将棋

2020年7月 5日 (日)

将棋ファンにとって面白い企画

3abema_0606_playback02
昨日は、プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」の決勝トーナメント1回戦を観戦した。決勝トーナメントに進出チームは、「チーム渡辺、チーム永瀬、チーム三浦、チーム天彦、チーム広瀬、チーム糸谷チーム」と昨日対戦があった「チーム康光」と「チーム久保」だ。結果は、第8局でチーム康光・森内俊之九段が、チーム久保・久保利明九段に勝利し、チーム成績を5勝3敗として1回戦を突破した。レジェンドのチームメンバーは、「佐藤康光九段・谷川浩司九段・森内俊之九段」の高齢者が主力。一方、振り飛車チームのメンバーは、「久保利明九段・菅井竜也八段・今泉健司五段」の振り飛車党の棋士だ。勝てばチームの勝利が決まる一局で、森内九段は、久保九段の四間飛車穴熊を完璧に攻略した。しかし、後半は久保九段の反撃にあい、形勢は二転三転の大激戦になったが最後には振り切った。レジェンドに相応しくチームメンバーは、3人とも永世称号を保持するチーム康光だ。三人は、今大会の参加をきっかけに、Twitterの合同アカウントを開設した。そして、森内九段自身は、最近、YouTubeのチャンネルも作った。長年、将棋界を背負ってきた3人の中で、この早指し棋戦でも最も輝きを放ったのは森内九段だった。予選では5局指し4勝1敗の好成績を収めていた。そして、決勝トーナメントでは3連勝を飾った。通算7勝1敗と圧巻の将棋を指した。優勝賞金は1000万というから、それほど金銭的に恵まれない将棋棋士は、誰でも真剣なのだろう。ただ、個人戦と違い負ければチームメンバーに顔向けできないため、プレッシャーは相当だったようだ。個人戦なら自分だけだが、団体戦は同僚に迷惑がかかる。二連敗の今泉五段は泣いていた。佐藤九段も勝ったと言え本人が連敗だったため消沈していた。一方、久保九段のチームは敗れたが、本人は二勝一敗だったため清々しい顔だった。将棋・AbemaTVトーナメント団体戦は、将棋以外の棋士の喜怒哀楽を見て取れて面白かった。往年の力がない谷川九段も、菅井八段に勝ったあと、ドキドキしてまだ話せないと言うから、その真剣みとプレッシャーは、相当だったようだ。将棋ファンにとって、本当に面白い企画だ。ところで、東京圏一極集中是正へ新基本方針案という記事があった。武漢ウイルスの感染拡大を踏まえ、東京圏への一極集中の是正対策に、地方国立大学の定員を増すという。具体的には、地方大学の魅力の向上に向けて、特色ある人材育成を図る国立大学の定員増を認める。また、オンライン教育を活用して国内外の大学との連携を図るという。しかし、特色ある人材育成というが、愚生に言わせれば文科省の眼鏡にかなった人物だろう。そして、地方国立大学が定員を増やしたければ、文部官僚の天下り先を受け入れることだと言っているようにも聞こえる。そんなことより、愚生だったら地方国立大学の授業料を無料にすれば、もっと簡単に魅力が増すと思う。

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

藤井七段は、他のプロ棋士より抜けている!

