趣味

2017年4月13日 (木)

佐藤康光氏に新理事立候補の資格があるのか

Asahi_2017021100018_3147_1 日本将棋連盟の理事選挙の予備選が4月27日に実施される。立候補者は、現会長で永世棋聖の佐藤康光九段、十八世名人の森内俊之九段、女流タイトルの最多獲得記録を持つ清水市代女流六段、森下卓九段、田中寅彦九段、鈴木大介九段、瀬川晶司五段、小林健二九段、脇謙二八段、井上慶太九段(現理事)の十人から七人が選出される。そして、5月29日の通常総会で新理事7人が正式に承認される見通しだ。三浦九段のパソコンソフト冤罪問題で、日本将棋連盟と三浦九段が和解・合意したとは聞いていない。そして、事件の引き金となった渡辺竜王、久保明王将などは、何らのお咎めもなく将棋を指している。渡辺明棋王に挑んだ千田翔太六段や橋本八段も同様だ。疑惑だけで三ヶ月間も停職処分を受けた三浦九段と大きな違いだ。彼らは三浦九段のような疑惑ではない。明らかに将棋連盟に属する棋士としての倫理規範を犯している。その将棋が強いだけのゴロツキに連中に、谷川浩司元会長は何の咎めも科さずに会長職を放り出した。それを引き継いだ佐藤康光会長も、なんらこの問題に取り組んでいない。自身に同僚を罰する覇気がないなら、会長職など引き受けるべきでない。誰がどう見たとしても、今の将棋連盟はヤクザの集まりと同じだ。強ければ倫理規範や世の中の良識など、どうでもよいという悪辣な体質だ。少なくとも、日本将棋連盟の理事に立候補するなら、渡辺明を棋界から追放することを粛々と実行できる人材であるべきだ。ただ、同僚の顔色を見て意見を言う理事などは不要だ。愚生自身は将棋を指すのも見るのも止めてしまった。将棋の棋士とは、あまりも非常識な連中だと呆れてしまったのが理由だ。文化や伝統の継承は、世間一般から評価されなければ続かない。将棋を指している棋士が、世間から疎まれるようでは先は見えている。選ばれた新理事は、早期に問題を起こした棋士や旧理事に然るべき処分を下すべきだ。このままでは、一年近くになってしまう。この問題に、渡辺竜王を含めた一部のトップ棋士と事前に関わった佐藤康光氏は、新理事に立候補する資格があるのかは怪しい。自分自身も罰せられる可能性がある人材が、裁く立場の新理事にふさわしいとは思えない。その時点で本人の認識不足も甚だしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

三浦九段への補償と倫理違反棋士の処分

As20170206004296_comml 日本将棋連盟は、将棋ソフト不正使用疑惑をめぐり混乱を招いたとして辞任した谷川浩司前会長に代わり、佐藤康光九段を新会長に選出した。新任挨拶で、佐藤会長は三浦九段の名誉回復、並びに将棋界の信頼回復に努める。そして、今回を機に組織、対局規定など日本将棋連盟を改めて見つめ直し、時代に即して変えるべきところは変え、残すべきところは残すと話した。しかし、前任の会長・理事、事件を起こした渡辺竜王、橋本八段、千田六段、久保九段、羽生三冠への処分に触れていない。この日の総会では、棋士達から連盟理事への責任追及。また総会に先立って、棋士28人が「佐藤会長と井上慶太・新常務理事以外全ての専務理事・常務理事の解任」を求め、総会の開催を請求したという。当然だろう。日本将棋連盟が課した処分は、加害者(理事)が自分を処分した形だ。言い方は悪いが、「盗人にも三分の理」のような立場だ。そんな、盗人の理など配慮する必要はない。谷川会長は、心身ともに限界を超えているという。ただ、愚生に言わせれば、谷川会長がこんなに組織運営の当事者能力がないとは思わなかった。佐藤新会長は、三浦九段は第三者委員会で潔白が証明されたと話す。それであれば、三浦九段への補償問題と倫理違反棋士の処分問題を改めて詰めなければならない。谷川前会長の実兄が、三浦九段の名誉回復や渡辺竜王らの処分を求める署名運動をしているという。一般社会を経験した常識人なら当然だろう。一般企業なら、渡辺竜王の行為は懲戒解雇に値する。これに対し、将棋連盟内からは渡辺竜王に処分を下すという話は出なかったかという。三浦九段への対応と著しい違いだ。こういうことを、一つとっても将棋指しに任せては健全な組織運営は不可能だ。公益法人というなら、世の中の一般人も理解できるように運営すべきだ。嫌なら、日本プロ野球機構のように、任意団体として運営すべだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

