趣味

2018年7月26日 (木)

ニコンとキヤノンがフルサイズミラーレスに参入

Pb12 とうとう、ニコンとキヤノンがデジタル一眼レフに搭載している高級センサーをミラーレスカメラに採用する。二コンやキヤノンは、両社が強い一眼レフとの需要の食い合いを恐れて高性能センサーの転用に消極的だった。しかし、ソニーがミラーレスカメラでプロ向け市場でも存在感を高めていることが参入理由だろう。一眼レフを知らない人には、わかりづらいかもしれないが、アナログの36ミリフィルムと同等の画像センサーを「フルサイズ」と呼ぶ。その縦36ミリメートル横24ミリ程度の「フルサイズ」センサーは、これまでキヤノン、ニコンはデジタル一眼レフに用いてプロカメラマンや上級アマチュアの市場を押さえてきた。その両社が得意な一眼レフの牙城に、ソニーが風穴が開き始めたからだ。カメラ映像機器工業会によると、2500万台近い2017年のデジカメの世界出荷のうち、一眼レフが750万台なのに対してミラーレスは400万台。一眼レフは前年比1割減だがミラーレスは3割も増えた。ニコンやキヤノンは、今頃やっと気づいたのかと言いたい。旧来の一眼レフは、フィルムもファインダーもアナログだった。そして、一眼レフ・デジタルカメラは、「ファインダーはプリズムを使ったアナログ」、「撮影はデジタル」というアンバランスなものだ。カメラの撮影素子に被写体が映っているのだから、ファインダーにそれを表示すれば光学系ミラー(レフ)など不要だ。さらに、機械的なミラーの応答速度が連写のネックになることもない。これまで、ニコンとキヤノンは、両社が独占する一眼レフ市場を守るために、ミラーレスを一段下の機種として位置図付けてきた。その間、ソニーは次々とミラーレス「フルサイズ」の高機能カメラを販売した。すべてをデジタル化して、時流にあっていたため、軽くて高機能なミラーレスカメラはアマチアだけでなくプロの間でも普及した。振り返れば、ソニーは2013年11月15日に世界初のフルサイズミラーレス機一眼カメラ『α7』シリーズを発売した。愚生も、今まで持っていたAPS-Cサイズのデジタル・ミラーレスカメラを売却してα7を予約注文した。一眼レフに慣れ親しんでいたため「フルサイズ」であれば、焦点距離の感覚が容易につかめるからだ。その後、初代のα7も売却して、現在は「α7S II」を使用している。単焦点の35ミリZEISSレンズを装着して旅行に持ち歩くと、軽くてフラッシュも要らないので重宝している。ビジネスは成功するほど過去にとらわれ新技術に踏み切りにくい。しかし、フィルムカメラからデジタルへの移行時にも、キヤノンは出遅れた。追い詰められたキヤノンとニコンは、高性能センサー「フルサイズ」を搭載した高級機を年内にも発売するという。ミラーレスカメラは、撮影対象を映す反射鏡がないため、小型軽量化が容易だ。そのため、急速に支持を獲得し、縮小するデジタルカメラ市場で唯一伸びが期待できる分野だからだ。2017年のレンズ交換式カメラ市場では一眼レフが10.1%減少だった一方、ミラーレスは29.2%増と大きく伸ばした。昨今は、スマートフォンのカメラ機能の性能が格段に上がり、コンパクトデジタルカメラ市場は縮小している。カメラ各社はこれを打開するため、持ちやすくスマホではできない高画質な画像撮影が可能なミラーレスを相次ぎ発売する流れとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

