将棋

2017年4月13日 (木)

佐藤康光氏に新理事立候補の資格があるのか

Asahi_2017021100018_3147_1 日本将棋連盟の理事選挙の予備選が4月27日に実施される。立候補者は、現会長で永世棋聖の佐藤康光九段、十八世名人の森内俊之九段、女流タイトルの最多獲得記録を持つ清水市代女流六段、森下卓九段、田中寅彦九段、鈴木大介九段、瀬川晶司五段、小林健二九段、脇謙二八段、井上慶太九段(現理事)の十人から七人が選出される。そして、5月29日の通常総会で新理事7人が正式に承認される見通しだ。三浦九段のパソコンソフト冤罪問題で、日本将棋連盟と三浦九段が和解・合意したとは聞いていない。そして、事件の引き金となった渡辺竜王、久保明王将などは、何らのお咎めもなく将棋を指している。渡辺明棋王に挑んだ千田翔太六段や橋本八段も同様だ。疑惑だけで三ヶ月間も停職処分を受けた三浦九段と大きな違いだ。彼らは三浦九段のような疑惑ではない。明らかに将棋連盟に属する棋士としての倫理規範を犯している。その将棋が強いだけのゴロツキに連中に、谷川浩司元会長は何の咎めも科さずに会長職を放り出した。それを引き継いだ佐藤康光会長も、なんらこの問題に取り組んでいない。自身に同僚を罰する覇気がないなら、会長職など引き受けるべきでない。誰がどう見たとしても、今の将棋連盟はヤクザの集まりと同じだ。強ければ倫理規範や世の中の良識など、どうでもよいという悪辣な体質だ。少なくとも、日本将棋連盟の理事に立候補するなら、渡辺明を棋界から追放することを粛々と実行できる人材であるべきだ。ただ、同僚の顔色を見て意見を言う理事などは不要だ。愚生自身は将棋を指すのも見るのも止めてしまった。将棋の棋士とは、あまりも非常識な連中だと呆れてしまったのが理由だ。文化や伝統の継承は、世間一般から評価されなければ続かない。将棋を指している棋士が、世間から疎まれるようでは先は見えている。選ばれた新理事は、早期に問題を起こした棋士や旧理事に然るべき処分を下すべきだ。このままでは、一年近くになってしまう。この問題に、渡辺竜王を含めた一部のトップ棋士と事前に関わった佐藤康光氏は、新理事に立候補する資格があるのかは怪しい。自分自身も罰せられる可能性がある人材が、裁く立場の新理事にふさわしいとは思えない。その時点で本人の認識不足も甚だしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

人工知能が進んだ世の中を垣間見た

9  将棋棋士とコンピューターが戦う電王戦二番勝負の第1局は、将棋ソフトが佐藤天彦名人に快勝した。佐藤名人は電王戦への出場者を決めるトーナメントで、三冠の羽生善治王座らを下して電王に臨んだ。将棋ソフトは、現役の最高位である名人に勝ったのだ。将棋ソフトの実力は、名実ともに棋界最高峰の名人位を上回ったことになる。ただ、先手番のポナンザが初手▲3八金という奇抜な手を指した。いわゆる、定跡から離れた力戦型の勝負になった。その後、ポナンザは巧みな指し回しで相手の攻めをいなして優勢を築くと、危なげなく押し切って完勝した。佐藤名人は事前に、将棋ソフト「ポナンザ」をパソコンに導入して、研究してから対戦に臨んだが及ばなかった。佐藤名人は 「結果を出せなくて残念だ。ポナンザは読みの精度が高く、完敗だった。」という。電王戦は、主催者の都合でこれが最後になるという。もう将棋ソフトは、プロ棋士の力の及ばない領域に達したようだ。三浦九段の冤罪も、プロ棋士が将棋ソフトより弱いから起きた事件だ。愚生はあの事件以来、すっかり将棋に対して興味なくなり、NHKのトーナメント戦を見なくなった。今回のように、過去の定石にとらわれない力戦型なら、プロ棋士は将棋ソフトに歯が立たない。つまり、過去の経験が利用できない形であれば、実力が上回る将棋ソフトの圧勝となる。将棋棋士は、スターウォーズに出てくるジェダイになったのかと思ってしまう。人工知能が進んだ世の中を垣間見た。ところで、今日から山陰・山陽旅行に出ますので、数日間ブログは休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

