支那・朝鮮

2017年6月11日 (日)

日米は韓国抜きでの対北朝鮮からの防衛

Tyousen_hantou 朝鮮半島にある南北国家は、他国との約束や国際条約といった類を守るという概念がない。自分のつごうで、これまでも何度も合意を反故にしてきた。そのたびに、竹島や売春婦問題で日本は煮え湯を飲まされた。日本国内には、うんざりするくらいの嫌韓本が出版されている。そのかいもあって、日本は韓国人とはどういう連中なのかを理解を深めてきた。極端なことを言えば、韓国が近代国家だと思うから腹が立つのだ。今回、韓国大統領になった文在寅は、THAADの配備地に対する適正な環境影響評価が行われていなかったという理由で、恣意的に本格運用を遅延させようとしている。これで、米トランプ政権も韓国という名の前近代国家を、まともな相手でないことが分かっただろう。このままでは、北朝鮮対策としてのTHAAD完全稼働は来年以降に持ち越される。それにもかかわらず、危険にさらされているはずの韓国に日米からの緊張感が伝わっている様子はない。トランプ政権が先週、日本海に米軍の誇る原子力空母「カール・ビンソン」と「ロナルド・レーガン」二隻を派遣しても、当の韓国がこの緊張感のない状況では、情勢をいっそう悪化させる。金正恩は今年だけで、すでに10回のミサイル発射を繰り返している。南北の馬鹿な為政者につける薬はない。愚生は、THAADの本格稼働を遅らせることで、韓国国民が被害を被ることは何とも思わない。しかし、近隣の日本人や、約20万人ともいわれる韓国在住の米国の民間人の生命も危機にさらすことになる。これなら、初めから米韓同盟などないと思って対応するしかない。要するに、在韓米軍を朝鮮半島からの撤退し、THAADを日本周辺の対馬や沖の島、竹島などに配備するしかない。日米は韓国抜きでの対北朝鮮からの防衛を真剣に検討する時期だ。朴槿恵も政治をしないで、幼友達と政治ごっこをしていたが、文在寅も同じ穴の狢のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

地上波で韓流ドラマが放送されない理由

Img_0   韓流ドラマがテレビ「地上波で放送されない理由」という記事があった。かつては、「冬のソナタ」「チャングムの誓い」など、日本で一大ブームを巻き起こした。しかし、近年、韓流ドラマなる物が多くの人が見る地上波主要チャンネルから姿を消した。愚生などは、未だかつて韓流ドラマなど一度も見たことはない。真っ当な日本人なら、妄想と捏造で歴史を作り出す国のドラマなど見るはずはない。韓流ドラマは、先祖が半島から来た人達には、望郷の念で共感を得るのだろう。しかし、半島と全く縁も所縁もない生粋の日本人であれば、こういう番組を見ることはありえない。なぜなら、その人の人格や教養、政治姿勢までもが疑われる。愚生は、韓流ドラマを録画して見ているなどと聞くと、何かいわくつきの日本国籍の人かと穿った見方をする。蓮舫や辻元清美などと同類なのだろう。少し前まで、朴槿恵は日本批判を繰り返して、国民から喝采を浴びていた。しかし、今は朝鮮李王朝時代の両班のようなご乱心で、拘置所内の独房に繋がれている。朝鮮史をめくっても、彼女ほど無能で無知な閔姫の再来かと思われた人物は少ないだろう。平家物語の冒頭にある「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」を地で行くような生きざまだ。ところで、朴槿恵の功績かもしれないが、日本人の大多数は朝鮮人を嫌いになった。先の話しに戻るが、地上波で放送されない理由は、はっきり言って韓流ドラマはかつてのように視聴率を取れないことだ。その上、流したテレビ局に反感を抱く視聴者も少なくない。愚生などは、韓流ドラマを流すようなテレビ局番組は極力見ないようにしている。なぜなら、儲け主義で、愛国心まで売り飛ばすような商業主義のメディアは危険だから極力排除したい。悲しいかな、今もBSでは韓流ドラマが放送されている。今回の韓国大統領選では、反日色が非常に強いとされる新政権が誕生した。かつて韓流ブームが外交問題で下火になったように、今回もそれを期待したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

