将棋

2020年10月22日 (木)

希望者全員にプレゼントすべきだ

20200820ax08s_p
昨日は、朝からAbema.Tvで「藤井聡太棋聖・王位vs村山慈明七段」第79期名人戦順位戦B級2組を観戦していた。順位戦B級2組は上位3人がB級1組へ昇級する。深夜にまで及んだ激戦を制した藤井二冠は「力戦模様になり駒があまり前に出にくい将棋なので、どうバランスを取ればいいのか分からなかった」と振り返った。将棋は村山七段の横歩取りへの戦型誘導を受けて立つ戦になった。夜の10時頃まで愚生の眼には互角に映ったが、最後は藤井二冠の鋭い攻めで投了に追い込んだ。最近の藤井二冠は、史上最年少で2冠を獲得後、豊島竜王、羽生九段戦に横歩取り戦型で黒星を喫していた。その連敗した同じ戦型で、村山七段は研究手を用意して藤井二冠に臨んだ。しかし、深夜にまで及んだ激戦を藤井二冠が制し、開幕から無傷の5連勝とした。愚生の棋力程度では、プロの将棋の詳細までは分からない。しかし、AIの評価値が画面の片隅に表示される為、ある程度の優劣は分かる。そういう意味で、昨日の戦いは午後9時くらいまでは、はっきりとした優劣はなかった。B2組は、これまでトップだった中田宏樹八段が敗れたため、藤井二冠が先頭に立った。今期の残る相手は、北浜・野月・中村修・窪田・中村太と続くが、強豪ではあるが盛りの過ぎた高齢者が続く。唯一若いといえるは、中村太一七段の32歳だ。多分1敗でも昇組は可能だろうから、藤井二冠の実力からして昇級は確実だ。傍から観戦する愚生の眼にも、一局を勝ち切ることは容易ではない。これだけの高勝率を藤井二冠が維持していること自体、秀でた力が有るとしか思えない。王将戦の予選リーグでは、惜敗が2回も続いたため不運だった。ところで、産経新聞に「藤井2冠の扇子」の抽選に応募したが未だに返事はない。どうも100本限定というから、抽選に外れたのだろうか。それとも、新聞社内の身内に扇子を配ったのだろうかと穿った目もある。産経新聞など、安いのが取り柄の右翼紙だ。購読してやっているのだから、藤井二冠の扇子くらいは、希望者全員にプレゼントすべきだろう。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

社会環境を変革する企業は好調

Images_20201012185101
今週から第3四半期の米国企業決算が始まる。アナリスト予想によると、S&P総合500種指数採用企業は、前年同期比で21%の減益と、第2四半期の30.6%減益から改善する見通しだ。どうも、武漢ウイルスの感染拡大に伴うロックダウンを受けた業績悪化は、第2四半期が底だった可能性が高いとみられている。13日には、JPモルガンとシティグループが決算を発表する。米企業の業績予想は、下振れするケースよりも上振れするケースが増えており、ここ数週間で市場の業績予想が改善しているという。そうであれば、予想を上回る企業業績が今後の株価上昇材料となることを期待したい。ただ、米労働省が発表した新規失業保険申請件数は、高止まりが続き、多くの失業者がなお復職していない状況だ。愚生の行きつけのスーパーでは、下期が始まった10月から見えなくなった店員さんの顔も少なくない。日本でも倒産や不景気風が止んだわけではなく、これから更に進む気もする。購買力の低下で、小売り、旅行、観光など武漢ウイルスの感染拡大で打撃を受けた企業が早々に回復するとは思えない。ただ、米国大型株が多いハイテクセクターは、前年比で0.5%の減益と、セクター別では減益率がすこぶる好調だ。やはり、クラウドサービスやネット通販など、大きく社会環境を変革する企業は好調のようだ。今期の決算を経て、また「GAFA+M」に資金が集まりそうな気がする。捕らぬ狸の皮算用かもしれないが、期待したい。ところで、10月9日から将棋の第33期竜王戦7番勝負第1局が2日制で行われた。「豊島将之竜王vs挑戦者の羽生善治九段」は、竜王戦史上最短手数わずか52手で豊島竜王が勝った。これまでの最短は、タイトル戦では26年前の第63期棋聖戦「谷川浩司王将vs羽生棋聖」で、谷川王将が49手で勝ったという最短記録がある。竜王戦第一局は、先手羽生九段の矢倉模様に対し、豊島竜王が一貫した研究手順で快勝した将棋だった。タイトル獲得通算100期を目指す羽生九段には、痛い敗戦だった。往年の羽生九段なら、タイトル奪取は容易だろう。しかし、五十歳になった現在は、あと一つで100期という偉業だが険しいものがある。羽生九段には、頑張って頂きたいと応援したい。ただ、愚生の私見だが、今回は52手で勝ちという事から、豊島竜王の事前研究に嵌った感がある。昨今、コンピューターを使った序中盤の解析が進むため、若手棋士の研究成果を覆して勝利するのは容易でない気がする。