将棋を見るのも指すのも嫌になった

Oushou_01 昨年から、撮りためておいたNHKの将棋関連の録画をすべて削除した。三浦九段の「コンピューター将棋ソフト冤罪事件」で、日本将棋連盟に失望したせいだ。将棋を見る気がしなくなったというのが、正直な気持ちだ。将棋棋士と呼ばれ、専門知識を持つ匠のような存在にも思っていた。ところが、冤罪事件の告発、経過、その後の対応を見ると呆れてしまった。こんなに低俗で、常識を持ち合わせていない連中の集まりかと思うからだ。悪ガキが多少将棋が強いからといって、増長して得意満面になって非常識なことをやらかす。それを受けて、問題の本質を理解しないままに、元会長が馬鹿な裁定下し辞任した。しかし、次の新会長は三浦九段への補償や問題棋士の処分を行ったかと言えば、未だに何もしていない。実際に、冤罪事件の張本人渡辺明は何の咎めもなく将棋を指している。事件の発端を作った久保利明は王将戦。嘘を拡散させた千田翔太も、棋王戦に出場している。1億パーセント黒と言った橋下崇載は、根拠も示さず、謝罪もせずに将棋を指している。谷川元会長は、責任を取って辞任はしたが、棋士は辞めずにそのまま将棋界に居座るつもりのようだ。疑惑だけで三ヶ月の処分を三浦九段に架したなら、間違った裁定だったことが証された今、谷川氏が会長職の辞任だけで済むはずはない。こんな、非常識な連中の溜まり場となった将棋というゲームを、見るのも指すのも嫌になった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

将棋の国際化に努めることは必然だ

Lif1702200023p1 ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさんが女流プロ棋士への昇格を決めた。外国人棋士は男女を通じて史上初だという。ステチェンスカさんは平成25年に女流棋士を目指して来日。留学生として山梨学院大に通いながら、女流棋士養成機関に入会して、必用な成績を修めて女流棋士の資格を得た。将棋棋士になったところで、大相撲と違い、それほど金銭的なうま味はない。本当に将棋が好きでなければ、わざわざ日本までくることはない。日本将棋連盟の佐藤康光会長は「将棋界初の外国人棋士として、これからますますの活躍を期待しています」とコメントした。少子高齢化の日本では、将棋人口の減少が続き先は見えている。いずれ新聞社などのスポンサーも離れ、プロ将棋棋士会は崩壊に繋がる。将棋の国際化を目指し、海外への普及に努めることは必然だ。外人力士が活躍する大相撲には、貧しい国から出稼ぎに来て大金を稼ぐという夢がある。モンゴルの一般市民の平均年収は30万円程度だ。しかし、日本に来て大相撲で横綱にでもなれば2億円近く稼げる。モンゴル人にとっては、ジャパニーズ・ドリームの実現だ。また、愚生が贔屓にしている春日野部室には、ジョージア出身の栃ノ心がいる。彼はサンボではヨーロッパ王者になったこともある格闘技の強豪選手だ。ジュージアの1人当りのGDPは2,925ドル(36万円)と日本の10分の1だ。関脇にまでなった栃ノ心の年収は、約2000万円をゆうに超える。彼が日本に来て相撲力士を選択したことは容易に理解できる。一方、将棋界は、高段者強豪棋士の年収であっても稼ぎは少ない。女流棋士の年収など無いに等しい。そういう環境下で、将棋の国際化など容易に図れるものではない。国際化を唱える前に、日本将棋連盟には多くの課題がある。今回の三浦九段冤罪事件など、将棋界の社会性や倫理性、透明性など、いくつも乗り越える山があるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

