日記・コラム・つぶやき

2022年7月 3日 (日)

トータルはゼロだと分かっている

Download_20220703105901
明るい話題というわけではないが、米大リーグではDH制が従来のア・リーグに加え、今季からナ・リーグでも始まったことに伴いルール改正がされた。この変更は投打の二刀流で活躍するエンゼルスの大谷翔平選手が恩恵を受ける。「大谷ルール」は、先発投手が指名打者を兼務することを可能にするからだ。今季から導入されたこのルールは、世界野球ソフトボール連盟主催の国際大会でも導入される。このルールの変更は、二刀流を目指す選手の後押しとなる。しかし、恩恵を受ける大谷君は孤軍奮闘するが、エンゼルスは精彩を欠くままだ。昨日のエンゼルス打線は1-8で敗れた。わずか2安打だ。今日も3安打と振るわない。先発投手が大量失点を喫し、貧打で敗れる試合が続いている。特に、大谷君の前を打つ主砲のトラウトは、前日から7打席連続三振だ。愚生自身は大谷君を応援するが、エンゼルスはどうでもよいと思っている。だから、トラウトが不振であっても気にはならない。しかし、打線があまりにも不調であれば、投手に勝ちが付かない。ところで、米大リーグ機構は、6月の月間最優秀選手MVPを発表したが、エンゼルスで4勝(1敗)、防御率1.52を記録した大谷翔平は投手部門での初選出はならなかった。ホワイトソックスのシースが2勝1敗、防御率0.33が選ばれた。また、野手部門でアはアストロズの指名打者アルバレスが打率4割1分8厘、9本塁打、28打点で初選出された。愚生がとやかく言う話ではないが、二刀流選手を全く考慮にいれていない選出方法には問題がある。スポーツ観戦は、愚生のような年金受給者の溜飲を下げる役割を果たす。しかし、反面贔屓にするチームや選手が活躍しないとストレスが溜まる。トータルはゼロだと分かっていても、今日のようにヒットも打たないと腹が立つ。いずれにしろ、終活は楽しい日々にしたい。そう思うと、今年逝ったお袋は、自身の生き方が一番大きいが、愚生から見て少し可哀そうな気もする。

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

明らかに岸田政権の失態だ。

Maxresdefault_20220702092101
昨日は、米国債が買われ利回りが大幅に低下した。やはり、低調な経済指標を受けて景気後退懸念が強まったからだろう。その結果、ドル・円相場はやや値を戻し135円台前半で取引された。米国債利回りは急低下、10年債2.88%。S&P500種株価指数は前日比1.1%高の3825.33。ダウ工業株30種平均は321.83ドル(1.1%)高の31097.26ドル。ナスダック総合指数は0.9%上昇した。特に、ハイテク銘柄中心のナスダック100指数は0.7%値上がりした。ところで、日本での大きなニースはプーチン大統領が極東の資源開発事業「サハリン2」の運営を新会社に移管するよう命じる大統領令に署名したことだ。盗人にも三分の理だが、これまでの契約を反故にして油田設備の接収をするのであれば、今後ロシアに投資する馬鹿はいなくなる。お花畑外交で、安倍元首相はプーチンとダンスを踊っていたと思っていた。しかし、失礼な言い方だがプーチンと言う猿回しの猿だったことが証明された。哀れと言うか、脳天気なのだろうか、呆れてしまう。その後政権を受け継いだ岸田首相は、「大統領令に基づき、契約内容でどのようなものを求められるか注視しなければならない」と曖昧で不明な発言をしている。そして、「事業者としっかり意思疎通をはかって対応を考える」と失政を曝け出した。魑魅魍魎なプーチン相手に軽くあしらわれたようだ。ロシア企業に利権を売却したところで、ロシアからの資金の引き出しは認められないというから接収されたことと同じだ。明らかに岸田政権の失態だ。プーチンがこうした強硬策に出ることは以前から予想されていた。これまで、日本政府は「ロシアにおける権益を守る」という虫の良いシナリオに惚れこんで、ロシアが日本向けのガス供給を停止することを見越した官民での対応策を協議してこなかった。岸田首相は、「ロシアの真意を精査する」と言った愚かなことを、この期に及んで言っているから、付ける薬はない。

| | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

夜明け前が一番暗い

20180303__1
ブルームバーグに米国株の指標S&P500種株価指数は1-6月(上期)に1970年以来の大幅安を記録したとある。愚生も息子に勧めたこともあって、気になってETF価格を調べてみた。一年前くらいに勧めたため、円安も手伝って当時よりは未だに10%位は含み益があるようだ。10年くらいのパフォーマンスで評価するようにと言ってはいたが、他人事とは言え安心した。今後のことは分からないが、今現在は悲惨なパフォーマンスではなさそうだ。記事では、ドルベースでS%&P500種は1970年1-6月期に21%下落した。当時は現在の環境に匹敵するような高インフレに見舞われていた。しかし、1970年後半に同指数は27%上昇した。また、2020年には上期に4%下落したが、下期には21%の大幅高となった。S&P指数アナリストによれば、1957年以降、上期にマイナスのリターンとなった年で下期も同様にマイナスだった割合は約50%だったという。今回の予想では、市場が既に緩やかな景気後退の可能性を織り込んでいるため、2022年後半の見通しは良好に見えるとの見方だ。ただ、全てが「タラ・レバ」の話だから今後のことは分からない。愚生の拙い経験からは、八方ふさがりの夜明け前が一番暗い。堪え難を耐え、忍び難を忍んで初めて、「人のゆく裏に道あり宝の山」だと思っている。2020年2月~3月頃のコロナショック時に、株やマンションを買って持ち続けた投資家は大きな含み益が存分にある。そう思うと、一喜一憂することなしに、企業の将来のファンダメンタルを見て投資する姿勢が必要だと思う。愚生ごときは、他人には正しい講釈をするが、自分自身は従わないので爪に火を点す生活だ。つくづく、投資とは難しいものだと思う。

| | コメント (0)

2022年6月28日 (火)

不動産は3ヶ月で売却できる価格が資産価値

E099d407
今朝、テレビ番組を見ていても興味のない内容ばかりだった。そのため、ユーチューブで何か面白いものでもあるかと探してみた。ユーチューブの中に楽待という不動産投資動画がある。多くの成功体験をした投資家や不動産投資に興味のある人達のための動画だ。楽待が人気なのは同じ思いの人たちが多いのだろう。ただ、気になるのは会社を辞めて専業投資家を目指すという若い方々だ。サラリーマンという安定した地位を捨てて、不動産投資で本当に事業が成り立つのだろうか。愚生も勤め人をして小職を得ていたが、人件費や開発費、さらに言えば今後の潜在ニーズを先取りした投資と頭の中はいっぱいだった。会社という事業は、誰かが引っ張って初めて成り立っている。話を聞いていると不動産投資家を目指す人たちは、ほとんどがサラリーマンの負け組の人たちだ。「サラリーマンとは気楽な稼業・・・。」と作詞した青島幸男は、文筆家で自営業だったからそう思えたのだろう。サラリーマン競争で勝ってから、独立するのなら理解できると訝しげな目で見たくなる。なぜなら、愚生自身は1980年後半の土地バブルを経験しているからだ。数年で土地値が5倍に跳ね上がり、変動金利が8%にもなった。そして、銀行の総量規制での貸し剥がしで多くの不動産会社が倒産した。バブル崩壊が30年以上も続き、地方の土地は未だに下げ続けている。今回の金融緩和で、長短の金利イールド差がないため銀行は貸し場を求めてアパート建設ローン融資に走った。借りる方は低金利でフルローンに近い借り入れをしている。これでは金利が上昇すれば、担保割れですぐに債務超過になる。リーマンショク後の異常低金利が永遠に続くはずはないだろう。三十代の投資家がとくとくと自分の成功談と言うものを語っている。しかし、その中で愚生が一つ欠けた点が気になってしょうがない。それは、投資はお金を入れるのだから、回収と言いうプロセスが必要だ。しかし、その部分は明確に語られていない。不動産を買うには、お金を払えば簡単に買える。買う方は、お金と言う何にでも交換出来る品物だ。一方、不動産は可逆的なものではない。要するに、売却しようと思っても、相対取引のため買い手がいなければ無価値だ。限界分譲地のように、放置されている土地は多い。また、減価償却から言えば木造なら22年経てば上物は1円だ。RC造りでも償却は47年だ。キャピタルゲインとインカムゲインの総和で語っていない。愚生は「不動産は3ヶ月で売却できる価格」が資産価値だと思う。愚生は少子高齢化が進行中の日本で、はっきり言って不動産価値を安定なものだと認めていない。そのため、売却ができない自宅以外の不動産は持つものではないと思っている。その金があれば、金融資産で運用すべきだと思う。株で儲けて不動産投資や太陽光パネル投資した人の話もあったが、金融緩和で株の上昇局面で儲けただけだろう。簡単に儲からないから、不動産などに資金をシフトしたのだろう。いずれにしろ、REITは自己資金が50%以上で運用している。今の環境なら金利が1%でも上昇すれば不動産は20%位下落してもおかしくはない。不動産相場を自分で甘く見積もるから安定資産だと思っているだけだ。換金性の疎いものに変換すれば、元に戻すには相当のディスカウントが必要なことが語られていない。