95
第61期王位戦七番勝負第1局▲藤井聡太七段vs△木村一基王位戦は、95手で藤井七段の勝ちとなった。2日制タイトル戦だったため、対局者は大変だっただろうが、観戦者の愚生も疲れた。しかし、相手を圧倒した藤井七段の勝利で、愚生の溜飲も下がった。別に、木村九段に個人的な感情は持ち合わせているわけでない。将棋は流行の「角換わり戦法」に、木村九段が△4四歩と藤井七段の攻めを誘う手を指した。これが発端となり、藤井七段の猛攻が始まった。その中で▲7三歩成と強く踏み込んだ手が結果的に大局を制することになった。そして、終盤まで藤井七段が一度も受けずに、一気に木村九段の玉を寄せた。傍から見て、藤井七段は一度も受けの手を指すことはなかったから一方的な将棋だった。木村九段も△3一金と相手の「と金」の頭に、持ち駒の金を打つ奇策に出たが粘りが効かなかった。「と金」で取ってくれば、形勢が大逆転だったようだが藤井七段にまやかしの手は通じなかった。78手目。木村王位は△3一桂と2枚の「と金」が利いている場所に桂を打つ。しかし、下からは「と金」2枚、上からは金と香で、挟みうちの形で寄せられた。木村九段も、けっこう頑張ったつもりではいたというが、完璧に寄せられた。観戦していた同郷の石田和雄九段は、「いやもう、強いなんてもんじゃないね」と語る。AbemaTV解説の広瀬九段は「ぱっと投げ出してしまうことは簡単ですけれど、こういうところに歯を食いしばってきたのが木村スタイルだ」という。しかし、本局は藤井七段が、ほぼノーミスで勝ち切るパーフェクト将棋だった。粘りが身上の木村王位も、全く歯が立たなかった。愚生もタイトル棋戦で、このような一方的に完勝した将棋は覚えがない。藤井七段は、天才と呼ぶだけではなく、何か一段、他の棋士より抜けているような気がする。

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

王位戦2局目は、木村王位vs藤井棋聖!

昨日、7月1日は、豊橋市において第61期王位戦七番勝負第1局▲藤井聡太七段(17歳)vs△木村一基王位(47歳)の1日目の対局がおこなわれた。暇な愚生も、朝方からAbemaTVで観戦した。対局は9時に開始で、18時になった時点で、手番の木村王位が53手目を封じた。戦型は最新流行形の角換わり腰掛銀となった。どうも、木村王位はこの大一番に、準備した対策があったようだ。しかし、藤井七段はその誘いに9分考え、攻めを仕掛けていった。その新手は、51手目に藤井七段が7筋の歩を取りながら、桂取りとした後だ。木村王位が自陣に△9二角と打った。ここで、藤井七段が踏み込めば、もう玉が詰む、詰まないという終盤戦となる。藤井七段は1時間36分を使って▲7三歩成と、臆せずに桂を取って決着をつけにいった。藤井七段の深い読みは、成算ありとの結論だったようだ。愚生は、この手を見て藤井七段が勝ったと思った。なぜならば、読みにおいて彼に勝る棋士はいないからだ。コンピューターの形勢判断も藤井七段有利と出ている。形勢はどうやら、藤井七段が優位に立ったようだ。木村王位は次の手を封じたが、予想手は「△2九角成」だろう。もうそろそろ、2日目の対局午前9時になろうとしている。愚生の予想が当たったのだろうか。ただ、寄せ合いになれば藤井七段の右に出る棋士はいないだろうから、愚生は藤井七段の勝ちを信じたい。王位戦は、7回戦の二日制だから、長考して読みを入れる藤井七段には有利な棋戦だ。並行する魔太郎との棋聖戦第3戦を勝てば、王位戦2局目は、木村王位vs藤井棋聖となるかもしれない。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