朝鮮半島では肛門の中に金塊を隠す手口

Korean 日本では、福岡市での金地金の強奪や買い付金の盗難などが話題となっている。一方、海の向こうの朝鮮半島では、肛門の中に金塊を隠すという手口で約100億円(金塊2348キログラム)相当の金を密輸していたグループが摘発された。韓国の関税庁によると、摘発されたのは総勢51人にも上る。金塊の運搬役の大半は、女性だったという。金塊を密輸入・密輸出する舞台は、支那・煙台や東京だったという。調査の結果では、韓国人女性のお尻の肛門に金地金を隠して運搬した。空港の金属探知機に探知されないように、金塊は縦3センチ、横3センチ、厚さ2センチサイズの大きさにし、アルコールで消毒した上で1度に5-6個を肛門に押し込んだ。そして、金塊が出てこないようネジ状の栓で肛門をふさぎ、体にフィットするタイツを履いていた。一回の運搬が1キログラムというから、450万円相当になる。渡航の諸経費以外に、女性たちは運搬手数料の報酬として、約4万円程度を受け取っていたらしい。肛門に金塊を詰めた運搬手数料が地金対価の1%とは、あまり割のいい仕事ではない。東京への渡航費用が浮くので、観光ビザで滞在している期間は、コーリアン・クラブなどで売春でもしていたのだろう。妓生が伝統の売春大国韓国ならではの話題だ。運搬役のメンバー女性の年齢は40以上だったというから、半島内で困っていた売春婦を利用したのだろう。ところで、韓国が騒ぐ従軍慰安婦問題は、半島に住む朝鮮人の親が金欲しさに買収業者に娘を売り払ったのが発端だ。その可哀想な女性達は、娘を買い取った売春業者に言われるままに、日本軍の周りで商売をしていた。確かに悲惨で不幸なことだ。しかし、お金を払って女を買った軍人が悪いのだろうか。これは、現代でも日常茶飯事に行われている行為だ。そう考えれば、まず慰安婦のお婆さんたちは、戦後の補償金を日本政府から受けとりながら、何ら慰安婦のお婆さんたちに手当てをしない韓国政府に文句を言うべきだ。次に、貧乏だった両親を怨め。当時は日本でも売春は合法だった。オランダやドイツでは、今も合法的に行われている。そして、韓国は今なお韓国人売春婦を、非正規労働者として世界中に派遣している。この現実から目をそらして、日本にクレームをつけるなら、韓国人の行為はゆすり・たかりの域を出ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

鏡の中にいたのかと穿ってしまう

E 朝鮮日報電子版に「日本の複数の地方自治体が、慰安婦を象徴する少女像が京畿道平沢市に設置されたことに反発し、青少年の交流事業を相次いで中止」と報道された。秋田県青少年交流センターは、平沢市が今年3月に少女像を同市青少年文化センター前に設置したため「施設を拠点として高校生の交流を行うことは教育上適切ではないと判断した」と説明している。愚生に言わせれば当然だ。今頃、交流を止めても遅すぎるくらいだ。交流生を派遣していた秋田県、愛媛県松山市、奈良県、和歌山県が揃って中止したことは評価できる。また、韓国への修学旅行を取りやめた高校も多いというが、当たり前だろう。韓国の文化や歴史を学んだりホームステイをしたりして交流活動を実施するというが、韓国の妄想と捏造の歴史を真っ白い日本の高校生の頭に刷り込むことは馬鹿げている。この地域は、民進党や共産党、社民党のように、朝鮮半島に先祖帰りをした国会議員を支持する日教組系の教員が多いのだろう。日本に帰化した後も、帰化元の国から活動費を貰っているのだろうか。日本国籍を持ちながら、日本を誹謗中傷して支那や朝鮮の提灯持ちとは呆れる。そういう人たちは、今からでも早期に半島に帰ったほうが良い。朝鮮半島の住人は約束や規則は相手が守るものだという考え方だ。これでは、未だに近代国家と言い難い。朴槿恵の弾劾裁判でも、蝋燭を持って大暴れして罷免を強要する半島人を見ると国際条約など無意味に思える。ところで、朴槿恵の大統領官邸の居間は四面が全て鏡張りだったという。いったい、鏡の中で朴槿恵は何をしていたのかと勘ぐってしまう。セウォル号転覆事故当時、朴槿恵の愛人とも噂されたイケメンの元ホストのコ・ヨンテなどと、鏡の中で濡れ場を演じていたのかと穿ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

