映画・テレビ

2017年6月 8日 (木)

Huluは、障害の補償として1000円分の金券

Images Huluを運営する日テレが5月17日に行なった大規模リニューアルで、視聴障害が発生したことが新聞記事にもなっている。それが原因で「動画が再生できない」「もう解約したい」という内容の書き込みがネット上にあふれている。愚生もHulu契約をして、パソコンで海外ドラマを見ていたため、システム刷新当日に、Huluに何度も電話して、視聴できない旨を通告した。しかし、コールセンターからは、他では障害など起きていないとの回答だった。やはり、嘘だったのかと改めて憤った。配信のスループットが出ないと伝えているのに、更新ソフトをダウンロードをしろと、的外れの回答だった。これ以上言ってもしょうがないと思い、数日Huluを見なかったら障害は復旧していた。ただし、明らかに前よりは配信が遅くなった感じがする。愚生宅は2G光をパソコンに有線接続しているから、かなり条件はよい。それで速度が出ないのだから、全く映らなかった家庭環境もあるのだろう。いずれにしても、いきなりシステム更新をして、前の環境を残していないというから、障害時に元に戻すこともできない。金銭を扱うシステムではないから、大ごとにはならなかったが、今後は十分評価してから切り替えて頂きたい。セキュリティー強化のため大規模リニューアルといっても、見る番組数が増えたわけではなく、何が良くなったのかもわからない刷新だ。こんなことで、会員増加などするはずはない。逆に、今回の障害で解約が増えたというから踏んだり蹴ったりだったようだ。Huluは、障害の補償として1000円分の金券を配布すると利用者にメールで通知したという。愚生は受け取っていないのか、読まないでゴミ箱に捨てたようだ。1000円本当にくれるなら、溜飲は下がる。テレビ離れが指摘される中で、放送以外の事業強化なのだろうが、市場では動画配信の競争は激化している。通信速度が5G規格になれば、オンデマンド送信は簡単にできる。いずれは、テレビそのものがなくなる日も来るだろう。愚生には、とうていHuluが多角化戦略の柱とは思えない。放送形式の差別化などで優位性が保てるとは思えない。やはり、独自コンテンツの強化などしか対策はないだろう。いままで、電波の独占で胡坐をかいていたツケが回ってきたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

地上波で韓流ドラマが放送されない理由

Img_0   韓流ドラマがテレビ「地上波で放送されない理由」という記事があった。かつては、「冬のソナタ」「チャングムの誓い」など、日本で一大ブームを巻き起こした。しかし、近年、韓流ドラマなる物が多くの人が見る地上波主要チャンネルから姿を消した。愚生などは、未だかつて韓流ドラマなど一度も見たことはない。真っ当な日本人なら、妄想と捏造で歴史を作り出す国のドラマなど見るはずはない。韓流ドラマは、先祖が半島から来た人達には、望郷の念で共感を得るのだろう。しかし、半島と全く縁も所縁もない生粋の日本人であれば、こういう番組を見ることはありえない。なぜなら、その人の人格や教養、政治姿勢までもが疑われる。愚生は、韓流ドラマを録画して見ているなどと聞くと、何かいわくつきの日本国籍の人かと穿った見方をする。蓮舫や辻元清美などと同類なのだろう。少し前まで、朴槿恵は日本批判を繰り返して、国民から喝采を浴びていた。しかし、今は朝鮮李王朝時代の両班のようなご乱心で、拘置所内の独房に繋がれている。朝鮮史をめくっても、彼女ほど無能で無知な閔姫の再来かと思われた人物は少ないだろう。平家物語の冒頭にある「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」を地で行くような生きざまだ。ところで、朴槿恵の功績かもしれないが、日本人の大多数は朝鮮人を嫌いになった。先の話しに戻るが、地上波で放送されない理由は、はっきり言って韓流ドラマはかつてのように視聴率を取れないことだ。その上、流したテレビ局に反感を抱く視聴者も少なくない。愚生などは、韓流ドラマを流すようなテレビ局番組は極力見ないようにしている。なぜなら、儲け主義で、愛国心まで売り飛ばすような商業主義のメディアは危険だから極力排除したい。悲しいかな、今もBSでは韓流ドラマが放送されている。今回の韓国大統領選では、反日色が非常に強いとされる新政権が誕生した。かつて韓流ブームが外交問題で下火になったように、今回もそれを期待したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