見せしめの意味を含めて厳罰にすべき

As20180811003013_comml
愛知県の瀬戸市役所に24日、瀬戸市出身の「藤井聡太七段を殺害する」という趣旨の電話があった。瀬戸市役所が警察に相談し、愛知県警が26日、藤井七段が新幹線で移動する際、車内の警戒にあたった。殺害予告の電話は、50代から60代くらいの中年とみられる男の声だったという。しかし、これまでのところ、何も確認されていない。警察は脅迫の疑いも視野に調べを進めている。藤井七段は明日、東京で「棋聖戦」の第2局あり、7月1日からは、豊橋市のホテルで「王位戦」に臨む予定だ。ダブルタイトル戦が喫緊で迫っているから、外乱で勝敗に影響が出ないように願いたいものだ。彼の謙虚な言動からして、個人的な恨ではないだろう。武漢ウイルス下での暗い世相の中、最も明るいニュースの一つだったのに残念だ。いずれにしても、愉快犯ならいい加減にしろと言いたい。犯人を突き止めて厳罰に処するべきだ。警察には引き続き厳重な藤井七段の警護を願いたい。ところで、同じ愛知県の名古屋駅前の家電量販店で「俺コロナだよ」などと叫び、店の営業を妨害した裁判の判決があった。名古屋地裁は26日、犯人に懲役1年6か月の求刑に対し、懲役10か月の実刑判決を言い渡した。犯人は、公判で「冗談を言っているうちに口をすべらせた」などと主張していました。しかし、犯人は冗談ということの本質が分かっていないようだ。冗談とは、笑いを誘おうとするユーモラスな逸話、または言葉の意味だ。武漢ウイルス下にいる人々に、罹患していると嘘をつくことは、感染の恐怖を与えるから冗談にはならないだろう。名古屋地裁の裁判官は「当時、武漢ウイルスの感染拡大が深刻な社会問題となっていたことから、被告人の発言は店舗の営業だけでなく社会全体に及ぼした影響が大きい」と指摘する。一方で「責任を認めて店に謝罪し、反省の姿勢を示している」として、懲役10か月の実刑判決の減刑は思慮に欠く。所詮、武漢ウイルスに罹患したという虚言を、冗談と言い逃れする人物に、反省など微塵の欠片もないだろう。検察の求刑通り、懲役1年6カ月に処するべきだ。藤井七段の件も含め、見せしめの意味を含めて厳罰にすべきだ。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

藤井二冠と呼ばれるのは遠くない

View
昨日は、朝からAbemaTVで将棋・B級2組順位戦、藤井聡太七段(17)vs佐々木勇気(25)七段を観戦していた。勇気七段といえば、藤井聡太七段の29連勝止めたことで有名だ。今回は、約3年ぶりのリベンジ戦だった。順位戦B級2組1回戦の結果は、藤井聡太七段が佐々木勇気七段に勝利した。藤井聡太七段の今後の対局予定は立てこんでいる。「藤井フィーバー」真只中で、今月4日には史上最年少でのタイトル挑戦記録を更新した。佐々木七段も竜王戦2組ランキング戦で優勝し、来期の1組昇級と本戦出場を決めている。昨期、順位戦C級1組を藤井七段が10戦全勝、佐々木七段が9勝1敗で同時昇級を果たした。今回、B2組の対決は、佐々木七段の先手で始まり、角換わり腰掛け銀から進行した。夕食休憩前までは、両者形勢が互角だったが、終盤に近づくにつれて、徐々に藤井七段ペースになった。そして、そのまま押し切った。藤井聡太七段は、対局後、順位戦B級2組の白星スタートには「いいスタートが切れたので、次戦以降も一局一局頑張りたいです」と話す。愚生には、28日の棋聖戦五番勝負の第2局、魔太郎戦(渡辺明、棋聖・棋王・王将)との対戦も、藤井七段が勝つような気がする。そして、藤井七段には、最年少での名人獲得の可能性が残されている。それには、今期のB級2組、次のB級1組と「1期抜け」が必要だ。そして、A級でも初挑戦で名人挑戦権を獲得し、奪取しなければならない。ずいぶんとハードルは高い。しかし、今季に藤井七段は、棋聖戦や王位戦で最年少タイトル獲得記録も更新するだろう。藤井二冠と呼ばれるのは、そう遠くない気がする。明日は、AbenaTVの団体戦もある。最近、藤井七段のおかげで将棋界が盛り上がっていることは嬉しい。愚生の個人的主観だが、今の棋界で、複数番勝負において、藤井聡太七段に勝ち越せる棋士はいないような気がする。そうとすれば、トーナメントを勝ち上がって挑戦者になれば、羽生七冠以来の藤井八冠の実現性もある。佐々木七段は、局後に「中盤から読みにない手を多く指された。新しい感覚を感じた」と話す。藤井七段には、何か異色の輝きがあるように思えるのは、愚生だけだろうか。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