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

藤井聡太棋聖(18)の棋聖就位式

Download_20200924090701
昨日、暇なので東京都内で開かれた藤井聡太棋聖(18)の棋聖就位式を見ていた。棋聖就位式は通常、ファンとともに棋聖就位を祝うが、今回は武漢ウイルスの感染防止のため、関係者や報道各社のみの参加となった。式典の模様は産経新聞社のサイト「産経ニュース」で中継された。藤井棋聖はこの日のために仕立てた黒紋服を身に着け、式典ではやや緊張した面持ちで関係者のあいさつにじっと耳を傾けていた。愚生は来賓者の内容がない長い挨拶を聞く間、次のことを思っていた。藤井棋聖は、高校三年生で今日は通学日だ。武漢ウイルスの感染拡大で参加者を絞るなら、いっそのこと藤井棋聖もリモートでの出席で良いのではないか・・・。藤井棋聖は、昨日も東京都内で王将リーグを夜遅くまで戦ったばかりだ。ホテルへの連泊では、疲労困憊だと思う。おまけに昨日は敗戦で疲れただろうから、こんな主催新聞者や協賛不動産会社の社長の挨拶など聞きたくもないだろう。その中で傾聴するに値した挨拶は、やはり師匠の杉本昌隆八段だった。愛弟子に花束を贈呈し「平成29年に藤井棋聖が達成した29連勝は映画で例えれば予告編。棋聖獲得は本編が始まったところで、これからも記録をどんどん塗り替えていくだろう」と期待を込めた。親御(母)さんの裕子さんが会場を訪れ、藤井聡太棋聖の立派な晴れ姿を見守ったのは、感無量だったであろう。その中で、藤井棋聖は「将棋は指すたびに新しい発見がある。より成長して強くなり、さらにいい将棋を指せるように精進したい」と高校生タイトルホルダーの抱負を語った。また、就位式後の記者会見で今期の五番勝負について「苦しい将棋を何とか勝つことができ、一つ結果を出せた。自分としても成長できたシリーズだった」と振り返った。そして、改めて今後の目標を問われた藤井棋聖は「結果は実力を高めることでしか実現できないので、強くなるため努力することが一番大事」と力を込めていた。高校生とはいえ、棋界を代表するタイトル保持者だと、つくづく感心する言葉だ。愚生のように、平々凡々と日々を何気なく生きていると、藤井棋聖のようなプレッシャーはない。傍で見ていても、世間から注目されることは嬉しいだろうが、大変なことだと同情する。愚生も藤井聡太のサイン入りのミニ色紙と扇子を三本も買った。将来の値上がりを見越しての購入なので、藤井二冠には、これからも頑張って頂きたい。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