電波をスクランブル化すればすむ。

Images 今朝の新聞に、平成28年度末のNHK受信料の都道府県別世帯支払い率が載っていた。地震で契約・収納業務が停滞した熊本県を除く46都道府県で前年度を上回り、全国平均は過去最高の78.2%。首位は秋田の96.3%、最下位は沖縄の48.8%だった。この数値を見て、愚生には思うことがある。政府は、沖縄県仲井真前知事と埋め立て作業の承認と引き換えに、振興予算2兆4000億円を8年間支払うことに合意した。しかも一括交付だから、沖縄県が何にどう使おうと自由だ。支那の提灯持ちのような翁長知事は、基地移設の埋め立ては中止しろという一方、沖縄への振興予算は減額するなという。朝鮮に、「規則とは相手が守ること」という諺がある。翁長知事を選んだ沖縄県民を見ていると、ゆすり・たかりが県民性かと思いたくなる。合意を覆して、基地移設に反対すれば膨大にある補助金は減らされることは当然だ。そして翁長知事が合意を履行しないで、補助金が元に戻ることはあり得ない。反対運動でテレビ映る常連は、官公労と沖縄教祖の退職組だと言われる。現地住民はひとりもいなく、本土からの活動家の応援組も多い。翁長知事は、基地が最大の沖縄発展の阻害要因などと言っている。しかし、沖縄県北部から中部にかけては、基地経済に強く依存しているため、基地の現状維持を願っている。 その証拠に、普天間の辺野古移設容認を掲げていた仲井真氏の得票率を見ればよくわかる。得票率50%を超えた市町村の基地占有率を見れば一目瞭然だ。
・金部町・・・65(得票率)/59%(基地占有率)
・嘉手納町・・57/83
・沖縄市・・・54/36
・宜野湾市・・52/33
例えば、嘉手納町の場合は、米軍軍用地代124億9200万円/年で、町民所得の約32%を占める。仮に、基地がなくなってしまえば今と同じ行政サービスは立ち行かなくなる。これは、自治体内に原発を抱える市町村と同じ構造だ。愚生が翁長知事を苦々しく思うのは、そんなに沖縄県の日本帰属が嫌なら、支那へでも朝鮮にでも行けばよい。ところで、沖縄のNHK受信料納付率が50%以下ということは、規則や約束など守る気はないという県民性なのか。これを正す前に、NHKは見ない人からも強制的に受信料を取るという不公平をなくすべきだ。デジタル技術が進んだ今日、NHK-BSと同様に電波をスクランブル化すればすむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

NHKの民営化を断行すべきだ。

Bnr_nhk006  NHKの新会長に就任した上田良一氏は、受信料制度のあり方を考える「NHK受信料制度等検討委員会」の新設を発表した。設立目的は、放送と通信の融合でNHKを取り巻く社会環境は変化している。技術革新が進み、インターネットで番組が同時視聴できるようになった場合を想定しての受信料制度の議論だろう。いずれにせよ、今の放送法では、ネットから強制的に受信料を徴収することはできない。例えば、スマホやパソコンをもっているなら、NHK受信料を払えという論法は成り立たない。一方、画像や音声の伝搬基盤がインターネットになれば、テレビなど不要になる。愚生なども、オンデマンド視聴ができるHuLuに加入したため、インターネット経由でドラマや映画を見る時間が増えた。インターネット上に、コンテンツがライブラリーのようにあるため録画も不要だ。はっきり言って、受像機を持つから受信料を払えという、乱暴な論理は成り立たなくなった。インターネットでは、グーグルが提供するような、広告で料金を稼ぎ、コンテンツは無料というサービスが多い。放送と通信の融合は、ネットワークの進歩ですでに達成されている。テレビに付属する双方向性機能など不要だ。パソコンやスマホの画面がすでにその機能を取り込んでいる。テレビ局が放送に専念していたときは、競争相手は民放テレビ各社だった。しかし、通信の世界では競合相手が変わってくる。環境が激変する中で、NHKが安定的な収益源である受信料を強制的に得ることなど、どだい無理な話だ。NHKは次世代放送技術といって4Kや8Kを推し進める。解像度が上がれば、大画面が実現できるが、今のゲーム機と同様にコンテンツ製作費用が格段に高くなる。配信方法は、衛星BS/CS、地上波、ケーブル、そしてインターネットと増えてきた。双方向性まで考慮すれば、インターネットで常時同時配信が実現した時には、他の配信手段は不要となる。しかし、無線高速伝送が秒針分歩の技術革新を遂げる中、実現は時間の問題だ。NHKの生き残りは、コンテンツ作成に特化する会社を目指すか、それとも民放と重なる不要不急の番組制作を止めるかだ。ドラマや映画、歌番組などNHKが手掛ける必要はない。早期に、NHKは電波をスクランブル化して民営企業化を断行すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