| | コメント (0)

2022年6月27日 (月)

希望に起き、努力に生き、感謝に眠る

Dscn0928_1
今日は朝から、エンゼルスvsマリナーズ戦をテレビ観戦した。両チームとも何時も弱く優勝争いとは無縁だ。ところがNHKでは優勝争いをしているダルビッシュ(パドレス)先発の試合は放映されない。公共放送なのに「何か間違っているのではないか」と思うのは愚生だけだろうか。愚生自身はエンゼルスの勝敗には興味がなく、大谷翔平君の活躍を見たいだけだ。アナハイムやロスアンゼルスとは全く無縁だからだ。オークランドがフランチャイズのアスレチックでもサンノゼに移るのなら、若い頃よく出張に行った縁で応援しても良い。愚生の場合は、学生時代は南海ホークスを一心不乱に応援した熱い思いがある。大学一年の時が最後の優勝だった。その後、野村克也がサッチー問題で解任されてからは、南海を応援する気になれなくなった。振り返って考えると、愚生は南海ホークスファンと言うより、野村克也ファンだったのかもしれない。ただ、後から知ったことだが野村克也のあのジメジメとした性格は好きに離れない。知っていたら応援しなかったかもしれない。ところで、野村が南海を女性問題で首になったため、これまで南海ホークスミュージアムには野村克也に関係のある展示はなかった。サッチーと野村克也が逝った後、クラウドファンディングでミュージアムの改装を企画し、野村克也関連の品が展示された。改装の目玉は、野村克也の展示という事で資金を集めた。予想を超えるクラウドファンディングとなり4千万円以上も集まった。愚生も野村が可哀そうだと思い20万円弱も寄付した。こんなに資金が集まるなら、爪に火を点す愚生などの寄附は不要だったと後悔した。見返りに野村の金言が印刷さされた木製バットを貰った。彼の人生観なのだろうか「希望に起き、努力に生き、感謝に眠る」この言葉は凡庸な愚生にぴったりだ。会社勤めをしていた頃、自分の頭を使うことだけは無料だからと何時も勉強したことを思い出す。そのかいもあって、小職を得てなんとか住宅ローンを払い終わった。棺桶に足を入れる歳になって、当に感謝に眠るという心境だ。

| | コメント (0)

2022年6月26日 (日)