藤井王位の実現は確実だろう

2020062400000052spnannex0001view
昨日は、AbemaTVで、将棋第61期王位戦の挑戦者決定戦を観戦した。藤井七段が、永瀬拓矢二冠(王・王座)を破り、棋聖戦五番勝負に続き2つ目のタイトル挑戦を決めた。木村一基王位に挑む七番勝負は、7月1日に地元の愛知県で開幕される。初手合いとなる木村王位とは「最年長VS最年少」の激突となる。王位は持ち時間は8時間(2日制)で七番勝負を行う。根拠のない愚生の予想だが、勝率から見て木村王位が藤井七段から4勝することはあり得ないだろう。そう考えれば、藤井王位の実現は確実だ。魔太郎(渡辺明、棋聖・棋王・王将)との対戦も、今度の日曜日に勝てば、ほぼ確実だろう。そう考えれば、残る竜王戦の挑戦者決定戦が待ち遠しい。木村王位との戦いに向け「じっくり考えられるのは楽しみです」と臆さない。そして、「年は離れていますが、盤上では全力でぶつかっていきたい」と力強く口にしたというから、控えめに言っただけで自信の表れだろう。藤井七段の4-0のストレート勝ちを期待したい。藤井七段が棋聖、王位の両タイトルを獲得すれば、タイトル2期獲得の条件を満たし、史上最年少での八段昇段が実現する。猫好きの加藤一二三・九段は「藤井さんはいま絶好調。大事な局面で勝ち目のある戦い方ができる。棋聖戦五番勝負では3連勝でのストレート奪取もあり得る」と話すから、プロの目から見て魔太郎との戦いも楽勝なのかも知れない。武漢ウイルスの休校が藤井七段には追い風になったのかもしれない。今日は佐々木勇気七段との順位戦だから、非常にタイトなスケジュールで大変だ。ところで、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の営業は7月1日から再開するという。ただし、日付指定のチケットを公式サイトで販売して、入場者数は制限する。入園できるのは、オンラインで日付入りチケットを購入した人のみで、人数は通常の50%以下で1万5000人ほどだ。そして、当面は年間パスポートでは入園できない。愚生の持つ優待券はいつ使用可能になるのだろうか。少なくても、使用期間の延長保証はして頂きたいものだ。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

杉本昌隆八段対藤井聡太七段の師弟対決

00091
昨日は、AbemaTVで将棋の第33期竜王戦3組ランキング戦決勝戦、杉本昌隆八段対藤井聡太七段の師弟対決を観戦した。朝の9時半から夜の10時くらいまで見ていたので、目が疲れてしまった。竜王戦で藤井七段は、デビュー1年目の2017年に最下級の6組を制すると、2018年に5組、2019年に4組で優勝して昇級した。現在、ランキング戦は負けなしの20連勝中で、史上初の「4組連続優勝」となった。和服姿で対局に臨んだ杉本八段は、得意の四間飛車戦法を選んだ。愚生の若い頃は、大山康晴15世名人が振り飛車で勝ちまくっていた頃だ。素人には、陣形が覚えやすい振り飛車党が多かった。今でも、アマチアはおそらく振り飛車党の方が多いだろう。棋力が少し落ちる女流棋士は、やはり振り飛車党が圧倒的に多いようだ。アマチアで居飛車党となると、有段者で相当の強豪に違いない。何故かといえば、居飛車党は覚えることが多いからだ。まず、対振り飛車対応の戦法。そして、居飛車同士であっても、相がかり、腰掛銀、角換わり、横歩取り、矢倉戦法と数多い戦型を指しこなす必要がある。とてもアマチアの強豪でなければ、全ての居飛車戦法は指しこなせない。ところで、公式戦での師弟対決は今回2度目となる。2018年3月8日王将戦1次予選では、弟子の藤井七段が師匠に勝っている。どうも、武漢ウイルスでの学校休み期間の2カ月弱の間で、藤井七段は、更に強くなっていたようだ。また、今日は録画だが羽生VS藤井戦「予選Dリーグ チーム永瀬VSアベマドリームチーム」が放送される。23日は朝9:30から「王位戦の挑戦者決定戦 藤井七段 対 永瀬二冠」、25日は「佐々木勇気七段 対 藤井聡太七段 B二組順位戦」がある。そして、28日は第91期 「棋聖戦 第二局 渡辺明棋聖 対 藤井聡太七段」と連戦が続く。愚生は将棋観戦するだけだが、非常に疲れる。そうであれば、戦っている方の藤井七段は、本当に大変だと同情したくなる。