ヤフオクで「封じ手」が3通合計で8500万円超

Iimg1200x5691600050033pjlvjj71624
将棋の藤井聡太棋聖・王位が、2冠を達成した第61期王位戦七番勝負の第2局~第4の封じ手計3通が、7月の九州豪雨災害の被災地支援のため、オークションサイト「ヤフオク!」に出品された。今月16日午後8時現在、3通で計8500万円超となった。オークションは14日正午に始まった。衝撃的な値段で話題になっているが、果たしてこの額で落札する人がいるのかと疑問にも思う。しかし、入札者の中には過去に数多く落札している人もいるから、高額は事実だろう。日本将棋連盟によると、50万円以上の入札希望者には、氏名や住所など個人情報を記載したメールを連盟に送付するよう呼びかけている。しかし、連絡がない希望者も多いという。連盟はこうした希望者にさらに意思確認を行い、返事がない場合は削除する方針だ。過去の封じ手オークションでは、これまでも行われたことがあるが、落札額は10万円前後だった。ただし、封じ手をヤフオクなどのネットオークションに出品するのは初めてだという。オークションは20日午後9時までというら、もう少し価格は上がって、落札価格は合計で1億円くらいまでいくかもしれない。今回は被災地チャリティーオークションのため寄付扱いとなる。そのため大口納税者には、減税措置のメリットもあるから容易に高額化したのだろか。それにしても藤井聡太ブームは凄いとしか言いようがない。愚生もこれに便乗しようと、藤井聡太の扇子を買った。三本セットで「扇子揮毫 【大志】・四段時の記念」「【専心】・六段時の記念」「【進】・七段時の記念」に出されたものが売りだされていた。少し高いと思ったが、いずれは価値が出るかと思い『9,900円』で購入した。TポイントやPayPayの残金があったので、追加でお金の支払がないことも落札を気楽にした。二本の扇子には、四段・六段時の段位称号は入っていない。つまり、日本将棋連盟は藤井聡太八段が昇段した後に、段位を抜いた復刻版を増産したからだ。後から販売する場合、既に八段で棋聖・王位タイトル保持者だ。今更、四段・六段・七段の段位で復刻版を新規には売れない。藤井二冠が四段と七段だった期間は、それぞれ二年前後と短い。更に、五段は16日間、六段は3月間しかなかった。そう考えると、五段の称号扇子はないだろう。六段のものは、希少価値で手に入らない。七段の称号扇子も、これからは販売されない。希少性から言えば、愚生が買った扇子の中では七段称号のものだ。今後、タイトル保持者となった藤井聡太二冠が無冠になり、段位記入の扇子が販売される可能性は少ない。さらに、段位抜きの復刻版が再販売されるかどうかもわからない。記念の扇子だから、除湿剤をいれてしっかり保管しようと思う。鳴くまで待とうホトトギスの心境だ。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

長幼の序など将棋界では無用だ。

20180225oht1i50170l
昨日は、藤井聡太2冠の第79期名人戦B級2組順位戦4回戦をAbmaTVで見た。結果は、谷川浩司九段に76手で勝ち、開幕から4連勝とした。将棋は、谷川九段の先手番で角換わりの戦いになった。中盤で双方が大長考の応酬をする難解な局面が続いたが、藤井二冠が機敏にチャンスをとらえ、最後は大差で押し切った。局後、谷川九段は「相手は2冠なので、立場的にはぶつかっていくつもりだった。長考の場面は、まとめづらい形になったと思っていた。中盤早々でミスを連発した感じなので、悔いが残る」と話した。対局には満足したが、解説者には一言いいたい。愚生は解説者の佐藤紳哉七段と聞き手の竹部さゆり女流四段には腹が立った。解説中に佐藤紳哉は、何度も藤井聡太君と藤井二冠を君付けにしていた。紳哉はC2で無冠だ。藤井ニ冠より勝っているのは歳(43)だけではないか。長幼の序など将棋界では無用だ。上座は、名人・竜王、タイトル保持者、永世タイトル保有者、段位となっている。藤井二冠は、タイトル二冠+八段+B2>>>>佐藤紳哉は七段のC2だ。どこをどう比較しても藤井二冠は上位者ではないか。佐藤紳哉の優位は、禿を隠す桂(鬘)くらいだろう。タイトル保持者を君付けにするなど、主催者の産経新聞や三社連合にも失礼になる。今回の棋戦でも、谷川九段が先に来て下座に座り気を遣っていた。もうこのような不貞の輩を解説者にするのは止めて頂きたい。不愉快千万で、佐藤紳哉が出ている間は、裏番組の王座戦第二局を見ていた。ところで、女流棋士の実力番付が載っていた。面白いので貼っておく。ただし、内容について保証するものではない。
_東_ ____ _西_ 