きれいに映れば地デジ室内アンテナがお得

112 最近は、グーグルマップのストリートビューを使えば、現地まで行かなくてもその付近の状況がわかる。ストーカー行為ではないが、プライバシーが侵害されているような気もする。例えば、母の入居する介護施設と愚兄宅の距離など、地図か無くても簡単に測定できる。ずいぶん前は、都内などの人が多い地域だけのサポートだったが、今ではほとんどの公道は網羅されているようだ。ただし、私道や幅員が不足する赤道(市町村や都道府県で公道認定がさていない)などの道路に隣接する家屋は対象外のようだ。ストリートビューで、いろいろな地域を探索していると、屋外にテレビアンテナがない家もある。実際、愚生の家などは、ケーブルテレビ接続のため地デジの屋外アンテナはない。近くの都営住宅が高層化した時に、東京都住宅局が無料でジュピータテレコムのケーブルを敷設した。古くからの住人だけが対象で、新規に分譲された住居は対象外のようだ。テレビ屋外アンテナがないケースは、同軸ケーブル、光ケーブル、室内アンテナなどが考えられる。この中でテレビだけを視聴するなら、室内アンテナがいちばん安価になる。屋外用の物は、屋根などに取り付けるため、当然のように専門業者による取り付け工事が必要だ。屋外アンテナの本体価格が安くても、分配器やブースターの設置も含めれば工事費用は予想以上に高くなる。取り付け相場は、おおよそ5〜10万円というのが一般的な地デジ屋外アンテナの工事費だ。良心的な工事費用であっても、ブースターなしで最低5万円ほどは必要だ。地デジ室内アンテナは、遮蔽物がなければ電波塔から10㎞以内なら可能だという。ブースター付ならさらに余裕ができる。アマゾンなどでは、地デジ室内アンテナ・ブースター内蔵タイプを検索すれば、50%以上の値引きで3000円以下の商品もある。経済的に考えれば、きれいに映れば地デジ室内アンテナが最もお得のようだ。そういう目でストリートビューを見れば、田舎でも地デジ屋外アンテナのない家屋も見受けられる。受信料の支払い拒否のための施策ではないと思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

降る雪や 昭和は遠く なりにけり

3b990a98 今日は愚生の誕生日だ。この歳になると、誕生日だといってもうれしくはない。どうしても、あと何年生きられるだろうかなどと、後ろ向きに考えてしまう。愚生の同級生名簿の中にも、物故会員となる人が増えてきた。愚生の高校の同窓会名簿は、60歳以降になるとクラス単位ではなく、あいうえお順に名前が記される。自分のクラス名など覚えていない人が多くなるからだろう。愚生も60歳を機に高校の同窓会を抜けた。お金を払い込むことが馬鹿らしいのと、田舎から疎遠になったことが理由だ。そのせいで、60歳以降、愚生の育った田舎からの音信も途絶えた。寂しいような気もするが、田舎に帰っても親しい友人もいない。高校までの知り合いといっても、子供の付き合いだったせいか、あえて再会したい思う人はいない。還暦近くになってからは、頻繁に会うようになったのは大学時代の友人だ。そして、話題になるのは音信不通になった学友の近況などだ。小津安二郎監督の『秋日和』という1960年製作の邦画がある。その映画とは、ずいぶん違う場面だが昔を思いめぐらす気持ちは同じだ。出演俳優は、佐分利信、中村伸郎、北竜二、原節子、司葉子という、そうそうたる面々だ。端役で受付の女性社員として登場したのが岩下志麻というから、テレビが普及していなかった頃の映画界の充実ぶりが伺える。そして、中村草田男の詩を「降る雪や 昭和は遠く なりにけり」と詠みたくなる。脳裏を駆け巡ると、歳月の流れを感じる。古き良き思い出は、遠くに行ってしまったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