ブログを書き始めて今日で7年目に

Indexshop1 2010年2月から、ブログを書き始めたと思っていた。今日で7年目になると思い、バックナンバーを調べてみた。ところが、書き始めは正確には1月24日が最初だった。勤め人を辞めた後、半年くらいは何かと忙しかった。実際に時間がなかったというより、気持ちに余裕を持てなかった。最初のはしりは「何を書いてよいのやら、取りあえずつぶやいてみた。」とあり、「たいした世界ではない。なんとか生活している。世の中自分よりたくさん貧しい奴がいると思う事で不安を軽減している毎日である。今日から生まれかわろう。」と続く。退職した後、女々しい気持ちをそのまま表現していた。
当時、ブログを書こうと思ったのは、勤め人を辞めて世間と疎遠になったからだ。今までは、仕事関係の付き合いが多くの時間を締めていた。それを埋め合わせるために、ネットの世界で自分の居場所を作ろうと思った。書き始めたときは、7年も続くとは思わなかった。自分で書いて、自分で読むブログなどは意味がない。1週間経ってもアクセスがないなら、止めようと思った。継続は力なりと、今は経営が傾いてしまった予備校のうたい文句を思い出す。受験生時代も、このくらい真面目に日々文章を継続して書けば、国語の点数はもう少しましだったと思う。入社してからの勉強と違い、学生時代は目的がはっきりしない。自分の生活を維持することや、妻子を養うなど切迫した理由はない。学生時代は、真剣さが足らなかったという一言に尽きる。好きこそ物の上手なれというが、やはり本質的に勉強は嫌いだったようだ。還暦を過ぎた今は、自分の余生を縛られないで好きに使っている。そう考えれば、病院通いも頻繁にはあるが、人生の良い時代だと感謝したい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

老け顔の象徴に「ほうれい線」

71mwmr74ksl_sy355_ 化粧品の宣伝だったかと思うが、年齢とともに、口周りにくっきりとついた老け顔の象徴に「ほうれい線」がある。愚生(男性)は、還暦を過ぎてもシワが少ないことが数少ない自慢の一つだ。もちろん、ほうれい線などはない。30代の女性を対象に行ったあるアンケートでは、約70%の人がシワに悩みを抱えていた。そして、実に60%がほうれい線に悩んでいるという結果だった。ほうれい線が目立つ原因は、皮脂などのバリア機能が邪魔をして、美容成分が肌の奥までしっかり届いていない事が原因だという。そのため、スキンケアを選ぶ際には、浸透力のあることが必須だ。少量のチューブ入り製品で7000円というから、女性の化粧品はバカ高くても売れるようだ。愚生がHG101(フローラ)という頭髪材を使って、何とか頭の髪を生育していることを考えれば同様かもしれない。美容などには全く興味がなかったため、愚生の顔には水以外の物を付けたことはなかった。しかし、頭髪が少なくなると、老いて見えるため、それだけは気にしていた。園芸でフローラ製のHB101を使用していたため、そのエキスの効果は知っていた。園芸の土を、頭皮に置き換えれば同様の効果があるかと思い、ここ数年使っている。頭髪の効果はともかく、眉間のシワを除けば、愚生の顔には大きなシワはほとんどない。どうも、頭髪より顔のシワに効果があるのかと思っていた。かみさんの前で、ふとそのことを洩らすと、急にHG101を欲しいという。高い頭髪材だと思っていたが、かみさんまで使いだすとばかにならない。こんな頭に、お金をかける価値があるのかと、つくづく悩んでしまう。断っておくが、フローラからリベートなどは一切貰っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

