将棋

2017年8月 4日 (金)

才能に溢れる若者の悩み

10201280 将棋の中学生棋士、藤井四段は来年4月に高校へ進学するのか、それとも将棋一本に専念するのか迷っているという。既にプロ棋士であり、将棋で飯を食うのだから、なにも進学の必要はない。しかし、日本では半数以上が大学に進学する時代だ。せめて、高校までは進学して欲しいというのが、親の偽らざる気持ちだ。過去を振り返れば、これまで中学生でプロ棋士になった4人の先輩(加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治三冠、渡辺明竜王)も、いずれも高校進学を選んでいる。ただし、藤井四段は勉強でも優等生のようだ。現在通う名古屋大学教育学部附属中学は中高一貫校だ。受験なしでも、附属高に進学できるので、お母さんは進学を強く望んでいるという。高校まで進学すれば、藤井四段なら間違いなくAO入試で、東大以外の東京六大学には進めるだろう。ただ、いくら天才棋士とはいえ、学校に行くと時間的な制約がかなり増える。将棋界で名を残そうとすれば、高校進学を迷う気持ちもわかる。棋界の片山大輔六段は東大卒だが、将棋は強いとはいえない。中村太地六段は、早大政経学部出身だが、進学をしなければもっと上位に食い込んでいてもおかしくはない。アスリートと同じで、将棋棋士も若い時代に鍛錬しなければ、将来の才能を潰してしまうようだ。野球選手やサッカー選手なら、才能ある人材は高校進学までで止めるのが普通だ。田中マー君とハンカチ王子の斉藤君を比べれば、一目瞭然だ。鍛錬しなければならない時に、大学野球で気を抜いてしまった斉藤君は、悲なしいかなプロでは通用しないようだ。藤井四段は、歴史に残るような記録へのこだわりがあるようだ。今回のプロデビューからの29連勝は、とうてい破れるとは思えない大記録だ。次に、タイトル獲得の最年少記録は屋敷伸之九段が持つ18歳6か月。また、羽生三冠が初めて竜王のタイトルを手にしたのは19歳。藤井四段が真剣に取り組めば、最年少記録を更新する可能性は非常に高い。将棋の棋界に遅咲きという人は、過去にいない。10代後半は、一番棋力が伸びるといわれる。藤井四段が悩む理由はそこにある。やるからには、平凡な棋士で終わりたくないのだろう。高校・大学への進学は、晩年であっても可能だ。藤井四段の頭を持つなら簡単だろう。学業と将棋の両立は、できないことはないだろうが、将棋に打ち込めない。藤井四段は天才中の天才だから、過去の天才をはるかに凌ぐ可能性を秘めている。才能に溢れる若者の悩みだ。ただ、これだけ強いと、平日対局も多いだろうから進学校での高校生活は大変だ。思いきって、高校に行かずに通信教育も一案だ。愚生が藤井四段の親なら彼に好きにしろという。なぜなら、彼の将来を親が量ることは無理だ。彼の人生は、彼に決断させてやりたい。親の気持ちを圧しつけて、後々子供に後悔させたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

藤井四段効果で将棋盤がよく売れている

20080903_145487  14歳の藤井四段の29連勝という大記録で、将棋が見直されて将棋盤がよく売れている。愚生も30年以上前だったと思うが、有段者の認定証を日本将棋連盟から頂いた。ただし、免状を取得するためのお金が惜しかったため、将棋盤だけを記念に買った。その認定証も、いつのまにか失くしてしまった。晩年、時間が出来た頃に改めて認定証を取得して、日本将棋連盟から免状を頂いた。もちろん、免状と愚生の実力が乖離していることは、重々承知している。一言で将棋盤といっても、色々な種類がある。碁盤と同様で、将棋盤を作る素材には、榧(カヤ)、新榧(スプルース材)、桂、銀杏、檜、ヒバなどがある。そして、将棋盤は、柾目盤(盤を上から見たとき、縦縞模様が見られるもの)が最も高価だ。将棋盤の厚さも価格に大きく影響する。最高級品は、本榧の柾目盤とされる。榧盤は、打ち味・外観・弾力性・色つや等、他の材質とは比較にならないほど優れているという。ただし、希少価値もあって価格がべらぼうに高い。榧六寸の将棋盤は何十万円もする。それで、榧に似ている「スプルース材」を新榧と称して使用される。もちろん、榧とは比べ物にはならない。また、柾目盤にも、表面にも裏面にも柾目が見られる「天地柾」が最高だ。しかし、木というものの特性上、厚くなるほど希少品となる。柾目以外にも、板目(木裏、木表)でも盤は製作されるが価格は少し安くなる。6寸の柾目盤は、相当太い丸太からでないと作れない。愚生が購入した将棋盤は、値ごろ感のある桂六寸柾目盤だった。現物を見て買いたかったため、御徒町にあった囲碁将棋盤の問屋まで行った。錦旗ツゲの将棋駒を含めて、当時の値段で二万数千円だった。給料の安い愚生にとって、当時は大きな出費だったが嬉しかった。高価な盤を買ったからと言って、将棋が強くなるわけではない。その高価な将棋盤も、子供相手に指すくらいでほとんど使用しなかった。そして、最近は指す相手がコンピューター将棋となり、将棋盤などは使用しない。高価な将棋盤は、今は愚生のベッドの横にあり、眼鏡、スマホの置き場や妻が布団乾燥機を使う時の置台となっている。桂六寸盤をすいぶん贅沢な使い方をしている。ところで、藤井四段の30連勝を目指す対戦相手、佐々木勇気五段も若手の強豪で容易な相手ではない。両者ともメディアが注目する中で頑張って頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