将棋七大タイトルの三つまでが、犯罪者対局

O0407043813861730581 日本将棋連盟の谷川浩司会長が辞任して、佐藤康光会長に変わった。会長が変わったからといって、日本将棋連盟が三浦九段に科した過ちが償われたわけではない。離席問題だけで、三浦九段は三ヶ月の出場停止を強いられた。一方、証拠もないのに三浦九段を犯罪者に仕立て上げた渡辺明は、作戦通りに竜王位を防衛した。そして、数学的な根拠も無く妄想で三浦九段を非難した千田翔太六も棋王戦に出場している。その対戦相手が、渡辺明というから犯罪者どうしのタイトル戦だ。愚生に言わせれば、竜王位は無効でなければ筋が通らない。そして、三浦九段に科した量刑が真っ当であれば、千田翔太など半年から一年近くは出場停止だ。当然のこととして、一般社会なら渡辺明は永久追放だ。さらに、三浦九段が3分退席したことを30分退席したと触れ回った久保明は、王将タイトルを戦っているというから笑える。七大タイトルの三つまでが、犯罪者を交えた対局となっている。李下の冠といって、三浦九段を切り捨てた日本将棋連盟は、今の状態をどうとらえているのか。将棋バカで頭が足らないからといって許されるものではない。犯罪者は、必ず罰せられなければ、常識人の将棋ファンなどいなくなる。将棋指しが、程度の悪い博徒集団だということは世の中に知らしめた。しかし、将棋は博徒以外の一般人も指す。こんな低俗で非常識な倫理観をもつ博徒連中を、日本の健全な青少年に触れさせることがあってはならない。NHKを含め、公共の場に将棋の時間など持つべきではない。日本将棋連盟は、公益法人というなら早期に渡辺明を永久追放にし、組織を健全化すべきだ。愚生も三浦九段の事件以来、将棋の番組を録画はしているが、見ることはない。スマホでも一切将棋など指さなくなった。日本将棋連盟に自浄作用がないなら、青少年の育成に悪影響を及ぼす。早期に、犯罪者に処分を科さないなら将棋を日本文化から排除すべきだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

三浦九段への補償と倫理違反棋士の処分

As20170206004296_comml 日本将棋連盟は、将棋ソフト不正使用疑惑をめぐり混乱を招いたとして辞任した谷川浩司前会長に代わり、佐藤康光九段を新会長に選出した。新任挨拶で、佐藤会長は三浦九段の名誉回復、並びに将棋界の信頼回復に努める。そして、今回を機に組織、対局規定など日本将棋連盟を改めて見つめ直し、時代に即して変えるべきところは変え、残すべきところは残すと話した。しかし、前任の会長・理事、事件を起こした渡辺竜王、橋本八段、千田六段、久保九段、羽生三冠への処分に触れていない。この日の総会では、棋士達から連盟理事への責任追及。また総会に先立って、棋士28人が「佐藤会長と井上慶太・新常務理事以外全ての専務理事・常務理事の解任」を求め、総会の開催を請求したという。当然だろう。日本将棋連盟が課した処分は、加害者(理事)が自分を処分した形だ。言い方は悪いが、「盗人にも三分の理」のような立場だ。そんな、盗人の理など配慮する必要はない。谷川会長は、心身ともに限界を超えているという。ただ、愚生に言わせれば、谷川会長がこんなに組織運営の当事者能力がないとは思わなかった。佐藤新会長は、三浦九段は第三者委員会で潔白が証明されたと話す。それであれば、三浦九段への補償問題と倫理違反棋士の処分問題を改めて詰めなければならない。谷川前会長の実兄が、三浦九段の名誉回復や渡辺竜王らの処分を求める署名運動をしているという。一般社会を経験した常識人なら当然だろう。一般企業なら、渡辺竜王の行為は懲戒解雇に値する。これに対し、将棋連盟内からは渡辺竜王に処分を下すという話は出なかったかという。三浦九段への対応と著しい違いだ。こういうことを、一つとっても将棋指しに任せては健全な組織運営は不可能だ。公益法人というなら、世の中の一般人も理解できるように運営すべきだ。嫌なら、日本プロ野球機構のように、任意団体として運営すべだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