Googleの手のひらで踊る以外に道はない

Maxresdefault  昨日の朝鮮日報電子版に、アップルのスマホの営業益は、サムスン電子の5倍超という見出しが躍った。昨年度にサムスン電子は、スマートフォンを3億644万台売り上げ、シェア20.5%でトップ。一方、2位アップルの販売台数は2億1606万台で、シェアは14.4%だった。しかし、アップルの営業利益は449億9700万ドル。2位サムスン電子は83億1200万ドルと大きく差をつけられた。高級機種のギャラクシーS8の平均生産単価は301.60ドル、iPhone7は約225ドルだ。この生産コストの差は、サムスン電子が自社生産に拘っていることが背景だ。そして、アップルは先進国を中心とした、高機能な高給しか販売していないことが一番の大きな理由だ。愚生もSIMフリーのiPhone6を使用している。日本では、特にアップルのシェアは54%と断トツだ。一方、韓国製のギャラクシーなど、日本人は絶対に買わない。なぜならば、無責任で約束を守らず、自分勝手で平気で手抜きをする半島人気質をよく知っているからだ。韓国車や高級機器は、よほど朝鮮半島に所縁のある日本人以外は買わない。日本人好みの高くても品質の良い製品は、半島人には作れないからだ。半島のパクリ集団は、モバイル決済サービス「アップルペイ」を導入すると、翌年には「サムスンペイ」を発表した。しかし、日本との国際条約を平気で反故にし、規則は他人が守るものだという慣習のある韓国人が作ったシステムに、クレジット決済を任せる日本人はいない。ソフトからハードまで、一貫したパクリ戦略のサムスン電子に明日はない。そもそも、ギャラクシーのOSは、GoogleのAndroidだ。Googleが少し絞めれば、サムスン電子の製品など終焉になる。Googleの手のひらに踊る以外に、サムスン電子に生き延びる道はない。Googleの戦略は、「百姓共をば、死なぬように生きぬようにと合点いたし収納申し付くるよう」という「落穂集」に見る徳川家康と同じだ。その証拠に、Google製のハード製品Nexus 5は、サムスン電子のライバルの韓国LGエレクトロニクスに作らせたAndroidスマートフォンだ。どうも、朝鮮日報の記者は、勘違いが甚だしい。Google vs アップルであって、パクリ魔のサムスン電子と比較すること自体が間違いだ。しいて比較するなら、価格破壊を引き起こしている中国企業の小米科技、レノボ、欧珀、維沃などだろう。アップルのパクリで、Googleのエンジン(OS)を積んだギャラクシーなど、利益率が高くなるはずはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

被差別地域出身大統領は北朝鮮に優遇政策

 20110502_1954673 韓国大統領選で最大野党の文在寅(ムン・ジェイン)が圧勝だった。彼は、朝鮮戦争で難民として北から渡ってきた。地域差別もあったから、韓国で暮らすのは容易でなかっただろう。親北朝鮮政策を主張するのも理解できる。朝鮮戦争で、北朝鮮地域住民を殺戮した朴槿恵の父、朴正煕への怨念はあるだろう。三権分立がなされていない韓国では、これからの朴槿恵の裁判にも大きく影響する。朴正煕に殺されかけた、太陽政策の金大中は光州出身だった。文在寅は、自殺した盧武鉉の秘書だ。金大中・盧武鉉は、差別され続けた全羅南道の出身だ。つまり、西暦478年の倭王武の上表文にみられる任那地方だ。新羅地方と日本府があった南部との地域反目は激しい。流刑地だった北朝鮮の咸鏡道などへの差別は、いっそう強かった。李承晩による済州島の虐殺も同様だ。そう考えると、被差別地域出身の大統領は、同様の地域である北朝鮮に対して優遇政策を取る傾向がある。文在寅は、北朝鮮に対する強い圧力と、中国との協調によって北朝鮮を核放棄に向けた交渉のテーブルにつかせるという。しかし、それが実現できるなら、とうの昔にこの問題は解決している。話せばわかるという認識は、鳩山由紀夫の甘い国際政治の認識と同じだ。蓮舫、福島瑞穂、辻元清美、小沢一郎と外国の血を祖先に持つと、どうしても生まれ故郷に郷愁の念があるのだろう。国籍が日本だと言っても、支那・朝鮮の提灯持ちのような態度をとる。血は争えない。蓮舫なども日本が嫌なら、中華民国に帰って余生を過ごすのもよいのではないかと穿ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