奨励会員の悲哀「煙が目にしみる」

241222_043  藤井聡太四段が29連勝を達成し、将棋界の大記録を成し遂げた報道で溢れる。マスメディアで将棋のニュースと言えば、最近では三浦九段のコンピューターソフト疑惑の冤罪事件くらいだった。愚生は、それをきっかけにここ一年位の間、将棋番組を見ていない。将棋界の社会性のなさと、組織に属している棋士の無責任さに呆れたからだ。しかし、中学3年の「天才棋士」の出現には、さすがにワクワクする気持ちだ。昨日の対増田康宏四段は、増田四段が角道を止めて藤井四段得意の角換わりを拒否した定跡のない力将棋だった。愚生もニコニコ動の棋譜で、昨日の将棋を観戦した。愚生の棋力では、藤井四段の強さの秘訣は判らない。しかし、プロの高段者のコメントは、「序盤からミスがなく、隙もない。完成度の高い将棋だった」という。中学生四年とは思えない差し回しだったのだろう。中学生棋士と言えば、加藤一二三九段、谷川九段、羽生三冠、渡辺竜王とすべてタイトル保持経験者だ。藤井四段が、順位戦でA級に駆け上がり、各種タイトル戦も活躍するのは間違いないだろう。新聞には、文武両道とあったから学業も良くできるようだ。確かに、将棋という知的なゲームは、記憶力や推理力など高いレベルが要求される。それがなければ、プロ棋士にはなれない。思い起こせば、奨励会員の悲哀をドラマにした「煙が目にしみる」(作:ジェームス三木/出演:川谷拓三)が懐かしい。鈴木英春氏をモデルにしたといわれるNHKの銀河テレビ小説だ。奨励会棋士がプロ棋士になるには年齢制限がある。ドラマの川谷拓三演じる主人公(根本信吾三段)は、30歳の年齢制限が迫っている奨励会員という設定だ。将棋に打ち込んだ青年の愛憎をドラマ化したものだ。その難関を藤井四段は14歳でプロ棋士となり、その後29連勝というから、その異才は驚嘆に値する。近い将来、彼の時代が来るのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

最低でも、魔太郎には何らかの処分!