冤罪問題を引き起こした将棋棋士への断罪

Lif1701180039p1  昨日、日本将棋連盟谷川浩司会長は、将棋ソフトの不正使用疑惑をめぐる混乱の責任を取り、会長職を辞任すると発表した。この辞任に、愚生は全く同情しない。真っ当な人材が会長職なら、このような混乱を引き起こさなかった。将棋ソフトの不正疑惑に、スマホ、携帯電話やパソコンの持ち込みを禁止して竜王戦を開催すればよかっただけだ。社会性もなく、教育も受けてない将棋指しが、会長、専務、理事などと肩書きを頂いて、当事者能力もないのに決裁したことが問題だ。肩書きを付け職権を持ったとしても、それに見合った知識や経験を備えていなければ実務は出来ない。滑稽なのは、利害関係の最もある渡辺明が、その輪の中心にいたことだ。常識では考えられない。谷川会長は、「第三者調査委員会の報告では、昨年10月に将棋連盟が下した判断(三浦弘行九段の出場停止処分)は『妥当』であるとの結論をいただきましたが、判断に至る10月以前の調査や対応に不備があったことに責任を感じています」と口ではいう。しかし、世の中の趨勢は、日本将棋連盟に雇われた第三者調査委員会の報告など詭弁だと思っている。報告書の中で、重要な事は三浦九段が潔白だったという事実だ。そもそも、谷川会長は「調査委の報告を受けて記者会見した12月27日の段階では、会長の任期を全うするつもりでした。」というから、真摯に反省はしていない。会長が辞めても積み残した問題は、なんら解決されていない。三浦九段との金銭的な補償や順位戦の扱い、竜王戦の再選など全く被害者と合意がなされていない。そして、最も重要な事は、谷川会長も含めて冤罪問題を引き起こした棋士への断罪がされていない。棋士の間からは、連盟役員の総退陣を求める声が上がっているというが、当たり前の話しだろう。本人自身は「もっと早い段階で手を打っておけば、このような大きな問題にならなかったかもしれないということは強く感じています。」といっているように、谷川会長の職務能力の欠如は著しい。つみ残された問題は、どう解決すべきだろうか。愚生の案だが・・・
渡辺明の日本将棋連盟からの除名と竜王位の剥奪
・週刊誌へ日本将棋連盟の内部情報を漏らした渡辺明への損害賠償請求
渡辺明の除名で空席になった竜王位を三浦九段が引き継ぐ。
・竜王戦の優勝総額金は、三浦九段に授与する。
・順位戦の序列は、6位とする。(渡辺竜王は除名処分のためA級は10名)
根拠もなく、憶測だけで非業中傷した棋士への倫理規定違反の処分として
・公共の掲示板に、三浦九段を誹謗中傷した橋本八段の一年間の出場停止処分
根拠のない確率理論で中傷した千田六段に対し半年間の出場停止処分
・3分を30分と言って告発した久保九段の三か月間の出場停止処分
・その他、上記以外の関係者への注意
そして、刑法に照らし合わせて、刑事罰に当たると考えられるものについては、刑事告発する。
潔白なのに離席疑惑で三か月の出場停止を言い渡された三浦九段は、この内容でも納得できないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

第三者委員会とは将棋連盟ご用達の弁護士

Shogikoma 三浦九段のコンピューターソフト疑惑について、日本将棋連盟が依頼した第三者委員会の報告書が公開された。長文だが、三浦九段疑惑は、冤罪だったと結論付けた。報告書の中で、「三浦棋士個人に不利益が生じた失われた利益に対し、連盟が三浦棋士に対し、何らかの補償を検討することが適切である」と言及している。しかし、愚生が読んで納得がいかないのは、「本件処分は、本件疑惑に対してやむを得ず行われた措置で、三浦棋士にたいする処分が内容的に許容されるものであった」と結論付けたことだ。第三者委員会というと、何か公平な委員会のようにも聞こえる。しかし、実態は将棋連盟が雇った将棋連盟ご用達の弁護士連中だ。いわば、将棋連盟を弁護する「サクラ」のようなものだ。世界中で、日々争いにごとに裁判所で判決は下される。その中で、半数の弁護士は勝訴し、半数は敗訴する。この報告書の中で、読み取れる唯一重要なことは、将棋連盟の息のかかった弁護士が調査しても、三浦九段の疑惑は冤罪だったことだ。谷川浩司会長は、「報告書の内容を真摯に受け止め、将棋界の正常化ならびに、棋士が盤面だけに集中できる環境作り、将棋ファンの皆様に真剣勝負を楽しんで頂けるように努めて参ります。」と幕引きを図る。しかし、本件について関係者の処分や賠償、(さらに刑事罰を含む)は、三浦九段と合意されたものではない。これからの協議事項だ。本問題に対して、三浦九段側の弁護士と和解協議をしているようだが、将棋連盟が公益法人なら、内容が世間に公開される裁判で争って頂きたい。
・刑事告発で、渡辺明棋士や谷川浩司会長への刑事罰を問う。
・民事訴訟において、日本将棋連盟とこれに加担した渡辺明、千田、橋本、久保明、羽生、島朗などへの賠償請求と棋士の永久追放を含む処分。離席疑惑だけで、三か月間の出場停止だ。名前が挙がっている告発側棋士は、断罪しなければ、処分のつり合いは取れない。いずれにしろ、悪の巣窟のような日本将棋連盟と、それを取り巻く棋士達を、日本相撲協会がやったように、一度浄化する必要がある。世間は、大相撲と違って、将棋指しなどは博徒扱いしているから注目はしない。そうだからと言って、いい加減な処分では公益法人として、青少年の育成に悪い影響を与える。しっかりとした対応ができないなら、未成年者の将棋ゲームは禁止とすべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