朝鮮人は感情的で衝動的な人種

Ph_uniform01 米中国交正常化に道を開いた周恩来首相との会談で、当時のニクソン米大統領は、朝鮮人は北も南も感情的で衝動的な人種だと発言したという。まさに、言い当てている。習近平がトランプ大統領に、朝鮮は支那の一部だと云ったついでに、同様のことを言ったのではないか。さらに、安倍首相までも。日系企業だと思っていたロッテは、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備用地としてロッテ所有のゴルフ場を提供した。よくよく調べれば、ロッテのオーナーはいつの間にか重光という日本国籍を捨てて、韓国籍に戻っていた。韓国企業であれば、支那の報復など日本には全く関係のない話だ。支那にしても国防を危うくしたロッテに、遠慮なく懲罰を与えることができる。支那当局は、大手スーパーのロッテマートやロッテ免税店などに対し、THAAD配備用地を提供した報復措置をとった。ロッテに対して、3月から始まった営業停止命令で、ロッテマートの売上損失は約300億円台に膨らむという。支那の99店舗のうち74店舗が当局の消防点検を理由に営業停止を強いられている。朴槿恵があれだけ米国の反対を押し切って、対日勝利記念パレードに出席した結果がこれだ。朴槿恵の行動から、朝鮮人の考え方がくみ取れる。日米のような民主主義的な近代国家なら、多少のトラブルが起きても平和的に対処してくれる。一方、支那ときたら弱い相手と思えば容赦なく棒で打つ。まるで、両班が使用人に私刑を架したのと同じだ。支那の冊封に加わったせいで、朝鮮には痛いほど焼き付いているのだろう。歴史的に、支那が朝鮮を独立国家と認めたのは、日清戦争に敗れてからだ。そう考えれば、習近平の朝鮮は支那の一部という歴史観は間違っていない。いずれにしても、ロッテ創業者は、日本で稼いだ金を朝鮮に投資して大財閥となった。そして、息子二人も青山学院大学卒業というから、日本で日本風な教育を受けて育った。在日朝鮮人だった創業者も含めて、支那に対して朝鮮人としての立ち位置を忘れてしまっていたのだろう。ロッテマートだけでなくロッテ免税店、系列の食品会社の中国向け輸出減なども考慮した、ロッテグループ全体の売上損失は、今年上半期の4カ月間だけで1000億円を超えるようだ。ロッテの関係者は支那の報復を嘆くが、支那から言わせれば当然なことだ。ロッテの虫の良い考えは、どこから来たのだろうか。一旦、支那向けに設置されたTHAADが撤去されることはない。つまり、ロッテに残された道は支那からの撤退しかない。改めて、日本人と韓国人の国籍の違いを痛感したであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

それは朝鮮史が語っている。

1 トランプ米大統領のTHAAD配備費用10億ドルの要求で、韓国国内は百家争鳴となっている。 韓国の主張は、TDAADは米軍が配備するものだ。韓国軍が導入するのではない。THAADが必要なのは、米国防衛のためであって、韓国はそのついでだ。分担金については、すでに在韓米軍地位協定に基づき、両国間の軍事合意書が規定していると反発する。韓国は、戦時補償が確定している従軍慰安婦や徴用工問題を何度も蒸し返して再協議だと叫ぶ。一方、自分が支払う側になると、途端に態度が豹変する。乞食根性で虫の良い連中だ。在日米軍の空軍・海軍・海兵隊が南朝鮮半島を守っていることを知らないようだ。そして、日本の自衛隊がなければ、米軍の補給ができないことも頭にない。400年前に、豊臣秀吉が朝鮮征伐(朝鮮の呼び名では壬辰の倭乱)を行った時はどうだっただろうか。朝鮮王朝は、急いで宗主国の支那(明国)に助けを求めた。その明軍が朝鮮に着て、日本と対峙したまでは良かった。しかし、朝鮮半島に駐屯した明軍の食料や接待する費用は、すべて招聘した朝鮮の民が負担しなければならなかった。その結果、豊臣秀吉に征伐される前に、明軍に食料を収奪されたことで、朝鮮の民衆に大量の餓死者を出した。少し考えれば分りそうなものだ。そもそも、目的もなく米国が無償で韓国を防御してくれるはずなどない。トランプ米大統領の発言は、韓国に対して安保も経済も福祉も、ただはないという現実を悟らせたかった。古の豊臣秀吉による朝鮮征伐の教訓を思い出せば、簡単に分かりそうなものだ。自立していない民族は、いずれは周辺の国に吸収される運命にある。それは朝鮮史が語っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