西山朋 _横綱_ 里見香 
加藤桃 _大関_ 伊藤沙  ←順位戦の担当
上田初 _関脇_ 室谷由 
甲斐智 _小結_ 渡部愛 
清水市 前頭筆頭 中村真 
山根こ. 前頭 2枚 石本さ  
鈴木環 前頭 3枚 中井広 
加藤圭 前頭 4枚 千葉涼 
伊奈川 前頭 5枚 岩根忍 
中澤沙 前頭 6枚 香川愛 
本田小 前頭 7枚 室田伊 
矢内理 前頭 8枚 頼本奈 
野原未 前頭 9枚 加藤結 
竹部さ .. 前頭10枚 小高佐   ←順位戦の担当
脇田菜 前頭11枚 山口恵 

塚田恵 十両筆頭 水町み 
貞升南 十両 2枚 渡辺弥  ←王座戦abemaの担当
藤井奈 十両 3枚 和田は 
井道千 十両 4枚 和田あ 
宮宗紫 十両 5枚 早水千 
長谷川 十両 6枚 中村桃  ←王座戦abemaの担当
飯野愛 十両 7枚 北村桂  ←王座戦Paraviの担当
里見咲 十両 8枚 山田久 
村田智 十両 9枚 カロリーナ .
山口仁 十両10枚 堀彩乃 

中倉宏 幕下筆頭 礒谷真 
高浜愛 幕下 2枚 田中沙 
藤田綾 幕下 3枚 上川香 
武富礼 幕下 4枚 長沢千 
相川春 幕下 5枚 山田朱 
島井咲 幕下 6枚 山口絵 
船戸陽 幕下 7枚 斎田晴 
石高澄 幕下 8枚 北尾ま .
安食総 幕下 9枚 ___ 