弟子が弟子なら師匠はそれに輪をかけた

Zyousekisaisenntann 三浦九段冤罪事件で、告発した渡辺明は、所司和晴門下だ。師匠の所司和晴七段は、名人位を争う順位戦、C級1組に15期在籍した。その後、C級2組順位戦で降級点を2回取りフリークラスとなった。弟子の渡辺明とは、将棋の戦績では月と鼈くらい違う。その所司和晴七段のブログに、今年の新年の挨拶があった。
皆さん新年あけましておめでとうございます。昨年も健康であった点で良い年でした。
・・・と続き
渡辺明竜王もフルセットの末、竜王位を防衛できて良かったです。次は棋王の防衛戦ですが、こちらは次に防衛できると5連覇で永世棋王の資格が得られるのでぜひともまたがんばってほしいです。
・・・・
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
・・・で終わる。
挨拶には、三浦九段の冤罪について一ことも言及していない。弟子が将棋界の歴史を揺るがすような、犯罪まがい(今後、刑事告発で犯罪の可能性)の事件を起こした師匠の年初のあいさつとは思えない。愚生は、谷川浩司会長の非常識な鈍感さには辟易している。しかし、渡辺明の師匠所司七段ときたら、事件に一ことも言及せずに「昨年も健康であった点で良い年でした 」といい放っている。弟子が弟子なら師匠はそれに輪をかけた非常識な人材だ。将棋で有名な坂田三吉と言えば、生涯で「三、吉、馬」という漢字しか書けなかったと言われる。将棋指しの非常識は、大目にみるべきなのだろうか。マスメディアで取り上げられて時の人となると、いつの間にか先生と呼ばれる。NHKの将棋講座でも、女流棋士が渡辺先生と呼んでいた。小学生くらいの分別もない渡辺明に、先生という尊称をつけてもてはやすから、本人が増長して非常識極まりない馬脚を現す。立場や将棋が強ければ何を言っても良い。例え間違っていても謝罪はしないという態度で良いのだろうか。そして、勝つためなら相手を誹謗中傷して蹴落とすなど、尊称以前に人としての資質の問題だ。小さい頃から、将棋の駒以外触れることもなかったと庇っても弁明にはならない。所司七段の挨拶を見て、将棋界というか、将棋指し全体が倫理観の欠如が甚だしい、ならず者集団のような形相に思えてきた。他人の苦しみに共感もしないというような組織団体は、公益社団法人などという名称を担ってはならない。公益法人は、積極的に不特定多数の者の利益の実現を目的とするものでなければならずとある。自らの失態に対して、自浄能力もない日本将棋連盟に資格を与えることは不適当だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

三浦九段を生贄にして組織防衛を図った谷川浩司

2016122700000103asahi0007view 「三浦九段はシロ」だが「出場停止処分は妥当」という判断は、一方的に将棋連盟の肩を持った判断だ。馬鹿も休み休みいえと言いたい。裁判所で民事・刑事両方で争うべき問題だ。もし、このようなことが妥当だと認められるなら、今後怪しいというだけで、多くの棋士が出場停止になる。そして、冤罪が蔓延する。まず、相手を誹謗中傷して、竜王位を防衛した渡辺明は、必ず日本将棋連盟から除名すべきだ。公けの掲示板で根拠もなく、一億パーセント黒といった橋本八段は、一年間以上の出場停止。証拠もないのに、疑わしきは無罪などと、言いがかりをつけた羽生三冠も三か月程度の出場停止。論理性もなく誹謗中傷した千田五段は、半年間の出場停止。これ以外にも郷田王将や久保九段など処分対象者は数多くいるだろう。今回、三浦九段を中傷した棋士を、厳しく罰せなければ同じことが再発する。そして、連盟のためと言いながら三浦九段を生贄にして組織防衛を図った谷川浩司のような無頼漢は、永久名人の名に値しない。はく奪する前に、自ら返上すべきだ。また、A級11位からのスタートもおかしな話だ。事件を起こした渡辺明や羽生三冠より下位ではおかしい。将棋連盟の棋士とは、社会性がないことがよくわかったが、これほど馬鹿だとは思わなかった。いずれにせよ、金銭的補償は民事裁判で決めたほうが良い。竜王戦の賞金は5000万円程度だから、総額一億円程度の賠償は避けられないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