三浦九段を生贄にして組織防衛を図った谷川浩司

2016122700000103asahi0007view 「三浦九段はシロ」だが「出場停止処分は妥当」という判断は、一方的に将棋連盟の肩を持った判断だ。馬鹿も休み休みいえと言いたい。裁判所で民事・刑事両方で争うべき問題だ。もし、このようなことが妥当だと認められるなら、今後怪しいというだけで、多くの棋士が出場停止になる。そして、冤罪が蔓延する。まず、相手を誹謗中傷して、竜王位を防衛した渡辺明は、必ず日本将棋連盟から除名すべきだ。公けの掲示板で根拠もなく、一億パーセント黒といった橋本八段は、一年間以上の出場停止。証拠もないのに、疑わしきは無罪などと、言いがかりをつけた羽生三冠も三か月程度の出場停止。論理性もなく誹謗中傷した千田五段は、半年間の出場停止。これ以外にも郷田王将や久保九段など処分対象者は数多くいるだろう。今回、三浦九段を中傷した棋士を、厳しく罰せなければ同じことが再発する。そして、連盟のためと言いながら三浦九段を生贄にして組織防衛を図った谷川浩司のような無頼漢は、永久名人の名に値しない。はく奪する前に、自ら返上すべきだ。また、A級11位からのスタートもおかしな話だ。事件を起こした渡辺明や羽生三冠より下位ではおかしい。将棋連盟の棋士とは、社会性がないことがよくわかったが、これほど馬鹿だとは思わなかった。いずれにせよ、金銭的補償は民事裁判で決めたほうが良い。竜王戦の賞金は5000万円程度だから、総額一億円程度の賠償は避けられないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

渡辺明に大山康晴名人はなんと言うか

Image77741   将棋の竜王戦七番勝負は、ここまで3勝3敗で最終局が新潟県南魚沼市で行われた。結果は、渡辺明が勝ち、竜王戦2連覇で、「竜王」の通算獲得数は11期となった。今回の挑戦者は予選を勝ち抜いた、渡辺竜王に3連勝中だった三浦九段に決まっていた。ところが、渡辺明が竜王戦直前に、三浦九段は不正をしていると週刊誌や将棋連盟に訴えた。その理由は、三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いがあるとい内容だった。ただし、物的証拠もなく憶測での誹謗中傷だった。ところが、将棋バカと言われ社会常識の欠落した谷川将棋連盟会長が、物証もなく三浦九段を出場停止処分にした。そして、タイトル保持者の渡辺明竜王と予選で敗退していた丸山忠久九段との対戦に変更した。対局のあと渡辺竜王は、直前で挑戦者が変更されたことについて、「簡単に割り切れるものではなく、いろいろなことを思いながら対局していました。去年、竜王に返り咲き、すぐには手放したくなかったので防衛できてよかったです」と話いる。しかし、タイトルを防衛したいからと、妄想で相手を週刊誌などで中傷を繰り返した渡辺明に、竜王の資格があるだろうか。読売新聞が主催する竜王戦の権威など地に落ちたと言うしかない。過去を振り返れば、空白の一日や早大偽装事件など、読売新聞の悪行は数限りない。私の段位証明書にも渡辺明のような無頼漢の署名があるのが恥ずかしい。丸山九段のスーツ姿で戦った気持ちが、痛いほどわかる。このような姑息な手段で竜王戦に勝った渡辺明に、大山康晴名人が生きていたら、なんというだろう。大山康晴会長の後に、日本将棋会長職に就いた中原誠は不倫米長邦夫に至っては女性の1000人切り発言と博徒まがいの面々だった。谷川、お前もか、と言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