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

多くの将棋ファンは藤井棋聖を望む

20181219062506
産経新聞主催の「第91期棋聖戦」が開幕した。第1局は8日、幸先よく藤井七段が初陣を飾った。藤井七段はこのまま勢いに乗り、初タイトルを獲得できるのか。将棋界の話題といえば、高校生棋士、藤井聡太七段以外にない。愚生もAbemaTVを見るが、ほとんどが藤井七段の対局だ。正直なもので、これでしか視聴率が稼げないからだろう。確かに、愚生も藤井七段の対局しか観戦しない。何故かといえば、他の棋士に興味がないからだ。特に魔太郎といえば、コンピュータソフトカンニング捏造事件を文春に暴露して、将棋界を暗黒に引きずり込んだ張本人だ。この時、将棋界を明るい話題で闇から救ってくれた藤井七段に、負けて報いるのが奉公だろう。今回、藤井七段は準決勝で名人3期の実力を持つ前名人の佐藤天彦九段を撃破。挑戦者決定戦では、負けない将棋が代名詞の強敵、永瀬拓矢二冠にも勝ち切った。ぜひ、タイトル挑戦の最年少記録を17歳10カ月と20日で更新した藤井七段には、棋聖位も取って頂きたい。第一局は振り駒で先手を引くと、得意な「角換わり」ではなく、渡辺棋聖の得意な「矢倉」を選択した。相手の得意戦法をぶつけていく藤井七段は、大一番で図太さがあるようだ。終盤、魔太郎が怒涛の16連続王手で迫るが、読み切って先勝した。この勢いで、タイトルを奪取して欲しい。タイトル戦は先手、後手で交互に指されるが、一般的に先手番が有利とされる。そのため、渡辺棋聖が先手番の第2局で藤井七段が勝利すると、タイトル奪取の可能性は非常に高くなる。藤井七段には、ぜひ屋敷伸之九段が持つ18歳6カ月の最年少タイトル獲得記録を更新して頂きたい。将棋界の繁栄に必要なのは、国民を引き付けるスーパースターであり、手垢のついた海坊主ではない。多くの将棋ファンは、藤井七段を応援していることに間違いない。