Wakai   三浦九段冤罪事件から、愚生はすっかり将棋に興味が無くなってしまった。あれ以来、一度もNHKの将棋棋戦を見たことはない。ただ、14歳の藤井聡太四段の快進撃が話題になることについては素直に嬉しい。藤井聡太四段は、将棋の史上最年少棋士(中学3年生)で、デビュー後連勝記録を25に更新した。過去の記録では、1994年度の丸山忠久(現九段)を上回る歴代2位の25連勝。1986―87年度に神谷広志(現八段)が樹立した歴代最多28連勝も、そろそろ視界にとらえてきた。自宅が、愛知県瀬戸市というから、上京して対局するのも大変だ。愚生などは、義務教育の中学校に行く暇があるのかと心配してしまう。藤井四段が将来、将棋史に残る棋士になることは間違いない。これまでは、順位戦ではない時間の短い予選だった。次戦は、順位戦C級2組の瀬川晶司五段との一局というから頑張って貰いたい。C2組を一期抜け出来る力はあるだろうが、運も味方しないと容易ではない。順位戦で勝たなければ、これまでの連勝も意味はないだろう。過去の中学生棋士と言えば、加藤一二三九段、谷川九段、羽生善治三冠、渡辺明竜王というメンバーだ。将来が楽しみだ。ところで、三浦九段の不正疑惑に調査もせずに、日本将棋連盟が出場停止処分を行ったことに関して、両者の間で和解が成立した。愚生は、「日本将棋連盟による本件処分対応は許容される範囲内の措置であり、やむを得ないものと評価されるべきである」旨の和解は断固として承服できない。たぶん、日本将棋連盟の顔を立てるに十分な慰謝料が、三浦九段に支払われたのだろう。この問題で、日本将棋連盟の谷川浩司会長と島朗常務理事が辞任したが、あまりの無責任な対応に呆れた。とくに、これに携わった面々が、すべて将棋のトップ棋士だったことも残念だった。つくづく、日本将棋連盟とは、将棋バカの集まりだと思い知らされた。和解はしたが、三浦九段を犯罪者呼ばわりした連中の処分が一切されなかった。今回の事件で、処分を棚上げにして身を切る改革はなされなかったことは残念でたまらない。最低でも、魔太郎には何らかの処分があってしかるべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

尊厳があって初めて将棋棋士という地位

Mm 三浦九段の冤罪に対する和解がいつまでたっても進まない。日本将棋連盟に所属する棋士と呼ばれる、将棋指しの社会性のなさが原因だ。ただ、将棋が強いというだけの非常識な集団なのかと穿った見方をしてしまう。愚生はあの事件以来、一度も将棋を指したり見たりしなくなった。自分たちの仲間内に犯罪者がいても、それを罰することもできない。自分たちが世の中からどう見られているのかわからない。将棋が強ければ、何をやっても咎められない。そう思っている不遜な連中のゲームなど見たくもしたくもないという気分だ。一芸に秀でたなら、それなりの尊敬を受けるのにふさわしい人格を持っていただきたい。そう思って、将棋連盟会長を思い浮かべれば、林葉直子との不倫の中原誠永世名人、千人切りや眞野あずさとの不倫で有名な米長邦夫永世棋聖、会長ではないが飼い猫問題で訴えられ敗訴した加藤一二三九段と、将棋が強くても世間に汚点を残して評判は良くない。将棋指しなどは所詮博徒なのだ。だから、尊敬に値するなどと思わないで大目に見るべきなのかもしれない。それなら、早期に渡辺竜王の棋界からの追放や、千田六段、久保王将、橋本八段の懲罰を決めて、落とし前つけろと言いたい。ところで、棋界最高の名人位を持つ佐藤天彦名人が人工知能のポナンザに電王戦で破れた。これでポナンザの2連勝となり、将棋界の実力頂点に立つ棋士が敗北した。この結果、AI将棋は将棋棋士より強いことで決着がついた。これで、現役の名人として初めて公の場でソフトと対戦した電王戦が今期で終了する。これ以上戦っても、毎年強くなるAI将棋に将棋棋士が勝てるはずはないからだ。ただ強いだけなら、コンピューターソフトだけあればよい。尊厳があって初めて棋士という地位がある。スターウォーズのジェダイの騎士と同じだ。強いだけなら、ダース・ベイダーではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