将棋の前に、倫理観に問題がある

27ryuou63   プロ棋士とコンピューター将棋ソフトが戦う電王戦への出場者を決める叡王戦決勝三番勝負で、佐藤天彦名人が優勝し、来春の電王戦に出場する。佐藤名人は準決勝で羽生善治3冠も破っての優勝だから、実力日本一といってもよいだろう。因みに、対戦相手のポナンザは今春の電王戦にも出場し、山崎隆之八段に2連勝した強豪ソフトだ。囲碁では、趙名誉名人がコンピューター囲碁ソフトに勝ち越したため、実力ナンバーワンの佐藤名人の対戦が注目される。ところで、日本将棋連盟が証拠もなく処罰した三浦九段のコンピューター将棋ソフト疑惑は、未だに全容が明らかになっていない。この問題は、渡辺竜王が三浦九段の処分を求めたのが発端だ。三浦九段に渡辺竜王が三連負した後、ソフトの指し手との一致率が90%を超えていたとか、不自然な離席が多いという理由で将棋連盟側に三浦九段の処分を求めてた。当初、渡辺竜王は文春や報道各社での「タイトルを剥奪されても、三浦九段とは指さない」「三浦九段の処分を求めた」という内容だった。しかし、最近は情報を週刊誌任せにしていた自分にも非がある。将棋ソフト指し手があったと断定はしていない。三浦九段から話を聞くことが目的で処分等は一切求めていないと変わってきている。愚生が思うに、だったら初めから拙速に発言するなと言いたい。これは三浦九段の疑惑が冤罪だった可能性が強くなったからだろう。問題の第29期竜王戦は挑戦者の丸山忠久九段が90手までで勝利し、トータルで3勝3敗となり勝負は最終局にもつれ込んだ。最終戦は12月21・22日に行われる。愚生が思うに、丸山九段が勝てば停職処分程度で何とか納められるが、渡辺竜王が勝つようなら将棋界からの永久追放も考えなくてはならない。また、公共の掲示板で根拠もなく一億パーセント三浦九段は黒と言い放った橋下八段は、一年間の停職処分は最低必要だろう。いずれにせよ、一番の問題は日本将棋連盟理事の面々が、非常識極まる将棋バカという集まりなことだ。少なくとも日本将棋連盟の会長の座は、日本プロ野球機構のように、検事総長や最高裁の裁判官などに依頼すべきではないか。愚生は今回の事件で、最近撮りだめNHK杯戦の録画も見る気はしなくなった。将棋が強い以前に、人として倫理観に問題がある連中に共感などできないことが原因だ。二度とこのような不祥事を起こさないで貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

人権無視の竜王戦に虚しさを感じる

Dsc_0384  読売新聞に、将棋・竜王戦第4局、渡辺明竜王が2勝2敗のタイという見出しがあった。対戦拒否で苦手な三浦九段を挑戦者から引きずり落とした渡辺明竜王と挑戦資格がない丸山忠久九段の竜王戦だ。三浦九段に不正があっという疑惑だけで、将棋連盟の理事会で挑戦者の差し替えが行われた。愚生に言わせれば、将棋界を追放されるべき渡辺明と三浦九段に負けた丸山九段の竜王戦など将棋ファンには全く意味はないだろう。そもそも、今回の事件で将棋指しは、一般人が備えるべく常識や知見に著しく劣ることが露見した。小さい頃から、将棋しか指さないと、こういう馬鹿な大人に育ってしまうようだ。これは、過去に日本相撲協会でも同様なことが指摘された。今回、騒ぎを大きくした原因は、渡辺竜王が守秘義務も果たさずに、対戦相手の誹謗中傷を週刊誌に喋ったことだ。また、橋本八段に至っては、根拠もなく一億パーセント三浦九段は黒だと非難している。千田五段も論理的な解析もせずに、コンピューターソフトに指し手が似ているというだけで三浦九段を疑った。残念だったことは、羽生三冠まで疑わしくは罰せずと、証明責任も果たさずに三浦九段に疑いをかけたことだ。プロの将棋指しになることは、容易なことではない。しかし、そのために怠っていることは多い。付き合う周りがすべて将棋指しという世界なら、世間の常識を備える環境はない。将棋が強ければ、何をしても良いということにならない。相撲界の朝青龍、旭鷲山や親方衆に不人気だった千代の富士を見ればわかる。さらに、時津風部屋の力士暴行死事件を思いす。稽古中に倒れて新弟子が死亡した。遺体に残された外傷に、死亡した新弟子の両親が死因を不審に思い、新潟大学医学部で公費承諾解剖を実施したことから暴行が発覚した。結局、当時の時津風親方(元小結・双津竜)によるリンチ殺人だった。ただ、このようなリンチまがいの死亡は相撲界では過去にもあったことから、相撲界の常識が世の中と際立って違っていたことにも原因はある。将棋界も全く同様だ。将棋が強ければ、どんな言動をしても良いという異常な集団と違いはない。三浦九段の人権を無視して続けられる竜王戦に虚しさを感じる。人格形成に悪影響がでるような日本古来のゲームならば、何れは消えていく。愚生も、積極的に将棋廃止運動に加担したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