藤井七段が石田五段を破って竜王戦5組優勝

20180605oyt1i50034l 昨日は、Abema-TVで将棋の第31期竜王戦のランキング戦5組決勝を観戦した。無論、朝から夜10時頃までの対局だ。全ての時間見ていたわけではない。史上最年少で七段昇段した藤井七段は、関西所属棋士のため、藤井聡太七段(15)vs石田直裕五段(29)の対局は関西将棋会館で行われた。96手で藤井七段が石田五段を破って5組優勝を果たし、2年連続での決勝トーナメントへの出場を決めた。愚生の棋力では、将棋を見てもどちらが優勢なのかなどわかるはずはない。だから、プロ棋士の解説を聞きながらの観戦となる。藤井七段は、終盤、鋭い読みで勝利を勝ち取ったという総括だった。傍から見ていて、高校一年生(15)だから学校に行く暇が取れるのだろうかと心配になる。石田直裕五段は、中央大学理工学部卒業後の2012年10月1日(23歳)でプロ棋士になった。やはり、プロになれなかった場合を想定して大学にも進学したようだ。最近では、平成29年度に宇都宮大学教育学部4年生の長谷部浩平四段がプロ棋士となった。藤井七段のように、中学生で棋士になってしまえば進路は、はっきりする。しかし、仮にプロになれなかった場合のリスクは大きい。担保として大学に行く人も多いようだ。ただ、棋士の世界は実力が物を言う実力社会だ。東大卒の棋士もいるが、学歴との相関関係はないようだ。藤井七段は今年度は無傷の7連勝で、竜王戦予選の優勝賞金155万円も手にした。決勝トーナメントで、羽生竜王と対戦する挑戦権獲得までには、最短で7連勝が必要だ。まだまだ、道は遠いが期待したい。ところで、こういう話題性があることには、必ず政治家が絡んでくる。藤井七段は、愛知県瀬戸市出身だ。そのため、対局するには将棋会館のある東京か大阪に出向かねばならない。ただ、中央リニア新幹線が完成すれば名古屋と東京間は、40分で行き来ができる。名古屋に将棋会館があれば、遠征する負担はずいぶん少ないかどうかは疑わしい。しかし、愛知県の大村秀章知事は記者会見で名古屋に将棋会館をつくる構想を披露した。また同日、名古屋市の河村たかし市長も市で同様の考えがあると表明した。こういう話は、県民も市民であっても、反対する人はいない。政治家の点数稼ぎとして藤井七段への便乗だ。大村知事と河村市長は、仲が悪かったと思っていたが、こういう話は別腹のようだ。名古屋将棋会館の話について、「将棋ブームに貢献する藤井七段がいる名古屋にあっても不釣り合いではないと思う。県としても取り組みたい」と意欲。一方、河村市長も「名古屋本部を作りますよ。名古屋城の近くがいいんじゃないですか」と述べ、「ええ場所で藤井さんが対局できるように」と地元での活躍に期待を寄せ、日本将棋連盟に打診したという。政治家になるには「乞食が茶碗の音で目を覚ます」という研ぎ澄まされた感覚が必要なようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

いまだに魔太郎を許す気にはなれない。

Lif1712050054p1 将棋竜王戦の七番勝負は、挑戦者・羽生善治棋聖が渡辺明竜王を打ち負かした。羽生さんは4勝1敗で15年ぶりに竜王を奪取。これで、通算7期の獲得で「永世竜王」の資格を得た。それとともに、永世称号のある7大タイトル全てで称号を獲得し「永世七冠」を史上初めて達成した。先人で大記録を打ち立てた大山康晴十五世名人や、中原誠十六世名人でさえなしえなかった偉業だ。初めて、愚生が羽生さんをテレビでみたのは、1982年の第7回小学生将棋名人戦で優勝した時だ。解説が谷川浩司九段(十七世名人)だった。その時は、羽生さん(十九世名人)が優勝。ちなみに、同学年の十八世名人称号資格を持つ森内俊之九段が3位だった。今、時の人となっている藤井四段と同様に、羽生さんも15歳で史上3人目の中学生プロ棋士としてデビューした。そして、史上最年少の19歳で初タイトルの竜王を獲得し、25歳で史上初の全7冠制覇を達成した。しかし、永世称号の資格は、各棋戦でその後も何期にもわたってのタイトル保持が必要だ。全7冠タイトル制覇もすごいことだが、永世称号の獲得は、長期に亘って勝ち続けなければ得られない。羽生さんを称賛するにも、愚生の語彙ではどういう表現が適当かわからない。今年現役を引退した加藤一二三さんは、デビュー当時は「神武以来の天才」と呼ばれた方だ。そういう彼でも、名人位を含めタイトル獲得数は合計8期(羽生さんは99期)だ。今回の竜王戦は、将棋界の黄金カードといわれる「渡辺―羽生戦」だった。愚生は個人的に魔太郎(渡辺明)は嫌いだったので、羽生さんを応援していた。やはり、三浦九段の冤罪問題が尾を引いて、いまだに魔太郎を許す気にはなれない。ところで、羽生さんは国内最強クラスのチェスプレイヤーという一面も持ち合わせている。世界中を飛び回り、ある時はチェスのグランドマスターを撃破したりもしている。2007年には、プレイヤーの実力を表すレーティング値が国内最高値となり、羽生さんが日本国内で最強のチェスプレイヤーだった。それ以降も、国内では1位か2位のレーティングを保持している。ところで、十九世永世名人資格の森内さんも、国内チェスランクは5位(2015年)にいる。皆さん、将棋から離れたチェスの世界でも活躍されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

