻を顎でこき使う威厳を備えている。飼い主より遥かに血統は上であるし、誰がみても眉目秀麗だ。犬猫病院などに行けば、中年のお姉さんから「イケメン」だと声をかけられ、猫を触らして欲しいと懇願される。愚生自身のことではないが、何時も誇らしい気持ちになる。人の年齢では75歳くらいだというから天寿とまでは言わないが、いつ逝ってもおかしくはない。ショーキャッ系の純粋な血統種だから、野良猫のような力強い生命力はない。そのため食に対しても、非常に淡白だ。飢えたことのない血統種の彼等は、餌など探すDNAなど持ち合わせていないのだろう。そのせいか、友人が飼う捨て猫と違い家の中の壁や衾を傷めたりはしない。また、置いてある食べ物に手を付けたりはしない。育ちの良さが窺えると言ってしまえばそれまでだ。その威厳のある猫だが、15歳近くにもなり流石に体調は良くない。内臓から出血しているようだから、そう長くはない気もする。いずれにしても15年間もお世話になったのだから、何かあった時に飼い主が家にいないのでは困る。そう思ってGo to travelで予約していた旅行を違約金を払ってキャンセルした。旅行は今でなくとも可能だ。しかし、猫の余命は待ってはくれないから軽重の度合いは無限大くらい違う。実の子供たちが巣立って、残されたロシアンブルーが唯一の子宝だった。彼は生まれてすぐに愚生宅に来た。一頭飼いだから、本人は猫だとは思っていない。そのせいか愚生らに遠慮もしない。食事の時でも、愚生に持ってくる一皿目と猫用の魚実が入った茶碗が同時で配膳されなければ不満を漏らす。妻が申し訳ないと謝りながら、猫の機嫌を取りなすことも多い。長い間一緒に暮らしていたため、猫語でも彼の意志は十分に理解できる。親心としては長く生きて欲しい。しかし、苦しそうな姿を長い間見ることも辛い。以前に飼っていたラブラドルレトリバーの時も、半年くらい辛い姿を見ていた。ただ、救いは目の前で息を引き取ったことだ。今回もそう望みたいものだ。

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

何か寂しい気がするが

Image0
愚生の住む〇〇団地は、昭和40年前後に分譲された。それは、サラリーマン向けの土地付きの小さな建売り住宅だった。東京郊外の南に位置するM市は、当時はタヌキやキツネが出没するような所だったに違いない。その地に移り住んだ人たちは、地方からのお上りさんが多かった。30代半ばから40台の世代が、分譲された小さな住宅を購入した。今を昭和で数えれば、昭和95年だから55年も前になる。初めて住んだ世代は、85歳から90歳くらいになる。そういう訳もあって、最近はやたらとあちこちで葬式が多い。昨年は、愚生宅の裏の家で、今年はお隣がご不幸だった。85歳、94歳というご高齢だから、いずれも天寿だろう。そして、まだまだ予備軍と言うと失礼だが、後に続く人々が多く住んでいる。最寄り駅や市役所から徒歩圏と利便性が良いせいで、臨終まで住む人が多いようだ。平均的なサラリーマン層が多く、子育てをして、住宅ローンを返した後に、他に移り住む余力がなかったのだろう。そういうわけで、土地バブル期に移り住んだ愚生などは、30年経ても未だに最近来た人といわれることがある。平成の初期だから、古い原住民より四半世紀後の移住だ。そういう愚生も、年を経て子供たちが巣立ってしまうと、老夫婦と老猫一匹になった。何か寂しい気もするが、愚生の両親も同じ気持ちで歩んできたのだろう。ところで、猫と言う種族は、よく自分の環境を見ている。子供たちがいなくなると、徐々に態度が大きくなってきた。老猫は、こちらの言うことがほとんど解るようで「お休み」と言えば、「ニャゴ」と偉そうに返事をする。本人は知らないだろうが、彼の爺婆はチャンピオン猫だった。そのため、愚生と違ってやんごとなき血統の身だ。親の欲目かもしれないが、その辺の野良猫と違い何か風格が備わっている。お互い年老いてきたから、次に飼うペットはないだろう。田舎育ちだった愚生は、小さい頃から犬や猫、鳩、ニワトリ、カナリア、セキセイインコ、亀、鯉、金魚など多くの生き物を飼ってきた。このように人生を振り返るようでは、今流行の武漢ウイルスに付け込まれてしまう気もする。