散り際は美しく

64e
一昨日の米株式相場は大きく反発した。経済指標でインフレ期待の数字が下方修正されたことが材料だったようだ。ドル・円相場は小幅上昇し、135円台前半だった。S&P500種株価指数は前日比3.1%高の3911.74と、2020年5月以来の大幅高となった。週間ベースでは6.5%上げて、約1カ月ぶりの大幅上昇となった。ダウ工業株30種平均は823.32ドル(2.7%)高の31500.68ドル。ナスダック総合指数は3.3%値上がりし、愚生も胸をなでおろした。やはり、6月の米ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)が、中長期のインフレ期待が下方修正されたことが大きい。速報値では14年ぶり高水準となっていたからだ。米セントルイス連銀のブラード総裁は、リセッションを巡る懸念について、行き過ぎだとの考えを示した。また、株式相場はこれで2日連続高と、非常に短期的なベアラリーを示唆しているという見方もある。FOMC当局者の議会証言も通過したことで、この相場上昇は今後数日にわたって続く可能性があるという。あくまでも予測だから、事実とは限らないが・・・。ところで、愚生は時々サラリーマン時代の過去を思い出すことがある。サラリーマン社会では肩書があると自分が偉くなったと思う輩がいる。肩書が彼自身の増長を押し上げているのかもしれない。しかし、本来は肩書で仕事をするのではなく、能力に見合ったものを付与されるべきだ。実際には会社のリストラにあうと右往左往して、自分以外の者は目に入らないような人が多い。他人をリストラにして会社に貢献すると平気言うが、少しでも自らの損となることには大騒ぎする。愚生の知り合いでも、あちこち他人の不運を詮索する情報屋がいた。しかし、自分自身がリストラの最右翼だという事を本人が知らないから滑稽だった。愚生も小職を得たことがあったため、人事や組織の裏の考えを読むことは慣れていた。また、晩節を汚す行為で自分自身を貶めた諸先輩を見てきた。そういう経緯から、散り際は美しくと常々思っていた。会社に貢献するには、潔く後進に道を譲ることだと思っていた。勤め人を辞め五十五歳からの自立は容易ではないと不安はあった。ただ、会社という組織内にいても、将来展望が見えないということを何度も経験した。そして、必死で克服してきたことが、会社からの独立の糧となった。そう思うと、貶められながらも会社にしがみ付く哀れな連中を横目に、美しく散った愚生の決断は正しかったと確信する。

| | コメント (0)

2022年6月24日 (金)

僅かな資産の透明化

Wwl
米動画配信大手・ネットフリックスは、全従業員の4%に当たる300人を解雇すると発表した。人員削減は先月の150人に続いて2回目だ。やはり、有料会員数の伸びが止まりとまったことから、コスト削減を強化するのだろう。対象は主に米国内の従業員で、収入の伸び鈍化に合わせてコストの増加を抑えるためだという。愚生はアマゾン・プライム会員のため、同様のサービスをアマゾンから享受している。ネットフリックスはこの数カ月間、有料会員数が伸び悩んでいるのは、そろそろ市場が飽和したからだろう。1-3月期の有料会員数が減少したのに続き、4-6月期はさらに落ち込むとの見通しだ。ここ二年のコロナバブルが弾けた結果なのだろうか。また、EV大手テスラのイーロン・マスクCEOは、幹部に送った電子メールの中で、約10%の人員削減との考えを示した。テスラが今年2月に米証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書によると、2021年末時点の従業員数は9万9290人だった。今回リストラが実施されれば約1万人が解雇される。何処の人員を解雇するのか知らないが、少なくとも中国やロシアは大きな比率を占めることは免れないだろう。適者生存の世界では、栄枯盛衰や盛者必衰は世の常だが、企業とすれば過去に比べ早すぎる気もする。愚生も、日々あいまいな資産はゼロ査定にして、僅かな資産の透明化を図っている。これは親を反面教師として学んできたことからの教訓だ。

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

風にそよぐ葦

Iimg648x12001595983934sio3zx89642
FRBパウエル議長は、大幅利上げにより米経済が景気後退に陥る可能性があること認めた。そして、上院銀行委員会の公聴会では「物価安定を取り戻すことができず、経済に高インフレを根付かせてしまうことだ。」と明言した。要するに、これまでの金融緩和政策でインフレを起こしてしまった。今後、インフレ阻止のために継続的な利上げが必要なことを示唆した。今月のFOMCで政策金利を0.75ポイント引き上げたが、上げ幅は1994年以降で最大だった。金利先物市場の動向によれば、米金融当局は今後も利上げを継続し、政策金利は来年半ばまでに約3.6%まで上げるという。その結果、景気後退が今後2年間のどこかの時点で起きるという見方が強まっている。パウエル議長は「米経済は非常に力強く、金融政策の引き締めに応じる態勢が整っている」と語ったが、根拠などないだろう。また、質疑応答で「金融当局として力強い労働市場を維持しつつインフレを鈍化させることが一段と困難になっている」というから、先々のことは分からない。愚生のような極東の小さな島で、臨終前の終活中の輩になにか関係があるのだろうか。米国がインフレになれば、日米金利差は更に開き、円安が進むだろう。輸入品の多い日本では、当然輸入物資の価格は上昇する。ただ、年金の支給金額は変わらないだろうから、年寄りの可処分所得は減ってしまう。また、日本の政策金利も今のまま留まらないだろうから、貸出し変動金利は上昇する。金融緩和で銀行から低金利融資で不動産購入やアパート建設に充てていた人達は大丈夫なのだろうか。風が吹けば桶屋が儲かるというふうに、悪いことの連想ゲームが始まる。人生を断たんでしまった老人たちは、どうすることもできない。石川達三の「風にそよぐ葦」という小説があるが、時代に流されるしかないのだろうか。