反日には他民族への差別・蔑視感はない

250pxjapanese_general_government_bu  韓国では、トランプ米大統領が高高度防衛ミサイル(THAAD)配備費用1000億円を、韓国に負担させるという立場を明らかにした。なぜなら、THAADは韓国を保護するものだから、米国が配備費用を出すのは筋違いだという。虫の良い韓国は、北朝鮮と戦火を交えるかもしれない時に、米国やその同盟国の日本批判を繰り返す。お目出度い国だとしか言いようがない。国際条約を守る意思もない韓国に、日本人は長年うんざりしている。そのせいもあってか、近年の日本国内では、嫌韓ブームがピークに達する。新大久保の「韓流通り」では嫌韓集会が続く。日韓関係が悪化したのは、2012年くらいからだろうか。天皇侮蔑発言もあって、日本では大規模な嫌韓ブームが起こった。一方の韓国側からの見方は、反日には日本の嫌韓のような他の民族に対する差別・蔑視・呪いの感覚はない。韓国人のほとんどが日本人の誠実さや勤勉さを尊敬しており、毎年ノーベル賞受賞者を出している日本の基礎科学の底力に驚嘆している。その証拠として、日本を訪れた韓国人の数は、2012年の204万人から2016年には500万人を超えそうだ。これに引き換え、韓国を訪れる日本人観光客は2012年の351万人から2015年には183万人に急速に減った。こう見てくると、韓国側の見方には説得力はある。ただ、日本人から見れば、国際条約のような約束を守らない韓国は、好き嫌いはともかく、無知文盲な野蛮人だという見方をする。韓国は反日感情が噴出するのは、日本が過去に犯した植民地支配と侵略の歴史に対し、正しく謝罪する姿を見せないせいだという。しかし、愚生に言わせれば、帝国主義時代の歴史を、現代の尺度で量ることの方がおかしい。植民地支配をした英・仏・蘭・独・伊・米・露に、韓国はどう文句をいうつもりだ。ところで、愚生は商用で韓国に行く機会は多かった。そして思うことは、韓国に観光資源は乏しいことだ。なぜならば、彼らは過去の遺産を守ろうという意思がない。朝鮮総督府と台湾総督府を比べれば、一目瞭然だ。この歴史的建造物は、東洋随一と謳われた西洋建築だ。赤煉瓦と花崗岩の白石を混用して造られ重厚感を纏っている。この建物が放つ風格は見る者すべてを圧倒する。天気に恵まれれば、赤煉瓦の壁面が南国の陽射しを浴びて美しく輝く。勿論、中華民国の台湾では古跡としても保存されている。今日でも、中華民国の総統府として引き続き台湾の行政庁舎として機能している。一方、歴史的建造物の朝鮮総督府は、1995年に金泳三元大統領によって爆破解体された。今、同じものを建造すれば、費用は3000億円以上と言われる。朝鮮人に付ける薬はない。日本人が朝鮮人を、蔑視するのではない。彼らが、その別称に値する連中だからだ。従軍慰安婦にしても、売春婦だったお婆さんらは、彼女らの親に売春宿へ売り飛ばされたのが経緯だ。恨むのなら、自分の親を怨めといいたい。日本人が、朝鮮人を馬鹿チョンと呼ぶのはいけない。しかし、侮蔑される側にも、原因があることを一考すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

朝鮮半島にある南北の国々は、信用されない。

20131022_588737   トランプ米大統領は、23日、北朝鮮の核問題をめぐり、中国の習近平国家主席と日本の安倍首相と相次いで電話会談をした。今回の電話会談では、トランプ大統領は韓国大統領権限代行との電話会議はしなかった。これに対して韓国国内では、国の運命がかかる重大な状況で疎外されたことに憤っているようだ。韓国を差し置いて、日本と朝鮮半島の処理を話し合うことが余程頭に来たのだろうか。こういう韓国人の思いを聞くにつけ、彼らは自分自身が見えていないと、つくづく哀れに感じる。韓国民は、盧武鉉元大統領のことを忘れたのかと言いたい。盧武鉉の秘書室長だった大統領有力候補、文在寅(ムン・ジェイン)は、北との融和政策を図ることを主張している。これでは、重要機密事項など韓国に話せるわけがない。韓国と電話会談すれば、ある意味、情報が北へ筒抜けになってしまう。米国へのスパイ行為をほのめかすような韓国首脳と話す意味などない。朴槿恵の過去の蝙蝠外交も災いしたようだ。いずれにしても、彼らが不満を言う前に、なぜ自分たちが重要会議から疎外されたかを学ばなければならない。これは、トランプ大統領からの韓国へのメッセージの一つだ。振り返れば、20年前、金大中元大統領時代の太陽政策では、米国に嘘をついて、年間60万トンの原油を北朝鮮に援助した。つい10年前にも、韓国は北朝鮮制裁安保理の事前情報を北朝鮮に流した。昨年、慰安婦問題で日韓が合意した国際条約で判ったことがある。どうも韓国は国際条約を反故にすることなど、屁とも思っていない近代国家紛いの国だということだ。韓国の妄想と捏造というDNAは、真っ当な自由主義を貫く民主主義国家では受け入れられない。過去の振る舞いで、朝鮮半島にある南北の国々は、いっそう他国から信用されなくなってきたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