佐藤康光氏に新理事立候補の資格があるのか

Asahi_2017021100018_3147_1 日本将棋連盟の理事選挙の予備選が4月27日に実施される。立候補者は、現会長で永世棋聖の佐藤康光九段、十八世名人の森内俊之九段、女流タイトルの最多獲得記録を持つ清水市代女流六段、森下卓九段、田中寅彦九段、鈴木大介九段、瀬川晶司五段、小林健二九段、脇謙二八段、井上慶太九段(現理事)の十人から七人が選出される。そして、5月29日の通常総会で新理事7人が正式に承認される見通しだ。三浦九段のパソコンソフト冤罪問題で、日本将棋連盟と三浦九段が和解・合意したとは聞いていない。そして、事件の引き金となった渡辺竜王、久保明王将などは、何らのお咎めもなく将棋を指している。渡辺明棋王に挑んだ千田翔太六段や橋本八段も同様だ。疑惑だけで三ヶ月間も停職処分を受けた三浦九段と大きな違いだ。彼らは三浦九段のような疑惑ではない。明らかに将棋連盟に属する棋士としての倫理規範を犯している。その将棋が強いだけのゴロツキに連中に、谷川浩司元会長は何の咎めも科さずに会長職を放り出した。それを引き継いだ佐藤康光会長も、なんらこの問題に取り組んでいない。自身に同僚を罰する覇気がないなら、会長職など引き受けるべきでない。誰がどう見たとしても、今の将棋連盟はヤクザの集まりと同じだ。強ければ倫理規範や世の中の良識など、どうでもよいという悪辣な体質だ。少なくとも、日本将棋連盟の理事に立候補するなら、渡辺明を棋界から追放することを粛々と実行できる人材であるべきだ。ただ、同僚の顔色を見て意見を言う理事などは不要だ。愚生自身は将棋を指すのも見るのも止めてしまった。将棋の棋士とは、あまりも非常識な連中だと呆れてしまったのが理由だ。文化や伝統の継承は、世間一般から評価されなければ続かない。将棋を指している棋士が、世間から疎まれるようでは先は見えている。選ばれた新理事は、早期に問題を起こした棋士や旧理事に然るべき処分を下すべきだ。このままでは、一年近くになってしまう。この問題に、渡辺竜王を含めた一部のトップ棋士と事前に関わった佐藤康光氏は、新理事に立候補する資格があるのかは怪しい。自分自身も罰せられる可能性がある人材が、裁く立場の新理事にふさわしいとは思えない。その時点で本人の認識不足も甚だしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

人工知能が進んだ世の中を垣間見た

9  将棋棋士とコンピューターが戦う電王戦二番勝負の第1局は、将棋ソフトが佐藤天彦名人に快勝した。佐藤名人は電王戦への出場者を決めるトーナメントで、三冠の羽生善治王座らを下して電王に臨んだ。将棋ソフトは、現役の最高位である名人に勝ったのだ。将棋ソフトの実力は、名実ともに棋界最高峰の名人位を上回ったことになる。ただ、先手番のポナンザが初手▲3八金という奇抜な手を指した。いわゆる、定跡から離れた力戦型の勝負になった。その後、ポナンザは巧みな指し回しで相手の攻めをいなして優勢を築くと、危なげなく押し切って完勝した。佐藤名人は事前に、将棋ソフト「ポナンザ」をパソコンに導入して、研究してから対戦に臨んだが及ばなかった。佐藤名人は 「結果を出せなくて残念だ。ポナンザは読みの精度が高く、完敗だった。」という。電王戦は、主催者の都合でこれが最後になるという。もう将棋ソフトは、プロ棋士の力の及ばない領域に達したようだ。三浦九段の冤罪も、プロ棋士が将棋ソフトより弱いから起きた事件だ。愚生はあの事件以来、すっかり将棋に対して興味なくなり、NHKのトーナメント戦を見なくなった。今回のように、過去の定石にとらわれない力戦型なら、プロ棋士は将棋ソフトに歯が立たない。つまり、過去の経験が利用できない形であれば、実力が上回る将棋ソフトの圧勝となる。将棋棋士は、スターウォーズに出てくるジェダイになったのかと思ってしまう。人工知能が進んだ世の中を垣間見た。ところで、今日から山陰・山陽旅行に出ますので、数日間ブログは休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

将棋を見るのも指すのも嫌になった

Oushou_01 昨年から、撮りためておいたNHKの将棋関連の録画をすべて削除した。三浦九段の「コンピューター将棋ソフト冤罪事件」で、日本将棋連盟に失望したせいだ。将棋を見る気がしなくなったというのが、正直な気持ちだ。将棋棋士と呼ばれ、専門知識を持つ匠のような存在にも思っていた。ところが、冤罪事件の告発、経過、その後の対応を見ると呆れてしまった。こんなに低俗で、常識を持ち合わせていない連中の集まりかと思うからだ。悪ガキが多少将棋が強いからといって、増長して得意満面になって非常識なことをやらかす。それを受けて、問題の本質を理解しないままに、元会長が馬鹿な裁定下し辞任した。しかし、次の新会長は三浦九段への補償や問題棋士の処分を行ったかと言えば、未だに何もしていない。実際に、冤罪事件の張本人渡辺明は何の咎めもなく将棋を指している。事件の発端を作った久保利明は王将戦。嘘を拡散させた千田翔太も、棋王戦に出場している。1億パーセント黒と言った橋下崇載は、根拠も示さず、謝罪もせずに将棋を指している。谷川元会長は、責任を取って辞任はしたが、棋士は辞めずにそのまま将棋界に居座るつもりのようだ。疑惑だけで三ヶ月の処分を三浦九段に架したなら、間違った裁定だったことが証された今、谷川氏が会長職の辞任だけで済むはずはない。こんな、非常識な連中の溜まり場となった将棋というゲームを、見るのも指すのも嫌になった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