NHKの受信契約義務について

201509012019  放送法が定めるNHKの受信契約義務について、最高裁が来年中にも初判断を示す。NHKの受信料は、全国で二割程度、沖縄では五割もが未契約だ。NHKが受信料支払いを求める訴訟を各地で起こしているが、放送法641項には、「受信機を設置した者は、NHKと受信についての契約をしなければならない」と規定している。そもそも、この法律が合憲なのだろうか。受信料支払いを拒否している被告側は「放送法は訓示規定(裁判所や行政庁に対する指示としての性格をもつにすぎず、それに違反しても行為の効力には影響がない)なので違反しても支払い義務はなく、契約締結を強制する放送法は違憲」と主張している。要するに、罰則規定がない訓示なら契約を強制することは出来ないとの論理だ。愚生が思うに、そもそもNHKを見ない人からも受信料を強制的に徴収するなら、すべてのNHKの経費は税金で賄うべきだ。国営放送として公務員扱いで、NHKを管理運用すればよい。沖縄では、半数の人がNHKの受信料を支払っていない。NHKを国で管理運用するなら、日本の文化としての大相撲などはともかく、公益法人以外で組織される歌番組や映画、ドラマ、野球、ゴルフ中継などは止めて頂きたい。なにも公共放送のNHKで放送しなくとも、民放の多くのチャネルで肩代わりできる。ニュースや災害、民間企業で取り組みにくい教育番組に限って放送すべきだ。愚生は、インターネットが普及した昨今、テレビという一方通行の媒体の中でNHKのチャンネル数が多すぎると思う。強制的に集金し、年間6000億円以上のお金を使い切っているNKHの実態は、農家の上部団体の全農と二重写しになる。総務大臣は、問題の本質を考えずに、馬鹿な発言を繰り返す。本来なら、NHKを有料化して、スクランブル放送にすれば良い。そして、徴収した料金で運営すべきだ。どうしても、必要な内容であれば、その時間帯はスクランブルを外し、政府からの補助金としての別予算で放送すべきだ。いずれにせよ、社会基盤の変化に従来の法律は適応できなくなってきた。テレビの視聴時間も短くなってくれば、放送法で言うテレビ放送の受信装置などは誰も置かなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

降る雪や明治は遠くなりにけり

72412 8月6日は、広島に原爆が投下されてから71年目だ。米国では未だに、戦争の終結を早めるために、非戦闘員を無差別殺戮したと信じている人が多いようだ。その論理が成り立つなら勝てば官軍だ。勝てばなんでも許されるなら、戦争は負けたことが一番いけないことになる。米国の民度も、かなり低いと改めて思った。不快に思いながら、テレビを眺めていると、今日からリオ・オリンピックだ。オリンピックの開会式の入場行進をみるのは久しぶりだ。日本の入場は、104番目だという。愚生が地理を習ったのは50年くらい前だ。頭の中に全くない国々が、多数入場してくる。愚生の知識も古くなったと痛感した。技術者だった愚生は、仕事柄コンピューター関連の知識だけは逐次更新してきた。今年は、平成二十八年になる。有名な「降る雪や明治は遠くなりにけり」と昭和の初めに中村草田男が詠んだ俳句がある。愚生のような昭和20年代生まれの者は、そろそろ「昭和は遠くなりにけり」という感だ。系統立って勉強したのは学生時代までた。社会に入ってからは、自分にとって必要なこと以外は学ばなくなった。世界にどんな国々があろうが、仕事に関係がある先進国以外は関心がない。オリンピッくで入場行進する国を見て、つくづく世の中が変わったと思う。しかし、向学心がないせいか日本の入場行進を見終わってテレビのスイッチを切った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