店員にとっては売った金額が彼らの査定

Ph2_px450  昨日は、小旅行に備えてデジタル一眼カメラを充電した。いつも思うことだが、写真を撮る前は浮き浮きした気分だ。しかし、撮った写真を後から見てガッカリすることが多い。愚生は、高校時代は写真部員だった。腕に自信がない分、当時から機器だけは最新の物を揃えた。還暦を過ぎ、多少お金に余裕ができたせいか、屁理屈を言いながらカメラをよく買い替える。行きつけのヨドバシカメラの店員には、一度お客さんの写真を拝見してみたいと嫌味を言われる。愚生は、半年も経たずにカメラを買い替える上顧客だと自負している。愚生には、撮った写真が評価の対象だろうが、カメラ屋の店員にとっては売った金額が彼らの査定のはずだ。写真の上手い下手を問われると不愉快になる。ところで、コンパクトデジタルカメラは、完全にスマホに取って代わられた。ニコンやキヤノンのようなデジタル一眼カメラで稼いでいた会社までも、撮像素子の技術革新の早さに振り回されている。当初、アナログカメラからデジタルに移行する際に、撮像素子の大きさをフィルムと同じ大きさにできる半導体技術がなかった。そのため、小さいサイズの撮像素子が登場した。その一つが、多くのミラーレスカメラで採用されているAPS-Cサイズだ。ただ、愚生のような年老いたカメラファン層を繋ぎとめるには、「35mmフルサイズ」感覚の肌合いが合わなくてはならない。どうしても、頭の中で焦点距離感覚と合わない「APS-Cサイズ」は使いづらい。老舗のニコンやキヤノンは、レガシー資産を維持するために、最高級品の一眼レフには「35mmフルサイズ」、一眼ミラーレスは「APS-Cサイズ」と位置つけた。これは、ファインダービューはアナログの光学で、写真はデジタルで撮るという方式だ。しかし、有機ELディスプレイパネルの高速化で、光学ミラーも不要となってきた。ついに、ソニーは一眼ミラーレスでも、過去の一眼レフ資産を捨て「35mmフルサイズ」を採用した。このような技術革新の遍歴で、一眼カメラの方式は安定しない。引退した団塊の世代だろうか、公園や川べりに一本百万円もする望遠レンズを覗いているのをよく見かける。退職金で散財して買った高額のカメラだろうか。彼らは、技術革新がもたらすカメラの陳腐化を、悲哀をもって感じているだろう。因みに、先走りの愚生のカメラと言えば、一眼ミラーレス「35mmフルサイズ」を使用している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

早期に竜王戦の中止と渡辺竜王の徐名を

3b112f699e59b2cf779b18387e72a44f5d  三浦九段の疑惑を週刊文春に喋った渡辺竜王の防衛戦がまだ行われている。代理の挑戦者にされた丸山九段も将棋連盟の決定に納得がいかないとの姿勢なのか、スーツ姿で対局している。この疑惑は、渡辺竜王から「疑念がある棋士と指すつもりはない。タイトルを剥奪されても構わない」(産経新聞)、「不正を行った三浦九段と対局するつもりはない。常務会で判断してほしい」(毎日新聞)と、将棋連盟の島九段理事に訴えてから始まっている。そして、未だにその証拠と言えるものは公表されてない。将棋バカでも、強ければ主張が通ってしまう前近代的な恐ろしい世界だ。やくざの抗争でもあるまい。対戦相手の不正疑惑の告発だけで、挑戦者を変えてしまうような当事者能力もない将棋バカに理事職をさせたからだろう。いずれにせよ、将棋が強いのと協会の事務能力は別物だ。早期に、外部の有識者を交えた人員構成にすべきだ。今も、連盟が対応を放置して竜王戦の第二局まで開催したことに呆れかえる。渡辺竜王の今回の発言や行動が事実であれば、即座に除名すべき事案だ。渡辺竜王に呼応した棋士は、島朗九段(連盟理事)橋本崇載八段、郷田王将、久保利明九段、千田翔太五段と一握りの棋士だ。なぜこのような一部棋士の告発だけで、理不尽なことが執り行われているのか不思議でならない。三浦九段のスマホやPCが提出されたのだから、科学的な捜査の結果を待つべきだ。ところで、三浦九段といえば、群馬県出身福田赳夫元総理の親戚で名家の出身だ。将棋差し風情の家柄ではない。世間を知らない理事連中が、自分の価値観や目線でこの問題を判断したことが、将棋史に残る大きな汚点を作った。今回のことで、谷川会長、島朗理事、渡辺竜王は、将棋史に残る悪名高き棋士として名を連ねた。いずれにせよ、早期に連盟の誤った判断で開催されている竜王戦の中止と渡辺竜王の徐名を行うべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