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

棋聖戦五番勝負第1局

Lif2006080014p1
昨日は、朝から千駄ケ谷の将棋会館で開催された棋聖戦五番勝負第1局をAbemaテレビでネット観戦した。将棋会館へは、約50年前に行ったことがある。東京に出てきて、将棋を指す相手がいないのと、噂でしか知らなかった会館の見学が目的だった。当時は、将棋会館といっても二階建ての粗末な建物だった。1階に特別対局室や道場、事務があった。そして、いくらかの参加料を払えば、付属の道場で手合いを紹介してくれた。多少自分実力より下手に偽って申告したため、ある程度勝ったので気分が良かった。当時の千駄ヶ谷といえば、五反田と同様に、都内でも有数の連れ込み旅館街だった。一方、市ヶ谷駅前に本部を置く囲碁の日本棋院に比べ、一段下にみられていたのだろうか。その後、1976年に将棋会館は五階建てに建て替えられたという。今はその建屋も古くなり、将棋連盟設立100周年の2024年頃をめどに近隣の新築ビルに移転するらしい。ところで、今回の対局者の藤井七段は、紺色のスーツ姿、渡辺棋聖は和服だった。振り駒の結果、先手は藤井七段となり午前9時に始まった。これで、17歳10カ月と20日の最年少タイトル挑戦記録が更新された。驚いたことに、藤井七段は得意の角換わり戦法ではなく、渡辺棋聖が得意とする矢倉に誘導して、相手の土俵で敢えて戦った。途中、渡辺棋聖が猛追する場面もあったが、巧みな指し回しで投了に追い込んだ。持ち時間各4時間で、残りはともに1分だった。愚生は朝から観戦していたため、夜の8時前までネット中継をみた。多少の疲労感はあったが、どちらが勝つか最後まで分からず、手に汗を握る対局だった。最後には、藤井七段の読みの正確さというか、自玉が詰まないことを確信した指しまわしが印象的だった。藤井七段贔屓な愚生は、久しぶりに感動と満足感を得て爽快な気分になった。愚生が何かし訳ではないが、気持ちが乗り移って誇らしい気分になった。魔太郎には気の毒だが、自分の得意戦法で敗れたショックは大きかっただろう。棋聖戦は諦めて、名人戦に注力して頂きたい。追伸、藤井七段のカツカレが美味しそうだったので、愚生も明日食べようと思う。しかし、高額所得者の魔太郎の食べた3750円もする「鰻重」は、悔しいが愚生には高くて手が届かない。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

魔太郎は高額な名人戦に集中すべき

Pxqq3bzs
明日から、渡辺明棋聖に藤井聡太七段が挑戦する棋聖戦五番勝負が始まる。6月8日に開幕第1局が東京都渋谷区「将棋会館」で行われる。以前だと、新聞でしか棋戦の情報を得ることができなかった。しかし、今はインターネットでライブ中継される。社会インフラが変わったといえばそれまでだが、すいぶんと便利になったものだ。N国党の立花さんではないが、NHK受信料の強制徴収は悪法だと愚生も共感する。今回の武漢ウイルスでも、親方日の丸のNHKは、一番手を抜いている。桑子さんの出勤を減らすのは結構だが、受信料は今までと同じでは、何か片手落ちな気がする。
<第91期棋聖戦五番勝負日程>は
第1局 6月8日  渋谷区「将棋会館」
第2局 6月28日 渋谷区「将棋会館」
第3局 7月9日  千代田区「都市センターホテル」
第4局 7月16日 大阪市「関西将棋会館」
第5局 7月21日 渋谷区「将棋会館」
となっている。
 両者とも武漢ウイルス対応で、4月以降の公式戦対局の間隔が空いた。最近10局の成績は、渡辺棋聖6勝4敗に対し、藤井七段は9勝1敗だ。勝負事だから、戦ってみないと調子は分からないが、渡辺棋聖は豊島将之名人に挑戦する名人戦七番勝負も並行して戦う。そう考えれば、愚生の願望ではあるが、コンディション調整の難しさもあるだろうから、今回の五番勝負は藤井七段が有利と見たい。
過去の直接対決は、2019年2月16日の朝日杯決勝で、渡辺棋王●-○藤井七段だった。しかし、朝日杯は時間が短いので、今回の対戦の参考にはならないだろう。愚生も本局をライブで見ていたが、藤井七段の圧勝だった。居飛車党同士の対戦なので戦型は相居飛車だ。そして、戦法は矢倉や角換わり、相がかりなどだろう。魔太郎には申し訳はないが、手垢のついた棋士の活躍では話題性に乏しい。愚生の希望だが、魔太郎はタイトル料が高額な名人戦に集中して、棋聖戦は藤井七段に花を持たすべきだ。それが将棋界にとって、将来を見据えれば繁栄の道になる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