尊厳があって初めて将棋棋士という地位

Mm 三浦九段の冤罪に対する和解がいつまでたっても進まない。日本将棋連盟に所属する棋士と呼ばれる、将棋指しの社会性のなさが原因だ。ただ、将棋が強いというだけの非常識な集団なのかと穿った見方をしてしまう。愚生はあの事件以来、一度も将棋を指したり見たりしなくなった。自分たちの仲間内に犯罪者がいても、それを罰することもできない。自分たちが世の中からどう見られているのかわからない。将棋が強ければ、何をやっても咎められない。そう思っている不遜な連中のゲームなど見たくもしたくもないという気分だ。一芸に秀でたなら、それなりの尊敬を受けるのにふさわしい人格を持っていただきたい。そう思って、将棋連盟会長を思い浮かべれば、林葉直子との不倫の中原誠永世名人、千人切りや眞野あずさとの不倫で有名な米長邦夫永世棋聖、会長ではないが飼い猫問題で訴えられ敗訴した加藤一二三九段と、将棋が強くても世間に汚点を残して評判は良くない。将棋指しなどは所詮博徒なのだ。だから、尊敬に値するなどと思わないで大目に見るべきなのかもしれない。それなら、早期に渡辺竜王の棋界からの追放や、千田六段、久保王将、橋本八段の懲罰を決めて、落とし前つけろと言いたい。ところで、棋界最高の名人位を持つ佐藤天彦名人が人工知能のポナンザに電王戦で破れた。これでポナンザの2連勝となり、将棋界の実力頂点に立つ棋士が敗北した。この結果、AI将棋は将棋棋士より強いことで決着がついた。これで、現役の名人として初めて公の場でソフトと対戦した電王戦が今期で終了する。これ以上戦っても、毎年強くなるAI将棋に将棋棋士が勝てるはずはないからだ。ただ強いだけなら、コンピューターソフトだけあればよい。尊厳があって初めて棋士という地位がある。スターウォーズのジェダイの騎士と同じだ。強いだけなら、ダース・ベイダーではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

佐藤康光氏に新理事立候補の資格があるのか

Asahi_2017021100018_3147_1 日本将棋連盟の理事選挙の予備選が4月27日に実施される。立候補者は、現会長で永世棋聖の佐藤康光九段、十八世名人の森内俊之九段、女流タイトルの最多獲得記録を持つ清水市代女流六段、森下卓九段、田中寅彦九段、鈴木大介九段、瀬川晶司五段、小林健二九段、脇謙二八段、井上慶太九段(現理事)の十人から七人が選出される。そして、5月29日の通常総会で新理事7人が正式に承認される見通しだ。三浦九段のパソコンソフト冤罪問題で、日本将棋連盟と三浦九段が和解・合意したとは聞いていない。そして、事件の引き金となった渡辺竜王、久保明王将などは、何らのお咎めもなく将棋を指している。渡辺明棋王に挑んだ千田翔太六段や橋本八段も同様だ。疑惑だけで三ヶ月間も停職処分を受けた三浦九段と大きな違いだ。彼らは三浦九段のような疑惑ではない。明らかに将棋連盟に属する棋士としての倫理規範を犯している。その将棋が強いだけのゴロツキに連中に、谷川浩司元会長は何の咎めも科さずに会長職を放り出した。それを引き継いだ佐藤康光会長も、なんらこの問題に取り組んでいない。自身に同僚を罰する覇気がないなら、会長職など引き受けるべきでない。誰がどう見たとしても、今の将棋連盟はヤクザの集まりと同じだ。強ければ倫理規範や世の中の良識など、どうでもよいという悪辣な体質だ。少なくとも、日本将棋連盟の理事に立候補するなら、渡辺明を棋界から追放することを粛々と実行できる人材であるべきだ。ただ、同僚の顔色を見て意見を言う理事などは不要だ。愚生自身は将棋を指すのも見るのも止めてしまった。将棋の棋士とは、あまりも非常識な連中だと呆れてしまったのが理由だ。文化や伝統の継承は、世間一般から評価されなければ続かない。将棋を指している棋士が、世間から疎まれるようでは先は見えている。選ばれた新理事は、早期に問題を起こした棋士や旧理事に然るべき処分を下すべきだ。このままでは、一年近くになってしまう。この問題に、渡辺竜王を含めた一部のトップ棋士と事前に関わった佐藤康光氏は、新理事に立候補する資格があるのかは怪しい。自分自身も罰せられる可能性がある人材が、裁く立場の新理事にふさわしいとは思えない。その時点で本人の認識不足も甚だしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