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

将棋が改めて見直されたことは嬉しい

Picture_633f4ce569d34295a26dbd631490bdbc
文芸春秋は、創刊以来、初めて将棋を特集した。その雑誌「ナンバー」(9月3日発売)の累計発行部数が20万部となったと発表した。表紙は史上最年少で二冠を獲得した藤井聡太棋聖だ。同誌としては近年まれにみる大ヒットとなった。「ナンバー」では、創刊40年で初めて将棋を特集した。藤井聡太ブームで、発売前から記事が話題を呼んだ。そして、発売日当日に3万部、翌日に5万部の増刷を決め、累計発行部数が20万部となった。同誌では、近年好調な売り上げを記録した号は、日本代表が南アフリカを破ったラグビーW杯を扱った号だ。その時の臨時増刊「桜の凱歌」、累計18万7000部が最高だった。今回の将棋特集は、それらを大きく上回る結果となった。当初の発行部数で売り切れ店続出した。愚生は、小さい頃からの将棋ファンだ。愚生が生まれ育った北陸の冬は、曇天や雪空が多く巣籠生活を強いられる。昭和二十年代生まれの愚生が子供の頃は、冬の遊びと言えばトランプや将棋のような室内ゲームしかなかった。そういうわけで、トランプはともかく将棋を指さない子供は希だった。当時、今指される一般的な将棋を本将棋と言った。他に同じ駒を使って、周り将棋やハサミ将棋もあった。全く別の駒だが、軍事将棋というゲームもあった。終戦間もない頃だったから、戦前には軍事将棋が流行ったのだろうか。戦車や飛行機、地雷、大佐、中将、大将などと言う駒があり、うる覚えだが一般的には敵の総司令部マスを大将、中将、少将、大佐、中佐、少佐のいずれかの駒で占拠する。(これら以外の駒で、相手の総司令部に侵入できたとしても、占拠したことにはならない。)愚生は小中学校までは本将棋をよく指したが、高校に行ってからはそれほど指さなくなった。そして、大学では周りに指す友人はいなく駒や将棋盤もなかった。将棋は北陸や北海道などの雪国で盛んだ。そういうせいなのか、北海道出身のプロ棋士が多い。その後社会人になって、時間潰しに昼休みに職場の友人と短時間で将棋を指していた。ただ、F社の将棋部となると、大学時代に活躍した県代表クラスの人も多かった。そのせいで、強すぎて愚生の相手には相応しくなかったため、会社の将棋部からはしだいに足が遠のいた。そして、将棋を改めて指そうと思ったのは、サラリーマンを辞めてからだ。そのころは、今とは雲泥の差はあるが、コンピューターソフトもかなり強くなっていた。コンピューターソフトの良い点は、待ったを何回もしても嫌な顔をしないことだ。人ではないので、感情的なトラブルも起きないことが嬉しい。しかし、最近は将棋を指すよりも将棋鑑賞が好きになってしまった。AbemaTVなどでは、AIによる形勢判断や次の一手が事前に示される。藤井聡太二冠の手を追えば、ほとんどコンピューターソフトの指し手と一致する。やはり、群を抜いた強さがあるとつくづく感心させられる。八冠独占も時間の問題のような気がする。いずれにしても、藤井二冠の活躍や武漢ウイルスの感染拡大で将棋が改めて見直されたことは嬉しい限りだ。

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

実力社会では長幼の序などはない

A0af6a5b859a2c416197c3d5af5132e4
将棋史に刻まれる「王位戦、最年長VS最年少シリーズ」は、若き天才がストレート勝ちした。これまでの最年少2冠は、羽生善治九段(49)が1992年9月に棋王・王座の21歳11カ月だった。これを28年ぶりに3歳10カ月更新した。最年少八段記録は、加藤一二三九段(80)が1958年4月の18歳3カ月を62年ぶりに2カ月塗り替えた。これに加え、藤井二冠は、王位戦で予選から全勝での戴冠を決めたのは史上初という記録もある。しかし、愚生はそのような記録より封じ手の「△8七同飛車成」と飛車を銀と交換した手に感動した。将棋の格言に「へぼ将棋、王より飛車をかわいがり」というのがある。将棋において、勝敗に直接関わる王将よりも、戦闘力の高い飛車の駒を重宝する愚かさを意味する格言だ。この真意は、目先の価値に囚われて、本当に大切なものを失ってしまう愚かさを表現するために用いられる。十分に考える時間がない封じ手では、指しにくい手だろうし、プロ棋士でも驚嘆した手だ。藤井二冠に「手合い違い」で負けた橋本崇載八段などは、こんな手はあり得ないとAIの最善手を批判的に評していた。王位戦の一日目で、橋本崇載は解説をしていた。しかし、タイトルホルダーの藤井棋聖を君呼びするなど、社会常識の欠如で著しく棋士の品位を貶める輩だ。相撲のように実力社会では、師匠以外は表向きには長幼の序などはない。強いほうが偉い世界だ。弱いくせに偉そうに言う橋本崇載は、三浦コンピューターソフト疑惑事件でも、問題を起こしている。公の掲示板に、三浦は1000%黒だと、何の証拠もないのに誹謗中傷した。愚生は、未だに馬鹿は死ぬまで治らないようだと呆れてしまった。このような輩がいると、将棋棋士全体が一段低い輩に見られてしまう。治らないのなら、誰かが橋本を叱責してやる必要がある。藤井二冠のように、口に出す前に頭の中でよく考えてから発するべきだ。一方、初防衛を果たせなかった木村王位は「ストレート負けは恥ずかしい限り。また一から出直す」と敗戦の弁を述べた。悔しくて言いたくはないだろうが、大人の言葉と同情した。挑戦者のストレート勝ちは1993年、羽生善治竜王・王座・棋王・棋聖(当時)が郷田真隆王位(同)を破って以来となる。2020年度、藤井新王位に獲得のチャンスが残されているタイトルは王将のみ。これを奪取すれば3冠で九段となる。“ひふみん”こと加藤一二三九段(80)は、「62年ぶりの記録更新に関して、記録は破られるために存在すること、そして今日まで陽の当たることのなかった将棋界に華やかな光を当てていただけることの喜びが勝るので寂しさは感じないものの、寂しいとおっしゃって下さったファンの皆さまの優しいお気持ちは非常にありがたいものと深く感謝しております」と清々しいコメントだった。