| | コメント (0)

2022年6月21日 (火)

価格は在ってないような物

Landmin
ユーチューバーで不動産の解説をしている人は多い。何本も上がっているから愚生も参考にした。昨年はマンションを購入して引っ越そうと思っていたので、熱心に不動産動向を調べた。愚生自身は、住んでいた戸建は売却する気がなかったので、引っ越し先のマンション価格しか調べなかった。先月、知り合いの不動産屋から土地価格が上昇しているから売却しないかと言ってきた。改めて調べてみると、住んでいた近所の物件は金利上昇の懸念からか、ほとんど売れてしまった。また、売り出し価格もコロナ禍より30%近くも強気の設定だった。不動産は相対取引のため、価格は在ってないような物だと思っている。売り主が売り急げば買い叩かれるし、買い急げば高値を掴まされる。愚生などでも、コロナ禍の時は10%以上の値引き要求を出した。また、どうしても買いたいという時でも最低3%の値引き要求は出す。一方、都会と違い田舎の土地などは、買い手が現れなければゴミと同じだから相手の言い値で売るしかない。特に地方の場合、売り別件は多数あるから、よほどの立地でもない限り希望値では売れない。要するにババ抜きと同じで、土地を買っても出口戦略が描けない価格では困る。不動産投資で、地方利回り中心主義という方がいる。彼は利回りで取って出口戦略はないという。しかし、投資であれば売却ができなければ資金は回収できない。家賃で回収しても、最期まで物件と付き合わなければならないというのでは困る。愚生の友人にも、不動産を持つことで快感を得ている人もいる。しかし、相続人が死後に処分するのに困って廃屋のまま放置するようでは困る。立つ鳥跡を濁さずというように、使い勝手のい良い金融資産で残すべきだろう。

| | コメント (0)

2022年6月20日 (月)

期待に違わないと大変つらい

Img_4ac938f3d694db742927b2795600d4574442
今日の試合でロサンゼルス・エンジェルスが三連勝した。しかし、大谷翔平君が活躍しない試合は見ていて味気ない。愚生にとって、エンジェルスの勝ち負けなどはどうでもよいからだ。彼が活躍すれば負けても嬉しいし、勝てばなおさらだ。愚生のようにMLBをみて溜飲を下げている日本人は多いだろう。そう考えると大谷翔平君が時期契約で約50億円/年という契約金は決して高いとは思わない。愚生自身はナショナリストではないが、日本人として誇らしい気分になる。ただ、観戦していて思うことは、斎藤佑樹君のように期待されて活躍できないと本人にとっては大変つらいことだろう。そう考えると世の中の総和は0という愚生の人生観は、理に適っているような気がする。苦労をするより見返りのない善行を積み重ねて、果報を待った方が得のような気がする。貪欲に生きて、晩年に良い死に方をしたひとは少ない。親の七光で当選した政治家でも、小泉進次郎や石原伸晃などは少し時間が経てば薄っぺらな人物だと見透かされる。そして、本人は認識してはいないが世間から侮蔑の対象となる。自分で認識する目を持たない人物だから、もっとつらい立場かも知れない。そういう同類項には、小室圭や眞子様も入るかもしれない。さらに言えば、秋篠宮家なども範疇だろう。目立たなければ、どうでもよいことでも、公人となれば厳しい批判にあう。一度限りの人生なのに、割に合わないかも知れない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