三浦九段への補償と倫理違反棋士の処分

As20170206004296_comml 日本将棋連盟は、将棋ソフト不正使用疑惑をめぐり混乱を招いたとして辞任した谷川浩司前会長に代わり、佐藤康光九段を新会長に選出した。新任挨拶で、佐藤会長は三浦九段の名誉回復、並びに将棋界の信頼回復に努める。そして、今回を機に組織、対局規定など日本将棋連盟を改めて見つめ直し、時代に即して変えるべきところは変え、残すべきところは残すと話した。しかし、前任の会長・理事、事件を起こした渡辺竜王、橋本八段、千田六段、久保九段、羽生三冠への処分に触れていない。この日の総会では、棋士達から連盟理事への責任追及。また総会に先立って、棋士28人が「佐藤会長と井上慶太・新常務理事以外全ての専務理事・常務理事の解任」を求め、総会の開催を請求したという。当然だろう。日本将棋連盟が課した処分は、加害者(理事)が自分を処分した形だ。言い方は悪いが、「盗人にも三分の理」のような立場だ。そんな、盗人の理など配慮する必要はない。谷川会長は、心身ともに限界を超えているという。ただ、愚生に言わせれば、谷川会長がこんなに組織運営の当事者能力がないとは思わなかった。佐藤新会長は、三浦九段は第三者委員会で潔白が証明されたと話す。それであれば、三浦九段への補償問題と倫理違反棋士の処分問題を改めて詰めなければならない。谷川前会長の実兄が、三浦九段の名誉回復や渡辺竜王らの処分を求める署名運動をしているという。一般社会を経験した常識人なら当然だろう。一般企業なら、渡辺竜王の行為は懲戒解雇に値する。これに対し、将棋連盟内からは渡辺竜王に処分を下すという話は出なかったかという。三浦九段への対応と著しい違いだ。こういうことを、一つとっても将棋指しに任せては健全な組織運営は不可能だ。公益法人というなら、世の中の一般人も理解できるように運営すべきだ。嫌なら、日本プロ野球機構のように、任意団体として運営すべだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

ブログを書き始めて今日で7年目に

Indexshop1 2010年2月から、ブログを書き始めたと思っていた。今日で7年目になると思い、バックナンバーを調べてみた。ところが、書き始めは正確には1月24日が最初だった。勤め人を辞めた後、半年くらいは何かと忙しかった。実際に時間がなかったというより、気持ちに余裕を持てなかった。最初のはしりは「何を書いてよいのやら、取りあえずつぶやいてみた。」とあり、「たいした世界ではない。なんとか生活している。世の中自分よりたくさん貧しい奴がいると思う事で不安を軽減している毎日である。今日から生まれかわろう。」と続く。退職した後、女々しい気持ちをそのまま表現していた。
当時、ブログを書こうと思ったのは、勤め人を辞めて世間と疎遠になったからだ。今までは、仕事関係の付き合いが多くの時間を締めていた。それを埋め合わせるために、ネットの世界で自分の居場所を作ろうと思った。書き始めたときは、7年も続くとは思わなかった。自分で書いて、自分で読むブログなどは意味がない。1週間経ってもアクセスがないなら、止めようと思った。継続は力なりと、今は経営が傾いてしまった予備校のうたい文句を思い出す。受験生時代も、このくらい真面目に日々文章を継続して書けば、国語の点数はもう少しましだったと思う。入社してからの勉強と違い、学生時代は目的がはっきりしない。自分の生活を維持することや、妻子を養うなど切迫した理由はない。学生時代は、真剣さが足らなかったという一言に尽きる。好きこそ物の上手なれというが、やはり本質的に勉強は嫌いだったようだ。還暦を過ぎた今は、自分の余生を縛られないで好きに使っている。そう考えれば、病院通いも頻繁にはあるが、人生の良い時代だと感謝したい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