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

歳を重ねると考えることが小さくなる

13_20191007080001  昨日、カミさんが田舎から返ってきた。愚生は、酒を飲んでいたせいもあって就寝中だった。愚生宅の「番猫」のりりさんは、小さな声で10回も「ニャー」と泣いて抗議したという。さぞ心細かったのだろう。朝起きて愚生がダイニングテーブルに行くと、仁王立ちのりりさんは、まず自分の餌をくれと顔で促した。よほど愚生のことが信用ならないので、餌を与えるのを忘れるのではないかと心配していたようだ。高貴な血筋のりりさんは、餌を入れたからと言ってすぐに食べるわけではない。それで納得して、あとは猫食いというか、気まぐれに腹のすいた時に食べる。生まれたときから餌に飢えたことがないせいか、ガツガツ食べるという事がない。生誕60日で、ペットショップから愚生宅に下野した。そのため、自分が猫だということを誰からも教えなられていない。そのせいか、序列についても遠慮するとかということはない。家も自分の物だと思っているから、爪で引っ掻いて傷つけるということはない。動物病院に愚生が子供抱きして行くと、血筋の良いせいか、若いおばさんから「イケメン」だと褒められる。愚生の事ではないが、何か自分ことのように嬉しくなる。爺さんも婆さん猫も、チャンピオン・キャッツとあって血筋の良さが顔に出るのだろう。つくづく、ペットショップに払った金が惜しいとは思わない。やはり、イニシャルコストは大切だと思う。見目麗しくもない野良猫に、可愛いと言って話しかける友人には同情したくなる。味噌も糞も一緒にしないで、日本語を正確に使用してもらいたいという気分になる。ところで、今日は歯医者の検診の日だ。若くてきれいな検査技師に当たれば、朝から運が向いてくるだろう。歳を重ねると、考えることが本当に小さくなる。愚生の脳も委縮してきているのだろうか。

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

愚生が誇ることではないが・・

32000001_11b  愚生の家には、10年間半くらい住んでいる猫(ロシアンブルー)がいる。第18回FIFAワールドカップは、2006年6月9日からドイツで開催された。開催日に来たため、その日を忘れることはない。誕生から60日くらい経って、半額セールになった時に来宅した。もちろん、本人はそんなことは知る由もないため、遠慮など微塵も見せない。生まれてから、ゲージ育ちのため、飢えた経験はない。上げ膳据え膳の、室内一頭飼いの暮らしだ。そうゆう訳もあって、自分自身が猫だという認識はないようだ。愚生の欲目だが、スターウォーズのマスターヨダにそっくりの顔をしている。思慮深い顔なので、猫が何を考えているかは、表情でだいたい読み取れる。二週間くらい前に、10年間くらい使用したキャットタワーが古くなったので、クリスマスプレゼントのつもりで買い替えてやった。余程それが気に入ったのか、それ以来、昼、夜、寝る時も、キャットタワーから離れることがない。一頭飼いのため、自分の縄張り意識をしっかりと持ち、自分のペースで生活している。そのせいか、愚生の部屋は自分の縄張りでないことを十分知っている。愚生がいない時に、かみさんの後についてしか入らない。一方、キャットタワーは完全に自分のものだと思っている。二番目に高い留まり場に寝ていると、愚生の目線より低くなる。上から目線で眺めていると、何を思ったのか一番高い留まり場に移動した。そして、せいいっぱい顔を天井に向けながら愚生を上から見下ろす。自分の縄張りに近づかれたのが嫌だったのだろうか。どうも、自分の方が愚生より上位者だと威嚇しているようだ。血統書には、祖母猫や祖父猫は、チャンピオンキャツとある。事実かどうかは別として、飼い主と違いオスだが見目麗しい姿をしている。別段、愚生が誇ることではないことはわかっている。しかし、みっともない野良猫をあばたもえくぼだと言いながら飼う友人に、血は争えないと上から目線で言うのは愉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

家のロシアンブルー

Image_2 毎年、正月に家族そろって記念撮影をする。正月といっても、いつも普段着姿のため他人には見分けがつかない。家に居るロシアンブルーも、家族の重要な一員だ。誰かに抱きかかえられて写真に入る。しかし、その猫さんは、抱っこが嫌いなため長い時間の撮影は難しい。マスターヨダのように表情がすこぶる豊かなため、機嫌の悪いときは堕天使のような顔になる。ご機嫌をとって何枚か撮影しないといい写真にならない。カメラは、小生の道楽で、一眼35ミリ撮像素子を備えるため、誰が撮ってもすばらしい写真が取れる。生まれてすぐに親から離され、ペットショップの小さなガラス張りのゲージで育ち、生後60日くらいで家に来た。本人は、一匹室内飼いのため、猫という自覚は、全くない。大人ばかりの家で、可愛がられているせいもあって、威風堂々としている。そして、買って来た恩義のある小生以外には、抱っこを簡単にさせてくれない。そういうわけで、いつも撮った写真の小生が猫の可愛い顔に隠れてしまう。不満はない。還暦過ぎた加齢臭の伴う顔より、高貴な血統を持つロシアンブルーのお陰で、写真全体が美しくなるからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)