将棋の国際化に努めることは必然だ

Lif1702200023p1 ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさんが女流プロ棋士への昇格を決めた。外国人棋士は男女を通じて史上初だという。ステチェンスカさんは平成25年に女流棋士を目指して来日。留学生として山梨学院大に通いながら、女流棋士養成機関に入会して、必用な成績を修めて女流棋士の資格を得た。将棋棋士になったところで、大相撲と違い、それほど金銭的なうま味はない。本当に将棋が好きでなければ、わざわざ日本までくることはない。日本将棋連盟の佐藤康光会長は「将棋界初の外国人棋士として、これからますますの活躍を期待しています」とコメントした。少子高齢化の日本では、将棋人口の減少が続き先は見えている。いずれ新聞社などのスポンサーも離れ、プロ将棋棋士会は崩壊に繋がる。将棋の国際化を目指し、海外への普及に努めることは必然だ。外人力士が活躍する大相撲には、貧しい国から出稼ぎに来て大金を稼ぐという夢がある。モンゴルの一般市民の平均年収は30万円程度だ。しかし、日本に来て大相撲で横綱にでもなれば2億円近く稼げる。モンゴル人にとっては、ジャパニーズ・ドリームの実現だ。また、愚生が贔屓にしている春日野部室には、ジョージア出身の栃ノ心がいる。彼はサンボではヨーロッパ王者になったこともある格闘技の強豪選手だ。ジュージアの1人当りのGDPは2,925ドル(36万円)と日本の10分の1だ。関脇にまでなった栃ノ心の年収は、約2000万円をゆうに超える。彼が日本に来て相撲力士を選択したことは容易に理解できる。一方、将棋界は、高段者強豪棋士の年収であっても稼ぎは少ない。女流棋士の年収など無いに等しい。そういう環境下で、将棋の国際化など容易に図れるものではない。国際化を唱える前に、日本将棋連盟には多くの課題がある。今回の三浦九段冤罪事件など、将棋界の社会性や倫理性、透明性など、いくつも乗り越える山があるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

将棋七大タイトルの三つまでが、犯罪者対局

O0407043813861730581 日本将棋連盟の谷川浩司会長が辞任して、佐藤康光会長に変わった。会長が変わったからといって、日本将棋連盟が三浦九段に科した過ちが償われたわけではない。離席問題だけで、三浦九段は三ヶ月の出場停止を強いられた。一方、証拠もないのに三浦九段を犯罪者に仕立て上げた渡辺明は、作戦通りに竜王位を防衛した。そして、数学的な根拠も無く妄想で三浦九段を非難した千田翔太六も棋王戦に出場している。その対戦相手が、渡辺明というから犯罪者どうしのタイトル戦だ。愚生に言わせれば、竜王位は無効でなければ筋が通らない。そして、三浦九段に科した量刑が真っ当であれば、千田翔太など半年から一年近くは出場停止だ。当然のこととして、一般社会なら渡辺明は永久追放だ。さらに、三浦九段が3分退席したことを30分退席したと触れ回った久保明は、王将タイトルを戦っているというから笑える。七大タイトルの三つまでが、犯罪者を交えた対局となっている。李下の冠といって、三浦九段を切り捨てた日本将棋連盟は、今の状態をどうとらえているのか。将棋バカで頭が足らないからといって許されるものではない。犯罪者は、必ず罰せられなければ、常識人の将棋ファンなどいなくなる。将棋指しが、程度の悪い博徒集団だということは世の中に知らしめた。しかし、将棋は博徒以外の一般人も指す。こんな低俗で非常識な倫理観をもつ博徒連中を、日本の健全な青少年に触れさせることがあってはならない。NHKを含め、公共の場に将棋の時間など持つべきではない。日本将棋連盟は、公益法人というなら早期に渡辺明を永久追放にし、組織を健全化すべきだ。愚生も三浦九段の事件以来、将棋の番組を録画はしているが、見ることはない。スマホでも一切将棋など指さなくなった。日本将棋連盟に自浄作用がないなら、青少年の育成に悪影響を及ぼす。早期に、犯罪者に処分を科さないなら将棋を日本文化から排除すべきだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