日活ロマンポルノの女優さん

150804030 愚生は、勤め人時代に日本の時代物ドラマはほとんど見なかった。時間に余裕がなかったせいもあって、同じ時間を使うなら評価が高く、金のかかったハリウッド作品ばかりを見た。一通り見てきたせいで、テレビで放映される古い映画は、過去に何度も見た作品が多い。フォレスト・ガンプのように、秀作は何度見ても見飽きないといっても、数に限りがある。ハイヌーン、怒りの葡萄、ドクトルジバゴ、道、十戒、ウォーク・ザ・ラインなども何度も見た。場面が絵になっている映画は、音楽と同じように飽きないが、ストーリが主な映画やスリラー物は、結果が判ってしまっていると面白さは半減する。そこで、最近は鑑賞作品の領域を邦画や時代劇までに広げた。ただし、近年の邦画は見る気はしないので、著名な黒沢・小津・小林正樹・溝口健二・山中貞雄などの監督作品に絞って見ていた。しかし、それも限られるため邦画ドラマ、必殺仕置き人・江戸を斬る・鬼平犯科帳などの勧善懲悪作品まで見るようになった。作品の良し悪しはともかく、見終わった後に溜飲が下がり爽快感がある。昨日見た鬼平犯科帳では、乳首を露わにして艶っぽい演技をする良い女優がいた。ネット検索すると「志麻いづみ」という日活ロマンポルノの女優だった。日活ロマンポルノ後期の女優さんだったせいで、愚生の記憶にはなかった。愚生の学生時代や社会人になったころは、「大映」破産後で邦画の暗黒時代だった。過去に清純派女優吉永小百合を輩出した老舗の日活でも、会社を生き残らせ社員を食わせるために、ポルノ主体の路線へと舵を切った。その様な厳しい状況下で、日活に籍を置いていたキャリアの浅い若手女優は他に行き場もなく、ロマンポルノを選択するしかなかった。そういうわけで、当時の日活ロマンポルノの女優は、美人で演技力のある人が多かった。愚生が若い頃には、白川和子、宮下順子、田中真理、片桐夕子、山科ゆりなど映画をよく見た記憶がある。特に、好きな女優は山科ゆりだった。こんな映画に、なぜ清純そうな山科ゆりが出演するのだろうと不思議に思いながら、何度も自由が丘の映画館に足を運んだ。当時の女優は、前張りというガムテープをあそこの部分に張って映画に出演したので、撮影後に剥がすのが痛いのが悩みだと聞いたことがある。今のAVビデオより、当時の映画は露出度が少なかったが、遥かに色っぽく興奮した記憶が甦る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

ラジオが担う役割は、今後も大きい

Icfex5mk2 視聴率を調査するビデオリサーチという会社がある。株主は、多くのテレビ会社や電通・博報堂などの広告会社が主体だ。視聴率調査だけではなく、人々の生活スタイルや嗜好、購買行動などに関しても調査をする。昨年、愚生にも依頼があってラジオの調査をすることになった。軽い気持ちで引き受けたが、1年間(隔月)の長期に亘るため、僅かな謝礼では合わないと後悔した。その長い調査期間も終わり、調査局事務局からお礼の手紙が来た。そして、調査した内容のサマリーも付いてきた。調査員は、3000人規模で、調査範囲は東京駅から35キロ以内の地域が対象だった。調査結果では、その地域の62%(1184万人)の人が、週に1度ラジオを聞いている。聞いている場所の半分は自宅内だという。愚生が聞くのは日経ラジオの株式番組だけだが、思ったよりラジオを聞いている人が多いようだ。インターネットの発達で、スマホやPC経由で聞けば、短波放送と違い非常に良い音質で聞ける。ラジオにとって、インターネットは伝送経路の拡充であり、決して対立することはないようだ。他方、テレビにとっては競合することが多く、圧倒的にPC前の画面を眺めることが多い。ラジオが一日のなかで、最も聞かれている時間帯は、午前6時~午後6時だ。テレビのゴールデンタイム午後7時~午後10時とずれている。やはり、ラジオは何か別のことをしながら聞いている人が多いようだ。そう思うと、ラジオが担う役割は、今後も大きいように思える。一年間の調査が終わった時、煩わしかったため金輪際やらないと決めたが、すぐに気が変わって調査員に登録してしまった。そういえば、朝令暮改は勤め人時代からの愚生の癖だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