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

封じ手は、AIと同様に「△8七同飛成」

Sot20082005050002p10
昨日、国内では、新たに1070人の武漢ウイルスの感染者が確認された。大阪が187人で東京の186人を上回り、この日の最多となった。大阪が東京を上回るのは、緊急事態宣言が全面解除される前の5月13日以来だ。新規感染者は、ほかに福岡102人、神奈川95人、沖縄71人、埼玉62人などで、東京以外でも都市部を中心に感染拡大が続いている。19日の感染者から10日間逆算すれば、旧盆の連休が始まった9日になる。東京が少ないのは、小池百合子都知事の連休中は、外出を控えるようにとの要請が功を奏したことになる。安倍政権の無能な行政能力が問われる。国民を愚弄したGo to travelキャンペーンなど、誰が考えてもこの時期にすることは、可笑しいだろう。メンツにこだわり、愚かさの上塗りをしている。愚生も含めて、東京外しのGo to travelキャンペーンは高くつくと思う。自民党には、今後一切投票をすることはしない。かといって、売国奴の立民党や共産党などもありえない。ところで、将棋第61期王位戦第4局は、後手の藤井棋聖が42手目を封じて1日目を終えた。形勢は五分だとAIは示す。1日目は、藤井棋聖の36分におよぶ長考で封じられた。午後5時43分に封じ手番を宣言した藤井棋聖だが、定刻の午後6時を過ぎても首をひねり続け、ようやく封じたのは6時19分だった。対局は先手・木村王位の誘導で、序盤から激しい流れになる「相掛かり」となった。今回、藤井棋聖が勝てば、一気の4連勝で王位のタイトルを獲得する。18歳1カ月での最年少2冠を達成し、羽生善治九段が1992年9月に王座と棋王を獲得したときの21歳11カ月を大幅に更新する。さらに、八段昇段規定のひとつ「タイトル2期獲得」を満たし、加藤一二三・九段の18歳3カ月を塗り替えて昇段する。愚生は、今回の封じ手が非常に気になる。直前、先手番の木村王位は飛車取りの手となる「▲8七銀」と指した。飛車を取られたくない藤井棋聖としては、「△2六飛」と逃げるか、逆に「△8七同飛成」として相手の銀を取るか、2択しかない。しかし、最強駒の飛車と銀との交換は割に合わないので、通常なら「△2六飛」を封じ手だと誰でも思った。藤井棋聖は、ここで長考したので、木村王位は不気味に思っただろう。藤井棋聖が「△8七同飛成」を選べば全面戦争となる。AIの最善手は「△8七同飛成」だった。この手を藤井棋聖が選んだのなら、実力が並のプロより格段に抜けている。今、封じ手が開封された。封じ手は、AIと同様に「△8七同飛成」だ。愚生は、藤井棋聖の勝利を確信した。