老け顔の象徴に「ほうれい線」

71mwmr74ksl_sy355_ 化粧品の宣伝だったかと思うが、年齢とともに、口周りにくっきりとついた老け顔の象徴に「ほうれい線」がある。愚生(男性)は、還暦を過ぎてもシワが少ないことが数少ない自慢の一つだ。もちろん、ほうれい線などはない。30代の女性を対象に行ったあるアンケートでは、約70%の人がシワに悩みを抱えていた。そして、実に60%がほうれい線に悩んでいるという結果だった。ほうれい線が目立つ原因は、皮脂などのバリア機能が邪魔をして、美容成分が肌の奥までしっかり届いていない事が原因だという。そのため、スキンケアを選ぶ際には、浸透力のあることが必須だ。少量のチューブ入り製品で7000円というから、女性の化粧品はバカ高くても売れるようだ。愚生がHG101(フローラ)という頭髪材を使って、何とか頭の髪を生育していることを考えれば同様かもしれない。美容などには全く興味がなかったため、愚生の顔には水以外の物を付けたことはなかった。しかし、頭髪が少なくなると、老いて見えるため、それだけは気にしていた。園芸でフローラ製のHB101を使用していたため、そのエキスの効果は知っていた。園芸の土を、頭皮に置き換えれば同様の効果があるかと思い、ここ数年使っている。頭髪の効果はともかく、眉間のシワを除けば、愚生の顔には大きなシワはほとんどない。どうも、頭髪より顔のシワに効果があるのかと思っていた。かみさんの前で、ふとそのことを洩らすと、急にHG101を欲しいという。高い頭髪材だと思っていたが、かみさんまで使いだすとばかにならない。こんな頭に、お金をかける価値があるのかと、つくづく悩んでしまう。断っておくが、フローラからリベートなどは一切貰っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

三浦九段を生贄にして組織防衛を図った谷川浩司

2016122700000103asahi0007view 「三浦九段はシロ」だが「出場停止処分は妥当」という判断は、一方的に将棋連盟の肩を持った判断だ。馬鹿も休み休みいえと言いたい。裁判所で民事・刑事両方で争うべき問題だ。もし、このようなことが妥当だと認められるなら、今後怪しいというだけで、多くの棋士が出場停止になる。そして、冤罪が蔓延する。まず、相手を誹謗中傷して、竜王位を防衛した渡辺明は、必ず日本将棋連盟から除名すべきだ。公けの掲示板で根拠もなく、一億パーセント黒といった橋本八段は、一年間以上の出場停止。証拠もないのに、疑わしきは無罪などと、言いがかりをつけた羽生三冠も三か月程度の出場停止。論理性もなく誹謗中傷した千田五段は、半年間の出場停止。これ以外にも郷田王将や久保九段など処分対象者は数多くいるだろう。今回、三浦九段を中傷した棋士を、厳しく罰せなければ同じことが再発する。そして、連盟のためと言いながら三浦九段を生贄にして組織防衛を図った谷川浩司のような無頼漢は、永久名人の名に値しない。はく奪する前に、自ら返上すべきだ。また、A級11位からのスタートもおかしな話だ。事件を起こした渡辺明や羽生三冠より下位ではおかしい。将棋連盟の棋士とは、社会性がないことがよくわかったが、これほど馬鹿だとは思わなかった。いずれにせよ、金銭的補償は民事裁判で決めたほうが良い。竜王戦の賞金は5000万円程度だから、総額一億円程度の賠償は避けられないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

渡辺明に大山康晴名人はなんと言うか

Image77741   将棋の竜王戦七番勝負は、ここまで3勝3敗で最終局が新潟県南魚沼市で行われた。結果は、渡辺明が勝ち、竜王戦2連覇で、「竜王」の通算獲得数は11期となった。今回の挑戦者は予選を勝ち抜いた、渡辺竜王に3連勝中だった三浦九段に決まっていた。ところが、渡辺明が竜王戦直前に、三浦九段は不正をしていると週刊誌や将棋連盟に訴えた。その理由は、三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いがあるとい内容だった。ただし、物的証拠もなく憶測での誹謗中傷だった。ところが、将棋バカと言われ社会常識の欠落した谷川将棋連盟会長が、物証もなく三浦九段を出場停止処分にした。そして、タイトル保持者の渡辺明竜王と予選で敗退していた丸山忠久九段との対戦に変更した。対局のあと渡辺竜王は、直前で挑戦者が変更されたことについて、「簡単に割り切れるものではなく、いろいろなことを思いながら対局していました。去年、竜王に返り咲き、すぐには手放したくなかったので防衛できてよかったです」と話いる。しかし、タイトルを防衛したいからと、妄想で相手を週刊誌などで中傷を繰り返した渡辺明に、竜王の資格があるだろうか。読売新聞が主催する竜王戦の権威など地に落ちたと言うしかない。過去を振り返れば、空白の一日や早大偽装事件など、読売新聞の悪行は数限りない。私の段位証明書にも渡辺明のような無頼漢の署名があるのが恥ずかしい。丸山九段のスーツ姿で戦った気持ちが、痛いほどわかる。このような姑息な手段で竜王戦に勝った渡辺明に、大山康晴名人が生きていたら、なんというだろう。大山康晴会長の後に、日本将棋会長職に就いた中原誠は不倫米長邦夫に至っては女性の1000人切り発言と博徒まがいの面々だった。谷川、お前もか、と言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