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

相手が名刺に対して敬意を表していた

Info25
今日は王位戦第四局だが、藤井聡太棋聖の対局中に着用していたマスクも注目を浴びている。製造する福井県浴衣帯メーカー「小杉織物」には注文が殺到しているという。愚生がF社勤務時代、福井の繊維産業は中国企業などに押されて青息吐息だった。F社は業務用のプリンターリボンを、福井の繊維会社の子会社に発注していた。繊維産業が絶不況だったこともあって、色々無理な要求にも快く応えてくれた。そして、F社の販売力の強さだろうか、いつの間にか親会社の業績を上回って立派なビルまで建てた。しかし、その後も福井の繊維産業は、需要減や中国製品の台頭の逆風下で不景気だった。更に今回は、武漢ウイルスの感染拡大で、浴衣帯の需要も激減した。浴衣帯は、訪日外国人客向けの貸衣装用に需要を伸ばして、売り上げ全体の3割を占めた。しかし、訪日客が途絶え、ほぼゼロとなった。その後も感染が拡大するにつれ、国内向けの受注もどんどん減少した。その最中、最後の手段として絹のマスク製作に乗り出していた。藤井棋聖がタイトルを獲得する前の王位戦第2局、対局に臨んだ藤井棋聖は和服に「夏用涼やか絹マスク」姿だった。それは、光の当たり方で市松模様が浮かび上がる。その後、藤井棋聖は棋聖戦第4局に勝利し、棋聖位を獲得した。それがきっかけで、小杉織物の絹マスクの注文がみるみる増加した。1日7千枚の生産体制はフル稼働だという。小杉織物社長は「職人として品質、技術にこだわった。藤井棋聖に大一番で使おうと選ばれたことがうれしい」と振り返る。当時を思い出すことは少ないが、中小企業の厳しさを痛感した。どうも愚生は、大企業病が染みついているせいだろうか、若い頃から口の効き方が悪かった。入社早々の若輩者でも、お金を払って発注する側は強い立場だったからだ。愚生もサラリーマンを終えて改めて認識したことは、相手が名刺に対して敬意を表していたことだ。愚生は、今王位戦の第四局を観戦していながらブログを書いている。今日は相がかり戦からの力戦模様だ。愚生の感だが、藤井棋聖が明日にも王位を奪取するような気がする。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

時代は双方向の移動端末通信に

テレビ、ビデオ動画配信のAbemaTVは、7月の人気番組ランキングを発表した。視聴数トップは将棋の「棋聖戦第4局」で、藤井聡太棋聖が渡辺明二冠を破り、最年少タイトル獲得を決めた対局だった。2位は、棋聖戦第3局3位の王位戦第2局2日目など、上位10作品中9本を藤井棋聖の対局中継が占めた。もちろん、愚生もこれらの対局は全て見ているから、視聴率の一人に数えられている。どうも、インターネットTVはコンテンツとして、将棋のLive放送に適しているようだ。次の「藤井フィーバー」は、19、20日に行われる王位戦第4局だろう。ここで、藤井棋聖が木村一基王位に勝てば、2冠獲得と八段昇段をいずれも史上最年少(18歳1カ月)で達成する。1局目から3局目まで、藤井棋聖の3連勝となっているため、ストレートで勝って王位タイトルを奪取する可能性は高い。将棋ファンの愚生としては、解説のない将棋Live放送も見ることはあるが、何か物足りなさを感じる。以前、NHKBS放送で「名人戦の一部」などを数時間放送していたこともあった。しかし、万人が将棋ファンではないだろうから、NHKBSで放送するには、視聴率を稼げないだろうと思った。将棋観戦はテレビの前よりスマホやパッドの視聴が便利だ。何故ならば、インターネットTVは、病院や電車などの外出先でも簡単に視聴できる。愚生も「藤井フィーバー」もあってか、インターネットTVを圧倒的に視聴するようになった。映画やドラマも、最近はアマゾンプライムでみている。昨日は、竜王戦挑戦者トーナメントで羽生九段vs梶山六段戦が放送されていた。そして、今日は名人戦の第6局目だ。渡辺二冠が王手をかけているから見ものだ。いずれにしても、テレビなどという一方的な受像機から、時代は双方向の移動端末通信に変った。そうであれば、いつまでもNHK受信料の強制徴収をするなどの悪行は早期に止めて頂きたいものだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